1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. ヘアケア・スタイリング用品
  6. >
  7. いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
クラシエホームプロダクツ いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー 480ml
クラシエホームプロダクツ
いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー 480ml
363円(税込)

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーを実際に購入して、徹底的に比較検証しました!

クラシエから発売されている人気ヘアケア商品「いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー」。和をイメージさせるあんずと桜の香りで人気の商品ですが、口コミでの評価が高い一方で「頭皮が痒くなる」「泡立ちが悪い」などの良くない意見も数多く見られます。いったい何故なのでしょうか?


そこで今回は、いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーを実際に使って、使い心地・低刺激性・泡立ち・滑らかさ・洗浄力を比較検証しました!ぜひ購入の際の参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年05月27日
目次
この商品を動画で見る
いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー 480ml

クラシエホームプロダクツいち髪 濃密W保湿ケア シャンプー 480ml

363円 (税込)

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーとは?

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーとは?

「いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー」は、和草の力でダメージ補修し、パサつきや広がりを抑えてくれると評判のノンシリコンシャンプーです。使用するたびにダメージを受けにくい、サラサラで扱いやすい髪に近づけてくれます。

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーとは?

パーマやヘアカラー、ドライヤーの熱など何かとダメージを受けやすい現代女性の髪と頭皮をW保湿ケア。潤いをキープしたいと感じている方に最適です。

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーとは?

香りがとにかく好き!と香りにこだわる方に人気が高く、甘過ぎない香りで男性が気兼ねなく使えるところもいち髪 濃密W保湿ケア シャンプーの人気のひとつ。一度使い始めるとずっと使い続けたくなる、そんな魅力にあふれたシャンプーです!

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーを実際に使用して検証レビュー!

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーを実際に使用して検証レビュー!

出典:my-best.com

さまざまな口コミがインターネット上で見られるため、思わず購入を悩んでしまいますが、やはり実際に使ってみないとその真偽は分かりません。


そこで今回は、いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーを実際に購入・使用して、以下の5項目について徹底的に検証します!


検証①:使い心地

検証②:低刺激性

検証③:泡立ち

検証④:滑らかさ

検証⑤:洗浄力


いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーとあわせて、売れ筋の市販シャンプー全28商品も実際に使って比較しています。他商品も含めたレビュー結果は以下の記事を参考にしてみてくださいね!

検証①:使い心地

検証①:使い心地

最初の検証は、使い心地についてです。


mybest編集部員でいち髪 濃密W保湿ケア シャンプーを実際に使用し、香り・泡立ち・すすぎやすさ・指通りの4つを総合で評価シャンプーは香りで選ぶ方も多いため、メーカーがうたう香りがきちんと再現されているかは特に厳しくチェックしています。

爽やかさを含んだほの甘い香りで、ぬるつかずスッキリ流せる

爽やかさを含んだほの甘い香りで、ぬるつかずスッキリ流せる

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーの香りについては甘ったるいイメージがありましたが、意外と爽やかさを含んだほの甘いあんずと桜の香りで万人受けする印象でした。「好きな香り!」と評価する編集部員が多く、香りについての高い評価は本当でした!


また、髪や頭皮にぬるつきが残ることがなく、すっきり洗い流せたのもポイント。すすぎも時短で済ませられますね。毛先までちゅるっとした印象で、指通りがいいのも嬉しいところ。軋みも気になりません。

検証②:低刺激性

検証②:低刺激性

2つ目の検証では、卵白を使用した「タンパク質変性試験」で低刺激性をチェック。


いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーを薄めて溶かした卵白の中に一定量垂らし、放置後黒い紙の上で濁り具合を確認。配合成分についてもチェックし、刺激性の強い成分が含まれる場合は減点対象としています。

マイルドな洗い心地の低刺激性

マイルドな洗い心地の低刺激性

卵白は透明な状態をキープいち髪 濃密W保湿ケア シャンプーは低刺激性のシャンプーであることが分かりました。「痒くなる」などの悪評がありますが、成分のせいではなく洗い流しが足りなかったり、元々の肌質に合っていなかったなど、他の要因の可能性が高いですね。

検証③:泡立ち

検証③:泡立ち

3つ目の泡立ちの検証では、薄めたいち髪 濃密W保湿ケア シャンプーをプラスチックカップに入れ、ハンドミキサーで泡立てて検証。短時間でどれだけ泡が発生したか、定規を使って泡の高さを判定します。

