RMK モイストクレンジングバームの悪い口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー
RMK モイスト クレンジングバーム
RMK | モイスト クレンジングバーム
2,810円(税込)

RMK モイストクレンジングバームの悪い口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

RMK モイストクレンジングバームを実際に購入して、徹底的に検証しました!

半固形状のバームが肌に溶け出してメイクを落とす「RMK モイストクレンジングバーム」。複数の美容オイル配合で、洗い上がりのしっとり感が人気を集めていますが、一方で「メイク落ちが悪い」「ヌルヌルして不快」といったネガティブな口コミも見受けられました。


そこで今回は、口コミの真偽を検証するべく、RMK モイストクレンジングバームを購入!実際に使用して、汚れ落ちや使用感を徹底的に検証しました。ぜひ、購入の際の参考にしてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年04月23日
目次

RMK モイストクレンジングバームとは?

RMK モイストクレンジングバームとは?

RMK モイストクレンジングバームは、美容オイルを豊富に配合したクレンジングバームです。最初は固形状で、肌にのせると体温でオイル状になるテクスチャーが特徴。肌になじませやすく、とろとろとした感触が気持ち良いと評判です。


また、シアバターやアボカドオイルといった保湿成分を複数配合しており、スキンケア感覚で贅沢にクレンジングができますよ。デパコスということもあってか、ピンク色のパッケージも可愛らしく、持っているだけでテンションが上がるのも魅力です!

RMK モイストクレンジングバームの使い方

RMK モイストクレンジングバームの使い方

RMK モイストクレンジングバームは、ジャータイプの容器で、バームを取り出す際には付属のスパチュラを使います。詳しい使い方は以下を参考にしてくださいね。


使い方

  1. 乾いた手にスパチュラでマスカット粒大をとり、オイル状になるまでメイクとよくなじませる
  2. 手を濡らして、バームを乳化させる
  3. ぬるま湯で洗い流す

使い方はいたってシンプルですが、洗い流す前の乳化がポイントです。乳化することによって、本来ならばなじまない水とオイルがなじみ、洗い流しやすくなります。


また手が濡れた状態だと、メイク汚れになじまず洗浄力が落ちてしまう可能性があるので、必ず乾いた手でクレンジングしてくださいね。

毛穴ケアにおすすめの使い方

毛穴ケアにおすすめの使い方

毛穴汚れのケアをしたい場合は以下の使い方がおすすめです!


毛穴ケアにおすすめの使い方

  1. クレンジングバームを乾いた手のひらに取り出す
  2. 毛穴汚れやザラつきが気になる部分に塗り、綿棒で優しくマッサージする
  3. 乾いたコットンで軽く拭き取る
  4. ぬるま湯で洗い流す

※RMKの公式サイトでは、片側にクレンジングローションを含ませた「RMKコットン」を使用しています。持ち合わせのない場合は、市販のコットンや綿棒で代用しましょう。

マツエク対応の記載はないので使用は避けて

マツエク対応の記載はないので使用は避けて

クレンジングバームの中には、マツエク対応の商品もありますよね!しかし、RMK モイストクレンジングバームは残念ながらマツエク対応の記載はありません。マツエクの接着剤(グルー)は油分に弱いため、主成分がオイルのクレンジングバームは避けるのが無難。


口コミを見るとマツエクにも使えたという方もいますが、長持ちさせたいのであればオイルフリーのクレンジングを選ぶようにしましょう。

RMK モイストクレンジングバームの悪い口コミ・評判まとめ

インタネット上の口コミでは「潤うのにメイク落ちも良い」「ローズの香りで癒される」など賞賛のレビューが多いRMK モイストクレンジングバーム。


しかし中には、使うのをためらってしまうようなネガティブな口コミも見受けられました。そこで検証の前に、編集部で確認した口コミの中で言及が多かったものから順にご紹介していきます!

