1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. ボディケア用品
  6. >
  7. イソップ ボディクレンザーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
イソップ ボディクレンザー11 200ml
イソップ
ボディクレンザー11 200ml
2,480円(税込)

イソップ ボディクレンザーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

イソップ ボディクレンザーを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

高級感あふれるボタニカルの香りで大人気の「イソップ ボディクレンザー」。しかしその一方では「泡立ちが悪い」などのマイナスな口コミも見られます。ボディソープとしては少し高価な商品ゆえに、こうした残念な口コミがあると購入を迷ってしまいますよね。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、イソップ ボディクレンザーを実際に使って、洗浄力・保湿力・成分・泡立ちを比較検証レビューしました。この記事の後半では乾燥シーズンにおすすめの使い方も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年12月20日
目次

高級感あふれる香りが魅力のイソップ ボディクレンザーとは?

オーストラリアのスキンケアブランドとして知られるイソップ。高品質な植物由来原料と非植物由来原料を配合した、良質なスキンケアアイテムを多数手がけています。まずは、そんなイソップのボディクレンザーについて、その特徴をみていきましょう。

爽やかなボタニカルの香りで、バスタイムを癒やしの時間に

爽やかなボタニカルの香りで、バスタイムを癒やしの時間に

イソップ ボディクレンザーの最大の魅力は、何と言ってもその香りにあります。マンダリンとベルガモットのオイルが配合されており、柑橘系の香りが爽やかと評判。マンダリンの皮・ベルガモットの皮・ゼラニウムの葉が主要成分となっており、ボタニカルな香りを好む方々からも好評です。


口コミでも、この香りに夢中になって購入したという方も多いほど。グリーンやシトラス系の香りが好きな方なら、きっと気に入ることでしょう。使った瞬間にバスルーム中に優雅な香りが広がって、バスタイムを癒やしの時間に変えてくれますよ。

肌をいたわりながら優しく洗える!

肌をいたわりながら優しく洗える!

肌をいたわりながらしっかり洗浄できるところも、このボディソープの魅力です。イソップ ボディクレンザーのテクスチャーは透明なジェル状で、泡立ちも控えめ。全身をマッサージするようになじませたら丁寧にすすぐだけで、汚れを落とすことができます。


ごしごしと擦る必要がないため、ボディタオルなどによる摩擦で肌にダメージを与える心配もありません。非常に優しい洗い心地で、デリケートな肌質の方も手に取りやすいですよ。

イソップ ボディクレンザーの口コミは?

香りの良さが評判で、優しく洗えるイソップ ボディクレンザー。でもネット上の口コミの中には、購入がためらわれる声も見られます。そこで、実際にどんな口コミが多いのか調べてみました。

口コミ①:成分が肌に合わない

口コミ①:成分が肌に合わない

口コミを調べてみると、成分が肌に合わなかったという声がありました。擦らなくても優しく洗浄できることを謳っていますが、肌に刺激を与える可能性がある成分が含まれているのかもしれません。少数派ではあるものの、こうした口コミはちょっと不安になってしまいますよね。

私は合わないシャンプーやボディソープを使うと、手だけがかぶれてしまい、手湿疹ができてしまうことがあるんですが、こちらも若干ではありますが反応がありました。

口コミ②:泡立ちがイマイチで物足りない

口コミ②:泡立ちがイマイチで物足りない

また、イソップ ボディクレンザーの口コミで最も目立っていたのは、泡立ちの悪さに関するものです。「泡立ちがほとんどない」「物足りない」という声があるので、たっぷりモコモコの泡で洗いたい方には不満が残ってしまいそうです。泡立ちが悪いために消費が早いという方もいたため、コスパも心配です。

こういう優しい泡立ちのリキッドソープだと、私の場合、量をたくさん使わないと泡のボリュームに満足できないので消費が早いです。
泡立ちがほとんどないので、ちょっと物足りない!
泡立ちはかなりマイルドで、緩めの泡です。ドラッグストア等のプチプラなボディソープのモコモコの泡立ちに慣れている方は、物足りないと思うかもしれません。

イソップ ボディクレンザーを実際に使って検証レビュー!

