• モンベルのダウンジャケットのおすすめ人気ランキング10選【メンズ・レディース最新版!】のアイキャッチ画像1枚目
  • モンベルのダウンジャケットのおすすめ人気ランキング10選【メンズ・レディース最新版!】のアイキャッチ画像2枚目
  • モンベルのダウンジャケットのおすすめ人気ランキング10選【メンズ・レディース最新版!】のアイキャッチ画像3枚目
  • モンベルのダウンジャケットのおすすめ人気ランキング10選【メンズ・レディース最新版!】のアイキャッチ画像4枚目
  • モンベルのダウンジャケットのおすすめ人気ランキング10選【メンズ・レディース最新版!】のアイキャッチ画像5枚目

モンベルのダウンジャケットのおすすめ人気ランキング10選【メンズ・レディース最新版!】

日本を代表するアウトドアブランドのモンベル。中でもダウンジャケットは、極寒の雪山でも対応できる機能性はそのままにデザイン性をアップさせたものも多く、タウンユースからアウトドアまで幅広いシーンで活躍するアウターとして人気です。

そこで今回は、モンベルのダウンジャケットの選び方と、おすすめ人気の商品をメンズ・レディースに分けてランキング形式でご紹介します。暖かくて高機能な1着を手に入れて、冬のお出かけやアクティビティを満喫しちゃいましょう!
  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 16,039  views
目次

モンベルのダウンジャケットの魅力

モンベルのダウンジャケットは、高品質で超軽量なところが魅力。良質なダウンを使用しているため、同じ厚みのダウンジャケットと比較すると、モンベルのダウンの方がずっと保温性があり、しかも軽量です。

極地遠征に向けた本格的な防寒用の1着から、普段使いしやすいカジュアルなタイプまで、メンズ・レディースそれぞれで展開。モンベルならきっと、あなたの目的にぴったりのダウンジャケットを見つけられることでしょう。

モンベルのダウンジャケットの選び方

そんな魅力あふれるモンベルのダウンジャケットは、どこに注目して選んだらいいのでしょうか。ここでは具体的な選び方のポイントをご紹介します。

「フィルパワー」で暖かさと軽さをチェック

「フィルパワー」で暖かさと軽さをチェック
モンベルで選ぶなら800FP(フィルパワー)以上のものがおすすめです。FPはダウンのふくらみを表す単位で、数値が高いほどたくさん空気を含むため保温性に優れます。少ない量でも十分な温かさを得られるので、軽量に仕上がるところも魅力です。

一般的なダウンウエアには500~700FPくらいのものが多く使われていますが、モンベル製品の中に800~1000FPのものも。モンベルでは800FP以上を「EXダウン」と呼んでいます。せっかくこのブランドを選ぶなら、ぜひ注目したいポイントです。

生地の構造をチェック。着用するフィールドに合わせて

次にチェックしたいのが生地の構造です。モンベルのダウンジャケットには、主に3つの表地構造があります。どんなシーンで着用するのかイメージしながら、最適なものを見つけましょう。

「シングルキルト構造」は薄手のアウター、またコートのインナーとして!

冬は中間着、春や秋はアウターとして着用したい方におすすめなのがシングルキルトです。これは表地と裏地をつぶし縫いで縫製したタイプのもの。シンプルですっきりとしたシルエットになるので、コートの下に着用するのにも適します。

ジャケット自体が軽量なので、小さく折りたためば持ち運びにも便利。登山やキャンプなど、気温の変化が予測できないときも、このタイプをひとつ持っていると安心です

保温性を最大限に高めた「ボックス構造」は、ベーシックなアウターに

しっかりめのアウターとして着たいのなら、ボックス構造タイプがおすすめ。生地内にマチを設けた構造で、ダウンがつぶれないように縫製されているので、保温性に優れています。

普段使いにも最適。フィルパワーが高いものならそのまま雪山にも行けるほど暖かいので、登山やキャンプなどの冬季アウトドアにも適します。

プラス一枚の表地で防風性アップ、しっかり防寒する「三枚差し構造」

暖かさとすっきり感、両方を兼ね備えているのが、三枚差し構造です。シングルキルト構造に表地を一枚加えたことで、冷たい風をシャットアウト。冷風の侵入を防ぎ、内側の暖かい空気は逃がさないという特徴があります。


シングルキルトやボックスに比べるとやや動きにくさがありますが、ワカサギ釣りや雪上バードウォッチングなどにはぴったり。ファッション性も高いので、冬の旅行やビジネスシーンでも活躍してくれそうですね。

