コパ・コーポレーション BOUNDING X SHARPENER
コパ・コーポレーション
BOUNDING X SHARPENER
1,650円(税込)

バウンディング X シャープナーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

バウンディング X シャープナーを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

実演販売で有名なレジェンド松下さんおすすめの包丁研ぎ器、バウンディング X シャープナー。口コミサイトなどでは高評価が多数見られる一方、「テレビで見るほど切れるようにならない」「砥石がはずれた」など残念な評判もあり、購入をためらっている方はいるのではないでしょうか。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、バウンディング X シャープナーを実際に使って、切れ味の戻りやすさ・使い勝手を比較検証レビューしました。最後に使い方のコツも紹介していますので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年05月13日
目次

売り切れ続出の人気包丁研ぎ器!バウンディング X シャープナーとは?

バウンディングXシャープナーは、実演やテレビでさまざまな商品を販売する総合商社コパ・コーポレーションの商品。入荷してもすぐに売り切れてしまうほど絶大な人気を誇ります。

砥石がバウンドすることでどんな包丁にもフィット

砥石がバウンドすることでどんな包丁にもフィット

メディアで話題のバウンディングXシャープナーは、包丁の形状に合わせてバウンドする砥石が最大の特徴です。タイプを選ばずさまざまな刃先にフィットし、まるで職人が研いだかのような高い研磨力を実現しています。

2ステップで簡単に研磨できる!左利きでも使えて便利

2ステップで簡単に研磨できる!左利きでも使えて便利

また、これまでの包丁研ぎ器は右利き専用のものがほとんどだったのに対し、この商品は左利きでも使用OK。その名の通り左右対称なXの形状をした研ぎ器なので、右手でハンドルを握って左手で研磨することができますよ。

バウンディング X シャープナーの口コミは?

テレビやネット通販でたびたび話題となるバウンディングXシャープナーですが、中には購入をためらってしまう不安な口コミも見られます。実際にどんな口コミがあるか見てみましょう。

口コミ①:テレビで見たほど切れるようにならない

口コミ①:テレビで見たほど切れるようにならない

実際に調べてみると、一番多く見られたのは思ったほど切れるようにはならないという口コミでした。テレビで宣伝されていたほどの劇的な変化を感じられず、不満を抱いている方が多数いるようです。

テレビで見るほどの劇的な変化はありませんでした。
というか、斬れ味は全く復活しませんでした。
期待し過ぎはダメですね…
とても使いやすいですが、テレビCMで観た程の切れ味にはなりませんでした。
ちょっと残念です。

口コミ②:説明が英語で書かれているので不便

口コミ②:説明が英語で書かれているので不便

次に気になるのは、商品の取り扱い説明が英語表記で不便だという口コミです。しかも冊子ではなく箱に書かれているだけなので、詳細がわかりません。youtubeで使い方を確認することはできますが、馴染みのない年配の方に不親切だと言う声も。

『取り説』が無かったり、そう言う小さな気遣い、工夫がもう少し欲しいですね。
本体にある英語表示、年配者には理解不可能だろうし、youtubeで使い方を確認するスキルも年配者は持ち合わせていないと思います。
商品説明が箱にしか無い。

口コミ③:砥石がはずれやすい

口コミ③:砥石がはずれやすい

その他に気になる口コミとして、砥石がはずれやすいという意見がありました。不良品だったのか数回の使用ではずれてしまったという声や、最初から砥石がグラグラしていたという方も。

最初から砥石がグラグラしており使用2回で取れました
使用5-6回目で研ぐやすり部分が外れた 効果も実感出来なかったので返品した。

bounding x sharpenerを実際に使って検証レビュー!

bounding x sharpenerを実際に使って検証レビュー!

インターネット上では効果や品質などに関して様々な口コミが見られます。しかし、やはり気になるのは実際の評価ではないでしょうか。

そこで今回は実際にバウンディングXシャープナーを用意し、mybestスタッフが以下の2点を検証しました。


検証①:切れ味の戻りやすさ

検証②:使い勝手


なお、本商品以外に売れ筋の包丁研ぎ器25商品も実際に使って比較検証しています。他商品のレビュー結果は以下の記事を参考にしてみてくださいね!

