スケーター 先入れ先出し防虫米びつ 10kg
スケーター
先入れ先出し防虫米びつ 10kg
1,770円(税込)

先入れ先出し 防虫米びつ 10kgの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

先入れ先出し 防虫米びつ 10kgを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

商品名が目を引くこの米びつは、先に入れたお米から順に取り出せる便利さが高評価を得ています。しかし、インターネット上では「密閉性がない」「お米がこぼれやすい」などの口コミもあり、購入をためらってしまう方もいるのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、先入れ先出し 防虫米びつ 10kgを実際に使って、密閉性・使い勝手を比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年12月02日
目次
先入れ先出し防虫米びつ 10kg

スケーター先入れ先出し防虫米びつ 10kg

DRN10

1,770円 (税込)

お米を補充した順に取り出せて便利と評判の先入れ先出し 防虫米びつ 10kgとは?

最近の米びつには色々な機能があります。こちらの商品はその名の通り、先入れ先出しの機能がついたアイデア米びつ。他にも目を引く魅力があるのでご紹介しましょう!

ストッパー付きでお米の先入れ先出しができる

ストッパー付きでお米の先入れ先出しができる

スケーター社が販売しているこちらの米びつは、入れたお米が手前に少しずつ出るような傾斜と仕切り板(ストッパー)が付いています。新しくお米を補充しても、先に入れたお米と混ざらないのが大きな特徴。


古いお米から順番に取り出せるので鮮度が落ちないうちにおいしく食べられます。容器全体が透明のため、お米の残量が見えて補充のタイミングがわかりやすいのも便利。

手前に開く蓋が狭い場所でも使いやすい!さらに防虫剤もセット可能

手前に開く蓋が狭い場所でも使いやすい!さらに防虫剤もセット可能

10kgのお米が入るので容器自体は大きめ(幅22.7cm×奥行41.1cm×高さ30.8cm)。取り出し口は約22センチとコンパクトですが、お米をこぼさず取り出すには十分な間口の広さです。


蓋が手前に開く仕様のため、上部にスペースを必要としません。本体がすっぽり入る収納場所さえあれば、狭い空間でもお米の出し入れが楽にできます。


さらに、上蓋には防虫剤ケースが付属。防虫剤は取り出し可能で、大きさが合えば市販の防虫剤を入れることもできるので、害虫対策はバッチリです!

先入れ先出し 防虫米びつ 10kgの⼝コミは?

先入れ先出し、という他の商品には見られない魅力があるスケーターの米びつ 。しかし、インターネット上には購入を迷ってしまうような残念な口コミも。どのような口コミがあるか調査してみました!

⼝コミ①:密閉性がない

⼝コミ①:密閉性がない

特に多く挙げられていたのが、「密閉性がない」という口コミです。蓋にパッキンがなく隙間が空いているので、湿気や虫が入ってきたりすることを心配する声が多くありました。


害虫は湿気が高いところを好むため、防虫剤ケースが付属しているのは虫が入りやすいからでは…という声も。

フタの部分に微妙な隙間があり、梅雨どきや、夏に米ビツ用の防虫剤が必須になるだろう。
設計が悪いのか、密閉は不可能。
隙間が大きいので、虫等の混入は避けれないから、防虫剤が付属するんだと思う。

⼝コミ②:隙間からお米が漏れる

⼝コミ②:隙間からお米が漏れる

ほかに目立っていたのは「お米が漏れる」という口コミです。ストッパーをセットするための穴がお米の重さで変形して、そこからお米が漏れてきたという声が多く寄せられていました。


中には、お米がこぼれてくるのでセロハンテープで穴をふさいで使用しているという人も。

お米の仕切り板の付け根がすぐ駄目になりました。
今やセロハンテープを貼って使用してます。
ここが駄目だと脇から米が漏れて大変な事になります。
横にある穴はストッパーをひっかけるためについているものなのですが、米の重みで米櫃自体が横に広がりストッパーをひっかける為のものが只の穴になり米がそこからこぼれます。

先入れ先出し 防虫米びつ 10kgを実際に使って検証レビュー!

先入れ先出し 防虫米びつ 10kgを実際に使って検証レビュー!

「密閉性がない」「隙間からお米が漏れる」など、米びつとして使うには不安になる口コミが見られたスケーターの米びつ。果たして口コミは本当なのでしょうか?その真偽がはっきりしてから購入したいですよね。


そこで今回は、先入れ先出し 防虫米びつ 10kgを実際に使って、以下の2点について検証してみました。

検証①:密閉性

検証②:使い勝手


今回検証した商品を含め、人気売れ筋の米びつ全23商品の比較ランキングを以下の記事にてご覧いただけます。米びつを選ぶポイントなども紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね!

