1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. 美容器具
  6. >
  7. 【徹底比較】毛穴吸引器のおすすめ人気ランキング10選【毛穴・角栓のケアに!】
【徹底比較】毛穴吸引器のおすすめ人気ランキング10選【毛穴・角栓のケアに!】

【徹底比較】毛穴吸引器のおすすめ人気ランキング10選【毛穴・角栓のケアに!】

毛穴の黒ずみや詰まりが気になるときに重宝する「毛穴吸引器」。自宅で簡単に毛穴ケアができるのが魅力です。しかし、防水機能付きのものや複数のアタッチメント付きのものなど、その種類はさまざま。どれが最も毛穴ケアに適しているのか気になりませんか?


今回はskey・kiboer・パナソニックなど、Amazon・楽天・価格.com・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の毛穴吸引器10商品をすべて集めて、最もおすすめの毛穴吸引器を検証して決定したいと思います。


mybest編集部がすべての商品を実際に使って、以下3点の比較・検証をしました。

  1. 吸引力
  2. 肌へのやさしさ
  3. 使いやすさ

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイなのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね。記事後半では、効果的な使い方のコツもご紹介しているので要チェックです!

  • 2020年07月13日更新
  • 309,099 views

検証のポイント

売れ筋の毛穴吸引器10商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 吸引力

    検証① 吸引力

    まずは、最も重要な「吸引力」の検証です。擬似毛穴を作りそこに人工角栓を埋め込みます。毛穴吸引器を全体で5秒間当てて、どれだけ吸い出すことができるかを比べました。なお、レベル調整ができるものは、最低レベル・最高レベルの2パターンで行い、より強力なレベルの結果で評価しました。アタッチメント付きのものについては、中サイズ、または小鼻用と指定されているものを使用しました。

  • 肌へのやさしさ

    検証② 肌へのやさしさ

    続いて検証するのは、「肌へのやさしさ」です。いくら吸引力が強くても、肌を痛めてしまっては元も子もありません。今回は、弾力が肌に似ているゆでたまごを使って検証を行いました。吸引器で表面を1秒間吸った後、ゆでたまごの表面にどれだけ跡が残るかをチェック。ひとつめの「吸引力」の検証と同じく、最低レベル・最高レベルの2パターンで、中サイズもしくは小鼻用のアタッチメントを使って検証しました。

  • 使いやすさ

    検証③ 使いやすさ

    最後は、「使いやすさ」の検証を行いました。定期的に使うものは、負荷なく扱えることが大前提です。特に、以下の3点をチェックし、総合的に使いやすさを検証しました。肌への当てやすさ持ちやすさ操作のわかりやすさ

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    毛穴汚れを直接吸い出す。強力なケアを求める人に

    毛穴汚れを直接吸い出す。強力なケアを求める人に

    毛穴吸引器とは、空気を吸う力で毛穴を直接吸引し、角栓・毛穴汚れを取り除くというアイテム。黒ずみや皮脂つまりなどの毛穴悩みにアプローチすることができます。


    物理的に作用するため、強力なケアができるのがメリット。反面、使い方を間違えれば肌に負担があることも否めません。肌が乾燥気味のときや敏感になっているときは避けて、肌の調子を見ながら使用しましょう!

    毛穴吸引器の選び方

    毛穴吸引器を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① 吸引力の強さ・肌へのやさしさ、どちらを重視するかで選ぶ

    毛穴吸引器の種類は大きく分けて「吸引式」と「水流式」の2種類。それぞれ、吸引力の強さ・肌へのやさしさのどちらを重視するかで選ぶのがポイントです。

    頑固な毛穴汚れが気になるなら、「吸引式」でパワフルにケア

    頑固な毛穴汚れが気になるなら、「吸引式」でパワフルにケア

    毛穴汚れを掃除機のように吸うことができる「吸引式」は、強力な吸引力が期待できます。アタッチメントがあるものも多く、悩みのレベルや部位に応じて吸引の強さを調節できるのがメリットです。例えば、吸引力の強さでいうと、小さくて楕円形のものは弱く、大きくて円形のものは強い傾向にあります。


    一方で、調節できるとはいっても、パワーが強いものが多いので肌の弱い人には不向きです。また、使い方にコツが必要なため、手軽にケアしたい人よりも本気で毛穴ケアをしたい人向きといえるでしょう。

    水圧で汚れを洗い出す「水流式」は、肌負担が少なく使える

    水圧で汚れを洗い出す「水流式」は、肌負担が少なく使える

    「水流式」は細さ1mm以下の水流を毛穴に当て、その水流の力で汚れを洗い出すというもの。柔らかな水流を肌に当てるだけなので、肌負担が少なく済むことがメリットです。


    ただし、販売されている商品数が少なく、パワーも弱め。肌へのやさしさを重視する人は検討してみてもよいでしょう。

    ② 吸引力を調節できるものを選ぶ。液晶付きだと更によし!