【汚れ落ちに対する口コミ】ナチュラルメイクは落とせるけど、濃いメイクは落ちない

【汚れ落ちに対する口コミ】ナチュラルメイクは落とせるけど、濃いメイクは落ちない

悪い口コミの中で1番多かったのは、メイクや毛穴などの汚れ落ちに関する口コミです。


公式の商品説明では、「落ちにくいメイクや肌の汚れもしっかりと落とす」と記載されていますが、実際に使ってみると期待していた洗浄力がないと残念がる声もありました。

思ったよりクレンジング力はイマイチ!これだけではアイメイクはきれいに落ちません…。
濃いめのアイメイクが落ちず、汚れが周りに伸びて残ってしまった。
クレンジングしているはずなのに、頬の毛穴が詰まって角栓が増えていく…。

【使用感に対する口コミ】洗い流してもヌルヌルして気持ち悪い!きつすぎる香料も苦手…

【使用感に対する口コミ】洗い流してもヌルヌルして気持ち悪い!きつすぎる香料も苦手…

次に多かったのは、洗い上がりや香りなど使用感に関する口コミです。


美容オイルが複数配合され、香りにもこだわられているRMK モイストクレンジングバーム。使用感に満足する方も多いと思いきや、不満を抱く口コミも多数確認できました。

洗い上がりがヌメヌメして、気持ちが悪い!お風呂の床までべとべとになる…。クレンジングに求める仕上がりではありませんでした。
ローズの香りがきつい。鼻がいいので余計に鼻に付いて苦手…。

【肌トラブルに対する口コミ】使用するたびにニキビが増えてしまう

【肌トラブルに対する口コミ】使用するたびにニキビが増えてしまう

肌トラブルに関する口コミも少なからず見受けられました。メイクが落ちたとしても、ニキビや肌荒れなどのトラブルがおきてしまうと意味がありません…。

これを使ってしばらくすると、顎のあたりプツプツができた。
油分が残りすぎるのか、使用後ニキビが増えてしまいました。私には合いません!

【成分に対する口コミ】肌が弱いのでどんな成分が配合されているのか不安…

【成分に対する口コミ】肌が弱いのでどんな成分が配合されているのか不安…

問題なく使えている方もいれば、成分に対して不安視する口コミも確認できました。


毎日使うクレンジングだからこそ、配合されている成分は気になりますよね。特に肌の弱い方だったらなおさらです。

普段から無添加処方のクレンジングを使っていますが、肌が弱くても使えるのでしょうか…?

RMK モイストクレンジングバームを実際に使用して検証レビュー

RMK モイストクレンジングバームを実際に使用して検証レビュー

汚れ落ちや使用感など悪い口コミを調査しましたが、1番気になるのは実際に使ってみた評価ですよね!


そこで今回は、RMK モイストクレンジングバームを実際に購入し、乾燥肌かつ敏感肌なmybestスタッフが以下の4点を徹底的に検証しました。


検証①:汚れ落ち

検証②:使用感

検証③:肌トラブル

検証④:成分

検証①:汚れ落ち

最初に行ったのは、汚れ落ちの検証です。濃いメイクでもしっかり落とせるのか、以下のアイテムを使ってチェックしていきます。


使用するメイクアイテム

  • ウォータープルーフマスカラ
  • ラメ入りアイシャドウ
  • ウォータープルーフアイライナー
  • リップティント
  • リキッドファンデシーション

マスカラもアイライナーもすっきり落ちきらない

マスカラもアイライナーもすっきり落ちきらない

メイク落ちに不満を漏らす口コミが多数ありましたが、確かにポイントメイクの落ちは良いとはいえません!アイシャドウやファンデーションは落ちたものの、ウォータープルーフアイテムは残っているのがわかります。


メイクを残さないためにも、濃い目元はアイメイクリムーバーを併用するのがベター。ただし、普段からナチュラルメイクの場合はRMK モイストクレンジングバーム1つで十分です!

毛穴汚れは目立った変化なし

毛穴汚れは目立った変化なし

毛穴ケアに関してネガティブな口コミも多かったですが、可もなく不可もなくといった印象。すっきりとした感覚はあるものの、特に見た目の変化は感じられません。


ただ、肌のザラつきはなくなっていて、古い角質を除去する効果は期待できると思いました!毛穴汚れも使い続けていくうちに、きれいになっていくかもしれませんね。

検証②:使用感

次に行うのは、使用感の検証です。洗い上がりや香りなどに不快感がないかをチェックしていきます!

