ちふれ化粧品 洗顔 フォーム しっとり タイプ
ちふれ化粧品
洗顔 フォーム しっとり タイプ
489円(税込)

洗顔 フォーム しっとりタイプを実際に使って検証レビュー!口コミや評判は本当?

洗顔 フォーム しっとりタイプを実際に購入して、徹底的に比較検証しました!

クリーミーな泡でしっとり洗い上げてくれると人気が高いちふれの「洗顔 フォーム しっとりタイプ」。高評価な口コミも多く見られますが、中には「洗浄力が強くて乾燥する」などの残念な口コミもあり、購入を迷っている方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、洗顔 フォーム しっとりタイプを実際に使って、洗浄力・洗浄後の肌水分量・成分を検証レビューしました。最後に、時短したい人におすすめの「泡洗顔」も紹介します。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年01月20日
目次
洗顔 フォーム しっとり タイプ

ちふれ化粧品洗顔 フォーム しっとり タイプ

489円 (税込) / 1商品あたり

洗顔 フォーム しっとりタイプとは?

洗顔 フォーム しっとりタイプとは?

洗顔 フォーム しっとりタイプは、クリーミーな泡で肌に必要な潤いを残しながらしっとりなめらかに洗い上げてくれると評判の洗顔料です。アミノ酸系洗浄成分配合で、無香料・無着色・ノンアルコールなので、敏感肌・乾燥肌でも使えるとの口コミも多くみられます。


高品質・適正価格をブランドポリシーにかかげる「ちふれ」の商品だけあって、コストパフォーマンスも◎。Amazonでは150g 税込1,018円で販売されています。

洗顔 フォーム しっとりタイプを実際に使用して検証レビュー!

洗顔 フォーム しっとりタイプを実際に使用して検証レビュー!

インターネット上には、洗い上がりや使用感について様々な意見がありますが、やはり気になるのは実際の評価ですよね。そこで今回は、実際に洗顔 フォーム しっとりタイプを購入し、以下の3点を検証しました!


検証①:洗浄力

検証②:洗浄後の肌水分量

検証③:成分


洗顔 フォーム しっとりタイプとあわせて、売れ筋の乾燥肌向け洗顔料全45商品も実際に使って比較しています。他商品を含めたレビュー結果は以下の記事を参考にしてみてくださいね!

検証①:洗浄力

検証①:洗浄力

それでは、洗浄力の検証をしていきましょう!


スライドガラスに塗った人工皮脂に、洗顔 フォーム しっとりタイプを乗せて20秒ほど馴染ませ、ぬるま湯で洗い落とし、洗顔料を馴染ませる前と後で、どれくらい変化があったかを確認して洗浄力を評価していきますよ。

洗浄力はかなり低めで、汚れ・皮脂が落としにくい

洗浄力はかなり低めで、汚れ・皮脂が落としにくい

人工皮脂は全く落ちず、最低評価に。いくら乾燥肌の人であっても、この洗浄力では無駄な皮脂も洗い流せそうにありません。


皮脂や汚れの洗い残しは、ニキビや肌荒れに繋がってしまうこともあります。また、よく落とそうと強く擦ってしまうと肌を痛めたり、たるみの原因にもなってしまうので避けたいところです。


汚れや皮脂をさっぱり落としきるのではなく、皮脂や汚れがそれほど気にならないけど洗顔でリフレッシュしたい程度の使用に向いている控えめな洗浄力という結果になりました。

検証②:洗浄後の肌水分量

検証②:洗浄後の肌水分量

次に検証するのは、洗浄後の肌水分量です。コルネオメーターという機械を使用し、洗顔料を塗布前の肌の水分量と、洗顔料を20秒ほど馴染ませ洗い流して5分放置した後の水分量を計測・評価します。


潤いの有無に関して、口コミではど賛否が分かれている意見が見られました。洗顔 フォーム しっとりタイプの控えめな洗浄力なら水分量には期待できそうですが、実際はどうでしょうか?