    吸引力を調節できるものを選ぶ。液晶付きだと更によし!

    吸引式を選ぶときは、「肌の状態に合わせて使えること・使用モードわかりやすいこと」が重要。吸引力を「弱」から「強」まで、3段階から5段階ほど調節できる商品を選ぶのがポイントです。


    さらに液晶画面が付いていれば、どのレベルで使っているか、何秒連続して当てているかが分かりやすいため、安心して使用することができます。

    ③ 「アタッチメント付き」なら、部位に合わせて使える

    「アタッチメント付き」なら、部位に合わせて使える

    複数のアタッチメントがついたものなら、より自分の肌にあったものが見つかりやすいでしょう。毛穴吸引器のアタッチメントは、楕円タイプ・ワイドタイプ・ピンポイントタイプなど、さまざまな形があります。先端の細いタイプなら小鼻に、ワイドタイプなら頬に、と使い分けることもできますよ。

    ④ お風呂場でも使える!防水機能付きが便利

    お風呂場でも使える!防水機能付きが便利

    物理的に吸い出す毛穴吸引器は、皮膚が柔らかくなっているときに使うのが理想的です。お風呂場で使える防水機能付きのものなら、洗顔の延長で使ったり、入浴後の肌が柔らかくなっているときに使ったりできるので、よりケアが楽になります。


    また、使ったあとにそのまま丸洗いできるものもあるので、手入れの手間も軽減しますし、衛生的に使うことができますよ。

    売れ筋の人気毛穴吸引器全10商品を徹底比較!

    毛穴吸引器の検証

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋ランキング上位の毛穴吸引器10商品をすべて集めて、どれが最も優れた商品なのか検証していきます。


    検証項目は以下の3つとしました。

    検証①:吸引力

    検証②:肌へのやさしさ

    検証③:使いやすさ

    今回検証した商品

    1. Kiboer|毛穴クリーン
    2. RAINLAX|毛穴吸引器
    3. anlan|毛穴吸引器
    4. skey|毛穴吸引器
    5. soafiya|スポットクリア
    6. ジャパンギャルズ|サクションビュー
    7. パナソニック|エステジェンヌ 毛穴吸引 スポットクリアリセ
    8. パナソニック|毛穴洗浄 角栓クリア
    9. ビューティフルエンジェル|美ルル ポアクリア
    10. 小泉成器|吸引&フェイスローラー

    検証① 吸引力

    吸引力

    まずは、最も重要な「吸引力」の検証です。


    擬似毛穴を作りそこに人工角栓を埋め込みます。毛穴吸引器を全体で5秒間当てて、どれだけ吸い出すことができるかを比べました。


    なお、レベル調整ができるものは、最低レベル・最高レベルの2パターンで行い、より強力なレベルの結果で評価しました。アタッチメント付きのものについては、中サイズ、または小鼻用と指定されているものを使用しました。

    【検証結果ハイライト】上位5商品を占めたのは、Amazonで販売されている中国製品!

    【検証結果ハイライト】上位5商品を占めたのは、Amazonで販売されている中国製品!

    人工角栓を吸い出せたものと、ほとんど変化のなかったものでは、大きく差が出る結果となりました。トップ5を占めたのは、Amazonで販売されている中国製品。これらは、約6割の人工角栓を吸い出して高評価となりました。


    参考として、同じレベルで複数のヘッドを使用して吸引力を比較したところ、楕円形のヘッドよりも円形のヘッドのほうが人工角栓を吸い出してくれるという結果に。複数のヘッドを付け替えて、吸引力を調整しながら使うのもひとつの手です。

    検証② 肌へのやさしさ

    肌へのやさしさ

    続いて検証するのは、「肌へのやさしさ」です。


    いくら吸引力が強くても、肌を痛めてしまっては元も子もありません。今回は、弾力が肌に似ているゆでたまごを使って検証を行いました。


    吸引器で表面を1秒間吸った後、ゆでたまごの表面にどれだけ跡が残るかをチェック。ひとつめの「吸引力」の検証と同じく、最低レベル・最高レベルの2パターンで、中サイズもしくは小鼻用のアタッチメントを使って検証しました。

    【検証結果ハイライト】吸引力と肌へのやさしさは相反する。2商品だけがどちらも平均以上のバランスを保った!

