1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. ボディケア用品
  6. >
  7. デオコ 薬用ボディクレンズの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
ロート製薬 デオコ 薬用ボディクレンズ
ロート製薬
デオコ 薬用ボディクレンズ
767円(税込)

デオコ 薬用ボディクレンズの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

デオコ 薬用ボディクレンズを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

「誰もが『女子高生の香り』をまとえる」とインターネットやSNSで話題のボディソープ「デオコ 薬用ボディクレンズ」。しかし、中には「肌が乾燥しやすい」といったあまりよくない口コミもあるので、購入するかどうか迷ってはいませんか?


そこで今回は⼝コミの真偽を確かめるべく、デオコ 薬用ボディクレンズを実際に用意し、洗浄力・保湿力・成分・泡立ちを⽐較検証レビューしました。ぜひ、ボディソープ選びの参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月30日
目次

気になるオトナ臭もすっきりオフできると評判のデオコ 薬用ボディクレンズとは?

「仕事や家庭で毎日をがんばる女性を心から応援したい」というロート製薬の想いから誕生した、オトナ女性のニオイの悩みに応えたボディソープ、デオコ 薬用ボディクレンズ。まずは、商品の特徴をご紹介します。

普通のボディソープでは取りきれないオトナ臭まで洗い流す

普通のボディソープでは取りきれないオトナ臭まで洗い流す

40歳を過ぎると抗酸化力が弱まり、細胞が活性酸素によって酸化されやすくなることが引き金となって、オトナ臭(加齢臭)が増えるといわれています。このニオイの原因となるのは2-ノネナール。皮脂となじみやすく、シャワーや石けんでは落としづらい芳香成分です。


デオコ 薬用ボディクレンズは、普通のボディソープでは取りきれない毛穴の奥のニオイの元や汚れを、粒子の細かい白泥(ホワイトクレイ)で吸着また、うるおい成分であるビタミンC誘導体配合で、年齢とともに変化するオトナ臭をしっかり洗い流しながら透明感のある肌へと導きます

女性のニオイ変化に注目し、「若い頃の甘い香り」をプラス

女性のニオイ変化に注目し、「若い頃の甘い香り」をプラス

ニオイが変化するのはオトナ臭のせいだけではありません。年齢を重ねるごとに、若い女性特有のピーチやココナッツの様な甘い香り(ラクトン)が減少することにも着目。そこで、若々しい魅力的な香りを補う「若い頃の甘い香り(ラクトンの香り)」を含むスウィートフローラルの香りをプラスしました


2018年3月14日に発売されるやいなや、その女の子らしくやさしい香りが話題に。口コミサイト@cosme 2018年ベストコスメアワード ベストボディ洗浄料第2位、2019年ベストコスメアワード ベストボディソープ第2位も受賞した、今注目のボディソープです。

デオコ 薬用ボディクレンズの口コミは?

口コミでの評価が高いデオコ 薬用ボディクレンズですが、中には不安になるような声も見かけます。どのような声があるのか徹底的に調査してみました。

口コミ①:肌が乾燥しやすい

口コミ①:肌が乾燥しやすい

さまざまな口コミを調査してみたところ、「肌が乾燥しやすい」という声が多く見られました。パサつくせいかかゆみが出る…という声も。

私は顔は普通肌でも身体は超乾燥肌なので、今の時期だとボディミルクと兼用しました。
多分、もっと肌が乾燥する冬場だと、保湿感に少し物足りなさを感じるかもしれないなーという印象を持ちました。
ホワイトクレイ配合で"泥パック"のように泡立てず塗って洗うことも出来て
ビタミンC誘導体などお肌にも良さそうな成分も入っているので
試しに購入してみましたが乾燥肌の私には合わなかったようです。。
かなりさっぱりした使用感でお風呂上がりには突っ張る感じがしました。

口コミ②:メントールの刺激が強い

口コミ②:メントールの刺激が強い

その他には、刺激が強い・メントールがきついといった声も多く見つかりました。中には、秋冬だと塗布した部分が冷たくて震えてしまう…という声も。

一番最初に使用した時には、肌がピリピリするような感じがして怖かった。敏感肌・乾燥肌には合わない場合が多いと思います。一本使い切りましたが、特にこれといった効果も感じられなかったのでリピートはないです。
敏感肌の人はメントールの刺激が気になるかも。
まずとにかくメントールが強いです。
体を洗っている最中から寒くなってきます。
虫さされの薬で体を洗うような、冷やしシャンプーで体を洗ったような感覚です。
真夏なら良いのかもしれませんが、他の時期には合いません。
デリケートな箇所を洗うのは止めた方が良いと思います。

デオコ 薬用ボディクレンズを実際に使って検証レビュー!

デオコ 薬用ボディクレンズを実際に使って検証レビュー!

