1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. 香水・フレグランス
  6. >
  7. 香油のおすすめ人気ランキング10選【注目の香りオイル】
  • 香油のおすすめ人気ランキング10選【注目の香りオイル】のアイキャッチ画像1枚目
  • 香油のおすすめ人気ランキング10選【注目の香りオイル】のアイキャッチ画像2枚目
  • 香油のおすすめ人気ランキング10選【注目の香りオイル】のアイキャッチ画像3枚目
  • 香油のおすすめ人気ランキング10選【注目の香りオイル】のアイキャッチ画像4枚目
  • 香油のおすすめ人気ランキング10選【注目の香りオイル】のアイキャッチ画像5枚目

香油のおすすめ人気ランキング10選【注目の香りオイル】

気に入った香りに包まれた生活は女性の憧れです。生活の中の"香り"といえば、アロマオイルや香水(フレグランス)がまず思い浮かびますが、最近密かに人気が高まってきている香りアイテムが「香油」です。パフュームオイルと呼ばれることもあります。


エッセンシャルオイルなどの天然香料に油脂を加えたもので、様々な植物や果物から抽出したオイルがベースになっているため、香りの種類もローズ・ベルガモット・ラベンダーなど様々です。そのため、香水やアロマオイルとどう違うの?といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、香油の効能や選び方、さらにおすすめ商品を用途別にご紹介します。お気に入りの香油を探して、香りの達人になりましょう!

  • 最終更新日:2020年08月07日
  • 50,565  views
目次

香油って何?香水・エッセンシャルオイルとの違いは?

日本では、まだ馴染みのない方も多い「香油」ですが、一度使うと虜になるといいます。ただ実際のところ、香水やエッセンシャルオイル(精油)との違いをよくわからない人も多いようです。そこでまずは、香油とエッセンシャルオイル・香水との違いをお伝えしていきます。

エッセンシャルオイルとの違いは純度

それではまず、香油とエッセンシャルオイルの違いについて見ていきましょう。エッセンシャルオイルも香りのいいオイルですが、違いはどんなところにあるのでしょうか?

エッセンシャルオイルは香り成分、香油は香料+油脂

エッセンシャルオイルは香り成分、香油は香料+油脂

エッセンシャルオイルと香油の違いは「純度」です。エッセンシャルオイル(精油)とは、植物から抽出される純度100%の天然芳香成分のことを指します。


一方で、香油とは、エッセンシャルオイルやその他の天然の香料をさまざまな油脂に混ぜて香りを楽しんだり、美容目的で使用したりするもののことです。

エッセンシャルオイルは直接肌につけない!

エッセンシャルオイルは直接肌につけない!
「エッセンシャルオイル」+「油脂」で作られた香油は、直接肌に付けてマッサージやトリートメントをすることができます。しかし、エッセンシャルオイルを原液のままで肌につけることは危険です。香油として使用する場合は、必ずキャリアオイル(植物油)で1%以下の濃度に希釈してから使用しましょう。

また、アロマオイルと表記されているものの中には、天然の香料ではないものや純度が100%ではないものも安価で販売されています。刺激が強く、直接肌につけられないものもあるので注意が必要です。

香水との違いはアルコール成分

香りを楽しむものといえば香水も忘れてはいけませんね。では、香水と香油の違いとはなんでしょう。

香水の特徴は高い拡散性

香水の特徴は高い拡散性
香水と香油の違いは「アルコールを使用しているかどうか」ということです。アルコールは揮発性が高く、配合された香り成分を軽やかに拡散させることができます。水のような手軽さも魅力の一つ。しかし、香水には「使う人を選ぶ」という側面があります。アルコールを使用しているので敏感肌の人には刺激が強く、かゆみや赤みが出てしまうこともあるので注意が必要です。

また、使う人の体臭によって香りが変わってしまうというのもアルコール成分の影響の一つ。揮発性の高さゆえ、つけた瞬間に強く香り持続性は低いという特徴もあります。

香油の特徴はやわらかな香りの持続性

香油の特徴はやわらかな香りの持続性

エッセンシャルオイルなどの揮発性を緩やかにし、柔らかく長く香るのが香油の特徴です。


また、香水と異なり、オイルの成分によっては美容・保湿に使われることも。乾燥地域や熱帯の国々の女性の味方でもあります。香油はアルコールではなく油脂(オイル)をベースに香料を加えているので、アルコールが禁止されているイスラム圏の人々に長く愛用されていますよ。