重いものほど防寒性アップ!極地では1kg以上のものを選んで

冬の高山や流氷ツアーなどへ出向くのなら、極地仕様になっているダウンを選びましょう。氷点下の中で過ごす時間が長いと、いくら保温性が高くても、冷気をしっかりブロックできないものでは対応しきれません。

モンベルの極地仕様のダウンは、防風性の高い厚手の生地や、引き裂きに強い高耐久素材を組み合わせてあり、ハードな環境にも十分対応できるようになっています。生地が厚い分だけ重さは増え、1kg以上あるものが主流となっています。

コートとして着られるロングタイプも

屋外でのアクティビティや通勤通学などで防寒性を高めるなら、お尻まですっぽり隠れるコートタイプもおすすめです。スポーツ観戦や雪遊びはもちろん、特に冷え込んだ日の防寒対策として、普段着の上に着ることができます。

メンズ・レディースともに、スーツに合わせやすいデザインが多数あるので、ビジネスシーンにもマッチしますよ。EXダウンを使っているものならロングでも超軽量なので、冬の通勤・外回りを快適にしてくれます。

「超耐久撥水加工」されているものがおすすめ

「超耐久撥水加工」されているものがおすすめ
モンベルのダウンには、「超耐久撥水加工」が施されたものがあります。これは生地に水が染み込むのを防止する加工で、ダウンのへたりを抑えたり、汚れが付きにくくなるといったメリットを持っています。長持ちさせたいならこの加工があるものを選びましょう。

アウトドアシーンではもちろんのこと、タウンユースでも、雨や雪を弾いてくれるので非常に便利。脱いだ後にサッと振るだけで水滴を落すことができるので、お手入れしやすいのもメリットです。

静電気がおこりにくい「帯電防止加工」もチェック

静電気がおこりにくい「帯電防止加工」もチェック
ダウンジャケットを着用すると、どうしても発生するのが静電気。これを避けるなら、帯電防止加工が施されたものをおすすめします。髪がまとわりついたり、ドアの取っ手に触れた際のパチッとする痛みなど、不快な静電気を減らすことができます。

モンベルの帯電防止加工は、半永久的に持続するのがポイント。洗濯をしてもその効果が衰えないので、乾燥するシーズンには非常に嬉しい効果と言えます。

モンベルのダウンジャケット(メンズ)の人気ランキング5選

ここからは、モンベルのダウンジャケットの中でも特に人気の商品を、メンズとレディースに分けてご紹介したいと思います。まずはメンズ用をご紹介しますので、ぜひご参考ください!

5位

US ライトアルパインダウン パーカ

2301261

16,800円 (税別)

フィルパワー800FP(EXダウン)
生地構造記載なし
極地仕様×(重量平均403g)
ロングタイプ×
超耐久撥水加工
帯電防止加工
4位

プラズマ1000 ダウンジャケット

1101493

27,432円 (税込)

フィルパワー1000FP(EXダウン)
生地構造シングルキルト構造
極地仕様×(重量平均130g)
ロングタイプ×
超耐久撥水加工
帯電防止加工×
3位
フィルパワー650FP
生地構造三枚差し構造
極地仕様×(重量平均582g)
ロングタイプ×
超耐久撥水加工
帯電防止加工
2位

スペリオダウン パーカ

1101464

17,172円 (税込)

フィルパワー800FP(EXダウン)
生地構造シングルキルト構造
極地仕様×(重量平均247g)
ロングタイプ×
超耐久撥水加工
帯電防止加工
1位

ライトアルパインダウン パーカ

1101532

18,144円 (税込)

フィルパワー800FP(EXダウン)
生地構造シングルキルト構造
極地仕様×(重量平均368g)
ロングタイプ×
超耐久撥水加工
帯電防止加工

人気 モンベルのダウンジャケット(メンズ)の比較一覧表

商品画像
1
モンベル ダウンジャケット ライトアルパインダウン パーカ  1枚目

2
モンベル ダウンジャケット スペリオダウン パーカ  1枚目

3
モンベル ダウンジャケット コロラドパーカ 1枚目

4
モンベル ダウンジャケット プラズマ1000 ダウンジャケット  1枚目

5
モンベル ダウンジャケット US ライトアルパインダウン パーカ 1枚目

商品名

ライトアルパインダウン パーカ

スペリオダウン パーカ

コロラドパーカ

プラズマ1000 ダウンジャケット

US ライトアルパインダウン パーカ

特徴たくさん着まわせる高耐久タイプ!アウトドアにも暖かいのに軽くて動きやすい!着回しできるリバーシブルタイプ超軽量!折りたためば手のひらに乗るほどコンパクト街も山も!汎用性の高い1着
価格18,144円(税込)17,172円(税込)17,280円(税込)27,432円(税込)16,800円(税別)
フィルパワー800FP(EXダウン)800FP(EXダウン)650FP1000FP(EXダウン)800FP(EXダウン)
生地構造シングルキルト構造シングルキルト構造三枚差し構造シングルキルト構造記載なし
極地仕様×(重量平均368g)×(重量平均247g)×(重量平均582g)×(重量平均130g)×(重量平均403g)
ロングタイプ×××××
超耐久撥水加工
帯電防止加工×
商品リンク

