• 神棚のおすすめ人気ランキング10選【モダンタイプも充実!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 神棚のおすすめ人気ランキング10選【モダンタイプも充実!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 神棚のおすすめ人気ランキング10選【モダンタイプも充実!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 神棚のおすすめ人気ランキング10選【モダンタイプも充実!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 神棚のおすすめ人気ランキング10選【モダンタイプも充実!】のアイキャッチ画像5枚目

神棚のおすすめ人気ランキング10選【モダンタイプも充実!】

氏神様のところや信仰されている神社からご神札をいただいてきたら、できれば神棚にお祀りしたいものです。でも一口に神棚と言っても、伝統的な宮型から簡易的なお札立てタイプ、また最近ではモダン神棚など、タイプもさまざま。複数のお札を祀れるものや、榊などのお供え物がセットになったものなどもあり、どんなものを飾ればいいのか良く分からないと言うのも事実です。

そこで今回は神棚の選び方が分からないという方のために、選び方のポイントと人気ランキングを作成しました。お祀りする際の方角や場所などについても簡単にご説明しておりますので、大切な神様をお祀りする際の参考にしてくださいね。
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 27,596  views
目次

神棚に正解はありません

神棚に正解はありません
神棚の飾り方や選び方がよく分からない方に最初にお伝えしなければならないのが、神棚には「必ずこうしてください」という正解は無いということです。神棚が生まれたのは江戸時代ごろとされ、神道の歴史からすれば実はそれほど古いものでは無いんですね。地域や宗派、神社によっても飾り方・祀り方は変わってきます。仏教と混ざった神仏習合神道のやり方で祀っている方もいます。

そう言った理由から、もしどうしても選び方や祀り方に自信がない場合は、信仰している神社やお世話になっている神職の方に相談してみるのも一つの方法であることを覚えておいてくださいね。

神棚の選び方

それでは、神棚の選び方についてご覧いただきます。神棚には基本的に「ご神札」をご神体として祀ります。以前は宮型の神棚が一般的でしたが、近年はお札立てを神棚として利用する人も多いようです。

以下に選び方の具体的なポイントをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ご神札の数や大きさによって選ぶ

ご神札の数や大きさによって選ぶ
まず重要なのが、ご神体であるご神札の数と大きさです。ご神札が1つならば、扉が1つ付いている神棚を選びましょう。ご神札が3つある場合は3つ扉があるものを選びます。扉の数は原則として奇数で、1つ、3つのものが多く流通していますが、まれに5つや7つのものも販売されています。扉の数に合わせて、一社造り、三社造りなどと呼ばれます。

また、ご神札が神棚にちゃんと収まるかどうかも重要な問題です。手元にあるご神札のサイズを確認してから神棚を購入しましょう。ご神札は「札」と言うように基本的には薄い札なのですが、神社によっては箱に入れている場合もあります。その時は箱ごと神棚に入れますから、神棚内部のスペースがあるかどうか確認してくださいね。

デザインや木材の種類も選ぶ要素です

デザインや木材の種類も選ぶ要素です
神様への崇敬も大事ですが、家の中に祀る神棚がインテリアにきちんと合うかどうかも大きな問題です。神棚と言いますと神社の形を模した「宮型」の物が一般的ですが、それはちょっと…という方は簡易的な「お札立て」や、「モダン神棚」と呼ばれるものを選ぶのも良いと思います。

また神社形の神棚の場合、屋根の葺き(ふき)方にもいくつか種類があります。板葺き、茅葺き、檜皮葺きなどがありますが、板葺き以外のものは一般的に高価な傾向にあります。こちらも好みに合わせて選びましょう(今回の記事のランキングでは、すべて板葺きのものをご紹介しています)。

神棚はヒノキ材が一般的です(そうでない場合もあります)が、ヒノキの中にも高級なものやそうでないものがあります。今回ご紹介するランキングではそれほど高級なものは使用していませんが、最高級材である木曽ヒノキなどを使用した商品もありますから、お財布と相談して選んでみてくださいね。

