輸入菓子ブロガーおすすめ!楽しい外国グミ17選

輸入菓子ブロガーおすすめ!楽しい外国グミ17選

輸入菓子フリーク&ブロガータマアニ

輸入菓子・食品ブログ「舶来品セレクション」を運営。実際に入手し試食したアイテム総数は、なんと3桁を突破! カルディコーヒーファームの福袋に魅せられたことがきっかけで輸入菓子フリークに。...
飴やチョコレートバーなど、多くのバリエーションが存在する甘いお菓子「キャンディ」。その中でも特に世界でトップセールを誇る “虹色のお菓子”「グミ」は、味わいはもとより、意匠を凝らしたユニークな形状で、大人気なお菓子のひとつとなっています。日本に登場したのは1980年「明治コーラアップ」が発売されたのが最初です。

では世界ではどうでしょう? 実は最初に作られたのは「ドイツ」だったということ、ご存知でしたか?第一次世界大戦が終結して間もない1922年、場末の製菓工場で働いていた労働者「ハンス・リーゲル氏」が妻と共に、自宅のキッチンで「グミベア Gummi Bears」を生み出し、それが現在のグミの原型となったそうです。

今や日本でもスーパーやコンビニ、駅構内の売店でもすっかりおなじみに。ということで今回は、世界各国のさまざまなグミ類を集めてみました。ちなみに1922年は、日本で「江崎グリコ」が設立した年でもありますよ。

  • 最終更新日:2019年07月16日
  • 19,425  views
目次

タマアニのマイベスト

ハリボージューシーゴールドベア 175g

399円 (税込)

アマゾンカムカムカムカムグミキャンディ

3,000円 (税込)

ピエログルマンフレンチモニュメントグミ

159円

ファッシーニ スクークス コーラグミ

103円 (税込)

レッドバインズオリジナルレッドツイスト

1,389円 (税込)

BEBETOプレミアム ジェリーグミ ラズベリー&ブラックベリー

1,650円 (税込)

タマアニのマイベストまとめ

いかがでしたでしょうか?見て楽しい、食べておいしい、不思議なグミ。まだまだ他にもたくさん世界各国のグミがあるのですが、今回はそのごく一部を紹介してみました。


もともとは「ガム」と「飴」の両方の特徴を合わせ持つ、ゼラチンを主成分としたお菓子。それが時代を重ねるにつれ、ニーズに合わせて形や味、材料などが変化し、多くのバリエーションが登場するようになりました。


子どもだけでなく大人まで楽しめる。さらに健康にもなれる。グミはそんな新たな可能性を秘めた、素敵な「お菓子」ではないでしょうか?

関連記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

人気の記事

カテゴリから探す