Eleaf iStick Trim with GSTurbo
Eleaf
iStick Trim with GSTurbo
3,980

iStick Trimの悪い口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

iStick Trimを実際に購入して、徹底的に検証しました!

「ボックスタイプなのにスタイリッシュでかっこいい!」「吸い応えも良く、煙量も満足」と多くのVAPEファンを虜にしている「iStick Trim(アイスティック トリム)」。使い勝手のいいモデルとして、VAPE初心者~中級者を中心に人気を集めていますが、「うまく吸えない」「リキッドの液が口に入ってくる」などネガティブな口コミも見受けられます。


そこで今回は、口コミの真偽を確かめるべくiStick Trimを実際に購入し、mybest編集部で実際に使用して本体の使用感や吸い応えを徹底的に検証!併せて、本体の操作方法やアトマイザーのお手入れ法の紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年04月04日
目次

iStick Trimとは?

iStick Trimとは?

iStick Trimは、ニコチン・タールを含まないリキッドの蒸気を吸引する電子タバコ(VAPE)です。電子タバコブランドのEleaf(イーリーフ)が展開するVAPEで、コンパクトなサイズ感と操作性・携帯性を兼ね備えたモデルとして販売されています。


本体のサイズは、縦126mm×横35mm×幅15mmのスリムボディ。重さは96.7gで軽さが際立ちます。1800mAhのバッテリーはすでに内臓されているため、別途購入の必要はありません。

iStick Trimとは?
展開されているカラーはシルバーの他、グリーン・ブラック・レッド・ローズゴールドの計5色。中でもシルバーとブラックは、シーン問わず使用できる、と好評です。

本体のデザインは薄くてエレガント。アトマイザー下部にエアフローが付いているため、自分好みの吸い心地を追求する楽しさが体感できる点も魅力です。

スターターキット付属のパーツ

スターターキット付属のパーツ
スターターキットには、以下のパーツが付属しています。

  • iStick Trim本体
  • GSTurbo アトマイザー
  • プリメイドコイル GS Air 0.75ohm Coil(Pre-installed)
  • プリメイドコイル GS Air 1.5ohm Coil
  • USBケーブル(2A対応)
  • ユーザーマニュアル2部
  • アトマイザー予備パーツ

それぞれ部品を確認してみましょう。

スターターキット付属のパーツ
本体上部には、吸引口とアトマイザーが接続されています。液晶画面には、バッテリーとパワーが表示される仕様です。側面には、電源ボタンとUSBコネクタがあり、下部には安全性を考慮した「ベントホール」と呼ばれるガスを逃がす穴が確認できます。

iStick Trimの使用方法

iStick Trimの使用方法

電源のオン/オフはボタンを連続5回押しします。パワーを変更したいときは、連続3回ボタンを押して調節。吸引する際は、電源ボタンを押しながら蒸気を吸い込みます。


パワーは、L:Low・M:Mid・H:Highで設定可能です。出力ワットはLow:5w~High:22wとなります。ややこしい操作ではないので、初心者でも簡単に使いこなせるでしょう。

アトマイザーの取り付けとリキッドの注入方法

アトマイザーの取り付けとリキッドの注入方法

リキッドを注入するタンクをアトマイザーと呼びます。まずはスターターキット付属の吸引部品・コイル・タンク・エアフローを本体に接続。その後、本体にアトマイザーをクルクルとねじ込んでしっかりと固定します。


VAPEはコイルに染み込んだリキッドが加熱されて蒸気となる構造なので、コイルは忘れずにセッティングしましょう!

アトマイザーの取り付けとリキッドの注入方法
リキッドを注入する際は、タンクを逆さにした状態から入れます。中心部分は直接吸引口につながっているため、ガラス部分につたわせるようにリキッドを注ぐことがポイントです。注入したら本体に取り付けて、しっかりと固定しましょう。

iStick Trimの悪い口コミ・評判まとめ

インターネット上の口コミで「初心者でも簡単に使える」「想像以上の煙量がいい!」と評判を得ているiStick Trim。


しかし必ずしも良い口コミだけでなく、中には購入を躊躇してしまうような悪い口コミも存在します。そこで検証の前に、まずは気になる口コミをチェック。以下、編集部で確認できたレビューの中で言及が多かったものから順にご紹介します!

【リキッド漏れに対する口コミ】液漏れが激しい!エアフローからもリキッドが漏れる!