神具や棚板は付いてくるか

神具や棚板は付いてくるか
神棚を購入してご神札を中に入れても、それだけで終わるわけではありません。お水や米、塩、榊(さかき)の枝などをお供えしなければいけません。その際に必要になってくるのが神具です。こちらは、白い陶磁器で作られていることが多くなっています。

神棚を購入する際に神具はセットでついてくる場合もあり、その方が後でいろいろ購入する必要が無いため、便利ではないかと思います。もちろん別に買っても問題はありません。

また、神棚はそれだけで購入しても壁にかけられないものもあります。その場合には別売りの棚板が必要になってきますので、壁にかけられるかどうかもチェックしましょう。

神棚のおすすめ人気ランキング10選

それでは、神棚のおすすめ人気ランキングをご紹介したいと思います。価格もデザインもかなりの開きがありますが、自分の考える祀り方やお宅のスタイル、お財布事情などをいろいろ考えて選んでみてくださいね。
10位
扉の数3つ
内部サイズ25.5×32×2cm
タイプモダン神棚(箱宮)
使用木材木曽ヒノキ
神具あり(榊は含まれない)
壁掛け可能(壁掛け用金具付き)
その他扉の内部は一体になっている
9位
扉の数3つ
内部サイズ35×29×7cm
タイプ宮型
使用木材東濃ヒノキ
神具無し
壁掛け不可
その他3つの扉の内部は一体になっている。組み立てパーツあり
8位
扉の数3つ
内部サイズ24.3×6.8×3cm
タイプ宮型
使用木材国産ヒノキ
神具あり(造花の榊、神鏡つき)
壁掛け可能
その他-
7位

ハセガワガラスケース入り神棚セット

M-16

32,400円 (税込)

扉の数3つ
内部サイズ25.5×30×4cm
タイプ箱型
使用木材ヒバ
神具あり
壁掛け可能
その他ガラスケース入り。扉の内部は一体になっている
6位
扉の数3つ
内部サイズ32×41.5×4cm
タイプ宮型
使用木材木曽ヒノキ
神具無し
壁掛け不可
その他扉の内部は一体になっている
5位
扉の数-
内部サイズ-(外寸14.3×25.6×8.4cm)
タイプ簡易神棚、ご神札立て
使用木材東濃ヒノキ
神具無し
壁掛け不可
その他鳥居付き
4位
扉の数1つ(複数のご神札を祀ることが可能)
内部サイズ27×20×1.5cm
タイプモダン神棚
使用木材クルミ(国産)
神具無し
壁掛け可能
その他-
3位
扉の数1つ
内部サイズ27×7.5cm
タイプ宮型
使用木材国産ヒノキ
神具無し
壁掛け可能
その他-
2位
扉の数3つ
内部サイズ中央36×14×7cm、左右30×11.5×7cm
タイプ宮型
使用木材東濃ヒノキ
神具あり(造花の榊、神鏡付き)
壁掛け不可
その他ご神札は底面からスライドして入れる
1位
扉の数-
内部サイズ-(外寸:36.4×21.4×3cm)
タイプ簡易神棚、お札立て
使用木材ヒノキ
神具無し
壁掛け可能(穴のみ)
その他-

