• カシミヤストールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • カシミヤストールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • カシミヤストールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • カシミヤストールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • カシミヤストールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

カシミヤストールのおすすめ人気ランキング10選

ひとつは持っておきたいファッションアイテム「カシミヤストール」。マフラーとしてもショールとしても使える大判サイズなどいろいろなものが出回っていますが、カシミヤとひと言に言ってもその品質や値段はピンからキリまで。いざブランドショップなどを見回しても、どれが本当に良いものなのか、そもそも相場はどれくらいなのか、見極めるのがなかなか難しいアイテムです。

そこで今回は、通販で購入できるカシミヤストールをランキング形式でご紹介します。また合わせて、カシミヤストールの詳しい選び方も解説。カシミヤブランドの代表格であるジョンストンズのものを含め計10選ご紹介しますので、ぜひ選ぶ際の参考にしてくださいね。
  • 最終更新日:2019年11月18日
  • 236,622  views
目次

保温性・保湿性・弾力性の高さが、カシミヤの魅力

保温性・保湿性・弾力性の高さが、カシミヤの魅力

出典:amazon.co.jp

カシミヤの良さと言えば軽く柔らかい触感、優れた保温性と保湿性、弾力性です。カシミヤの繊維は他の獣毛と比べてかなり細いのが特徴で、上質なウールでも毛の細さは約19~20ミクロンですが、カシミヤは約14~16ミクロンといわれています。細い繊維は皮膚への刺激が少なく、非常にしなやかです。

そして、その細い繊維をたくさん束ねて糸を仕上げるので、温かい空気を中にため込むことができ、さらに毛のキューティクルが空気中の水分の吸収と放出を繰り返すことで湿度を一定に保つことができます。またカシミヤは伸縮性にも優れていて、「復元力」を発揮するためストールなどの製品となった後も型崩れしにくいというメリットがあります。

しかしカシミヤにも弱点があります。カシミヤはデリケートな素材なので水に濡れるとシミになりやく、強度も弱いので取り扱いには注意が必要です。また、毛玉ができやすいのも難点。長く愛用するためには、定期的な手入れが欠かせません。

カシミヤストールの選び方のポイント

まずはカシミヤストールの選び方を解説しますので、商品選びに迷っている方はぜひチェックしてみてください。

カシミヤの混用率で選ぶ。100%にこだわる必要はない

カシミヤの混用率で選ぶ。100%にこだわる必要はない
カシミヤストールを選ぶ際は、カシミヤを何%使っているかにも注目しましょう。ウールを混ぜるとチクチクした肌触りになり重みが出て、光沢も減ります。ですが、アンゴラやアルパカを混ぜたものだとなかなか違いが分からなくなります。

カシミヤの風合いを楽しみたいならカシミヤ100%のものを買うのがやはりベストですが、それ以外のもの、例えば50%混用となるとプロでもなかなか見抜くのが難しいほど近い風合いを醸すそうです。そのため、価格や質感に満足できれば必ずしもカシミヤ100%にこだわる必要はないでしょう。

カシミヤ以外の繊維が混用されていても正しい混用率が明示されていれば、粗悪品というわけでは決してありません。例えばウールが入っていると強度が増しますし、シルクが入っていればつるっとした清涼感がプラスされます。肌障りや着け心地で、自分に合った好きなブレンドを見つけてください。

肩掛け?膝掛け?使い方に合ったサイズを選ぶ

肩掛け?膝掛け?使い方に合ったサイズを選ぶ

出典:amazon.co.jp

巻き方や使う用途よって、ストールに必要な長さが変わってきます。一般的なストールのサイズは約45cm×185cm程度のタイプが多く、このサイズだと肩からサッと羽織るのもおしゃれですし、バックにさりげなく入れて持ち運びにも便利です。

大判となると約70cm×200cmなどサイズも大きく変わるので、必ずサイズをチェックすることも大切です。ボリュームをたっぷりもたせたい方や膝掛けとしても活用したいと考えている方は、大判タイプのサイズをセレクトしましょう。サイズは見た目も大きく左右するので、しっかりとチェックしましょう。

重さも重要!軽すぎないものを選ぼう

重さも重要!軽すぎないものを選ぼう

出典:amazon.co.jp

有名なブランド「ジョンストンズ」の冬ものストール(高級カシミヤ100%)の重量は約375g。その他のカシミヤ100%の冬物ストールでも大体290〜360gほどの重さがあります。ぜひ買う段階では「掴んだときにコシがあるか」と「軽過ぎないか」ということに注意してみてください。

