資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル
資生堂
専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル
470円(税込)

資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルを実際に用意して、徹底的に検証しました!

さらっとした使い心地とコスパの良さで人気の日焼け止め、「専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル」。インターネット上の口コミでも高評価が多くみられる一方で、「汗に流れやすい」など、不安になるような口コミや評判もあり、購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルを実際に使って、焼けにくさ・耐摩擦性・撥水性・落としやすさを比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年10月07日
目次
専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル

資生堂専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル

470円 (税込)

さらっとした着け心地が人気の資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルとは?

身体にも顔にも使え、日常使いにぴったりと人気の「資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル」。まずは、その魅力や特徴をご紹介します。

ミネラルウォーター配合。さらりとした着け心地で人気

ミネラルウォーター配合。さらりとした着け心地で人気

化粧品の国内シェア第1位の化粧品メーカー、資生堂が開発・販売する日焼け止めジェル。そのもっとも大きな特徴は、ミネラルウォーターを配合した、肌に優しい着け心地です。


真っ白なミルクタイプで、ベビーパウダー配合のさらっとしたテクスチャーは素肌感覚で使え、軽い着け心地を体感できます。素肌に塗布した後は、透明になじみ、白く残らないため男女問わずに使用可能なのもうれしいポイントです。

SPF50・PA+++!紫外線を長時間、強力ブロック

SPF50・PA+++!紫外線を長時間、強力ブロック

続いて注目したいのが、SPF50・PA+++の高い紫外線防御効果。お出かけの際にもこれ一本で、顔・身体両方にオールマイティに使え、A波からB波まで紫外線を長時間、強力にブロックしつつ、配合で乾燥を防ぎ、お肌の潤いを維持してくれます。


内容量は40mLで、青いプラスチックの容器が採用されています。公式サイトで税込770円で販売されており、手頃な価格設定と、無香料で白浮きせず石鹸で落とせる手軽さで使う人を選ばないのも魅力の商品です。

資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルの口コミは?

コスパ良く気軽に使えるのが強みの商品ですが、中には使い心地に関して不安になるような口コミも…。どのような口コミがあるのか、編集部で調査してみました。

口コミ①:夏場の直射日光には塗り直しが必須!

口コミ①:夏場の直射日光には塗り直しが必須!

SPF50・PA+++という強い対紫外線効果であっても、やはり夏場の直射日光では効果が薄いとの口コミもありました。短期間の外出や日々の通勤には問題がなくても、屋外レジャーやビーチなど、直射日光が当たる際にはこまめな塗り直しが必須、との声が多く見受けられました。

日差しがかなり強いときの海での使用ですが、かなり短い時間で何度も塗り直しましたが、日焼けはしました…
けっこう厚めに塗ったつもりでしたが、3~4時間炎天下にいたら、顔、首、腕がだいぶ焼けました。途中で、2度ほど重ね塗りしたのですが。
やはり高価なものと比べると、効果はそれなりかと思います。
山へ何日間か行っていたのですが、ほんのり日焼けした気がします。

口コミ②:汗に流れやすい!目の周りの使用には注意

口コミ②:汗に流れやすい!目の周りの使用には注意

目に入ると沁みるという口コミも気になりました。ウォータープルーフではないため、汗や水に流れやすく、目に入ることで刺激を感じる場合があるようです。化粧下地として使う場合は簡単に洗い流せないため、不便に感じる声が多く見受けられました。

目のまわりに付けると痛いです。シミ、ソバカスは皮膚の薄い部分に出来やすいので、日焼け止めは、目のまわりに使いたかったので残念。
顔用と書いてありますが、目が痛くなってしまいます。顔は避けた方がいいと思います。

口コミ③:石けんで落とせるはずなのに、簡単には落ちない

口コミ③:石けんで落とせるはずなのに、簡単には落ちない

商品裏の説明欄には「汗や皮脂に強いのに、石けんで落とせる」との記載がありますが、通常の洗顔では落ち着にくいとの声も。主要成分に環状シリコーン油が使われていることもあり、顔への使用後は特に、メイク落としや洗浄料を使っている、という口コミも多く見られました。

普通の洗顔で落ちると書いてありますが、洗った後も薄っすら白くなって美白!?と思ったら落ち切らなかったようです。メイクも落とせる洗顔料が必須。
これを塗った後、手についている日焼け止めが、なかなか落ちません。
石鹸で落ちるとありますが、少なくとも、ハンドソープで1回洗った位では落ちません。

資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルを実際に使用して検証レビュー!

資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルを実際に使用して検証レビュー!