    【検証結果ハイライト】吸引力と肌へのやさしさは相反する。2商品だけがどちらも平均以上のバランスを保った!

    総じて、肌へのやさしさと吸引力が相反するという結果になったなか、わずか2商品だけがどちらも平均以上の評価を獲得しました。


    • パナソニック|毛穴洗浄 角栓クリア
    • コイズミ|吸引&フェイスローラー

    特に、今回の検証商品のなかで唯一の水流式であるパナソニックの「毛穴洗浄 角栓クリア」は、最高評価を得ました。かなり細い水流なのでたまごに傷がつかないことはもちろん、体感でも水が当たっている感覚が少なく、刺激を感じることはありませんでした。肌へのやさしさに限るならば、水流式一択といえます。

    検証③ 使いやすさ

    使いやすさ

    最後は、「使いやすさ」の検証を行いました。


    定期的に使うものは、負荷なく扱えることが大前提です。特に、以下の3点をチェックし、総合的に使いやすさを検証しました。


    1. 肌への当てやすさ
    2. 持ちやすさ
    3. 操作のわかりやすさ

    【検証結果ハイライト】決め手は「持ち手」にあり。安定感のある直径4cm以上のボディが理想的

    【検証結果ハイライト】決め手は「持ち手」にあり。安定感のある直径4cm以上のボディが理想的

    検証の結果、使いやすさを決める重要なポイントは使用中に力加減を調整できるかどうかという点であることが分かりました。


    特にボディの形状は使いやすさに大きく影響し、太すぎず細すぎずの安定感のある持ち手が高評価。持ちやすいものは手首のスナップを利かせやすく、吸い付きすぎる前に吸い口を外すことができます。持ち手の太さは直径4cm以上を目安にするとよいでしょう。

    No.1

    パナソニック毛穴洗浄 角栓クリア

    EH-SP55-P

    15,000円(税込)

    総合評価

    3.83
    • 肌へのやさしさ: 5.0
    • 使いやすさ: 2.9
    • 吸引力: 3.5

    群を抜いて肌負担が少ない!吸引力も基準点をクリアするパワーを保った

    唯一の水流式であるパナソニックの「毛穴洗浄 角栓クリア」。物理的に吸引しないタイプで、肌へのやさしさで最高評価の「5」を獲得した唯一の製品です。


    かなり細い水流なので、水が当たっている感覚も少なく、刺激を感じることは全くありません。強さは2段階に調整できますが、どちらを使っても不快感はなし。たまごを使った検証でも、傷ついたり跡がついたりすることはありませんでした。


    重要な吸引力については平均的で、擬似毛穴の汚れを3割ほど洗い出す結果に。肌負担の少なさを考えると、かなりバランスがとれているといえるでしょう。


    ただし、使い勝手については水流式のデメリットが明るみになりました。肌に当てた水がだらだらとあごまで垂れてきてしまうので、洗面台で使うには少々不便です。使いやすさに難は残りますが、肌へのやさしさを重視するならおすすめできる一台です。

    アタッチメント付属-
    レベル調節可2段階(弱・強)
    プラスα機能専用洗浄液あり
    サイズ20.8cm×5.8cm×6.4cm
    重さ約432g
    防水の可否
    充電方法コンセント
    No.2

    RAINLAX毛穴吸引器

    3,054円(税込)

    総合評価

    3.55
    • 肌へのやさしさ: 1.5
    • 使いやすさ: 3.0
    • 吸引力: 5.0

    吸引力を第一に考えるならアリ。肌負担があることは覚悟が必要

    RAINLAXの「毛穴吸引器」は、スッキリしたフォルムに反してパワフルで、吸引力は最高レベルの評価となりました。擬似毛穴の汚れを5割ほど吸いとることができ、水準を大きく上回る結果です。


    その反面、肌へのやさしさとは折り合いがつかないのが欠点ともいえます。皮膚がしっかり引っ張られるのを感じ、吸引口を外すときに軽い力では外せず抵抗感があります。たまごを使った検証でも、切れ込みが入ったかのように、くっきりと後が残る結果になりました。


