1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 犬用品
  6. >
  7. ブッチ ブラック・レーベルの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
ブッチ・ジャパン ブッチ ブラック・レーベル
ブッチ・ジャパン
ブッチ ブラック・レーベル
1,404円(税込)

ブッチ ブラック・レーベルの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

ブッチ ブラック・レーベルを実際に購入して、徹底的に比較検証しました!

ソーセージのような見た目で人間から見ても美味しそうに感じる犬用ウェットフードが「ブッチ ブラック・レーベル」です。その性能から、ネット上の評判を確認してみても非常に好評な声をいくつも確認できますが、一方で気になる口コミがいくつか見られるのも事実で、実際の品質が気になるところ。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、ブッチ ブラック・レーベルを実際に使って、原材料表記の詳しさ・食いつきの期待度・使いやすさを比較検証レビューしました!愛犬に与えるウェットフード購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月30日
目次

ブッチ ブラック・レーベルとは?

ブッチ ブラック・レーベルとは?

ブッチ ブラック・レーベルは、1964年にニュージーランドで生まれたペットフードメーカー、ブッチのウェットタイプドッグフードです。


世界初のチルド・ペットフードを開発したことでも知られているブッチは、ペットフードメーカーの中でも強い影響力を持っており、日々高性能な製品開発を続けています。

ブッチ ブラック・レーベルとは?

ブッチ ブラック・レーベルは数多くの魅力を秘めているウェットフードですが、中でもニュージーランドで徹底管理され、添加物も一切使用されていない品質は特筆すべき点です。グルテンフリーである点も注目で、小麦系の原材料は一切含まれていません


品質管理はもちろん、優れた栄養バランスになっている点も見逃せません。ビーフ・ラムといった赤身肉をベースに、チキンや野菜もブレンドされているのが特徴。ミネラル・ビタミンもしっかり摂れるので、犬の健康を考えたうえでもおすすめです。サイズについては、800gと2kgの2種類から選択可能です。

ブッチ ブラック・レーベルを実際に使用して検証レビュー!

ブッチ ブラック・レーベルを実際に使用して検証レビュー!

老舗ペット用品メーカーの代表的な商品ということもあり、安心して犬に与えられそうなブッチ ブラック・レーベルですが、ネット上では気になる口コミも見られるため、ペットに与える前に実際の性能をチェックしておきたいところです。


そこで今回は、実際にブッチ ブラック・レーベルを使用して、以下の3項目を中心に検証してみます!


検証①:原材料表記の詳しさ

検証②:食いつきの期待度

検証③:使いやすさ


また、ブッチ ブラック・レーベルとあわせて、人気の犬用ウェットフード19商品を実際に使って比較しています。他商品を含めた検証結果は以下の記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

検証①:原材料表記の詳しさ

検証①:原材料表記の詳しさ

まず検証していくのは、原材料表記の詳しさです。大事な犬に与えるフードにどのような原材料が入っているかは誰もが気になるポイント。そこで今回は、以下の5つの表記が製品に記載されているかをチェックしていきます。


  • パーセンテージやグラム数など、原材料の含有量
  • 原材料の産地
  • 「生」「乾燥」など肉・野菜等の加工前の状態や保存方法
  • 「骨を含まない」「副産物を含まない」「ホルモン剤不使用」など、肉に関する詳細
  • その他「遺伝子組み換えでない」「人間用の食材を使用」などの原材料に関する説明

また、「等」「類」「家禽」などの細かい原材料の記載については、補足の説明が明記されているかにも注目しています。

パッケージの表記はやや曖昧だが…公式サイトには配合率までしっかり記載!

パッケージの表記はやや曖昧だが…公式サイトには配合率までしっかり記載!

ブッチ ブラック・レーベルに貼られているラベルを確認してみたところ、ビーフやラムにはしっかり「生」という表記がされており、安心感があります。一方で、やや表記が曖昧な部分もありました。


とはいえ、公式サイトを確認してみると、各原材料の詳細やパーセンテージ等がしっかりと記載されています!これを見れば必要な情報はしっかり得られるため、文句なしの高評価です。

検証②:食いつきの期待度

検証②:食いつきの期待度

続いて検証していくのは、食いつきの期待度です。ペットフードである以上、犬が食いついてくれるかどうかは商品の性能を判断するうえで避けては通れない要素です。


そこで今回は開封直後の製品の匂いを嗅ぎ、「匂いの強さ」と「犬が好む匂いかどうか」をチェックしました!また、「アミノ酸の種類が多いと味に深みが出る」という仮定のもと、たんぱく質を含む原材料の数についても数えていきます。

たんぱく質を含む原材料の数は9つ!見た目も匂いも美味しそう!

