洗濯のプロがおすすめする洗濯グッズ10選

洗濯ハカセも家庭で愛用しているお洗濯グッズです。

最終更新日:2017年08月03日 | 3,684views

東邦 ウタマロ マホー石鹸

99円

名前だけならほとんどの人が知っている、おなじみの緑色をした石鹸です。初めて使用したのは仕事の依頼からでした。衣類やシューズ、風呂の鏡の汚れなどを、どの石鹸が良く落とせるのかを実験した際に、鏡の鱗も若干ながらキレイにしてくれたウタマロ石鹸。今では洗濯掃除に欠かせないアイテムになっています。

子供の体操服の泥汚れから真っ黒になったシューズまで、塗り込んで洗えばほとんど工夫いらずでキレイにでき効果もコスパも抜群。そのままでは使いにくいので石鹸を縦に真っ二つにし、棒状にして使うとすごく使いやすくなります。

ワイドハイター 衣料用漂白剤 粉末

780円

主成分は炭酸ナトリウムが使用された酸素系の漂白剤です。粉末タイプということで、衣類の漂白剤としては馴染みが少ないと思いますが、液体に比べはるかに漂白効果が高いです。白いシャツなどを洗うとどうしても襟周り、袖周りが黄色く変色しがち。そこで夏の途中や終わりには、この粉タイプの漂白剤を使って汗や皮脂による黄ばみを取り除くリセット洗いに使用しています。

30度〜40度くらいのお湯に溶かして、白いシャツを突っ込んでかき混ぜたら一晩放置するだけの簡単リセット方法なのです。塩素系と違って衣類を痛めたり、プリントの色を剥いだりといった事が起こりにくい酸素系タイプなので使いやすいです。

ワイドハイター 衣料用漂白剤 液体

388円

クリーニングのシミ抜きの仕事で多用している酸素系の漂白剤です。重曹と合わせ温度をかけて使うと部分的なシミ抜きにぴったり。プロの資材商が販売しているプロ仕様のシミ抜き用の材料よりも、効果があると感じる優れた漂白剤です。

例えばワイシャツについたベルトのシミはプロ仕様の材料では取れないのに、このワイドハイターの液体なら取れてしまう。コスパにも優れた衝撃のアイテムです。そのほか漂白剤ではありますが色柄物にも使えるうえに、成分が消毒でおなじみのオキシドールと同じ過酸化水素水で作られており、なんと殺菌効果まで。雑菌の繁殖を抑えるための臭い取り用の洗濯補助剤としても活用できます。

花王 ランドリー用洗浄強化剤 アクティベイトV200

4,104円

いろんな材料で試しましたが、一般家庭で買える材料の中で一番信頼して使える洗濯の補助アイテムが、アクティベイトV200です。子供が小さい時は鼻血によるシミがべったりついていたり、転んで怪我して血だらけになった洋服など、もう捨ててしまえ!というくらいの汚れに直面することもしばしば。そんな時もアクティベイトV200をスプレーで噴霧して、数分置いて洗濯すれば一発でキレイに落ちてくれます。

ただ噴霧して洗うだけで血液等のシミなら一発で落ちる洗濯には強い味方となるアイテムです。価格は少々高めですが、3倍〜5倍に希釈して使うので結構長く持ちます。かつ手間いらずなので買ってそんはありません。

マイ・ランドリーII チビッ子シューズクリーナー

192円

運動靴や学校のシューズ。最初のうちは石鹸を塗り込んで洗うだけでキレイになっていましたが、数ヶ月するとそれではキレイになりにくくなるので、物理的にキレイにするために必要になってくるブラシ。

最初は100円均一の商品を色々と試していましたが物足りなさを感じ、行き着いたのがオーエから販売されているちびっ子シューズクリーナーでした。100円均一のものは擦り付けてもクニャクニャとして力が伝わりにくかったですが、さすがのメーカー品。力がダイレクトに伝わり汚れを落としやすいです。

2種類のブラシが上と下についていて場所によって使い分ける事で細かいところまでキレイにできるように。持ち手も持ちやすく、シューズ洗いが本当に楽になりました。

アタック 高浸透リセットパワー

297円

毎年、個人的に行ってる各メーカーの代表的な洗剤を集めての洗浄力テスト。その中で一番汚れ落ちとコスパに優れていたのが、花王から出されているアタックリセットパワー粉タイプです。

粉タイプの洗剤は溶け残りが心配だったり、今の衣類用洗剤のトレンドが液体洗剤だったりと、敬遠されがち。しかし、液体に比べて価格は安いですし、汚れ落ちははるかに優秀なんです。また30度くらいに液温度をあげて使うことで洗浄力はさらに高まります。