泡立ちには物足りなさを感じる

泡立ちには物足りなさを感じる

泡立ちが悪いと悪評のあるいち髪 濃密W保湿ケア シャンプーですが、6cmに届かないまでも泡の高さは十分で、泡立ちは自体はそれほど悪くありません。ただ、泡立ちが豊かなシャンプーと比べると、やはり物足りない感じはあります。


ロングヘアーの場合、毛先までたっぷりの泡で包み込むように洗いたいといった際には、シャンプー液を多めに使うのがおすすめです。

検証④:滑らかさ

検証④:滑らかさ

4つ目のなめらかさの検証では、絡まりやすい長めの毛束を用意して検証

洗う→乾かすを10回ずつ繰り返し、専用の機械を使ってダメージを数値で計測します。実際の摩擦ダメージを再現するため、シャンプーの際はクシを使い濡れた状態で、乾燥の際はドライヤーを用いています。

毛先が引っかかることも…コンディショナーやトリートメントは必要不可欠

毛先が引っかかることも…コンディショナーやトリートメントは必要不可欠

滑らかさの検証では平均0.3台と、意外と評価が低い結果となりました。ノンシリコンシャンプーということもあり、髪の毛一本一本へのひっかかりが気になります。使用中にパサつきが気になる場合はシャンプーだけで終わらせず、やはりコンディショナーやトリートメントが必要不可欠です。

検証⑤:洗浄力

検証⑤:洗浄力

最後は洗浄力について検証します。


薄めたいち髪 濃密W保湿ケア シャンプーの液に人工皮脂を塗りつけたガラスプレートをゆっくりくぐらせ、どの程度落ちるかを評価。人工皮脂としては、皮脂の主な成分であるステアリン酸やオレイン酸を混ぜ、着色したものを使用しています。

洗浄力は最低に近い評価。場合によっては二度洗いが必要

洗浄力は最低に近い評価。場合によっては二度洗いが必要

ガラスプレートを確認すると、人工皮脂がほぼ残ってしまっているという結果に…。低刺激性のマイルド処方があだとなり、洗浄力については最低に近い評価となりました。


脂性肌の方だとすっきり洗えない可能性もありますので、汚れが気になる日やヘアワックス等をたくさん使った日には、2回シャンプーするなどの対処が必要です。

【レビュー結果】香りは良いが洗浄力はやや低め…市販シャンプー28商品中16位という結果に

【レビュー結果】香りは良いが洗浄力はやや低め…市販シャンプー28商品中16位という結果に

今回の検証では、マイルド処方で髪にも頭皮にも優しいことが分かった、いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー。滑らかさや洗浄力の点でいまひとつの結果となり、市販シャンプー28商品中で16位とあまりふるわない順位となっています。


一方で和草を基本とした上品な香りはかなり評価できるため、シャンプーに香りの良さを求める方には特におすすめ!低刺激なので、パーマやカラーなどで傷んだ髪、デリケートな髪の方で優しく洗いたい方にも最適です。


インターネットの悪評にあるとおりマイナスポイントもありますが、総合点としてはけっして悪くなく、一度試してみる価値はあるシャンプーですよ!

天然成分がメインのいち髪 ナチュラル ケア セレクトもおすすめ

いち髪のシリーズとして濃密W保湿ケア シャンプーと同様に人気の高い、「いち髪 ナチュラル ケア セレクト」。成分の90%以上がへちま・ツバキ・米ぬかなどをはじめとした天然由来成分で構成されており、厳選された和草を使っているのも特徴です。


ハーバルグリーンの香りが、バスタイムを最高の癒し空間に変えてくれそう。よいものだけにこだわって作られたシャンプーは、髪も心も元気にしてくれますよ。

まとめ

今回はいち髪 濃密W保湿ケア シャンプーの気になる口コミについて検証しました。和をイメージした香りとマイルドな使い心地は流石です!


洗浄力が低い点や、コンディショナーやトリートメントを併用しないとパサつきが気になってくるといった点はありますが、1,000円以下の手ごろな価格で使いやすいシャンプーです。購入を検討している方は参考にしてみてくださいね!

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー 480ml

クラシエホームプロダクツいち髪 濃密W保湿ケア シャンプー 480ml

363円 (税込)

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す