香油の選び方

香油は、香水やコーヒー、紅茶などと同じように完全に嗜好品です。品質に問題がなければ、ご自分の好みの香りを探すのが最も重要なポイントになります。

しかしながら、初めて香油を使ってみようと思っている方にとっては、何を基準にどのように選べばいいのか迷ってしまうことでしょう。そこで、どこに注目して選ぶと良いかのポイントをいくつかまとめました。

香りにこだわる

何といっても、重要なのは香りですね。香りのタイプはフローラル系・シトラス系・オリエンタルな香りなど様々ありますが、まずここでは代表的のものをご紹介します。

フローラル系の香りの代表 ローズ

フローラル系の香りの代表 ローズ
ローズは高価な香料としても有名ですね。その理由は、1滴のローズオイルを抽出するのに50個の花びらが必要で、多くの材料から少ししか抽出できない貴重な香料だといわれているからです。他にもネロリ・ジャスミン・メリッサなども、抽出量の少ない香料となっています。

ダマスクローズをはじめとし、香りのよいバラの花を香料に用いた商品は数多くあります。ローズは心を癒し、幸福感を与えてくれる香りです。落ち込んでいる時、元気を取り戻したい時に使用してみましょう。女性らしい華やかさを演出したい時にも力を発揮してくれます。

シトラス系で人気の高いベルガモット

シトラス系で人気の高いベルガモット

レモン・オレンジ・マンダリンなどのシトラス系の香りの中でも人気が高いベルガモット。精油は未完熟の青い実から圧搾法で抽出されます。柑橘類ならではの爽やかなすがすがしい香りが特徴です。かすかに甘さも感じられ、男女共に愛用者が多い香りの一つでもあります。さわやかな香りで、リフレッシュしたい時にもおすすめです。

オリエンタルな香りといえばサンダルウッド

オリエンタルな香りといえばサンダルウッド

オリエンタルな香りの代表といえば、サンダルウッドがあげられます。別名「白檀(びゃくだん)」とも呼ばれ、寺院をイメージする人も多いでしょう。サンダルウッドにクローブやナツメグ・アンバー・バニラなどをブレンドすることで、エキゾチックでミステリアスな香りを作り上げることができます。

用途にこだわる

香油は使い方によって大きく2種類に分けられます。1つは「ボディ用」、もう1つは「ポイント使い用」です。

ボディ用はたっぷり使ってスキンケアやマッサージにも!

ボディ用はたっぷり使ってスキンケアやマッサージにも!
伸びの良いオイルたっぷりのボディ用の香油は、髪の毛からつま先まで全身のケアにも使うことができます。使用されている精油やその他の香料の香りを楽しむと同時に、ベースのオイルの効能もしっかりと活用したいという方におすすめなのがこちらのタイプです。

※フェイシャルケアへのご使用は商品によって異なります。ご注意ください。

ポイント使いは香水感覚

ポイント使いは香水感覚

内容量10ml以下で販売されている少量タイプは、ポイント使い用です。香水のように手首や首筋・耳たぶなどに塗って使用します。こちらのタイプは使用量が少ないため、香りそのものが重要です。

効能で選ぶ

効能で選ぶ場合は、香油に用いられているオイルに注目しましょう。ベースになるオイルの成分によって香油が体へ与える影響が異なります。では、香油に使用される代表的なオイルの効能をご紹介しましょう。

肌の弾力と潤いを保つ「ホホバオイル」

肌の弾力と潤いを保つ「ホホバオイル」
ホホバは、南カリフォルニアやアリゾナ、メキシコなどの砂漠地域に多く生息し、高熱にも乾燥にも強い植物です。そのため、酸化安定性が非常に高く、劣化しにくいという特徴があります。長期間の保存にも向いています。

また、ホホバはワックスエステルという成分の含有量が多くなっています。この成分は、人間の皮膚の角質層にも20~30%の割合で含まれているので肌の角質層に浸透しやすく、肌の弾力や潤いを保つ効果があります。

乾燥を防ぐには「アルガンオイル」

乾燥を防ぐには「アルガンオイル」

アルガンオイルは別名「モロッコの黄金」とも呼ばれています。オレイン酸と天然のビタミンEが豊富に含まれ、肌を保護・保湿することで、美容効果や肌にハリやツヤを与える効果が期待できます。サラサラとした使い心地で、肌なじみが良いのも特徴。髪の毛に使用しても過度にベタつきにくく、パサつきや枝毛などのヘアトラブルにも良いとされ、美髪効果を得たい方におすすめのオイルです。