洗い上がりはしっとり!ぬるつきは気にならない

洗い上がりはしっとり!ぬるつきは気にならない

洗い上がりに対して気になる口コミも多いのとは裏腹に、実際に使ってみると、ヌルつきも感じずしっとりとした洗い上がりになります!ただし、洗い流す前にしっかり乳化しないと、ヌルつきがとれないので注意。


W洗顔の有無は記載されてませんが、油膜感やヌルつきが気になる方はW洗顔することをおすすすめします。

ローズの香りは好みが分かれる

ローズの香りは好みが分かれる

公式サイトでは「ふんわりと香る」と記載されているRMK モイストクレンジングバーム。しかし、実際に使ってみると、香りはかなり強いです。特に毛穴ケアをするときは、ツンと頭が痛くなるほど香ります。


ローズの香りが好きな方は気にいると思いますが、香りに敏感な方は好みが分かれそうです。

検証③:肌トラブル

次に、使用前後で肌トラブルがでないかを検証していきます。

トラブルがおこるどころか肌のコンディションが整った

トラブルがおこるどころか肌のコンディションが整った

使用直後も翌日も、ニキビや痒みといった肌トラブルは出ていません。むしろ、翌日の化粧ノリがよくなっていることに驚きです!


古い角質が除去されたおかげか、ファンデーションを塗ってもゴワゴワせずに1日中過ごせました。

検証④:成分

最後に行ったのは、配合されている成分の検証。肌の弱い方でも使いやすいか厳しくチェックしていきます!

メインの油性成分はパルミチン酸エチルヘキシル

メインの油性成分はパルミチン酸エチルヘキシル

RMK モイストクレンジングバームのメインとなる油性成分はエステル系オイルの「パルミチン酸エチルヘキシル」。エステル系オイルは洗浄力が高いのが特徴です。また、肌感触がよく、なじませやすいというメリットも!


しかし、洗浄力が高い分脱脂力も高くなる傾向にあるため、クレンジング後の保湿は時間をおかずにすぐに行うのがおすすめです。

乾燥肌に嬉しい!6種類の保湿成分を配合

乾燥肌に嬉しい!6種類の保湿成分を配合

エモリエント効果のある保湿成分が6種類も配合されている、RMK モイストクレンジングバーム。肌が乾燥するのを防いでうるおいを保持し、肌を柔らげてくれます。


メイクを落とすだけでなく、肌の潤いを閉じ込めてくれるのは嬉しいポイントです!


6種類の保湿成分

  • シアバター
  • マンゴー種子バター
  • アボカドオイル
  • カニナバラ果実油
  • サトウキビ由来スクワラン
  • オリーブオイル

【結論】潤わせながら落とす!保湿力重視のナチュラルメイクの方におすすめ

【結論】潤わせながら落とす!保湿力重視のナチュラルメイクの方におすすめ

RMK モイストクレンジングバームを使うと、しっとりと肌を潤わせながらのクレンジングが可能!トロトロとして肌なじみがよく、肌に摩擦をかけることないのも注目ポイントです。


ウォータープルーフなどの濃いメイクは残ってしまったものの、ナチュラルメイクなら十分落ちる洗浄力を持ち合わせています。毛穴汚れは1回の使用では効果を感じられませんでしたが、肌のザラつきやゴワつきは軽減!もし毛穴ケアに使うなら、継続して使っていきたいと思えるクレンジングバームです!

人気のクレンジングバーム21商品を比較検証した結果、RMK モイストクレンジングバームは4位に!

人気のクレンジングバーム21商品を比較検証した結果、RMK モイストクレンジングバームは4位に!

以下の記事では、RMK モイストクレンジングバームを含む人気のクレンジングバーム21商品を全て購入し、洗浄力・保湿力・成分の3項目を徹底比較しています。


検証の結果、RMK モイストクレンジングバームは見事4位にランクイン!検証の詳細やほかのクレンジングバームが気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回はRMK モイストクレンジングバームを徹底的に検証しました。


洗浄力は強くないものの、保湿力に優れているしっとりとしたクレンジングバームでした。乾燥が気になる季節には活躍してくれそうですね!マイナスポイントはきつい香りですが、好みの問題が大きいので様子をみながら使うのがベストでしょう。


文/写真:佐々木 里緒

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