たんぱく質を含む原材料の数は9つ!見た目も匂いも美味しそう!

見た目からいって人間の食べるソーセージと似通っており美味しそうなイメージのあったブッチ ブラック・レーベルでしたが、匂いを嗅いでみてもスパイシーさがあり、犬でなくとも食欲をそそられます


また、たんぱく質を含む原材料の数は9つと、比較的多いのが確認できました。これだけ原材料が多ければ、おいしさにも十分な期待ができます。パッケージ裏にもあるように、トッピングに使っても、美味しく食べてくれそうですね。

検証③:使いやすさ

検証③:使いやすさ

最後の検証となるのが使いやすさです。味はもちろんですが、与える人間側の利便性も配慮されているかは気になるところ。


そこでここでは、実際に製品を使用。各商品のパッケージの開けやすさ・中身の取り出しやすさ・ほぐしやすさ・ゴミの捨てやすさ・使い切りやすさ等をチェックし、評価していきます。

パッケージカットは面倒だが、冷凍保存が可能で便利!

パッケージカットは面倒だが、冷凍保存が可能で便利!

実際にブッチ ブラック・レーベルを使用してみたところ、まず気になったのが開けやすさです。特殊な形状でパッケージごとカットする必要があるため、少々面倒に感じます。また、弾力があるためほぐすのもやや大変です。


一方で、冷凍保存が可能なため、犬が食べきれない分はとっておくことが可能。全体的に見ると、良いところと悪いところがはっきり出ているウェットフードです。

【レビュー結果】犬が大喜びで食べてくれるのは間違いなし!犬用ウェットフード19商品中1位という結果に!

【レビュー結果】犬が大喜びで食べてくれるのは間違いなし!犬用ウェットフード19商品中1位という結果に!

犬用ウェットフード19商品を比較検証した結果、ブッチ ブラック・レーベルは1位という順位になりました!ペットフードは多くのメーカーが渾身の製品を送り出している分野ですが、その中でトップを獲得するという結果は見事としか言いようがありません。


もっとも優れていると感じたのが、見るからに美味しそうな製品の見た目そのものです。匂いも非常に魅力的で、これなら愛犬も大喜びで食べてくれるでしょう。それでいて、公式サイトを見れば使われている原材料をきっちり把握できる点も魅力的です。


開封が少々面倒なのは玉に瑕ですが、ウェットフードは犬に食べさせるためのものであることを考えれば、取るに足らない要素。安全面が非常に行き届いており、なおかつ美味しいウェットフードを探しているのであれば、ブッチ ブラック・レーベルを選んでおいて間違いなしです。

ビーフが苦手な愛犬には、ブッチのホワイトレーベルが◎

ブッチの高品質なウェットフードを愛犬に与えたいと思っても、犬にだって食べ物には好き嫌いがあるもの。もしもビーフが苦手な犬の場合、今回検証したブッチ ブラック・レーベルは適していません。そこでおすすめしたいのが、同じブッチのホワイト・レーベルです。


ホワイト・レーベルの大きな特徴は、チキンベースであるという点。チキン100%の製品で、赤身肉は一切使われていないため、ビーフやラムが苦手な犬のほか、消化器系や皮膚が敏感な子にもおすすめのウェットフードです。


もちろん、使われている原材料以外の品質は、ブラック・レーベルとほとんど変わりありません。 ニュージーランド食品衛生局による厳格な検査を通過した鶏肉のみが使用されているのは大きな魅力です。

まとめ

今回はブッチ ブラック・レーベルを実際に購入し、ネット上で好意的な声から否定的な声までさまざまな声が見られた性能について徹底的に検証しました!


人間から見ても美味しそうな製品は、犬に与えれば大喜びしてくれること間違いなし。ニュージーランドの厳しい審査に合格した原材料のみが使われているため、品質面も申し分ありません。もしも犬に与えるウェットフードに悩んでいるなら、まず購入するべき製品といえるでしょう。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