イソップ ボディクレンザーを実際に使って検証レビュー!

泡立ちの悪さや成分が肌に合わないなど、ネガティブな口コミを見てしまうと、どうしても購入がためらわれますよね。評判通りなのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、イソップ ボディクレンザーを実際に使用し、以下の4項目について検証を行います。

検証①:洗浄力

検証②:保湿力

検証③:成分

検証④:泡立ち

なお以下の記事では、イソップ ボディクレンザーを含め、人気のボディソープを比較検証しています。すべて使って評価していますので、他の商品についても結果が知りたい方はぜひ参考にしてくださいね。

検証①:洗浄力

ボディソープ選びで最も大切なポイントは、きちんと汚れが落ちることですよね。イソップ ボディクレンザーの汚れ落ちはどうか、人工皮脂を使って検証してみます。


まず、赤く着色した人工の皮脂を作り、これをガラスのプレートに薄く塗布。そして、プラカップに水で薄めたボディソープを入れ、ハンドミキサーで30秒泡立てます。そこへ人工皮脂を塗ったガラスプレートを入れて20回優しく揺らしたあと、プレートに塗った汚れの落ち具合をみて5段階で評価しました。

皮脂汚れがしっかり落とせる!擦らなくても洗浄力抜群

皮脂汚れがしっかり落とせる!擦らなくても洗浄力抜群

検証前と検証後の人工皮脂の状態を比べると、ご覧の通り、十分な汚れ落ちを確認できました。汗をたくさんかいた日や皮脂量が多い方でも、サッパリと洗い上げることができそうです。5段階評価では4.5点を獲得。洗浄力に優れたボディソープとして、自信を持っておすすめできます。


これだけの洗浄力があれば、ボディタオルでゴシゴシしなくてもきちんと汚れを落とせるでしょう。メーカーが推奨している通り、マッサージするように肌になじませてすすぐだけでもよさそうです。肌をいたわりながら洗いたい方には最適ですね。

検証②:保湿力

洗浄力が高いものは肌に必要な皮脂まで落としてしまうことも多く、乾燥が気になる方も多いのではないでしょうか?そこで次に、イソップ ボディクレンザーを使った後の肌水分量から保湿力を検証しました。


まず、ボディソープを水で薄めて泡立ててから腕に塗り、撫でるように3回擦って水で流します。洗浄後、15分経過してから肌水分量を測定し、洗浄前と後の数値の差で評価を行いました。

洗浄前と肌水分量は変わらない!乾燥対策にもぴったり

洗浄前と肌水分量は変わらない!乾燥対策にもぴったり

洗浄後の肌水分量をスキンチェッカーで測ったところ、洗浄前とほぼ変わらない肌水分量でした。メーカーが謡っている通り保湿力が高いと判断でき、5段階評価では4点を獲得。肌の潤いを奪わず、しっとりと洗い上げるボディソープといえますね。


洗浄力の強いものは肌の乾燥を招きやすいですが、イソップ ボディクレンザーならそのような心配も少ないでしょう。乾燥しやすい季節はもちろん、肌の潤い不足が気になるときにもおすすめできます。

検証③:成分

続いては、配合成分についての検証です。化粧品などの成分に精通する元化粧品系研究開発者のMizuhaさんにご協力を依頼し、イソップ ボディクレンザーの成分をチェックしてもらいました。刺激となりやすい成分や保湿成分の有無、洗浄成分の界面活性剤のタイプなどを中心に確認し採点します。


また同時に、洗浄成分の刺激の強さを確認できる「タンパク変性試験」も実施。卵白に洗浄剤を混ぜ、白く濁れば濁るほど刺激が強いと判断します。


なお、タンパク変性試験は弱アルカリ性のボディソープでは適用できないため、弱酸性タイプのみで実施。評価には加えず、弱酸性タイプの成分評価が同点の場合に利用しています。

配合成分の評価は5点満点で2点。デリケートな肌質の方は注意したい

配合成分の評価は5点満点で2点。デリケートな肌質の方は注意したい

成分表を確認してみた結果、洗浄力が強いものとマイルドなものが混合しているボディソープであることが分かりました。また、2種類の精油とやや強い防腐剤も含まれていたことから、5点満点では「あまり良くない」にあたる2点に…。