カシミアストールの特徴のひとつに「軽さ」が挙げられます。ですが、軽過ぎるものはカシミヤの分量も生地の打ち込みも少ないものと思われ、型崩れや傷みが出やすくなります。安いカシミアストールは軽過ぎるものもあるので要注意です。では「良い軽さ」とは?それを見極めるポイントは、コシがあって程よい重みがあるかどうか。

カシミヤ製品の本場スコットランドをはじめ、英国などヨーロッパで販売されている製品は、100%カシミヤでも実は販売段階では編み立てのしっかりした重量感があり、軽い感じはあまりないのだとか。買ったあと数年使っているうちにカシミヤならではのふんわりとした風合いが生まれてくるのだそうです。

毛質と光沢が良いものを選ぶ

毛質と光沢が良いものを選ぶ
カシミヤストールを選ぶ際、まずは毛質に注目してみましょう。カシミヤ製品は原毛の「長さ」が品質の決め手となります。毛質の良いものは繊維が長くきれいな光沢があります。

安いものは繊維の長さが短く毛質が揃っていなかったり、繊維表面のキューティクルの突起が多いことなどによって光沢がありません。繊維が短いと紡績中に糸が切れたり、抜け毛で毛玉になりやすくなります。カシミヤの繊維の長さは最高級で約5cm。3cm以下はランクが低いものとされています。

そして、繊維の「細さ」も品質を左右します。細ければ細いほど毛のキューティクルが平らで光を反射させるので美しい光沢が出て、触感も柔らかくなります。また併せて、山羊の内側に生える柔らかい毛の中に、外側の堅く黒い毛が混ざっていないかも確認しましょう。

自然な「ぬめり感」のあるものを選ぶ

自然な「ぬめり感」のあるものを選ぶ
カシミアは、毛に含まれた油脂が繊維表面をコーティングしていて独特の「ぬめり感」のある、なめらかな風合いを醸し出しています。しかし最近では、ウールの表面に樹脂を塗りカシミヤ風の触感に作り上げた製品や、粗悪なカシミヤ原料に強い柔軟加工を施して無理矢理に風合いを出した製品なども増えているようです。

そのような製品は薬品のような嫌なぬめり感が手に残ります。不自然な風合いのものは粗悪品や偽物の場合も多いので特に注意しましょう。上質なカシミア製品は、わざとらしいフワフワ感はなく、使っていくうちに自然な風合いが出てくるものです。

価格の安過ぎないものを選ぶ

価格の安過ぎないものを選ぶ
価格は単純にその製品のランクを表しているので、価格に注目することは品質を見分けるもっとも簡単な方法とも言えます。カシミヤ100%のストールのうち、通販で買えるものの平均価格はおおよそ15000円〜30000円ほど。本場のヨーロッパ製では安くても50000円以上、高級品なら20万円にもなります。

また、サイズが短いマフラーなら中国製で3000円〜6000円。日本製で5000円から20000円ほど。いずれにしてもカシミヤ製品は高価なものです。カシミヤ原料は、繊維の長さ・繊維の細さ・異物混入率でグレードが判断され値段が決まります。そのグレードは1等級から9等級まであります。

安いものはグレードの低い原料を使っていることが多く、あまりに安過ぎる製品はカシミヤ以外の毛を使っていることもあり得るので混用率と合わせてしっかりと確認しましょう。

カシミヤストールのおすすめ人気ランキング10選

選び方のポイントが分かったところで、いよいよカシミヤストールのおすすめ商品を見ていきましょう。
10位
カシミヤストール macocca カシミヤ100%無地大判ストール
出典:amazon.co.jp

macoccaカシミヤ100%無地大判ストール

13,800円 (税込)

混合率高品質カシミヤ100%(内モンゴル産)
サイズ幅60cm×縦180cm+フリンジ10cm×2
重量260g
生産国中国
9位

CHAN LUUカシミヤ&シルク大判ストール

15,876円 (税込)

混合率カシミア70%・シルク30%
サイズ約157cm×147cm
重量-
生産国中国
8位
混合率カシミア100%
サイズ約186cm×90cm(フリンジ2cm)
重量87g
生産国-
7位

BURBERRYライトウェイト カシミアスカーフ イン チェック

86,400円 (税込)

混合率カシミア100%
サイズ180cm×70cm
重量-
生産国スコットランド
6位
カシミヤストール マルヤマ カシミヤストール
出典:amazon.co.jp
混合率カシミア100%
サイズ70cm×200cm
重量320g
生産国中国
5位

Cashmeeカシミヤ100%ベーシックウェーブストール

19,980円 (税込)

