1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. ボディケア用品
  6. >
  7. キュレル ボディソープの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
花王 キュレル ボディウォッシュ
花王
キュレル ボディウォッシュ
744円(税込)

キュレル ボディソープの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

キュレル ボディソープを実際に用意して、徹底的に検証しました!

敏感肌でもやさしく洗い上げられると評判の、キュレル ボディウォッシュ。刺激が少なく肌がしっとりすると敏感肌の方を中心に定評がある一方で、「洗浄力が弱い」「乾燥する」「泡立ちが悪い」といった気になる口コミもあるので、いざ購入しようと思っても躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、キュレル ボディウォッシュを実際に使って、洗浄力・保湿力・肌へのやさしさ・泡立ちを比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月30日
目次
この商品を動画で見る

乾燥肌でも安心して使えると評判の、キュレル ボディソープとは?

キュレルは、乾燥性敏感肌に悩む人々に応えるため、12年の歳月をかけて誕生したスキンケアシリーズ。日本を代表するボディケアブランド花王が、皮膚科学研究を駆使して開発しました。そんなキュレルの人気商品、ボディウォッシュの魅力をご紹介します。

うるおいを守ってやさしく洗う、マイルド洗浄処方

うるおいを守ってやさしく洗う、マイルド洗浄処方

キュレルのボディソープは、肌のうるおいを守って洗うマイルド洗浄処方です。肌の必須成分であるセラミドは、顔やからだを洗っていると一緒に流れてしまいがち。セラミドが減少すると肌バリア機能が低下して、肌荒れや乾燥トラブルの原因になってしまうと言われています。


そこでキュレルは、セラミドを守りながら洗うことに着目。セラミドの働きを守る低刺激性ながら、汗や汚れはすっきり落とすことができます

セラミド機能成分が、バリア機能を助けて保湿

セラミド機能成分が、バリア機能を助けて保湿

セラミドを守るとともに、セラミドの働きを効果的に補うセラミド機能成分を配合しているのもキュレルの特徴の一つです。花王が独自開発したセラミド機能成分が、角層のすみずみにまで浸透。角層をセラミドで満たし肌バリア機能を正常に働かせることで、保湿効果が期待できますよ。


やさしく洗いあげるだけに留まらずセラミドの働きを補うことで、外部刺激に強い肌を目指すことができます。

赤ちゃんのデリケートな肌にも使用OK

赤ちゃんのデリケートな肌にも使用OK

キュレルのボディウォッシュは、赤ちゃんからお年寄りまで、乾燥や肌荒れに悩むさまざまな方に向けてつくられたボディソープ。


特に肌機能が未熟な赤ちゃんの肌は、汗っかきなうえに敏感なのでケアが難しいですよね。うるおいを守りながら洗い上げるキュレルは、そんな赤ちゃんの肌にも使用OK。ベビーバスを卒業して家族と同じお風呂に入れる頃が、キュレル ボディウォッシュを使い始める目安です。


無香料・無着色なので、余計な成分が含まれないものを探している方にもおすすめ。肌に刺激の少ない弱酸性で、アレルギーテスト済みなのもポイントです。

キュレル ボディソープの口コミは?

やさしい洗い心地で敏感肌の方を中心に人気の高いキュレル ボディウォッシュですが、中には購入を迷ってしまうような気になる口コミも見かけます。具体的にどんな口コミがあるのか、調べてみました!

口コミ①:洗浄力が弱くて洗った気がしない

口コミ①:洗浄力が弱くて洗った気がしない

調査した結果まず気になったのは、洗浄力が弱くてまったく洗った気がしないという口コミ。汚れが落ちていない感じがするという声や、ヌルヌル感が残ってさっぱりしないといった声など、洗い心地に関する意見が複数みられました。

洗浄力も弱くて洗った気があんまりしませんでした。
洗った感じは最悪です。とにかくヌメヌメ感が半端ない。風呂場の床が滑るくらいなので危険です。洗い流してもサッパリ感は全く無く、洗い流すのに相当時間がかかります。
汚れが落ちきらない感じ&洗い上がりヌルヌル。

口コミ②:乾燥してかゆくなる

口コミ②:乾燥してかゆくなる

続いて気になったのは、体を洗ったあと乾燥するという声です。乾燥することでかゆくなるという意見がいくつかあり、自分の肌には合わないと感じている方が一定数いる様子が伺えました。

冬になると肌が乾燥するので、購入。
が、むしろかゆみが増してしまった感じで
私には合わなかった。
初めて使っての感想ですがなんか痒いです。嫁も同じ事を言っていました。
シャワーだけで湯船に入らない人はもしかしたら痒いかもです