ただし、アルガンオイルに豊富に含まれるオレイン酸はニキビの原因菌と相性が良いと言われているので、ニキビの心配がある方は注意が必要です。

紫外線による乾燥が気になる方には「米ぬか油」

紫外線による乾燥が気になる方には「米ぬか油」

紫外線による乾燥を防ぎたい方におすすめのオイルは米ぬか油です。このオイルには他にはない成分「γ-オリザノール」が含まれています。この成分により、紫外線を米ぬか油が吸収することが報告されているため、紫外線による乾燥などが気になる時期におすすめです。


米ぬか油には他にも、優れた保湿力でスーパービタミンと呼ばれるトコトリエノールや、紫外線を防御する高保湿成分フェルラ酸も含まれていますよ。

高保湿力で肌荒れ防止に「アーモンドオイル・ヒマワリオイル・ククイナッツオイル」

高保湿力で肌荒れ防止に「アーモンドオイル・ヒマワリオイル・ククイナッツオイル」

アーモンドオイル・ヒマワリオイル・ククイナッツオイルの3つのオイルに共通しているのは、高い保湿力と肌荒れ防止効果。冬場の乾燥ケアにもおすすめです。


また、アーモンドオイルには保湿力で肌を柔らかくする効果も期待できます。肌の質感が気になる方はチェックしてみてくださいね。

香油(ボディ用)のおすすめ人気ランキング5選

それでは、おすすめの香油をボディ用とポイント使い用とに分けて10選ご紹介します!まずはボディ用から見ていきましょう。

ランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月4日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしています。


なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果効能をご確認ください。


5位
香り若草のグリーンアロマ・フローラルの香り
成分-
内容量20ml
4位
香り6種類(ティアレ・ココナッツ・イランイラン・バニラ・ピカケ・ティパニエ)
成分ヤシ油・香料・トコフェロール
内容量60ml
3位
香り3種類(ユーカリハニーマートル・コーヒースペアミント・ラベンダーイランイラン)
成分ホホバ種子油・キャンデリラロウ・マカデミア種子油など
内容量-
2位
香りダマスクローズの香り
成分米ぬか油・ダマスクローズ油
内容量100ml
1位
香り天然ハーブの香り
成分-
内容量30ml

人気香油(ボディ用)の比較一覧表

商品画像
1
香油 アグリオリーブ小豆島 ひとはだ香油 1枚目

アグリオリーブ小豆島

2
香油 プレマラボ ブラン ドリップ 1枚目

プレマラボ

3
香油 blanche etoile  blanche etoile 氣香油 1枚目

blanche etoile

4
香油 Parfumerie TIKI タヒチ モノイティアレ オイル 1枚目

Parfumerie TIKI

5
香油 アグリオリーブ小豆島 香美(KOUMI) 1枚目

アグリオリーブ小豆島

商品名

ひとはだ香油

ブラン ドリップ

blanche etoile 氣香油

タヒチ モノイティアレ オイル

香美(KOUMI)

特徴唇から全身までOK。赤ちゃんにも使える自然派香油原材料はたったの2つ。シンプルさが◎香りを楽しみながらスキンケアできる南国を思わせる甘い華やかな香りがGOOD乾燥を防ぐ贅沢なオリーブオイル
最安値
1,650
送料要確認
詳細を見る
4,320
送料要確認
詳細を見る
5,620
送料要確認
詳細を見る
748
送料要確認
詳細を見る
6,600
送料要確認
詳細を見る
香り天然ハーブの香りダマスクローズの香り3種類(ユーカリハニーマートル・コーヒースペアミント・ラベンダーイランイラン)6種類(ティアレ・ココナッツ・イランイラン・バニラ・ピカケ・ティパニエ)若草のグリーンアロマ・フローラルの香り
成分-米ぬか油・ダマスクローズ油ホホバ種子油・キャンデリラロウ・マカデミア種子油などヤシ油・香料・トコフェロール-
内容量30ml100ml-60ml20ml
商品リンク

香油(ポイント使い用)のおすすめ人気ランキング5選

続いては、ポイント使い用におすすめ香油をランキング形式で5つご紹介します。お気に入りの香りをぜひ見つけてくださいね。


掲載商品は、上記の選び方で記載した効果があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果効能をご確認ください。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月4日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしています。

5位

MOR BoutiqueMOR リトルラグジュアリーズ ロールオンパフュームオイル

2,475円 (税込)