日焼け効果や落ちにくさに対して不安な口コミもある、「専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル」。実際に使ってみないとその効果は分かりませんよね。


そこで今回は、専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルを実際に購入して、次の4点を検証しました。


検証①:焼けにくさ

検証②:耐摩擦性

検証③:撥水性

検証④:落としやすさ


また、以下の記事では 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルを含め、ネット販売でも売れ筋上位の人気の日焼け止めジェル18商品を実際に使って比較検証しています。他の日焼け止めジェルの検証結果が気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

検証①:焼けにくさ

まずは日焼け止めで最も重要となる「焼けにくさ」の検証から開始。クリアファイルの上に日焼け止めを塗り、紫外線に当てると色が変わるUVラベルの上に乗せ、屋外で日差しに当て、どのくらいUVラベルの色が変化するかを確認しました。


同時に、人の肌でも合わせて検証。腹部部分に日焼け止めジェルを塗布し、ビルの屋上で30分ほど日に当たり、その状態をチェックしました。

日焼け止め効果は非常に優秀!焼く前と変わらない状態を維持

日焼け止め効果は非常に優秀!焼く前と変わらない状態を維持

UVラベルは、ほとんど白いまま。人肌検証に関しても焼く前と変わらない状態を維持しており、焼けにくさに関しては文句無しの検証結果となりました。


長時間の使用の際は汗をかいたり、タオルで拭いた後などこまめに塗り直す必要がありますが、今回の検証のように30分ほどの短時間であれば、充分に高い日焼け止め効果を発揮してくれます。

検証②:耐摩擦性

続いては「耐摩擦性」についての検証です。


この検証では、日焼け止めジェルがなじんだ後の肌を2回ほどタオルでこすってみて、どれくらい残っているかを確認しました。

耐摩擦性はごく平均的。塗り直しは必須

耐摩擦性はごく平均的。塗り直しは必須

耐摩擦性はごく平均的という結果で、タオルで拭くことでジェルが半分ほど取れた状態になりました。キャンプやビーチで汗や水を拭った後などには、しっかり塗り直しが必要そうです。また、口コミでも「濃い色の服を着ると襟元に白い線が移る」との声がありましたが、暗い色の服の脱ぎ着には注意した方がよさそうです。

検証③:撥水性

続いて行ったのが「撥水性」の検証です。


腕の内側に日焼け止めジェルをなじませ数分放置した後、馬油とぬるま湯を混ぜた疑似汗を吹きかけ、どれくらいはじくかを検証しました。

撥水性も平均点。汗をかきやすい人は対策が必要

撥水性も平均点。汗をかきやすい人は対策が必要

疑似汗は広がり気味ですが、一応は肌の上で粒の形をした状態を維持しました。この検証からも、撥水性はごく普通という結論となりました。汗が流れやすいため、おでこからの汗や皮脂が目に入りやすく、それが目の刺激に繋がるという口コミのとおり、汗をかきやすい人は特に、頻繁に塗り直しが必要です。

検証④:落としやすさ

最後に検証するのが「落としやすさ」です。


まずは、腕の内側に日焼け止めを塗布。数分置いてから泡タイプのボディソープを乗せて2~3回撫で、水差しで水を流して落ち具合を確認しました。

水分ベースで落ちやすいものの、若干肌に残留

水分ベースで落ちやすいものの、若干肌に残留

水分をベースにしているだけあり、ほぼ洗い流すことができました。ただし、きれいに落ちる訳ではなく、肌の表面にジェルが薄く残った跡も見られるという結果に。特に顔などに使う場合は、クレンジングなど、日焼け止めを素肌からしっかり洗い流すための対策が必要そうです。

【レビュー結果】素肌感覚で使える軽いつけ心地が魅力!日焼け止め全18商品中、6位にランクイン

【レビュー結果】素肌感覚で使える軽いつけ心地が魅力!日焼け止め全18商品中、6位にランクイン

ベタつきがなくさらっとした使い心地が人気の「専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル」。高い日焼け止め効果に加え、耐摩擦性・撥水性・落としやすさともに安定した使い心地で、日焼け止め全18商品中、6位にランクインしました!


無香料であることに加えて、つけている感じがなく素肌のような感覚の軽い使用感は、日焼け止め特有のにおいやべたつきが気になる人に特におすすめです。気軽に購入ができる価格設定に加え、白浮きせずベタベタしない感触は男性にも使いやすく、家族で使い回せる日焼け止めとして、ひとつあると重宝しそうです。

使い方のコツを知れば効果アップ!手のひらを使って円状にしっかりなじませるのがポイント

使い方のコツを知れば効果アップ!手のひらを使って円状にしっかりなじませるのがポイント

専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルを、より効果的に使用するために、使い方のコツを確認しておきましょう。


<おすすめの使い方>

  • 使用前に容器を振る
  • 顔や首には手の平に適量取って、丁寧になじませる
  • 身体には容器から直接肌の上に線を引くようにのせて、手の平で円を描くように薄くなじませる
  • 汗をかいたり、タオルで拭いたあとは再度塗り直す
  • 落とすときは洗顔料を使って丁寧に洗い流す


一番のポイントは、使用前に良く振って2層の中身をしっかり攪拌させること。こうすることでテカリやべたつき感を防ぎ、さらっとした着け心地になります。よく振ってから使うようにしてくださいね。

まとめ

今回は,、資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェルを実際に購入し、使用する上で気になる点を徹底検証してみました!


ミネラルウォーターを配合したウォーターベースのテクスチャーで、肌に優しい着け心地。それでいて、SPF50・PA+++で紫外線をしっかりブロックしてくれるこのUVジェルは、夏の使用はもちろん、年間を通して活躍してくれそうです。日焼け止めの購入で悩んでいる方は、ぜひ検討してみてくださいね!

専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル

資生堂専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル

470円 (税込)

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