リピートはないですね。
異様に乾燥します。
どこが敏感肌にしっとりなんだろう?
湿疹が出たりはしませんが、洗った全身が痒くなって、かき壊しが出来てしまいました、、なんか肌の調子が悪いなぁと思ったら、このボディーソープにしてからでした。

口コミ③:泡立ちが悪すぎる

口コミ③:泡立ちが悪すぎる

ほかに、泡立ちが悪すぎて洗いにくいという意見もみられました。泡がすぐヘタってしまうという声やたくさん使わないと泡立たないという声のほか、泡立たないことで肌に刺激を与えそうという口コミも。

泡立ちが悪すぎて使いづらいです。これじゃ肌をこすってしまって、逆に肌を痛めることになってしまいます。どんなに頑張って泡立てても途中ですぐにヘタれてしまうので諦めました。
少し泡立ちにくいかな!?あと泡がすぐ消えちゃうのでささっと洗わなきゃと思って体を洗うのが雑になりました(笑)
ひとつ残念なことが泡立ちの悪さです。
他の商品と比べると2プッシュ以上しないともこもこなりません。
そこが気になるのでリピート迷ってます。

キュレル ボディソープを実際に使って検証レビュー!

キュレル ボディソープを実際に使って検証レビュー!

「洗浄力が弱い」「乾燥する」「泡立ちが悪い」などの気掛かりな口コミも見られるキュレル ボディウォッシュ。肌にやさしいという高い評価もみられるだけに、本当の使い心地が気になりますよね。


そこで今回は、キュレル ボディウォッシュを実際に使って、以下の4点について検証してみました。

検証①:洗浄力

検証②:保湿力

検証③:肌へのやさしさ

検証④:泡立ち

キュレル ボディウォッシュも含め、人気のボディソープ全68商品を実際に使い、使用感を比較検証していますよ。他のボディソープの検証結果が気になる方は、以下の記事もあわせてチェックしてみてください!

検証①:洗浄力

検証①:洗浄力

まずは、ボディソープを使う本来の目的である、洗浄力について検証します。口コミでは「洗浄力が弱い」という声もありましたが、実際に洗った感じはどうなのでしょうか。


人工皮脂を薄く塗りつけたガラスプレートを用意し、泡立てたボディソープの中に入れます。前後に20回揺らして洗浄し、ガラスプレートに塗った人工皮脂がどのくらい落ちるかを目視でチェック。5点満点で評価しました。

汚れはほとんど落とせず。しっかり汚れを落としたい方には不向き

汚れはほとんど落とせず。しっかり汚れを落としたい方には不向き

検証した結果、ガラスプレートの人工皮脂汚れは全くといってよい程落ちていませんでした。ボディソープ本来の役割に疑問を感じるほど汚れが残っていたことで、評価1点という厳しい結果に…。


洗浄力が弱すぎるという口コミがありましたが、残念ながらそれを裏付ける検証結果となりました。ヌルヌルするという口コミも見られましたが、皮脂をしっかり落としきれないことでヌルつきが残ってしまうのかもしれません。


乾燥性敏感肌の方ためにつくられたこともあり、そもそも汚れをさっぱり落としたい方にはおすすめできないボディソープといえそうです。

検証②:保湿力

続いて検証するのは、保湿力です。口コミでは「乾燥してかゆくなる」という声もありましたが、実際にはどうなのでしょうか?


水で薄めて泡立てたボディソープを腕に乗せ、撫でるように泡を3回こすったあと水で洗い流します。15分後に機械で肌の水分量を測定。洗浄前の肌水分量との変化値を比較し、5点満点で評価しました。

洗浄前後でほぼ同レベルの水分量をキープ!保湿力の高さを実証する結果に

洗浄前後でほぼ同レベルの水分量をキープ!保湿力の高さを実証する結果に

水分量をチェックしたところ、洗浄前と後でほぼ変わらない水分量をキープしていることが分かりました。セラミドを守って補い保湿するのがキュレルの特徴ですが、確かに保湿力が高く評価は5点満点中4点。乾燥肌に悩んでいる方も、安心して使えそうです。


口コミでは、ひどく乾燥してかゆくなるという声もありましたが、今回の検証ではかゆみや乾燥は感じられませんでした。ただ、成分が合うかどうかは個人差が大きいもの。トラブルが起きた場合は商品に記載されているとおり、使用を中止し皮フ科へ相談することをおすすめします。

検証③:成分

次は、毎日使うものだからこそ配慮したい成分をチェックします。乾燥性敏感肌の悩みに応えるため作られたシリーズですが、本当に肌にやさしいのでしょうか?