検証①:切れ味の戻りやすさ

包丁研ぎ器で一番気になる切れ味の戻りやすさから検証スタート。テレビで見るほど切れ味がよくならなかったという口コミが見られましたが、実際のところはどうなのでしょうか。


まずは説明書通りに包丁を研磨。包丁は100円ショップのものを使い、説明書のないものや研ぐ回数が明記されていないものは5回に統一して研いでいます。


研磨後、半紙を24枚重ねて10回切り、何枚目まで切れているかチェック。なお、切る力が一定になるように300gの重りをつけています。

切れ味はイマイチ…期待が高まっただけに残念

切れ味はイマイチ…期待が高まっただけに残念

実際に半紙を切ってみたところ、11~12枚という結果に。切れ味の戻りやすさはイマイチと言わざるを得ません。


テレビでよく取り上げられ、商品説明動画ではトマトがスッと切れるようになると説明されており、期待が高かっただけにかなり残念な結果です。

検証②:使い勝手

つづいては、使い勝手の検証を行います。口コミ調査では説明が英語でしか書かれていないので不便という声や、砥石がはずれやすいというコメントが見られました。検証結果はどうなるのでしょうか。


実際に商品で包丁を研磨してみて、安定感・研ぎやすさ・後片付けのしやすさ・商品の特徴などを評価していきます。

研ぎやすいが高さがあるのでグラつく感じ。使い勝手は平均的

研ぎやすいが高さがあるのでグラつく感じ。使い勝手は平均的

使い勝手を総合的に評価すると、可もなく不可もなくという結果に。底面が細く高さもあるためグラグラ感が否めない上、収納場所に困ります。


しかし滑り止め素材が使用されているため、研磨中にズルっとなってしまうことはありません。またグリップ部分に指が入り、しっかりと本体を握ることができます。研ぐ角度さえ体感で理解できれば、普通に研ぎやすいですよ。不器用な方にも最適。

【レビュー結果】全26商品中19位!しっかり握れて研ぎやすいが、肝心の切れ味がイマイチ…

【レビュー結果】全26商品中19位!しっかり握れて研ぎやすいが、肝心の切れ味がイマイチ…

バウンディングXシャープナーは、人気の包丁研ぎ器全26商品中19位にランクイン。売り切れ必至の人気商品で期待が高まりましたが、肝心な切れ味の戻りやすさを感じることができず評価が上がりません。


使い方自体はネットにあがっている動画を見ればわかりますが、説明は英語で箱に書かれているだけ。感覚的に使わなければならない点があるので、いちいち動画を開くのが面倒な方や説明書がないと不安という方には不向きです。


しかし、つかみやすく滑りにくいので、不器用な方でも簡単に研磨でき、汎用性が高い点は高評価。使い方には慣れが必要ですが、がっつり切れ味を戻すのではなく、毎日のちょっとしお手入れであれば十分の研磨力です。

斜め15~45度の角度で引くことがコツ!バウンディング X シャープナーの使い方

斜め15~45度の角度で引くことがコツ!バウンディング X シャープナーの使い方

それでは、最後に商品の使い方をご紹介しましょう。まず、テーブルなどの平らな所に置き、COARSE(粗目)に包丁を差し込みます。この時あまり強く押し付けると包丁が傷むので、軽い力で始めるようにしてください。


差し込んだら、包丁を手前に3~5回引きます。一定方向で、なおかつ斜め15~45度の角度で引き上げるように滑らすことがコツです。次に本体をひっくり返し、FINE(仕上げ)の方で同じように3~5回引きます。これで一通りの工程は完了です。


包丁の切れ味が戻らない場合は、この2工程をさらに繰り返してください。なお、刃こぼれのある包丁は研ぎ直せないこと、研ぎ過ぎている包丁は刃こぼれする危険性があることに注意しましょう

まとめ

今回は、バウンディングXシャープナーの気になる2点を徹底的に検証していきました。


切れ味は期待するほどではありませんが、使い勝手がよいので調理前にサッと使うのに便利。人気の商品を使ってみたいという方は一度試してみてはいかがでしょうか。

この商品をマイベストにしている専門家

レジェンド松下
実演販売士
レジェンド松下さんのコメント
大学卒業後、実演販売士和田守弘氏の下に弟子入り。東急ハンズなどの全国のデパートを調理道具の実演で回る。 店頭販売のみならず、展示会・イベント・TV通販など、さまざまな分野で活躍し「実力NO.1実演販売士」として活躍中!

どの大きさの包丁でもOK。誰でも簡単にするどく研げる!

普通は包丁を入れる角度が難しくてうまく研げなかったり、研ぎが甘かったりしますが、そういったことが限りなく少なく簡単に研げるシャープナーです。先日、「ヒルナンデス!」(11/23OA)でも紹介して話題になりました。 「タングステン鋼」という、ダイヤモンドの次に硬い鋼材を使用していて、すりへりにくいです。包丁の形に合わせて砥石がバウンドするので、どの大きさの包丁でも形を合わせてしっかり研ぐことができます。砥石の部分がエックス状で、バウンディングするから「バウンディングエックス」と名付けました! 角度も間違えずするどく研げるので、初心者の方にもおすすめ。入門編としてはものすごく良いです!誰でも簡単にとげるのに、お値段は1500円!今すごく人気の商品です。

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