1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. 扇風機・サーキュレーター
  6. >
  7. 東芝 リビング扇風機の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
東芝ホームテクノ リビング扇風機
東芝ホームテクノ
リビング扇風機
9,970円(税込)

東芝 リビング扇風機の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

東芝 リビング扇風機を実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

心地よい風とDCモーターの静音性で人気の「東芝 リビング扇風機」。東芝の製品ということで信頼性は高いものの、ネット上には口コミや評判が少ないため購入を悩んでいる方もいるのではないでしょうか。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、東芝 リビング扇風機を実際に使って、涼しさ・心地よさ・静かさ・使いやすさを比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月30日
目次

まるで自然の中にいるような風を感じられると評判の東芝 リビング扇風機とは?

東芝のリビング扇風機は、小さな風を効率よく発生させられるDCモーターを採用。省エネにも期待できる商品です。まずは、その特徴を見ていきましょう。

特徴は優しい風。おやすみモードの「ふわり風」も魅力

特徴は優しい風。おやすみモードの「ふわり風」も魅力

扇風機といえば強い風を送り出すイメージですが、東芝のリビング扇風機は優しい風が特徴。キメの細かな自然風に近い風を送り出すべく、羽根の形状と風圧差にこだわった商品です。


また、たんぽぽの綿毛がふわりと飛ぶようなイメージで開発された「ふわり風」も魅力。睡眠中に快適に過ごせるよう肌触りのいい風を送り出してくれます。


さらにはDCモーター採用で静音性が高いのもポイント。暑さの厳しい日中はもちろん、寝苦しい夜にも使える扇風機です。今回ご紹介するF-DLX70では、「ふわり風」は風量レベル1で設定できますよ。

切入の併用ができるツインタイマーで快適性アップ!

切入の併用ができるツインタイマーで快適性アップ!

扇風機のタイマーは、切・入のどちらか片方しか設定できないものが主流ですが、こちらは切・入が併用できるツインタイマー方式。就寝時に切タイマーで電源が切れても、起床時の入タイマーで自動的に電源が入ります。エアコンをつけるほどではない季節に、涼やかな風とともに目覚められるのはうれしいですね。

首振り操作ができる便利なリモコンも◎

首振り操作ができる便利なリモコンも◎

付属のリモコンはLED表示タイプ。動作内容を目視で確認可能です。また、電源のオン・オフや風量調節はもちろん、首振りも離れた場所から操作できます。首振りまでリモコンで対応できる扇風機は少ないので、この点も大きなメリットですね。


さらには、リモコンを本体に設置できるホルダー付き。一緒に収納できるので、シーズンオフにリモコンだけ別の場所に保管する必要もありません。

東芝 リビング扇風機を実際に使って検証レビュー!

東芝 リビング扇風機を実際に使って検証レビュー!

自然の風が魅力の扇風機ですが、あまりにも風が弱いと物足りず、普通の扇風機と同じ風量でも期待外れ。こだわって作られているからこそ、実際のところが気になります。


そこで今回は、東芝のリビング扇風機を使って以下の4点を検証してみました。


検証①:涼しさ

検証②:心地よさ

検証③:静かさ

検証④:使いやすさ


なお、以下の記事では東芝 リビング扇風機も含め、人気の扇風機全17商品を実際に使って比較検証しています。ほかの扇風機も気になるという方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

検証①:涼しさ

最初の検証は涼しさです。優しい風が特徴の商品ですが、風量の方はどうなのでしょうか?


今回は「涼しさを感じるのは風が当たるから」という考えのもと、風の強さ・風の直進性の2つの要素で総合的にチェックしました。風の強さは風速計、風の直進性はスモークを発生させる機械を用いて確認。風の強さ3:直進性7の割合で総合評価を行います。

風量は強く、直進性は弱めという結果に

風量は強く、直進性は弱めという結果に

風力計での測定結果は5.1m/s。今回計測した扇風機の中ではトップが5.3m/sだったことを考えると、かなりのパワーです。反面、スモークはうっすらとしていて直進性の面では低評価。取り込んだ空気を散らしているような印象です。