そんな粉洗剤の中でもこのアタックリセットパワーの洗浄力はトップクラス。10種類のシミを対象とした洗浄力テストで、ほかの洗剤で落とせないカレーのシミ等もだいぶ薄くできており、洗濯のプロとして一押しできる洗濯用洗剤です。

ジョイ 食器用洗剤 オレンジピール成分入り

118円

多くの方が洗濯に食器用洗剤?と思われるかもしれません。実は洋服についたシミのほとんどは油分によるシミですので、洗濯洗剤を水に溶かして洗うだけではキレイに洗濯できず、後々黄色く変色してしまうなんてことも。そんな時に効果的なのが、洗濯洗剤だけではなく食器用洗剤を塗ってから洗う方法です。

食器用洗剤は油分を洗浄することにおいて衣類用洗剤よりも優秀なので、液体の衣類洗剤を塗って洗うより効果的。また普段からキッチンに置かれているご家庭も多いので、わざわざ買い足す必要もないのが魅力ですね。

中でもおすすめなのはジョイのオレンジピール入りです。食器用洗剤の中でも、特に油分の汚れにアプローチしやすいリモネンの成分が入っているため、より汚れが落ちやすくなります。

トップ ハイジア 消臭スプレー

280円

日本で有名な消臭スプレーといえばファブリーズ、リセッシュ、ハイジアの3つですね。その中でも、ハイジアは後発の発売でありながら、ライオンが自信を持って出してきた消臭スプレーです。

ファブリーズ、リセッシュ、ハイジアの3製品を使った消臭実験をとある仕事の都合で行った事がありますが、その結果は臭いを嗅いではっきりと違いが別れました。消臭とは言えど、別の匂いでカバーしている印象を受けたのがファブリーズと、リセッシュ。しかもかすかに元の臭い匂いが染み出していましたが、ハイジアは別物。ほぼほぼ元の匂いを抑え込んでおり、別の強い香りでごまかすと言った事も感じられず。後発組で出したライオンの自信を感じた消臭アイテムです。

パナソニック コードレススチームWヘッドアイロン NI-WL703-P

11,740円

よくクリーニングのプロがオススメするのはティファールのアイロンですが、個人的にはそれよりもこのパナソニックから出されているアイロンが圧倒的に使いやすいです。今までアイロンは重いアイロンが良いと言われてましたが、それも過去の話。今は蒸気がポイント。レモン型の鉄板面を縁どるように蒸気穴が空いており、そこから申し分ない量の蒸気が出てきます。その蒸気で生地を蒸らしてからアイロンの熱で乾かす事で衣類はパリッとシワなしに。

鉄板がレモン型なので前後に動かす際取っ手をもち変えれば、両方前面として使えます。また取っ手がアーチ型になっており、体重を均等にアイロンに載せる事ができるので、シワを伸ばす力がアイロンに伝わりやすいところもポイント。安定してアイロンを滑らせる事ができるので、アイロンが苦手!って意識がある人でも簡単にキレイにアイロンがけができちゃいます!本気でこのアイロンがナンバー1とオススメしたいアイテムです。

レノア 柔軟剤 フレッシュシトラスブルー

214円

柔軟剤もフカフカ度合いや匂いについて比較実験をする事がありますが、数ある柔軟剤メーカーの中でもP&Gの柔軟剤は香りよし。フカフカ感も申し分無しでした。

柔軟剤は香りが強すぎるものも多く、多く使いすぎると気分が悪くなる事もしばしば。そのため匂いをつけるというよりは、消臭から防臭まで効果が期待が持てるレノアの本格消臭柔軟剤を使ってます。部屋干し臭も抑えながら洗濯ものを乾燥させたり、ちょっと汗をかいた時の匂いなども抑えてくれるので消臭効果の高いこの柔軟剤は重宝しています。

関連アイテムリスト

関連記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

C38da5550a5a28e540376d1d523974f1e5a3df7d
A96d5f0ddff637477d83d2f2702dbd982a28ca41
橋本 真也
ギター教室講師
2012年に初心者向けのギター教室を開業。独自のカリキュラムで、音楽理論を...
2cae5db6e68ab708a10f997edda626f9848040c0
C4b850294b0d860e14b9f3d6a9eed90111c1c996
原 敦子
日本仲人協会 仲人士
日本仲人協会大阪大淀支部「マリアージ・グリーンフィールド」を運営。高い成婚...

人気の記事