1. TOP
  2. >
  3. ベビー・キッズ
  4. >
  5. おむつ
  6. >
  7. エンゼル ラッキーオムツの悪い口コミや評判を実際に使ってレビュー
エンゼルストア ラッキーオムツ
エンゼルストア
ラッキーオムツ
2,808円(税込)

エンゼル ラッキーオムツの悪い口コミや評判を実際に使ってレビュー

エンゼル ラッキーオムツを実際に用意して、徹底的に検証しました!

コスパの良さと機能性が話題を呼んでいる「エンゼル ラッキーオムツ」。しかし、「乾きにくい」「肌触りが悪い」など気になる口コミもあり、購入に踏み切れない人もいるのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、エンゼル ラッキーオムツを実際に使って、肌あたり・吸水性・速乾性を比較検証レビューしました。後半では使い方について紹介しているので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年05月30日
目次
ラッキーオムツ

エンゼルストアラッキーオムツ

2,808円 (税込)

形にこだわって作られたと話題のエンゼル ラッキーオムツとは?

マタニティグッズからベビー用品まで取り扱っているエンゼルストア。ママにも赤ちゃんにも最高な使い心地を実現するために、さまざまな工夫がされている商品を取り揃えています。


今回はそんなエンゼルストアから販売されている、ラッキーオムツの魅力についてご紹介していきます!

コンパクトな作りでセットが簡単!洗濯もしやすい

コンパクトな作りでセットが簡単!洗濯もしやすい

エンゼルストアのラッキーオムツは、もともと形ができあがっている成形型の布オムツです。スリムな形状でオムツカバーにセットしやすく、誰でも簡単に装着できます。輪型のオムツと違い、折りたたむ手間がないので手軽に使えるアイテムです。

デリケートな赤ちゃんの肌を考えた優しい素材

デリケートな赤ちゃんの肌を考えた優しい素材

この商品は肌が弱い赤ちゃんのためを思い、ふんわりとした優しい素材を使用しています。おしりに直接当たる表面の部分は、ふんわりとした感触の高級綿を使用。中地には吸水性の高い素材を使い、機能性と肌あたりの良さを両立しています。

独自のウェーブ加工で吸水性抜群

独自のウェーブ加工で吸水性抜群

この布オムツには吸水性を良くするために、表面にウェーブ加工が施されています。表面積を増やすことによって、吸水性アップを実現。おしっこを広げながら吸水するので、一ヶ所に溜まってしまうことがありませんよ。


さらに吸水性を高めるために特殊な不織布を使用。コンパクトでありながら、輪形の布オムツクラスの吸水性を誇ります。

エンゼル ラッキーオムツの口コミは?

スリムなサイズ感で使用感にもこだわって作られているエンゼル ラッキーオムツ。しかし、中にはよくない口コミも…。実際に口コミを調査してみました。

梅雨の時期には乾きにくい…

梅雨の時期には乾きにくい…

エンゼルストア ラッキーオムツの口コミの中に、なかなか乾かないという意見がありました。特に梅雨の季節にはなかなか乾かず、苦労したママもいるそう。乾きやすい作りにはなっているようですが、替えを多めに用意しておいた方がよさそうです。

なかなか乾かなかった…。梅雨は特に大変だった。

ガサガサで新生児には向いてない

ガサガサで新生児には向いてない

エンゼル ラッキーオムツを実際に使用してみると、想像以上に素材がガサガサしていたという声が…。大人でもわかるほど硬さがあり、子供に使用するのに躊躇した意見もありました。新生児や肌が特に弱い子には注意が必要かもしれません。

子供に使うのは気が引けるような肌触りだった。
洗っていくうちにガサガサになっていくのがわかった。

エンゼルストア ラッキーオムツを実際に使って検証レビュー!

エンゼルストア ラッキーオムツを実際に使って検証レビュー!

速乾性や肌当たりが良くないという気になる口コミがあったエンゼル ラッキーオムツ。しかし、実際に使ってみないと本当のところはわかりません。


そこで今回はエンゼル ラッキーオムツを実際に使って、以下の3点を検証してみました!


検証①:肌あたり

検証②:吸水性

検証③:速乾性


mybestではエンゼル ラッキーおむつを含め、人気の布オムツ全20商品を実際に使って比較検証しています。他の布オムツの検証結果が気になる方は、こちらの記事もぜひチェックしてみてください!

検証①:肌あたり

まずは赤ちゃんのためを考えた肌あたりの良さについての検証です。口コミでは「ガサガサする」というような声もありましたが、実際はどうなのでしょうか?