肌水分も最低量で残念な結果に…

肌水分も最低量で残念な結果に…

洗浄後の肌水分量も洗浄力と同様に最低レベルとなってしまいました。無駄な皮脂は洗い流せないにもかかわらず、必要な水分は奪ってしまうという、洗顔フォームとしてはかなり残念な評価です。


しっとりタイプと謳われている商品ですが、全くしっとりしてくれないのはマイナスポイントです。洗顔 フォーム しっとりタイプを使用したあとは、しっかりとした保湿ケアが必須となります。

検証③:成分

検証③:成分

最後は成分を検証しています。化粧品の成分に詳しい元化粧品系研究開発者が、「洗浄」の役割を果たす界面活性剤の種類と保湿剤のバランスをチェック洗浄剤の種類・保湿剤・添加物の総合的なバランスを見て評価していきますよ。


界面活性剤の配合量や、組み合わせによっても皮膚刺激には差があります。評価が低いから危険・使ってはいけないというわけではありませんので、ご自身のお肌に合うか参考にしてみてくださいね。

無添加の成分もあるが保湿剤が少なめで、肌への優しさはギリギリ合格ライン

無添加の成分もあるが保湿剤が少なめで、肌への優しさはギリギリ合格ライン

無香料・無着色・ノンアルコールは嬉しいポイントですが、保湿剤が少ない印象です。この保湿剤の少なさが、洗顔後の肌水分量の少なさに繋がっているかもしれません。総合的に見てみても、成分のバランスはギリギリ合格ラインという結果になりました。


保湿剤が少なめなので、やはり洗顔後は保湿のスキンケアが必要です。肌に油分が残り水分が洗い流されてしまっているので、たっぷりの化粧水で水分を補給し、最後にクリームやオイルで蓋をするようにしましょう!

【レビュー結果】洗浄力の低さと保湿力の少なさで乾燥肌向け洗顔料45商品中43位に

【レビュー結果】洗浄力の低さと保湿力の少なさで乾燥肌向け洗顔料45商品中43位に

乾燥肌向け洗顔料45商品を全て検証した結果、洗顔 フォーム しっとりタイプは43位と残念な順位になりました。しっとりタイプの商品ですが、低い洗浄力と洗浄後の肌水分量の少なさは、洗顔料を選ぶ際にはデメリットになってしまいそうです。


クレンジング後のW洗顔時など、強い洗浄力の洗顔料を避けたい方には洗顔 フォーム しっとりタイプの控えめな洗浄力は逆にメリットになるかもしれません。


またちふれでは、公式ホームページにて商品の全成分と成分の配合分量を0.01%単位で細かく公表しています。敏感肌・乾燥肌で、避けたい成分がある人などは事前に確認できるので安心ですよ。

洗顔 フォーム しっとりタイプの使い方

洗顔 フォーム しっとりタイプの使い方

まずは洗顔 フォーム しっとりタイプを2㎝ほど手に取り、様子を見ながら少しずつ水を加え、クリーム状のきめ細かい泡になるまでよく泡立てます。最初から水を多く入れてしまうと、泡立ちが悪くなるので要注意です。


しかりと泡立てたら、泡でよごれを吸着させるイメージで優しく洗うのがコツです。肌を痛める原因となるので、ゴシゴシと洗うのは避けましょう。しっかり洗えたら、石鹸分が肌にのこらないようしっかりと水で洗い流してください。

泡立てが苦手な人・時短したい人には「泡洗顔」もおすすめ

ちふれの洗顔フォームには、もっちりとした弾力泡がそのまま出てくる「泡洗顔」という商品もあります。洗顔の際には、汚れや皮脂を落としやすくする・お肌にダメージを与えないためにも、たっぷりの泡で優しく洗うことが大切です。


泡立てるのが苦手な人・洗顔を手間なくすませたい人・時短したい人には、ワンプッシュで簡単に泡が出てきてすぐに洗顔できるのでおすすめですよ。

まとめ

今回は、洗顔 フォーム しっとりタイプを実際に購入して、乾燥肌の方が洗顔する際に気になるポイントを徹底検証していきました。控えめな洗浄力は、強い洗浄力を避けたいシーンで活躍してくれそうです。


また、保湿力の低さもスキンケアで補うことができますよ。何より、ちふれは公式サイトにて成分をすべて公開しているので、安全性も抜群です。コスパの良い洗顔料をお探しの方は、一度試してみてくださいね!

洗顔 フォーム しっとり タイプ

ちふれ化粧品洗顔 フォーム しっとり タイプ

489円 (税込) / 1商品あたり

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