スエヒロ トリプルシャープナー プロ
スエヒロ
トリプルシャープナー プロ
3,485円(税込)

トリプルシャープナープロの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

トリプルシャープナープロを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

切れ味の落ちた包丁が嘘のように切れると、評判の良い「トリプルシャープナープロ」。プロ仕様の本格包丁研ぎ器ですが、口コミには「使っても切れ味が悪い」という声も一部見られるため、購入を迷っている方もいるのではないでしょうか。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、トリプルシャープナープロを実際に使って、切れ味の戻りやすさ・使い勝手を比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年11月07日
目次

プロ仕様で切れ味が戻ると評判のトリプルシャープナープロとは?

創業50年以上にわたる砥石の専門メーカー、スエヒロ。トリプルシャープナー プロは、そんなスエヒロから発売されているプロ仕様の本格包丁研ぎ器です。では、他の商品に比べてどのようなところが優れているのでしょうか。

片刃も両刃もOK!1台であらゆる包丁が研げる

片刃も両刃もOK!1台であらゆる包丁が研げる

まず注目したいのは、対応している包丁の種類の多さです。簡易包丁研ぎ器では、三徳包丁や牛刀のような両刃包丁のみに使えるものが主流。しかしトリプルシャープナープロは、両刃はもちろん、出刃包丁や柳刃包丁のような片刃包丁にも対応しています。


使える材質は鋼とステンレスですが、砥石を交換すればセラミック包丁にも対応でき、非常に汎用性が高いところも魅力。一般家庭でよく使われる包丁のほとんどを、これ1台で研ぐことが可能です。


片刃用の砥石には、刃持ちが良く仕上がりも滑らかなセラミックを採用しており、まさにプロ仕様。簡易式ながらも本格的に包丁を研ぐことができますよ。

均一な力で研ぐ機能を搭載し、確実な切れ味を実現

均一な力で研ぐ機能を搭載し、確実な切れ味を実現

抜群の切れ味にするために、各砥石にサスペンション付きローラーを搭載しているところも特徴です。


包丁を研ぐときの力は不均一になりやすいものですが、サスペンションが上下に動くことで常に一定の力で研げるように調整。刃先に砥石がぴったり沿う状態を作り上げるので、確実に切れ味を高めることが可能です。包丁研ぎ器を初めて使う方でも、簡単に使いこなすことができますよ。


また、トリプルシャープナー プロは水を入れて使う「水研ぎ」タイプ。砥石に水を含ませることで摩擦熱による刃の変形を抑えつつ、滑らかな研ぎ味を叶えます。刃を傷つけたくない高級包丁でも安心して使うことができますね。

トリプルシャープナープロの口コミは?

本格派仕様のトリプルシャープナープロですが、口コミの中には、一部、購入をためらってしまうような声も。どんな部分がマイナスポイントだったのか、実際の口コミを紹介します。

口コミ:期待した切れ味には届かなかった

口コミ:期待した切れ味には届かなかった

トリプルシャープナープロの口コミで唯一、低く評価されていたのが「期待したほどの切れ味にはならなかった」というものでした。商品の謳う特徴を見ると抜群の切れ味が期待できそうですが、その効果を実感できなかった方もいるようです。普通の砥石で研ぐのに比べると劣る、という意見もありました。

砥石で研ぐ程の切れ味はありませんが、手軽に使えるので重宝すると思います。
切れ味がよくなったとは全く実感できません。なんかコツでもあるんでしょうか?

トリプルシャープナープロを実際に使って検証レビュー!

トリプルシャープナープロを実際に使って検証レビュー!

切れ味の戻りがイマイチという口コミもあるトリプルシャープナープロですが、本当に抜群の切れ味は期待できないのでしょうか。こればかりは使って試さなければわからないポイントですよね。


そこでトリプルシャープナー プロを実際に使ってみて、以下の2点について検証を行いました。

検証①:切れ味の戻りやすさ

検証②:使い勝手

なお以下の記事では、トリプルシャープナープロを含む人気の包丁研ぎ器26商品を比較検証しています。どれも売れ筋の商品ばかりですので、気になる方はこちらも参考にしてくださいね。

検証①:切れ味の戻りやすさ

最初は、口コミで不満の声があがっていた「切れ味」について確かめます。今回は100円ショップの包丁を研いで、どれだけ切れ味が戻るのかをチェック。24枚重ねの半紙を切ってみて何枚目まで切れるかで評価します。