Mizuhaさんによると、洗浄力が強めの成分だけでなく、精油が複数配合されているものも肌質によっては刺激になってしまう可能性があるとのこと。マイルドタイプではありますが、敏感肌の方は様子を見ながら試した方がよさそうです。

配合成分の評価は5点満点で2点。デリケートな肌質の方は注意したい

また、タンパク変性試験の結果も画像の通り。かなり強く濁ったため、やはり肌への刺激は強めであるといえそうです。口コミにもあったとおり、人によっては肌に刺激を感じてしまう可能性があります。自分の肌に合うか心配な方は、腕などで一度試し洗いをしてから使うと良いでしょう。

検証④:泡立ち

最後は泡立ちについての検証を行います。「泡立ちが物足りない」という口コミが多く見られましたが、本当なのでしょうか。


プラカップに水で薄めたボディソープを入れ、一定速度のハンドミキサーで30秒撹拌します。できあがった泡をチェックし、「できた泡の高さ」「きめ細かさ」の2点から評価しました。

泡立ちもきめ細かさもまずまず良好。大きく不満を感じることはなさそう

泡立ちもきめ細かさもまずまず良好。大きく不満を感じることはなさそう

プラカップ内にできあがった泡の高さは5~6cmほど。泡立ちは比較的良好と判断され、5点満点中4点を獲得しました。「すごく泡立つ」というわけではないものの、このくらいなら十分許容範囲といえるでしょう。


また、できた泡はどちらかというときめ細かく、泡の質も良好。普段からモコモコのたっぷり泡で洗っているという方でない限りは、口コミのように「物足りなさ」を感じてしまうことはなさそうです。

【レビュー結果】人気のボディソープ68商品中11位!成分以外は高評価で、値段に見合った価値ある商品

【レビュー結果】人気のボディソープ68商品中11位!成分以外は高評価で、値段に見合った価値ある商品

比較的価格が高めのイソップ ボディクレンザーですが、検証の結果、お値段に見合った価値を感じられるボディソープであることがわかりました。洗浄力が高く、ゴシゴシと擦らなくてもしっかりと汚れを落とすことが可能。洗浄後の肌水分量もキープできており、乾燥が気になるシーズンにはもってこいといえるでしょう。


また、口コミで低評価だった泡立ちについても、大きく不満に感じることはなさそうです。きめ細かく十分な泡立ちで、肌を優しく洗い上げることができるでしょう。オーガニックな大人の香りに包まれながら、バスタイムを楽しむことができますよ。


唯一残念だったのは、配合成分の刺激が少し強めであること。成分に関する得点が低めだったことから、ボディソープを比較した結果は68商品中11位となってしまいました。


肌が敏感な方は注意が必要ですが、保湿力・洗浄力には優れているため、普通肌・脂性肌の方にはおすすめできるアイテムです。ハンドソープにも使えますので、万が一肌に合わなかった場合は、手洗い用としてもご活用ください!

ライン使いすれば、さらに肌の潤いアップ!

ライン使いすれば、さらに肌の潤いアップ!

イソップ ボディクレンザーは、単体使用でも十分な保湿力を持つボディソープ。でも、乾燥するシーズンにはライン使いでさらに潤いをアップさせるのがおすすめです。


ボディクレンザーで全身を洗浄したら、保湿効果の高い「ボディバーム08」や、集中保湿オイル「ボディトリートメント11」を一緒に使うとGOOD。ボディクレンザーと同じ香りなので、香りを統一できるところも魅力です。


全身への使用はもちろん、肘やかかとなど特にカサつきやすい部位にピンポイントで使うのもおすすめですよ。ぜひライン使いして、乾燥しらずの潤った肌を手に入れてくださいね。

まとめ

ボタニカルの香りで評判の良いイソップ ボディクレンザーについてご紹介しました。


優しく洗ってもしっかり汚れを落とせる上に、保湿力抜群の優れたボディソープです。お値段は張りますが、きっと使い心地の良さを実感できることでしょう。極上の香りに包まれながら穏やかなバスタイムを楽しんでみてくださいね。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す