混合率カシミア100%
サイズ200cm×70cm(フリンジ部分10×2cm)
重量約320g
生産国中国(内モンゴル産)
4位

HOUSE OF SKYEスコットランドデザイン100%カシミヤストール

34,000円 (税込)

混合率カシミア100%
サイズ200cm×70cm
重量約290g
生産国モンゴル
3位
混合率カシミア100%
サイズ165cm×76cm
重量360g
生産国スコットランド
2位

JOHNSTONSカシミア大判プレーンストール

46,800円 (税込)

混合率カシミア100%
サイズ約190cm×70cm(フリンジ部分を含まない)
重量-
生産国スコットランド
1位

JOHNSTONSカシミア大判タータンチェックストール

46,800円 (税込)

混合率カシミア100%
サイズ約190cm×70cm(フリンジ9cm)
重量-
生産国スコットランド

おすすめ人気カシミヤストールの比較一覧表

商品画像
1
カシミヤストール JOHNSTONS カシミア大判タータンチェックストール

JOHNSTONS

2
カシミヤストール JOHNSTONS カシミア大判プレーンストール

JOHNSTONS

3
カシミヤストール Edinburgh カシミア大判ストール

Edinburgh

4
カシミヤストール HOUSE OF SKYE スコットランドデザイン100%カシミヤストール

HOUSE OF SKYE

5
カシミヤストール Cashmee カシミヤ100%ベーシックウェーブストール

Cashmee

6
カシミヤストール マルヤマ カシミヤストール

マルヤマ

7
カシミヤストール BURBERRY ライトウェイト カシミアスカーフ イン チェック

BURBERRY

8
カシミヤストール Re:gre 上質カシミヤ100%ストール

Re:gre

9
カシミヤストール CHAN LUU カシミヤ&シルク大判ストール

CHAN LUU

10
カシミヤストール macocca カシミヤ100%無地大判ストール

macocca

商品名

カシミア大判タータンチェックストール

カシミア大判プレーンストール

カシミア大判ストール

スコットランドデザイン100%カシミヤストール

カシミヤ100%ベーシックウェーブストール

カシミヤストール

ライトウェイト カシミアスカーフ イン チェック

上質カシミヤ100%ストール

カシミヤ&シルク大判ストール

カシミヤ100%無地大判ストール

特徴普遍的なタータン柄は毎年大人気高品質カシミヤストールの代名詞的メーカースコットランド製ならではのキレイに編みこまれたタータン...高品質なモンゴル産のカシミヤを贅沢に使ったストール何枚でも欲しくなる、コーディネート自在の優れものAmazonでも売れ筋!品質検査済みだから安心ブリティッシュスタイルを代表するブランド「バーバリー」カシミヤ100%の「とろふわ」ガーゼストールカシミヤとシルクが織りなすサラッとエアリーな質感口コミでも高評価!大判タイプをお探しならコレ!
最安値
46,800
送料要確認
詳細を見る
46,800
送料要確認
詳細を見る
24,840
送料要確認
詳細を見る
34,000
送料要確認
詳細を見る
19,980
送料要確認
詳細を見る
13,644
送料無料
詳細を見る
86,400
送料要確認
詳細を見る
13,000
送料要確認
詳細を見る
15,876
送料要確認
詳細を見る
13,800
送料要確認
詳細を見る
混合率カシミア100%カシミア100%カシミア100%カシミア100%カシミア100%カシミア100%カシミア100%カシミア100%カシミア70%・シルク30%高品質カシミヤ100%(内モンゴル産)
サイズ約190cm×70cm(フリンジ9cm)約190cm×70cm(フリンジ部分を含まない)165cm×76cm200cm×70cm200cm×70cm(フリンジ部分10×2cm) 70cm×200cm180cm×70cm約186cm×90cm(フリンジ2cm)約157cm×147cm幅60cm×縦180cm+フリンジ10cm×2
重量--360g約290g約320g320g-87g-260g
生産国スコットランドスコットランドスコットランドモンゴル中国(内モンゴル産)中国スコットランド-中国中国
商品リンク

カシミヤストールの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、保温弁当箱の売れ筋ランキングのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピング の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ランキングからも分かるように、カシミヤストールはスコットランド製かモンゴル製のものが品質も良く人気が高いようです。世の中に出回っているカシミヤ製品は「まがい物」も少なくありませんので、あまりに安価なものには注意してください。

まずは信頼のおける店舗でブランドと産地、カシミヤの毛質や混用率をしっかり確認しましょう。カシミヤストールは決して安いものではないので、ぜひ長く愛用できるような納得いくものをゲットしてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す