1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. キッチン雑貨・消耗品
  6. >
  7. スケーター 真空パンケースの口コミや評判を実際に使って検証レビュー
スケーター スケーター 真空 パンケース
スケーター
スケーター 真空 パンケース
1,928円(税込)

スケーター 真空パンケースの口コミや評判を実際に使って検証レビュー

スケーター 真空パンケースを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

パンの乾燥を防いで鮮度を長持ちさせてくれる「スケーター 真空パンケース」。最近は食パンを一斤で買うことのできるお店が増えたので、鮮度を保って長期保存できるのは重宝しそうですよね。ただ、口コミを見てみると「思ったよりも密閉度が低い」「気付いたら空気が入ってしまう」という厳しい声もあり、購入を迷っている方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は口コミの真意を確かめるべく、「スケーター 真空パンケース」を実際に使って、脱気力・キープ力・使いやすさを全11商品で比較検証レビューしました。購入を検討中の方は是非参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年07月07日
目次

食パン専用の保存容器!スケーター 真空パンケースとは?

食パン専用の保存容器!スケーター 真空パンケースとは?

スケーターの真空パンケースは、容器の中を真空状態にすることでパンを長持ちさせることができる商品。ホームベーカリーのお供として、市販のパンを長持ちさせたい方におすすめです。

食パン専用の保存容器!スケーター 真空パンケースとは?

容器とセットで付いてくる専用ポンプを使って空気を抜くことで、容器内を真空状態にします。ポンプを使うのが少し手間に思うかもしれないですが、冷凍保存と違ってすぐに食べることができ、栄養素も破壊されにくいです。

食パン専用の保存容器!スケーター 真空パンケースとは?

出典:amazon.co.jp

本体サイズは、一斤の食パンをまるごと保存できる大きめの作り。食パン以外のパンの保存にはもちろん、ポテトチップスやクッキーの保存もできます。

実際に使ってみてわかったスケーター 真空パンケースの本当の実力!

実際に使ってみてわかったスケーター 真空パンケースの本当の実力!

しかし、実際に自分に合うのか、本当に買うべきなのか気になりますよね。今回は、スケーター 真空 パンケースを実際に購入して、真空保存容器11商品で比較検証レビューを行いました。

脱気力は少し物足りない。あくまで「パン専用」

脱気力は少し物足りない。あくまで「パン専用」

まずは、どれだけ空気を抜くことができるか「脱気力」の検証です。気圧計を入れた真空保存容器を脱気し、元の気圧からどれだけ気圧が下がったのかをチェックしました。

脱気力は少し物足りない。あくまで「パン専用」

検証の結果、脱気力はそこまで強くないことがわかりました。下げることのできた気圧は18%。今回の検証で一番脱気力が高かった商品と比べると半分程度しか脱気できていません。生肉などを保存するなら物足りないですが、パンの保存には十分な脱気力です。

驚異のキープ力100%!長時間の保存にも期待が持てる

驚異のキープ力100%!長時間の保存にも期待が持てる

続いてはどれだけ真空状態をキープできるかチェックしました。先ほど脱気した保存容器を12時間放置し、気圧計の気圧変化を比較します。

驚異のキープ力100%!長時間の保存にも期待が持てる

なんと12時間経っても気圧の変化はありませんでした。キープ力は驚異の100%!今回検証した11商品で、気圧が全く変わらなかったのはスケーター 真空パンケースだけ。これなら、パン以外にもスナックなどをパリパリのまま保存できそうです。

シンプルな構造で使いやすいがやや大きい

シンプルな構造で使いやすいがやや大きい

最後は、総合的な使い勝手を検証しました。実際に真空保存容器を使って、閉めやすさ・脱気のしやすさ・開けやすさ・洗いやすさ・商品の特徴などをチェックしています。

シンプルな構造で使いやすいがやや大きい

出典:amazon.co.jp

構造がシンプルなので、全体的な使いやすさは◎。気になるポンプを利用した脱気も、軽い完食で簡単にできました。ただし、いつまで脱気すればいいのかがわかりにくかったです。また、食パン一斤を保存できる大きさなので、シンクが狭いと洗うのが大変そうだなと感じました。

【総評】購入の価値あり。パン好きにはピッタリな保存容器

【総評】購入の価値あり。パン好きにはピッタリな保存容器

シンプルな構造で誰でも簡単に使えるので、パンだけに使うのはもったいないと思える商品です。何より、キープ力が100%なので、食材の水分を保ったまま保存できるのは魅力的ですよね。


しかし、いくらキープ力が高いとはいえ、そもそもの脱気力はそこまで強くないので、お肉や野菜の保存には少し頼りないです。


とはいえ、パン好きのニーズを満たせるだけの脱気力はバッチリ備えています。食パンが一斤入る大きさなので、食パン専門店で買ってきたときや、ホームベーカリーでパンを焼いたときにぴったりです。迷っている方は購入して損はないでしょう!

脱気力がもっと欲しいなら真空保存庫 スターターセットがおすすめ

今回の記事を見て、食パン以外も真空保存したいと思った方はいらっしゃいませんか?加藤産業の「真空保存庫 スターターセット」は、40%以上気圧を下げることができる脱気力が魅力の商品です。


食パン専用ではないので、食パンを一斤保存するのは厳しいサイズ・形です。パン以外の食材・料理も長持ちさせたいという方はチェックしてみてください。

もっと簡単に真空保存したいなら、自動式のフォーサがおすすめ

ポンプを使うのが少し面倒だなと感じる方におすすめなのが、ショップジャパンから販売されている真空容器、「フォーサ」です。自動式の真空保存容器で、装置をフタに乗せてボタンを押すだけで脱気できる手軽さが魅力


手軽さはもちろんですが、脱気力・キープ力も自動式では一番の性能でした。食パンを一斤保存するとなると、サイズが小さいですが、小まめに保存したい方や、その他の食材や料理を長持ちさせたい方にはおすすめです。とにかく楽に真空保存ができる容器をお探しの方はチェックしてみてください。

まとめ

今回はスケーター 真空 パンケースについて比較検証レビューしました。


大きめのサイズや脱気後のキープ力の高さは、他の商品と比べてパンの保存に最適だということがわかりました。生物を保存には少し頼りないですが、パンやスナック類など湿気からしっかりと守ってくれる保存容器です。何を保存するのかを想像しながら、自分にぴったりな真空保存容器を見つけてみてください

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