洗濯と部屋干しを3回繰り返した布オムツを手のひらや手の甲で触って、チクチクしないか・毛羽立っていないか・表面に硬さは出ていないかなどをチェックしていきます。

もともとの素材が硬め。数回洗うだけでカサカサに…

もともとの素材が硬め。数回洗うだけでカサカサに…

まず洗う前からやや硬めの肌ざわりでした。肌への引っ掛かりや痛みはありませんが、肌あたりがすごくいいという印象ではなかったです。1回目の洗濯ではほとんど変化は見られませんでしたが、2回目・3回目では表面の凹凸部分がカサカサして痛みがありました。


肌ざわりの悪さの原因は、吸水性をよくするためのウェーブ加工のようです。その凹凸部分がカサカサして痛みを感じやすかったため、敏感な肌の赤ちゃんへの使用は控えたほうがいいかもしれません。

検証②:吸水性

次は吸水性の検証です。月齢3ヵ月の赤ちゃんのおしっこ量に相当する30mlの水をラッキーオムツに染み込ませて、吸水性をチェック。どれくらいおむつの内部で水が留まるかで評価していきます。

一瞬で裏側まで染みてしまう。これではオムツカバーもびしょびしょに

一瞬で裏側まで染みてしまう。これではオムツカバーもびしょびしょに

実際に布オムツに水をかけてみたところ、瞬く間に裏側まで浸透してしまいました。これではオムツカバーまでびしょびしょに濡れてしまうでしょう…。これ1つではかなり心許ないので、漏れにくいオムツ用ライナーを併用することをおすすめします。

検証③:速乾性

布オムツといえば、速乾性も重要ですよね。口コミでは「なかなか乾かない」という声もありましたが、実際はどうなのでしょうか?


洗濯機で洗ったラッキーオムツを一定の湿気に保った室内で干し、完全に乾くまでの時間を計測。どれくらいの時間で乾いたかで、速乾性を評価していきます。

3時間ほどあれば乾くというまずまずな結果に

3時間ほどあれば乾くというまずまずな結果に

実際に乾かしてみると、室内干しで3時間ほどでした。かなり乾くのが早い!というわけではないですが、室内干しでも乾くのでまぁまぁ便利です。


所持した方がいい枚数については少なくても大丈夫そうですが、吸水性や耐久性の面を踏まえると、ある程度多めに用意した方がいいかなという印象。マイナス面が気にならないようであれば、少ない枚数の使い回しでもOKですよ!

【レビュー結果】人気の布オムツ全20商品中20位。肌あたりと吸水性が特に残念な結果に…

【レビュー結果】人気の布オムツ全20商品中20位。肌あたりと吸水性が特に残念な結果に…

上質な素材にこだわっているというエンゼルストア ラッキーオムツでしたが、実際は触れただけでも硬さを感じました。吸水性や耐久性も低いため、全20商品の中でも最下位に…。何度か洗うと大人でも痛みを感じてしまうので、赤ちゃんに使うのはためらってしまいます。


吸水性の検証では、水を注ぐと一瞬で裏側まで染みてしまいました。これでは赤ちゃんがおしっこをするたびに漏れていないかハラハラしてしまいますし、オムツカバーまで頻繁に洗濯するようで大変です。


速乾性はまずまずなので、他のオムツを洗っているときのサブ用として使うといいかもしれません。またおしっこが漏れないようにオムツ用ライナーを併用したり、オムツを2枚重ねにしたりすれば、メインとしても使えるでしょう。

エンゼルストア ラッキーオムツの使い方

最後にラッキーオムツの使い方と洗い方をご紹介します!

エンゼルストア ラッキーオムツを使うのに必要なもの

エンゼルストア ラッキーオムツを使うのに必要なもの

エンゼルストア ラッキーオムツのような布オムツを使う時は、まず必要なアイテムをそろえる必要があります。布オムツ生活を始めるためには、以下のアイテムが必要です。


  • 布オムツ(ラッキーオムツ)
  • オムツライナー
  • オムツカバー
  • 洗濯用バケツ

エンゼルストアは、ラッキーオムツ専用のオムツライナーとオムツカバーを販売しています。ラッキーオムツは吸水性が低いので、特にオムツライナーは購入しておくと後々便利かもしれません。


使い方はそのままオムツカバーにセットし、その上にオムツライナーを重ねるだけ。万が一おしっこの量が増えてきたら、おむつを2枚重ねにして使用することも可能ですよ。

エンゼルストア ラッキーオムツの洗い方

エンゼルストア ラッキーオムツの洗い方

エンゼルストア ラッキーオムツなどの布オムツの洗い方の手順についてご紹介します。


  1. バケツに水を入れる
  2. うんちの場合はトイレに流す
  3. おしっこの場合は軽く手洗いする
  4. バケツにつけ置きする
  5. 洗濯機で洗って干す


布オムツの洗濯は案外簡単です。うんちの場合はトイレに流し、おしっこの場合は軽く手洗いしてつけ置きするだけ。ゴシゴシこすって手洗いしてしまうと、繊維の中にうんちが入り込んでしまいます。必ず優しく水で洗い流すようにして洗うのがポイントです。

まとめ

今回はエンゼルストア ラッキーオムツについてご紹介しました。


オムツとしての機能性はイマイチな結果になってしまいましたが、オムツ用ライナーを併用したり、オムツを重ねたりすることである程度対応できます。速乾性はあるほうなので、室内干しをする人でも十分使いこなせるアイテムです。購入を検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ラッキーオムツ

エンゼルストアラッキーオムツ

2,808円 (税込)

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