DCMホールディングス DCMブランド 猫缶 160g×3缶
DCMホールディングス
DCMブランド 猫缶 160g×3缶
328

DCMブランド 猫缶まぐろの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

DCMブランド 猫缶まぐろを実際に用意して、徹底的に検証しました!

ネットや身近なホームセンターで販売されているDCMブランドの猫缶まぐろ。魚介類の素材の美味しさを活かした猫用ウェットフードですが、ネット上では口コミやレビューをあまり見かけないので、評判をちゃんと確かめてから購入したいとお考えの方も多いでしょう。


そこで今回は、DCMブランド 猫缶まぐろを実際に使って原材料の信頼度とこだわり・食いつき・価格の手頃さを比較検証レビューしました。購入を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年05月20日
目次
DCMブランド 猫缶 160g×3缶

DCMホールディングスDCMブランド 猫缶 160g×3缶

328円

ホームセンターで手軽に買えて便利なDCMブランド 猫缶まぐろとは?

カーマ・ダイキ・ホーマックなど、日本各地にホームセンターを展開しているDCMグループ。猫缶まぐろはDCMが独自開発したプライベート商品です。早速、商品の特徴を詳しくご紹介していきます。

1缶160gの大容量!食事と一緒に水分も補給できる

1缶160gの大容量!食事と一緒に水分も補給できる

DCMのウェットフードは大容量で1缶160gもあることから、複数飼いや食事量の多い大型猫に向いています。水分量が約83%と高いため、普段あまり水を飲まない子や泌尿器系のトラブルを抱えている子に、水分補給手段の一つとして与えることも可能です。


着色料・発色剤などの添加物は一切使用していないため、安心して与えられるのもグッドポイント。ただし開封後は傷みやすいので、1缶を一度に食べ切れない場合は、ガラス容器に入れて冷蔵庫で保管し、早めに食べ切るようにしてくださいね。

魚介類のだしが美味しいゼリー仕立て

魚介類のだしが美味しいゼリー仕立て

この猫缶はシンプルな原材料から作られており、まぐろ・かつおなどの魚介類がメインです。原材料には天然ものを使用しているので、成型ではない魚肉の食感を丸ごと楽しめるのも魅力の一つになっています。


美味しいだしのゼリー仕立てで、喉越しが良いため食欲が落ちてしまう猛暑にもおすすめ。たまに与えるご褒美やご馳走にすると、猫ちゃんとのコミュニケーションにも役立ちますよ。

DCMブランド 猫缶まぐろを実際に試して検証レビュー!

DCMブランド 猫缶まぐろを実際に試して検証レビュー!

お財布に優しいDCMの猫缶まぐろは、原材料もシンプルで一度は購入を検討したという方も多いでしょう。しかし、口コミやレビューがネット上に見当たらないので、本当に購入すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、DCMブランド 猫缶まぐろを実際に使って、以下の3点を検証してみました。


検証①:原材料の信頼度とこだわり

検証②:食いつき

検証③:価格の手頃さ


以下の記事ではDCMの猫缶まぐろと合わせて、人気の猫用ウェットフード全35商品を徹底比較したランキングを紹介しています。他の商品の評価や順位が気になる方は、こちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね!

検証①:原材料の信頼度とこだわり

まずは、原材料の信頼度とこだわりについて検証します。


パッケージに記載されている原材料を確認し、表記の詳しさをチェックしました。さらに、商品に対するこだわりやメーカーの独自性があれば加点対象として、持ち点にプラスします。


反対に、等・類・家禽のような曖昧な表記の後に詳しい説明がない場合は、信頼度に欠けるとして持ち点からマイナスとしました。

着色料・発色剤不使用!シンプルな原材料で安心

着色料・発色剤不使用!シンプルな原材料で安心

結果は5点満点中3.5点となりました。パッケージの原材料表記には加点・原点となる記載はありませんが、非常にシンプルな原材料で構成されていることが確認できます。


メーカー公式サイトには、着色料・発色剤は使っていませんという記載があり、安全性に対するこだわりとしてプラスの評価としました。全体的に目立った特長がない代わりに欠点も見当たらず、心配する要素が少ない商品だとも言えます。

検証②:食いつき

次に、飼い主としては最も気になる食いつきの期待度を検証します。


保護猫カフェ協力のもと、1匹につき3~4商品の猫用フードを試食してもらいました。好き嫌いには個体差があることから、計3匹の猫ちゃんに同じフードを与えて、食べる量・順番・スピードを観察します。


また、補足として各フードの匂いの強さもチェック。総合的な食いつきの期待度を5点満点で評価します。

全猫しっかり完食!匂いは一般的なツナ缶のイメージ

全猫しっかり完食!匂いは一般的なツナ缶のイメージ

5点中3点という良くも悪くもない結果に。全猫しっかり完食したのですが、そのうち1匹はとても好みだったようで、他のフードより先に9割ほど食べてしまいました。


匂いは一般的なツナ缶のような香りです。特に強いわけではありませんが、猫ちゃんの興味を引くには十分のようです。


検証してみてわかったのは、缶に相当ギッシリ詰まっているせいで、硬くて取り出すのが大変だったということ。検証スタッフも手間取ってしまったので、朝の支度などで忙しい時はイライラしてしまうかもしれません。

検証③:価格の手頃さ

最後は、価格の手頃さの検証をします。


一般食はドライフードのトッピングとしても使用されることが多いため、100kcalあたりのコストを算出しました。大容量の猫缶ですので、コストパフォーマンスについては好成績が期待されます。

中身がギッシリ詰まって、お手頃な価格

中身がギッシリ詰まって、お手頃な価格

結果は、5点満点中4点の評価となりました。コストは100kcalあたり106.7円で、検証した35商品中5番目のお手頃価格です。


全商品の検証を通して、プライベートブランドはお手頃な商品が多いとわかりましたが、こちらの猫用フードは中身がギッシリ詰まっているので、よりお得感が高いと言えます。コスパが良いのでまとめ買いや、食事量の多い猫ちゃんにはおすすめです。

【レビュー結果】全35商品中22位。コスパが良く原材料の信頼性もそこそこ

【レビュー結果】全35商品中22位。コスパが良く原材料の信頼性もそこそこ

DCMの猫缶まぐろは全35商品中22位になりました。中身がたっぷり入っていてお手頃価格の商品です。味はまぐろ・かつおの魚介類がメインのゼリー仕立て。素材を活かした食感があり、検証では3匹とも完食していたことから、食いつきは特に問題ないと評価しました。


原材料がシンプルで、着色料などの添加物を使用していない点には安全性へのこだわりが見られます。ただし、その他の特徴が薄く、ごく普通のツナ缶という印象のウェットフードでした。


購入したい場合は、DCMグループのホームセンター各店で取り扱っているほか、AmazonのようなECサイトでも注文可能です。

まとめ

今回は、DCMグループの猫缶まぐろを比較検証レビューしましたが、いかがでしたか?


フードがギッシリ詰まったお手頃価格の商品です。プライベートブランドの商品ですが、Amazonやその他のECサイトでも買えますので、興味を持った方は一度試してみてはいかがでしょうか?

DCMブランド 猫缶 160g×3缶

DCMホールディングスDCMブランド 猫缶 160g×3缶

328円

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