香り5種類(マシュマロ・ライチーフラワー・スノーガーデニア・ボヘミアンブーケ・ポメグラネート)
成分トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・アーモンド油・シクロペンタシロキサンなど
内容量9ml
4位

ジョンマスターオーガニックグループロールオンフレグランス

2,980円 (税込)

香りサルトリースパイス・スパークリングシトラス・フレッシュフローラル
成分ホホバシードオイル・ヒマワリシードオイなど
内容量9ml
3位
香り12種類(ウッディフローラル・ハーバルシトラス・フルーティフローラルなど)
成分-
内容量10ml
2位
香油 アロマセラピーカンパニー  セラピーレンジ  パルスポイント 1枚目
出典:amazon.co.jp

アロマセラピーカンパニー セラピーレンジ パルスポイント

1,980円

香りペパーミント・ラベンダーの香り
成分ブドウ種子油・ラバンデュラハイブリダ油・セイヨウハッカ油
内容量15ml
1位
香りエキゾチックな魅惑の香りから甘みある濃厚な香り
成分オレンジ油・レモン油・イランイラン花油・ラベンダー油・パチョリ油・ベチベル根油・ダマスクバラ花油など
内容量15ml

人気香油(ポイント使い用)の比較一覧表

商品画像
1
香油 スターティス ナリン センシュアルオイル 1枚目

スターティス

2
香油 アロマセラピーカンパニー  セラピーレンジ  パルスポイント 1枚目

アロマセラピーカンパニー

3
香油 パルフェ パルフェ オイルパフューム 1枚目

パルフェ

4
香油 ジョンマスターオーガニックグループ ロールオンフレグランス 1枚目

ジョンマスターオーガニックグループ

5
香油 MOR Boutique MOR リトルラグジュアリーズ ロールオンパフュームオイル 1枚目

MOR Boutique

商品名

ナリン センシュアルオイル

セラピーレンジ パルスポイント

パルフェ オイルパフューム

ロールオンフレグランス

MOR リトルラグジュアリーズ ロールオンパフュームオイル

特徴恋人と過ごすロマンティックな夜にエッセンシャルオイルの爽やか香りが◎バースナンバーの香りを選んでみよう自然派の方におすすめのオーガニック香油香りだけでなく目でも楽しめる美しいボトル
最安値
3,132
送料無料
詳細を見る
4,400
送料無料
詳細を見る
2,980
送料無料
詳細を見る
2,475
送料要確認
詳細を見る
香りエキゾチックな魅惑の香りから甘みある濃厚な香りペパーミント・ラベンダーの香り12種類(ウッディフローラル・ハーバルシトラス・フルーティフローラルなど)サルトリースパイス・スパークリングシトラス・フレッシュフローラル5種類(マシュマロ・ライチーフラワー・スノーガーデニア・ボヘミアンブーケ・ポメグラネート)
成分オレンジ油・レモン油・イランイラン花油・ラベンダー油・パチョリ油・ベチベル根油・ダマスクバラ花油などブドウ種子油・ラバンデュラハイブリダ油・セイヨウハッカ油-ホホバシードオイル・ヒマワリシードオイなどトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・アーモンド油・シクロペンタシロキサンなど
内容量15ml15ml10ml9ml9ml
商品リンク

香油の歴史

香油の歴史
香油は英語で「perfume(パフューム)」。語源となっているのは、ラテン語の「Per Fumum」。意味は「煙によって」です。

メソポタミア文明の時代にシュメール人は、神に香木を捧げ、古代エジプトでは、王族が亡くなりミイラにする時にはその亡骸に香料をたっぷりと塗り込めたといわれています。「香り」は遠い昔から様々な儀式や王族の生活に欠かせないものでした。


当時の香料は精油ではなく、白檀やシナモンの木、樹脂などを使用していたといわれています。まだ、植物から香り成分を抽出する技術はありませんでした。精油はもう少し後の時代、イスラムの錬金術師たちによって製法が発見されることになります。

まとめ

回は、今人気の香油の楽しみ方をご紹介しました。すれ違いざまに優しくふわりと香る「いい匂い」。香油はあなたの魅力をさらにアップする素敵なアイテムです。ぜひお気に入りの1本を探してみてくださいね!


香油は直接お肌につけるものです。体質やお肌の状態によっては合わない場合もあります。可能であれば店頭のテスターで試す、少量タイプを購入するなど工夫してみてください。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す