風量と直進性が反比例しているせいか、強い風でも肌当たりは弱め。今回の検証方法では総合評価3.5点と平均的な結果でしたが、メーカーの謳う「自然の風」という面では成功しているのかもしれませんね。

検証②:心地よさ

続いての検証は心地よさです。「ふわり風」を搭載するなど、心地よさにはこだわりのある機種なので実際のところが気になりますね。


検証では、全商品を比較できるよう扇風機を一定の距離に置き、風の柔らかさや強さを中心に体感で確認しました。肌当たりが柔らかで涼しいものは高評価、肌当たりは強いのに涼しくないものは低評価と判断。なお、一般的なACモーターの扇風機を平均値の3点としています。

風量レベルによって肌当たりが変化

風量レベルによって肌当たりが変化

風量調節は4段階可能なため、全ての風量で試してみました。1番評価が高かったのは風量2で、柔らかく涼しい風が感じられます。音もまったく気にならず快適でした。


風量1は東芝の推す「ふわり風」の設定ですが、弱すぎてわからないという残念な結果に。3と4は一般的な扇風機といった印象です。東芝の謳う「肌触りのいい風」は2で実現している様子。総合評価も4点と良好でした。


肌当たりに関しては好みもありますが、心地よい柔らかな風と一般的な扇風機のようなパワフルな風の両方を感じられるのはお得ですね。

検証③:静かさ

次は、静かさを検証しました。DCモーターの静音性も魅力の1つですが、実際のところはどうなのでしょうか。


検証では、騒音計を用いて最大風量時の騒音量を測定。49.8dBを最も静かな騒音量の基準として評価します。

日常使いには問題ない程度の音

日常使いには問題ない程度の音

騒音計の測定結果は56.5dbで、静かなオフィス程度の音量。深夜などに使うと少し気になるかもしれませんが、日中使う分には十分な静音性です。また、心地よさの検証で試した風量2では音が気にならなかったため、弱風なら夜間でも問題なさそうです。

検証④:使いやすさ

最後の検証は使いやすさです。上下左右の首振りやリズム運転などの各種モードを試し、リモコンの有無や機能などを含めて総合的に評価しました。


なお、首振り角度上下30°/左右70°・風量調節3段階・オフタイマー1h/2h/4h・最低限の取っ手付きのものを基準としています。

扇風機としては十分な機能。移動しやすい取っ手も◎

扇風機としては十分な機能。移動しやすい取っ手も◎

首振り角度・風量調節は平均以上で及第点。背面に取り付けられた取っ手も使いやすく、普段使いには問題ない性能です。特徴でもあるツインタイマーは、切1h/2h/4h・入2h/4h/6h。どんな生活サイクルでも使えそうですね。


チャイルドロックや温度センサーなどの特別な機能はついていませんが、扇風機としての機能は十分。検討の価値ある商品です。

【レビュー結果】人気の扇風機17商品中10位!使うシーンに合わせて風量調節するのが◎

【レビュー結果】人気の扇風機17商品中10位!使うシーンに合わせて風量調節するのが◎

東芝のリビング扇風機は、肌触りのいい自然な風が魅力。しかし今回の検証では直進性の弱さが足を引っ張り、17商品中10位という結果に落ち着きました。


DCモーターによる静音性をウリにしているぶん期待度は高かったのですが、強風での利用時はACモーターの扇風機の動作音とあまり変わりません。しかし、風量2までの静音性は優秀。また、柔らかな風と扇風機らしい強めの風の両方を感じられるのも魅力です。

特筆すべき点は少ないものの、DCモーターの扇風機としてはお手頃価格。「ふわり風」ではあまり風を体感できませんでしたが、穏やかに過ごしたい就寝時にはぴったりです。全面カバーのみにブラックを配色したデザインもインテリアに馴染みますよ。

まとめ

今回は、東芝 リビング扇風機を実際に使用して検証しました。


風量は強いものの直進性に弱く、強力な涼しさを求めると「期待はずれ」と思ってしまうことも。また、DCモーターであっても強風にすると動作音は少し気になります。しかし、弱めの風量にしたときに「らしさ」を発揮!自然で心地よい肌触りの風と静音性を感じられますよ。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