検証①:密閉性

まずは米びつとして重要な密閉性の検証をします。悪い口コミに挙げられた「商品自体に隙間が多い」という点が気になるところですね。


今回の検証では、湿気を吸うと青からピンク色に変化する吸湿紙を使用します。吸湿紙を米びつの中に入れ、約80%の湿度を保った浴室に30分間放置。その後、吸湿紙の色がどの程度変化したかを確認します。


米びつ内の湿度が上がるとピンク色が濃くなるため、吸湿紙の色で湿度を5段階評価します。

全体的に濃い目のピンク色。密閉性は期待できない

全体的に濃い目のピンク色。密閉性は期待できない

吸湿紙全体が濃いめのピンク色になりました。こちらの商品を湿気のある場所に置くと短時間でもお米が湿気を吸ってしまう可能性があります。十分な密閉性が期待できないことから、評価は2点とやや厳しい結果に。


蓋の開閉部にパッキンが付いていないことや、ストッパーの付け根にも隙間があることが原因と考えられます。湿気が入り込みやすいということは、収納場所によってはニオイ移りの心配も…。使用する場合は、できるだけニオイが出ない冷暗所を選ぶのがよいでしょう。

検証②:使い勝手

続いて、本商品の使い勝手について検証していきます。狭い場所でもお米が楽に取り出せるという前開き式の蓋や、先入れ先出し方式の構造が特徴のこちらの米びつですが、実際の使い勝手はどうなのでしょうか?


この検証では、米びつにお米を補充したときのお米の取り出しやすさ・蓋の開けやすさ・蓋の密着感・持ち運びやすさなどを、細かくチェックしました。商品の特徴も合わせてチェックし、総合的な使い勝手を5段階で評価します。

仕切り板があるので中は狭い。蓋が開けづらく、お米の入れやすさは△

仕切り板があるので中は狭い。蓋が開けづらく、お米の入れやすさは△

最初にお米の取り出しやすさから検証を始めます。取り出し口の幅は約20cmあるので、計量カップをくぐらせるには十分な広さです。


しかし、お米の先入れ先出しを調節するストッパーがあるため、取り出し口の内側は狭いです。計量カップを動かせるスペースがあまりないため、仕切り板にぶつかるとすくったお米がこぼれてしまう心配も。


次のチェックポイントは、蓋の開けやすさです。取り出し口は片手で簡単に開けられる一方、蓋そのものは開けにくいので外すのに手間取ります。お米の補充がスムーズにできないため、開けやすさは今ひとつという判定に。

パッキンがなく隙間が多い。持ち運ぶ手段は丸抱えのみ

パッキンがなく隙間が多い。持ち運ぶ手段は丸抱えのみ

3つ目のポイントは蓋の密着感です。特に気になったのは、隙間の多さ。蓋にパッキンがなく、取り出し口やストッパーの付け根に隙間や穴があるため、密着感はほとんどありません。虫の混入やニオイ移り、横の穴からお米が漏れることが懸念されます。


4つ目のポイントは持ち運びやすさですが、手をかけられる部分がなく少々持ちにくいです。後部にキャスターがついているので、シンク下から手前に引っ張り出してくる時などには重宝します。しかし、収納場所を変えたいときは丸ごと抱えて運ぶしかないでしょう。

ストッパーがあってもお米が混じる…

ストッパーがあってもお米が混じる…

5つ目は計量のしやすさをチェック。計量カップは普通米と無洗米の両方を計量できる目盛りがついています。表示も大きくはっきりしており、お米の種類を選ばないのはとても便利です。


そして最後のチェックポイントは商品の特徴です。目玉機能である先入れ先出し方式ですが、手前の古いお米をすくうと、ストッパーの向こう側から新しいお米が下りてきて混ざることが判明。お米の鮮度が気になる場合には、残っているお米を使い切ってから新たに足すのが無難でしょう。


以上の検証結果を踏まえると、口コミにもあった密閉性のなさや蓋の開けにくさなどで評点が伸び悩み、総合評価は2点となってしまいました。

【レビュー結果】全23商品中最下位。隙間が多く長期保存に不安。ストッパーはあれどお米が混ざる心配も

【レビュー結果】全23商品中最下位。隙間が多く長期保存に不安。ストッパーはあれどお米が混ざる心配も

スケーターの米びつは全23商品中最下位という残念な結果に…。密閉性があまり期待できず、使い勝手についても諸々の気になる点があり、最終的な評価に大きく響きました。


口コミにもある通り、蓋を締めても密閉できないため湿気や埃の侵入に対して不安があります。構造上、ストッパーの付け根に穴が空いていることもマイナスです。


新しいお米を補充しても古いお米から先に取り出せることが特徴の商品ですが、検証では新旧のお米が混じってしまうことが確認されました。商品名にある先入れ先出しは期待されるほどには機能していません。


しかし、取り出し口が前開きで狭い場所でも使いやすい点はメリット。本商品を購入する場合は、乾燥剤や防虫剤を使ってお米の保存対策をしっかり行いましょう

まとめ

今回はスケーターの先入れ先出し防虫米びつについて、密閉性や使い勝手を詳しく検証してみました。


評価は最下位になってしまいましたが、前開きの取り出し口や計量カップなどには細かな使い勝手の良さが見られます。興味を持った方は保存対策をした上で購入を検討してみてはいかがでしょうか?

先入れ先出し防虫米びつ 10kg

スケーター先入れ先出し防虫米びつ 10kg

DRN10

1,770円 (税込)

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