【リキッド漏れに対する口コミ】液漏れが激しい!エアフローからもリキッドが漏れる!
最も多く見受けられたのは、リキッド漏れに対するネガティブな口コミでした。リキッドの蒸気を味わいたいのに、リキッドそのものが口に入ってきたら不快でしかありませんよね。

インターネット上の口コミでは、ひどいリキッド漏れに落胆するユーザーの声が確認できました。

アトマイザーにリキッドを半分ほど注入したら、リキッドがそのまま口に入ってきました。
エアフロー部分からリキッド液が漏れてきます!手がベタついてしまうので気軽に吸えません。

【使用感に対する口コミ】起動しているのに全然吸えない!購入したばっかりなのにもう故障?

【使用感に対する口コミ】起動しているのに全然吸えない!購入したばっかりなのにもう故障?
次に確認できたのは、使用感に対する悪い口コミでした。「簡単に吸引できて便利!」と絶賛する声が多い中、実際の使用感に対して期待ハズレ感が否めないレビューが目立ちます。
電源ボタンを押しながら吸引しているのに、蒸気が出てこない…。楽しみにしていたのに残念です。
リキッドがバチバチ音するだけで、一向に蒸気が出てきません。

【吸い心地に対する口コミ】スピッドバックが激しい!怖くて吸引できない

【吸い心地に対する口コミ】スピッドバックが激しい!怖くて吸引できない
多少ではあるものの、吸い心地に対する残念な口コミも見受けられました。パワー調節で好みのキック感に変えられる、と評価を得ている分、熱いリキッドが跳ね返るスピッドバックが起きると怖くて吸引を躊躇してしまいますよね。
アトマイザーにリキッドを半分ほど入れたら、液漏れが生じてスピッドバックが起きました!怖くて吸引できないです…。

iStick Trimを実際に使用して検証レビュー

iStick Trimを実際に使用して検証レビュー
本体の使用感や吸い心地に対して寄せられる意見はさまざまですが、やはり気になるのは実際の評価ではないでしょうか?

そこで今回は、iStick Trimを実際に購入して、mybest編集部のスタッフ5名で使用!以下の3点を徹底的に検証しました。

検証①:使用感

検証②:リキッドの漏れ具合

検証③:吸い心地

検証①:使用感

まずは、本体の使用感について検証します。きちんと本体が起動するか、リキッドの蒸気がしっかり出るかに着目してその使用感を確認します!

正常に起動!リキッドもしっかり出て、パワー調節も問題なし

正常に起動!リキッドもしっかり出て、パワー調節も問題なし
「起動しても一向に蒸気が出てこない!」との口コミがあったため実際に使用したところ、本体の使用感は全く問題ありませんでした!5回連続タップできちんと起動して3回タップでパワー調節し、蒸気を吐き出した際には煙がしっかりと出ます。

ただ、エアフローを閉めた状態で電源ボタンを長押ししたところ、3秒ほど経ってから蒸気が発生しました。反対にエアフロー全開状態で吸引したらすぐに蒸気が吸えたので、吸引できないと感じたらエアフローを調節するのもひとつの手です。

検証②:リキッドの漏れ具合

次に、リキッドの漏れ具合に関して検証しました。実際に使用して、リキッドがどの程度漏れるのかを確認。また、持ち歩くことを想定し、バッグに入れて持ち運ぶ際にリキッド漏れるのかも併せて検証しました!

エアフローから若干リキッドが漏れるものの、手がベタつくほどではない!

エアフローから若干リキッドが漏れるものの、手がベタつくほどではない!
口コミ通り、エアフローからリキッド液が漏れてきましたが、若干漏れる程度で特にベタつきは感じられませんでした。リキッドがそのまま口に入ってくることもなかったです。

カバンに入れて持ち歩いたところ、こちらもリキッドが漏れることなく持ち運べました。万が一に備えて、専用のケースに入れておくとより安心です。


エアフローからリキッド液が漏れてしまう場合は、エアフローを完全に閉めることで液が漏れなくなります。吸引中はエアフローを調節しつつ、使用していなときはエアフローを閉めるなど、工夫して使えば問題ありません!

検証③:吸い心地

最後は、吸い心地の検証です!蒸気や吸引口が熱くならないか、スピッドバックが起きないかに焦点を当てて確かめてみました。

蒸気はやや熱い程度で、スピッドバックはなし!

蒸気はやや熱い程度で、スピッドバックはなし!