女性だけでなく、男性の間でも評判のデオコ 薬用ボディクレンズ。市販のボディソープにしては値段が高めですし、「肌がカサつく」「敏感な場所に使うとピリピリする」といった残念な口コミもあるので、購入するのをためらっている方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、デオコ 薬用ボディクレンズを実際に使って、以下の4点を検証してみました。


検証①:洗浄力
検証②:保湿力
検証③:成分

検証④:泡立ち


デオコ 薬用ボディクレンズを含め、人気のボディソープ全68種類についても実際に使用し、比較検証しています。また、ボディソープの選び方等の情報も詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

検証①:洗浄力

まずは、洗浄力を検証します。身体の汚れをしっかり洗い落とせるのかは、ボディソープ選びの大切なポイント。


デオコ 薬用ボディクレンズを水で薄め、ハンドミキサーで約30秒間泡立てます。着色した人工皮脂を塗りつけたガラスをその中へ入れ、20回優しく前後に揺らし、汚れの落ち具合を目視にてチェックしました。なお、同じ条件にするために液体タイプは同じ希釈率で薄め、泡タイプはそのまま使用しています。

特に強くも弱くもない、平均的な洗浄力という結果に

特に強くも弱くもない、平均的な洗浄力という結果に

洗浄力は、全68商品中でも平均的という結果です。泡立てた液をガラスプレートにくぐらせてみたところ、ほぼ半分ほどの人工皮脂が落ちました。


脱脂力が強すぎる心配がないのは嬉しいですが、身体をさっぱりと洗い流したい方は物足りなさを感じてしまうかもしれません。

検証②:保湿力

続いて、保湿力をチェック。まずデオコ 薬用ボディクレンズを泡立て、腕に塗布します。


泡で撫でるように3回こすった後、水で洗い流します。15分後に肌の水分量を測定し、洗浄前との変化値を確認。洗浄前と比較して水分量が増加したものは5.0、大幅に水分量が減少し乾燥してしまったものは1.0として5段階で評価しました。

水分量はかなり減ってしまった…乾燥肌の人は要注意!

水分量はかなり減ってしまった…乾燥肌の人は要注意!

全68商品の保湿力を比較したところ、残念ながら平均を下回るという結果になってしまいました。洗浄後の水分量を測ってみると、洗浄前よりも水分量が減っています。このままでは肌がカサついてしまうので、入浴後の保湿ケアは必須。特に乾燥肌の人は注意が必要です。

検証③:成分

次に、敏感肌のための美容研究員である元化粧品系研究開発者のMizuhaさんに協力していただき、デオコ 薬用ボディクレンズの成分を検証します。おすすめの成分や刺激となる可能性のある成分の有無、また成分のバランスを総合的を評価してもらいました。

敏感肌さんや乾燥肌さんはスペシャルケアとしての使用がおすすめ

敏感肌さんや乾燥肌さんはスペシャルケアとしての使用がおすすめ

洗浄成分には石けん成分や陰イオン界面活性剤などを使っているので、やや洗浄力が高め。イソプロピルメチルフェノールは、アクネ菌増殖抑制や製品そのものの抗菌・防腐作用を持つ成分です。


また、汚れを付着させるクレイ成分でもあるカオリンやメントール成分も配合されているので、乾燥肌さんや敏感肌さんは毎日使用するのは避けた方がいいかもしれません。くすみを感じたときなどのスペシャルケアとして取り入れるといった工夫をするといいでしょう。

検証④:泡立ち

最後に、ボディソープの泡立ちを検証します。泡の質は身体に摩擦を与えず、優しく洗えるかを判断できる大切なポイントです。


デオコ 薬用ボディクレンズを水で薄め、30秒間ハンドミキサーで泡立てます。泡の高さ・泡のきめ細かさの2つの総合点を5段階で評価しました。なお、液体タイプはすべて同じ希釈率になるように調整して検証しています。

可もなく不可もない、まずまずの泡立ち

可もなく不可もない、まずまずの泡立ち

ハンドミキサーで泡立てたところ、特に泡立ちづらいということもなく、ほどほどの泡が作れました。デオコ 薬用ボディクレンズの適量は、全身で1~2プッシュほど。泡立てネットを使うと、さらに濃密な泡が作れますよ。


公式ホームページによると、ニオイが気になる箇所には泡立てずにそのまま塗りこむのがおすすめとのこと。ぜひ試してみてくださいね。

【レビュー結果】全68商品中60位!保湿力の低さがマイナスに…ニオイが気になる日のスペシャルケアにおすすめ

【レビュー結果】全68商品中60位!保湿力の低さがマイナスに…ニオイが気になる日のスペシャルケアにおすすめ

洗浄力・保湿力・成分の評価を重視して総合評価したところ、全68商品中60位というかなり低めの順位となってしまいました。洗浄力・泡立ちの検証ではごく平均的という結果で、残念だった点は保湿力。洗浄後の肌の水分量がかなり減ってしまったため、お風呂上がりの保湿ケアは必須です。


石けん・クレイ・殺菌成分など、成分的には脱脂力が高めの傾向があります。医薬部外品ということもあり、殺菌力には期待できそう。しかし乾燥肌さんや敏感肌さんには、これらの成分がデメリットになる場合もあるので注意が必要です。


毎日全身に使うというよりも、身体の中でも特にニオイが気になる足の裏や脇などに使用したり、体臭が気になる日やくすみが気になるときのスペシャルケアに使用したりするといいでしょう。また、女の子らしい甘い香りをまといたいという人にもおすすめです。

まとめ

今回は、年齢とともに変化する体臭まで洗い流すと評判のデオコ 薬用ボディクレンズを実際に使って比較検証してみました。


洗浄力・泡立ちはごく平均的でしたが、保湿力の低さと肌への刺激になる可能性がある成分が多く含まれていたことが残念でした。しかし、ニオイ対策用ボディソープとして普通肌さんならば問題なく使えますし、乾燥肌さんや敏感肌さんでも、スペシャルケアならばOK。ぜひ、ボディソープ選びの参考にしてみてくださいね!

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す