元酒屋店主が選ぶお湯割りにおすすめの焼酎10選

元酒屋店主が選ぶお湯割りにおすすめの焼酎10選

元酒屋店主いもてん

日本酒・焼酎を中心とした酒屋を7年間経営。和酒だけにとどまらずワインやウイスキーにも精通しており、飲食店や業務店のメニュー開発、コンサルタントも手がける。 「飲んでなければ何も言えない...
みなさんは焼酎をどのような飲み方で飲んでいますか?水割りやロックで飲む方が多いと思いますが、寒い日にはお湯割りもおすすめ。温かいお湯割りは食欲を増進させ、食中酒にも最適です。

お湯割りを作るコツは、焼酎をお湯より後に入れること。温度が下がりアルコール臭さが出にくくなります。「黒じょか」と呼ばれる専用の酒器もありますし、日本酒用の徳利に水と焼酎を入れて燗にすれば、まろやかな湯割りができあがります。

今回はお湯割りに向いた焼酎のおすすめ銘柄10選をご紹介します。比較的手に入れやすい銘柄から選びましたので、焼酎選びの参考にどうぞ!
  • 最終更新日:2018年12月18日
  • 6,380  views
目次

いもてんのマイベスト

小鹿酒造紅(べに)とんぼ 25度 720ml

1,404円 (税込)

種子島酒造貯蔵熟成 久耀 芋焼酎 25度 1800ml

2,396円 (税込)

鹿児島 原口酒造株式会社 吉酎 赤芋白麹 25度 1800ml 1枚目
出典:amazon.co.jp

鹿児島 原口酒造株式会社吉酎 赤芋白麹 25度 1800ml

2,335円 (税込)

いもてんのマイベストまとめ

本州では焼酎をお湯割りで飲む方は少ないですが、本場九州ではメジャーな飲み方。九州ではお湯割りで飲む人が多いため、25度より20度のほうが売れるという説もあります。

日本酒の燗酒と同じで、温かい飲み物は身体への負担が少なく酔い心地も穏やか。今までロックで飲んできた方には違和感があるかもしれませんが、夏でもお湯割りを飲む方も多くいらっしゃいます。

お湯割りに適したお湯の温度は80度。割合はロクヨン(焼酎6:お湯4)が美味しいとされていますが、アルコールに弱い方は逆の割合(焼酎4:お湯6)がおすすめです。

毎回お湯を冷まして作るのが面倒な場合は、焼酎を後から入れることさえ守れば、いままでより美味しいお湯割り焼酎ができると思いますよ。

関連記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

人気の記事

カテゴリから探す