研ぎ方や研ぐ回数は商品の指示に従い、水研ぎにて、10回(5往復)実施。包丁には300gの重りを加えて切る力が一定になるようにしています。

切れ味の戻りはまあまあの3点。24枚のうち半分以上が切れた

切れ味の戻りはまあまあの3点。24枚のうち半分以上が切れた

24枚重ねの半紙は半分以上切れました。5点満点では普通より少し上の3点となり、まずまず切れ味の戻りは良いと評価できます。100円ショップの包丁はあまり切れ味が良いとは言えませんが、それでもたった10回(5往復)研いだだけでこの結果なので、効果には期待できそうです。


ただし、口コミにもあるとおり、包丁がひどく傷んでいる場合は、明らかな効果を実感しにくいかもしれません。イマイチ切れ味が戻っていないと感じたら、研ぐ回数を増やすと良いでしょう。ただし、研ぎすぎると包丁の刃を傷めるので、少しずつ様子を見ながら行ってくださいね。

検証②:使い勝手

使いやすいことも、簡易包丁研ぎ器を選ぶ上で重要なポイントです。「安定感」「研ぎやすさ」「収納性」などを1つずつ見ていくために、作成したチェックリストを用いて検証します。


各項目をそれぞれ評価していき、合計点数に応じて5段階評価を実施。総合的な使いやすさだけでなく、具体的にどんなところが良いかもしっかり確認します。

「研ぎやすさ」「お手入れしやすさ」が高評価で、総合得点は4点!

「研ぎやすさ」「お手入れしやすさ」が高評価で、総合得点は4点!

トリプルシャープナー プロの使いやすさの総合点は4点で、比較的使いやすいと評価されました。特に優れていたのは、研ぎやすさとお手入れのしやすさ。アーチ型になったハンドルが持ちやすく、研いだときの抵抗を感じることなく包丁をスムーズに動かせた点が高く評価されました。


対応している包丁の種類や材質が豊富であることも加点対象。金属パーツの錆には注意が必要ですが、水洗いできる上に、砥石の分解もできることから、お手入れしやすさも抜群です。


安定感があるものの、滑りやすくて少しぐらつくところだけが惜しかったポイント。残念ながら5点満点とはなりませんでしたが、全体的に見て使いやすい包丁研ぎ器と言えます。研ぐときは滑らないように、しっかりと押さえて使ってくださいね。

【レビュー結果】人気の包丁研ぎ器26商品中2位!汎用性が高く使いやすさも抜群

【レビュー結果】人気の包丁研ぎ器26商品中2位!汎用性が高く使いやすさも抜群

「切れ味の戻りやすさ」「使い勝手」から見るトリプルシャープナー プロの総合評価は、5点満点中3.6点の高得点となり、26商品の包丁研ぎ器のうち2位にランクインしました。1位の商品の総合得点は4点だったので、なかなかの健闘ぶりですね。


今回の検証では、特に使いやすさが高く評価されました。両刃だけでなく片刃にも使えるところや、砥石交換によってセラミックにも対応できるところなどが高ポイント。数種類の包丁を使い分けている方・包丁にこだわる方にはぴったりでしょう。


また、水研ぎによる滑らかな研ぎ味や、研ぐ力を一定に保つことで抵抗を感じにくい点も評価されました。包丁研ぎ器をあまり使ったことがない方でも手軽に使える包丁研ぎ器です。

砥石の交換で自分好みの切れ味に近づけることも!

砥石の交換で自分好みの切れ味に近づけることも!

検証してみた結果、トリプルシャープナー プロの切れ味は比較的良い方であったとは言え、抜群の切れ味を期待する方にとっては、いまひとつに感じたかもしれませんね。


しかし、トリプルシャープナー プロは砥石交換が可能。砥石は粒度(目の粗さ)の数字が大きくなるほど切れ味も高まるため、砥石を変えればもっと切れ味を良くすることができますよ。


あらかじめセットされている砥石は、粒度150・320・600の3種類。別売りでは、切れ味を高める粒度1000のタイプを2種類取り扱っているので、3種類の砥石のうち1つをこのタイプに交換すれば、さらに切れ味をアップさせることができるでしょう。


期待したほどの切れ味が実感できなかった場合でも、砥石を交換して納得できる切れ味に近づけられるので安心です。ご自宅の包丁の切れ味を取り戻したい方は、ぜひ、トリプルシャープナー プロを検討してみてくださいね。

まとめ

砥石専門のメーカーが作る、プロ仕様の包丁研ぎ器「トリプルシャープナー プロ」。その魅力やメリットはお判りいただけたでしょうか?


簡易包丁研ぎ器ながらも、こだわりの砥石を装備しているので切れ味を復活させるのに最適です。対応している包丁の種類や材質も豊富ですから、いくつもの包丁を使い分けている方にとっても使いやすいことでしょう。手軽に包丁の切れ味を高めたい方は、ぜひ手に取ってみてくださいね。

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