    使いやすさについては及第点で、持ち手と吸引口の距離が遠いため、力加減が難しいのが惜しいところです。それ以外は不便を感じないので、吸引力を第一に考えるなら検討してもよいでしょう。

    アタッチメント付属◯(小口・D200・楕円・大口・D80・D120)
    レベル調節可3段階(1〜3)
    プラスα機能-
    サイズ20.5cm×4.0cm×3.5cm
    重さ約357g
    防水の可否
    充電方法コンセント
    No.3

    skey毛穴吸引器

    2,980円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 肌へのやさしさ: 1.0
    • 使いやすさ: 3.0
    • 吸引力: 5.0

    肌へのやさしさと吸引力はトレードオフ。使いやすい液晶画面は高評価

    skeyの「毛穴吸引器」は、吸引力の検証で最高評価の「5」を獲得。擬似毛穴を使った検証では、5割以上の毛穴汚れを吸い出すことができました。


    一方で、評価の足を引っ張ってしまったのは、肌へのやさしさ。皮膚が引っ張られている感覚があり、5段階のうち最高レベルになると軽い力で扱うことができませんでした。たまごを使った検証でも、くっきりと切れ込みが残ってしまう結果に。肌が弱っているときは使わないほうが無難でしょう。


    また、電池残量・吸引力・タイマーなど、使いやすい工夫がなされた液晶画面は評価できるポイント。使い勝手については問題ありませんが、肌を労わりながら使うことは難しいでしょう。

    アタッチメント付属◯(小円型・小楕円型・大円型・微結晶質・大楕円型)
    レベル調節可5段階(1〜5)
    プラスα機能-
    サイズ18.3cm×5.3cm×4.0cm
    重さ約315g
    防水の可否-
    充電方法コンセント
    No.4

    soafiyaスポットクリア

    2,980円(税込)

    総合評価

    3.32
    • 肌へのやさしさ: 1.0
    • 使いやすさ: 2.6
    • 吸引力: 5.0

    パワフルな吸引力で高評価に。ただし、肌へのやさしさとは両立できず

    5つのアタッチメントと5段階にモード調節できるsoafiyaの「スポットクリア」は、吸引力については最高評価を獲得。擬似毛穴の汚れも5割以上を吸いとることができました。


    一方で、肌へのやさしさとの両立は難しく、敏感肌の方には向きません。5段階にレベル調整が可能ですが、どのレベルでも皮膚が引っ張られる感覚があり、使うのにコツが必要です。


    アタッチメントのヘッドの形によっても結果に大きく差があり、特にサイズが大きいものは、たまごを使った検証でも切れ込みが入ってしまうほどです。とにかく強いパワーを求めるなら選択肢に入れるのもアリです。

    アタッチメント付属◯(円型:大・円型:中1・円型:中2・円型:小・楕円形)
    レベル調節可6段階(1〜6)
    プラスα機能-
    サイズ17.5cm×4.5cm×4.5cm
    重さ約291g
    防水の可否-
    充電方法コンセント
    No.5

    ビューティフルエンジェル美ルル ポアクリア

    KRD1034

    9,980円

    総合評価

    3.27
    • 肌へのやさしさ: 3.5
    • 使いやすさ: 4.6
    • 吸引力: 2.6

    総じてまあまあの評価に。分かりやすい液晶画面は評価できる

    美容機器メーカーの美ルルの「ポアクリア」は、ダイヤモンドパウダーヘッドとよばれる角質用のアタッチメント付き。最も重要な吸引力が平均以下という結果で、擬似角栓も2割強が吸い出せる程度でした。


    強さが5段階に調節でき、それぞれのレベルの差がはっきり分かるのが特長。レベル1では肌の表面を少しだけ引っ張られるような感覚のみでしたが、レベル5では軽い力で吸引口を外しにくく、不快感がありました。たまごの表面にくっきりと跡が残り、少し切れ目ができてしまうという結果に。


    一方で、小鼻にしっかり当てられる小さめカップで、充電具合や使用中のモードが分かりやすい液晶タイプなことで使いやすい点は評価を得ました。ただし、使い勝手のよさだけでは評価を上げられず、この順位にとどまりました。

    アタッチメント付属
    レベル調節可5段階(1〜5)
    プラスα機能-
    サイズ16.5cm×5.0cm×4.7cm
    重さ約328g
    防水の可否◯(ヘッド部分のみ)
    充電方法コンセント
    No.6