「スピッドバックが起きる」という口コミの真偽を確かめるため、Low・Midモードで蒸気を吸引。はじめはやや蒸気が熱く感じられましたが、ほんのり熱い程度だったので特に気になりませんでした。


電源ボタンを長押ししたときにリキッドが弾ける音がしたため、スピッドバックが起きると思いきや、すんなり吸引できたのでこちらも問題なかったです。


しかし、Highモードで吸引した際に、若干ではありますがスピッドバックが起きました。ワット数が上がるとスピッドバックが起こりやすいと言えます。スピッドバックが起きないようにするには、電源ボタンを長押しする前に吸引口をくわえておくことがポイントです!

【結論】外出先で気軽に吸いたい人におすすめ!簡単に吸い心地も調節できるからVAPE初心者~中級者にも◎!

【結論】外出先で気軽に吸いたい人におすすめ!簡単に吸い心地も調節できるからVAPE初心者~中級者にも◎!

実際に、口コミ通りリキッド漏れやスピッドバックが起きましたが、使用していないときはエアフローを閉める、吸引する際はあらかじめ吸引口をくわえておく、など工夫することで問題なく使用できます。


サイズもコンパクトなので、携帯性も抜群。小さいボディにも関わらずしっかりと煙が出るのも魅力です。お値段も3,500円(税込)とリーズナブル。スターターキットは、Amazonや楽天の他、vape sudioの店舗でも購入できます。店舗では試し吸いができるので、気になる人は一度足を運んでみるのもいいですね。


ボックスタイプのVAPEは操作が難しいといわれていますが、iStick Trimは電源ボタンひとつですべての操作ができるので初心者向きのVAPEと言えます。これからVAPEにチャレンジする人や、携帯性に優れているVAPEの購入を検討している人にもおすすめです!

アトマイザーのお手入れ方法

アトマイザーは、長く使用すればするほどリキッドの汚れが付着します。そのため、定期的にお手入れすることが不可欠です。お手入れ方法を以下で詳しく見ていきましょう!

お手入れは週1回程度でOK!ティッシュや綿棒で水滴をふき取るのも必須

お手入れは週1回程度でOK!ティッシュや綿棒で水滴をふき取るのも必須

VAPEの使用頻度にもよりますが、毎日VAPINGする場合アトマイザーの洗浄頻度目安は週1回程度。ぬるま湯でアトマイザーを洗うことがポイントです。リキッドの味をスイート系からメンソール系に変えたい、という場合もアトマイザーを洗って前回のリキッドを落とします。


洗浄方法は、まず本体からアトマイザーを外し、アトマイザーに使用しているコイルや吸引口などの部品をすべて取ります。コイル以外のパーツを洗ったら、完全に乾かし再度組み立てて完了です。ティッシュや綿棒を使って細部の水滴も拭き取ることも必須です。

リキッドが焦げたような味わいになったら、コイルを交換しよう!

リキッドが焦げたような味わいになったら、コイルを交換しよう!
アトマイザーに使用するコイルは消耗品のため、都度交換が必要です。コイルの交換頻度もVAPINGの度合いによりますが、煙量が多いVAPEを使用する場合は約週1回で交換した方がよいでしょう。

交換の目安は、煙の量が明らかに減る・リキッドの味が焦げっぽい・リキッドの色がはじめより濃くなるなどの症状が表れたときです。コイルのウィックが焦げているときは、1週間に満たなくてもすぐに交換しましょう。


新しいコイルは付属のスペアを使用、もしくは別途コイルのみAmazon・楽天などのオンラインストアやvape studioで購入できます。

人気の電子タバコ38商品を比較検証した結果、iStick Trimは19位という結果に!

人気の電子タバコ38商品を比較検証した結果、iStick Trimは19位という結果に!

以下の記事では、iStick Trimを含む人気の電子タバコ38商品を全て購入し、使い勝手・お手入れのしやすさ・煙量の項目で徹底比較しています。検証の結果、iStick Trimは19位にランクイン!


リキッドの漏れが気になったため総合評価はやや低いものの、初心者~中級者にはぜひ手にとってもらいたい商品です。検証の詳細や、他の電子タバコが気になる方は、是非あわせてチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回はiStick Trimを徹底的に検証しました。

リキッド漏れやスピッドバックが起きるなど、惜しい部分が見受けられたものの、操作性や携帯性、十分な吸い応えが体感できます!iStick Trimの購入の際に、ぜひ参考にしてくださいね!


文:大西望美 写真:鈴木華穂

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