モンベルのダウンジャケット(レディース)の人気ランキング5選

ここからは、レディース用のダウンジャケットをご紹介していきます。肌寒い季節のアウターとして、また冬のアクティビティを楽しむファッションアイテムとして、おしゃれに着こなしてください!

5位

パーマフロストダウンパーカ 男女兼用

1101574

30,024円 (税込)

フィルパワー800FP(EXダウン)
生地構造ボックス構造
極地仕様×(重量平均558g)
ロングタイプ×
超耐久撥水加工
帯電防止加工
4位

ライトアルパインダウン ジャケット

1101535

15,120円 (税込)

フィルパワー800FP(EXダウン)
生地構造シングルキルト構造
極地仕様×(重量平均273g)
ロングタイプ×
超耐久撥水加工
帯電防止加工
3位

アルパイン ダウンパーカ

1101408

17,500円 (税込)

フィルパワー800FP(EXダウン)
生地構造ボックス構造
極地仕様×(重量平均372g)
ロングタイプ×
超耐久撥水加工
帯電防止加工×
2位

U.L.ダウンラウンドネックジャケット

1101402

9,800円 (税込)

フィルパワー800FP(EXダウン)
生地構造シングルキルト構造
極地仕様×(重量平均135g)
ロングタイプ×
超耐久撥水加工
帯電防止加工×
1位

プラズマ1000 アルパイン ダウンパーカ

1101578

39,960円 (税込)

フィルパワー1000FP(EXダウン)
生地構造シングルキルト構造
極地仕様×(重量平均221g)
ロングタイプ×
超耐久撥水加工
帯電防止加工×

人気 モンベルのダウンジャケット(レディース)の比較一覧表

商品画像
1
モンベル ダウンジャケット プラズマ1000 アルパイン ダウンパーカ  1枚目

2
モンベル ダウンジャケット U.L.ダウンラウンドネックジャケット 1枚目

3
モンベル ダウンジャケット アルパイン ダウンパーカ 1枚目

4
モンベル ダウンジャケット ライトアルパインダウン ジャケット  1枚目

5
モンベル ダウンジャケット パーマフロストダウンパーカ 男女兼用 1枚目

商品名

プラズマ1000 アルパイン ダウンパーカ

U.L.ダウンラウンドネックジャケット

アルパイン ダウンパーカ

ライトアルパインダウン ジャケット

パーマフロストダウンパーカ 男女兼用

特徴独自のキルトパターンで暖かさと軽さを両立カジュアルコーデにもぴったりのラウンドネックフィット感が自由自在に調節でき、アクティビティにぴったり!お出かけ時はもちろん、携行用の防寒着としても雪遊びにぴったり!男女兼用でお揃いも◎
価格39,960円(税込)9,800円(税込)17,500円(税込)15,120円(税込)30,024円(税込)
フィルパワー1000FP(EXダウン)800FP(EXダウン)800FP(EXダウン)800FP(EXダウン)800FP(EXダウン)
生地構造シングルキルト構造シングルキルト構造ボックス構造シングルキルト構造ボックス構造
極地仕様×(重量平均221g)×(重量平均135g)×(重量平均372g)×(重量平均273g)×(重量平均558g)
ロングタイプ×××××
超耐久撥水加工
帯電防止加工×××
商品リンク

冬を楽しむならしっかり防寒対策を!

スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツはもちろん、雪山登山や冬季キャンプなどなど、冬に楽しめるアクティビティはたくさんあります。思う存分満喫するなら、足元から頭まできちんと防寒対策を行いましょう!以下の記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

モンベルのダウンジャケットを、メンズとレディースに分けてご紹介しました。お気に入りのダウンジャケットは見つかりましたか?


生地の構造にまでこだわった品質の高さが、モンベルが選ばれる理由。この記事を参考にして自分にぴったりの1着を見つけ、寒い季節のお出かけやアウトドアを満喫してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す