    小泉成器吸引&フェイスローラー

    KBE-1920

    2,491円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 肌へのやさしさ: 4.0
    • 使いやすさ: 2.0
    • 吸引力: 3.2

    あくまで標準といえる評価だが、肌へのやさしさは評価できる

    小泉成器の「吸引&フェイスローラー」は、アタッチメントのひとつにマッサージ用の美顔ローラーが付いています。吸引力はまずまずで、比較的バランスが整っている一台です。


    吸引力は強弱の2段階に設定でき「強」で使用しても吸い付きが弱く、肌の上をタッピングされているような感覚がありました。擬似毛穴の汚れは、3割程度を吸いとる結果になり、許容範囲といえるでしょう。


    肌へのやさしさは平均以上で、少し吸い込んでいる感覚があるのみ。たまごの検証では、表面にうっすらと跡が残る程度でした。一方、使いやすさについては、少々振動する音が大きく、重みがあり手首のスナップが利かせにくい形状なのが惜しいところ。総じて、あと一歩の決め手に欠ける印象でした。

    アタッチメント付属◯(ワイド・スポット)
    レベル調節可2段階(LOW・HIGH)
    プラスα機能フェイスローラー
    サイズ14.5cm×5cm×5.3cm
    重さ約158g
    防水の可否◯(アタッチメントのみ)
    充電方法電池式(単4×2本)
    No.7

    Kiboer毛穴クリーン

    2,780円

    総合評価

    3.19
    • 肌へのやさしさ: 3.0
    • 使いやすさ: 2.7
    • 吸引力: 3.5

    どの検証結果も平均的で、特筆できる点が見つからない…

    理美容家電商品の専門メーカーであるkiboerの「毛穴クリーン」は、3色のレッドフォトライトが付いている多機能タイプ。検証結果を総じて、平均的な結果となりました。


    擬似毛穴の汚れは、3割程度を吸い出すことができ、吸引力は及第点といえる評価に。肌へのやさしさについても問題なし。たまごを使った検証では、うっすらと跡は残りましたが、体感では引っ張られている感覚があるものの痛みは感じませんでした。


    吸引ヘッドの形が少々大きいため、肌に当てにくいのが惜しいところ。使いやすさも合格点ギリギリで、可もなく不可もない商品といえるでしょう。

    アタッチメント付属◯(微晶・大口径・小口径・楕円)
    レベル調節可3段階(1〜3)
    プラスα機能-
    サイズ17.6cm×4.6cm×4.4cm
    重さ約284g
    防水の可否-
    充電方法コンセント
    No.8

    anlan毛穴吸引器

    2,980円(税込)

    総合評価

    2.89
    • 肌へのやさしさ: 2.0
    • 使いやすさ: 2.7
    • 吸引力: 3.5

    肌へのやさしさには不満が残るものの、見やすい液晶は評価できる

    anlanの「毛穴吸引器」は、スリムなフォルムで液晶画面付き。使用しているレベル・何秒連続で使用しているかが表示されるため、使いすぎを防いでくれるのが利点です。


    擬似毛穴の汚れの3割程度を吸い出すことができ、吸引力についてはまあまあの結果に。一方で、足を引っ張ったのが肌へのやさしさです。


    レベル1でもある程度の勢いがあり、肌をしっかり吸っている感覚があります。最も強いレベル3では、たまごの表面が引っ張られ、切れ込みができてしまいました。

    アタッチメント付属◯(円型:2個・小円型・大円型・マッサージ)
    レベル調節可3段階(1〜3)
    プラスα機能LED光エステ
    サイズ19cm×3.5cm×3.5cm
    重さ約333g
    防水の可否-
    充電方法コンセント
    No.9

    パナソニックエステジェンヌ 毛穴吸引 スポットクリアリセ

    EH2592PP

    1,900円(税込)

    総合評価

    2.27
    • 肌へのやさしさ: 3.5
    • 使いやすさ: 2.6
    • 吸引力: 1.4

    肝心の吸引力が期待できず…。肌へのやさしさは評価できる

    ボタンを上下するだけでスイッチが入る、簡単操作の「スポットクリアリセ」。肌へのやさしさは評価できますが、吸引力が水準に至らずこの結果に落ち着きました。擬似角栓を1割ほど吸い出したのみで、強力な吸引力は期待できないでしょう。