この検証では本来、識者の方に成分チェックをしていただきます。しかし医薬部外品は全成分表示が義務付けられていないので、代わりに洗浄成分による皮膚への刺激を測るためのタンパク変性試験を実施しました。


まずは、皮膚などと同じくタンパク質の多い卵白に、ボディソープを混ぜて3分放置します。刺激が強いほど卵白が白く濁ることを踏まえ、濁り度合を観察して評価しました。

ほぼ濁りはみられず!刺激は弱めで敏感肌でも安心

ほぼ濁りはみられず!刺激は弱めで敏感肌でも安心

タンパク質変性試験を行った結果、卵白がほとんど濁らなかったことから洗浄による肌への刺激はほとんどないということが分かりました。これなら、赤ちゃんや敏感肌の方でも使いやすそう


もちろん、肌質によって合う合わないがあるため肌の弱い方は注意が必要です。とは言え、少なくとも強い刺激を受ける可能性は少ないと言えるでしょう。

検証④:泡立ち

最後に、泡立ち・泡のきめ細かさを検証します。泡立ちが良いと、肌をこすらず優しく洗えると同時に、体を洗う動作もスムーズになりますよね。口コミでは「泡立ちが悪すぎる」という声もありましたが、実際のところはどうなのでしょうか?


ボディソープを一定の希釈率に水で薄め、ハンドミキサーで30秒間泡立てます。もこもことした泡が短時間で作れるかという観点から、泡の高さ・きめ細かさの2つの総合点を5点満点で評価しました。

ややコシはないものの、泡だちはまずまず

ややコシはないものの、泡だちはまずまず

ハンドミキサーで泡立てたところ、そこそこの泡立ちがありました。ふわふわとまではいきませんが、きめ細かでしっとりとした泡ができたことから、評価は4点

口コミでは泡立ちが悪すぎるとの声がありましたが、どちらかというとコシのない泡なので、洗っている途中でヘタってしまう可能性は否めません。手間はかかりますが、少量ずつとって都度泡立てるか、泡立てネットを使うのがおすすめです。

【レビュー結果】全68商品中35位!保湿力が高くやさしい成分だが、洗浄力の弱さがネックに

【レビュー結果】全68商品中35位!保湿力が高くやさしい成分だが、洗浄力の弱さがネックに

キュレル ボディウォッシュは、保湿力が高く成分もやさしいものの、洗浄力の弱さが気になるボディソープでした。泡立ちもまずまずで評価できるポイントは多いのですが、洗浄力が低すぎることが足を引っ張るかたちとなり、人気のボディソープ68商品中35位に。


セラミドを守って洗うのが特徴と謳っているだけあって、洗浄前と同程度の肌水分量をキープできるのは優秀!また肌へのやさしさもまずまずで、有効成分が配合されているなど敏感肌も使いやすい配慮が多いのも嬉しいポイントです。

洗浄力がかなり低かったのは事実ですが、本来は乾燥性敏感肌に悩む方のために作られた製品。皮脂を不必要に落とさないと考えれば、使う人によってはメリットとなるでしょう。どんなボディソープを使っても乾燥してしまう方や、皮脂や水分量が低く悩んでいる方は、一度使ってみる価値があるのではないでしょうか?

自分に合うか心配なら、まずはミニサイズでお試しを!

自分に合うか心配なら、まずはミニサイズでお試しを!
出典:amazon.co.jp

キュレルは乾燥肌や敏感肌で悩んでいる方におすすめできるボディソープですが、肌がデリケートだからこそ、いざ買ってみても自分に合わなかったら…と迷ってしまいますよね。そんな心配がある方は、まずはミニサイズのボディケアセットを試してみてはいかがでしょうか?


通常サイズは420mlですが、こちらはそれぞれ45mlのボディソープとローションのセット。数回分使えるので、肌に合うか判断するのに最適ですよ。容量がたくさんあると合わなかったときのショックは大きいもの。心配で踏み切れない方は、まずこちらから手にとってみるのもおすすめです!

まとめ

今回は、キュレル ボディウォッシュについて比較検証をレビューをしました。


洗浄力の弱さが気になるものの、高い保湿力がありデリケートな肌へ配慮されているのが高く評価できるボディソープです。ボディソープによる乾燥や刺激に悩む方は、特におすすめしたい商品。気になっている方は、この機会に試してみてくださいね!

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