おすすめ人気 神棚の比較一覧表

商品画像
1
神棚 神棚の里 簡易神棚 お札立て 1枚目

神棚の里

2
神棚 神棚の里 屋根違い三社(中)神棚セット 1枚目

神棚の里

3
神棚 増田神具 大神宮袖付 1枚目

増田神具

4
神棚 イオリスペース モダン神棚 ふたえ 1枚目

イオリスペース

5
神棚 神棚の里 簡易神棚 鳥居付御神札飾り お札立て 1枚目

神棚の里

6
神棚 山幸 美・木曽ひのき 三社 神棚 1枚目

山幸

7
神棚 ハセガワ ガラスケース入り神棚セット 1枚目

ハセガワ

8
神棚 増田 壁掛神殿セット 1枚目

増田

9
神棚 伊勢国の麗光堂 通し屋根三社・小 1枚目

伊勢国の麗光堂

10
神棚 神棚の里 洋風モダン神棚 箱宮 神楽 1枚目

神棚の里

商品名

簡易神棚 お札立て

屋根違い三社(中)神棚セット

大神宮袖付

モダン神棚 ふたえ

簡易神棚 鳥居付御神札飾り お札立て

美・木曽ひのき 三社 神棚

ガラスケース入り神棚セット

壁掛神殿セット

通し屋根三社・小

洋風モダン神棚 箱宮 神楽

特徴手軽にご神札を飾ることができる簡易神棚神具付き、大きめのご神札も入れられる立派な神棚シンプルかつ低価格な一社造りモダン神棚の極致!おしゃれに祀ることができる神棚簡単にお祀りできるお札立て!鳥居も付いています木曽ヒノキを使用した美しい神棚ガラスケース入りでホコリが付きにくい!御簾も付いた雅な...神鏡まで付いて1万円を切るお値段宮型の立派な神棚が有り難いモダンな神棚がお部屋のインテリアにも合う
最安値
2,480
送料要確認
詳細を見る
22,000
送料無料
詳細を見る
1,279
送料要確認
詳細を見る
28,900
送料要確認
詳細を見る
3,199
送料要確認
詳細を見る
18,260
送料要確認
詳細を見る
32,400
送料要確認
詳細を見る
要確認
11,000
送料要確認
詳細を見る
14,080
送料要確認
詳細を見る
扉の数-3つ1つ1つ(複数のご神札を祀ることが可能)-3つ3つ3つ3つ3つ
内部サイズ-(外寸:36.4×21.4×3cm)中央36×14×7cm、左右30×11.5×7cm27×7.5cm27×20×1.5cm-(外寸14.3×25.6×8.4cm)32×41.5×4cm25.5×30×4cm24.3×6.8×3cm35×29×7cm25.5×32×2cm
タイプ簡易神棚、お札立て宮型宮型モダン神棚簡易神棚、ご神札立て宮型箱型宮型宮型モダン神棚(箱宮)
使用木材ヒノキ東濃ヒノキ国産ヒノキクルミ(国産)東濃ヒノキ木曽ヒノキヒバ国産ヒノキ東濃ヒノキ木曽ヒノキ
神具無しあり(造花の榊、神鏡付き)無し無し無し無しありあり(造花の榊、神鏡つき)無しあり(榊は含まれない)
壁掛け可能(穴のみ)不可可能可能不可不可可能可能不可可能(壁掛け用金具付き)
その他-ご神札は底面からスライドして入れる--鳥居付き扉の内部は一体になっているガラスケース入り。扉の内部は一体になっている-3つの扉の内部は一体になっている。組み立てパーツあり扉の内部は一体になっている
商品リンク

神棚を祀る際のポイント

神棚を祀る際のポイント
神棚に正解は無いということは上述のとおりではありますが、祀るのに好ましくない場所と言うものもあります。

・扉の上など、人が出入りする場所
・トイレの正面や近く(神道では汚れや穢れを嫌う考え方があるため)

以上は、あまり良いとは言えません。

神棚の向きは、東向きあるいは南向きが良いとされています。しかし家の中の事情でどうしても難しい場合は、明るく清浄で、家族の方がお参りしやすい場所であれば基本的にはどこでも大丈夫ですよ。

まとめ

比較的新しいものである神棚には、祀り方についてさまざまな意見があるそうです。扉は閉めておくべきだ、いや開けておくべきだ…など、統一された見解があるわけではありません。

何よりも重要になってくるのは、神様を大切にする気持ちです。今回の記事ではさまざまな神棚を紹介しましたが、どんなにお金をかけて立派なものを買っても、放っておくようではいけません。神様に感謝して毎日を過ごしたいですね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す