    肌が引っ張られるような感覚はありますが、痛みを感じることはありませんでした。たまごを使った検証でも、うっすら跡は残っているものの、深く跡がつくようなことはありません


    使いやすさもいまいちの結果に。小鼻の周りにもしっかり当てられるのはいいところですが、肌に当ててから吸いつくまでに少々タイムラグがあるため、少し怖さを感じてしまいました。

    アタッチメント付属-
    レベル調節可-
    プラスα機能-
    サイズ14.2cm×3.3cm×6cm
    重さ約110g
    防水の可否
    充電方法電池式(単3×1本)
    No.10

    ジャパンギャルズサクションビュー

    4,478円(税込)

    総合評価

    2.10
    • 肌へのやさしさ: 4.0
    • 使いやすさ: 2.0
    • 吸引力: 1.0

    肌あたりはよいが吸引力が水準を大きく下回り、最下位の結果に

    毛穴汚れを落としやすくする、スキンピーリングパウダー付きの「サクションビュー」。肝心の吸引力が水準を大きく下回り、擬似毛穴の毛穴汚れも1割程度しか吸引できませんでした。


    一方で、肌へのやさしさはまずまず。肌の表面を少しだけ引っ張られているような感覚があり、体感でも吸い込みのやさしさを感じられました。たまごを使った検証でも、うっすらと跡は残っているものの、少し時間が経てばすぐに消えるという結果に。


    複数のアタッチメントが付いているのは利点ですが、吸引力がなくては意味を成さず、最下位となりました。

    アタッチメント付属◯(ピンポイント・特大吸引・スタンダード)
    レベル調節可-
    プラスα機能専用洗浄液あり
    サイズ18cm×4.5cm×6.8cm
    重さ約342g
    防水の可否-
    充電方法電池式(単3×2本)

    人気毛穴吸引器の検証結果比較表

    正しく使って肌負担を軽減!効果的な使い方のコツ

    ここでは、一般的な使用上の注意点と使い方のコツをご紹介します。商品によって使い方が異なる場合もあるので、あくまで説明書にならって正しく使用するよう注意してくださいね。

    使用は週1〜2回まで。同じ場所に当て続けないように注意!

    使用は週1〜2回まで。同じ場所に当て続けないように注意!

    毛穴汚れを落とそうと躍起になって使いすぎるのはよくありません。クレンジングや洗顔などの日頃のケアはいつも通り続けて、週1〜2回程度の特別なケアとして使いましょう


    また、同じ場所を何度も吸引したり、何秒も吸い続けたりすると、うっ血してあざができてしまう恐れがあります。滑らすように使うのではなく、ポンポンとリズミカルに当てて使うのがポイントです。

    入浴後がベストタイミング。毛穴を開いてから使うのが吉

    入浴後がベストタイミング。毛穴を開いてから使うのが吉

    使うタイミングは「入浴後」がベスト。毛穴を無理やりひっぱるのではなく、毛穴がしっかり開いた状態で使用するのがコツです。湯船に入る時間がとれないという人は、蒸しタオルなどで肌を柔らかくさせておくのもよいでしょう。


    また、使用後は肌を整えることを忘れずに。いつも以上に保湿をしっかりして、乾燥を防いでください。赤みが気になるようなら、冷タオルで冷やすなどしてケアしてくださいね。ただし、あまりにひどく炎症が起きるなどのトラブルがある場合は、無理せず病院に行くことも検討しましょう。

    毛穴ケアに必須。保湿アイテムもチェックしておこう!

    肌を柔らかくするには、美顔スチーマーを使うのもひとつの手。あわせて保湿用のスキンケアアイテムもチェックして、抜かりなく毛穴ケアをしましょう!

    毛穴吸引器の売れ筋ランキングもチェック

    なお参考までに、毛穴吸引器のAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

    まとめ

    今回は売れ筋上位の毛穴吸引器10商品を徹底的に比較検証しました!


    物理的に毛穴汚れを吸い出すので、効果を感じやすいのが魅力のひとつです。とはいえ、ケアのしすぎは肌を痛める原因にもなるので要注意。どうしても角栓を取りきれない部分や急を要する場合など、限定的に使うのもよいでしょう。


    今回の記事でご紹介した選び方や検証結果を参考に、自分に合った優秀な毛穴吸引器をゲットしてくださいね!


    文:戸田はるか、写真:稲垣 佑季・三浦 晃一

    ランキング作成日:2020/01/31

    その他の毛穴吸引器記事

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す