1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. 日焼け止め・UVケア
  6. >
  7. コパトーン タンニング ウォーター SPF2の口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー
大正製薬 コパトーン タンニング ウォーター SPF2
大正製薬
コパトーン タンニング ウォーター SPF2
1,034円(税込)

コパトーン タンニング ウォーター SPF2の口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

コパトーン タンニング ウォーター SPF2を実際に購入して、徹底的に比較検証しました!

肌を守りながら、濃い日焼け肌を目指す方に人気の日焼け用スプレー「コパトーン タンニング ウォータ SPF2」 。インターネット上でも満足度の高い口コミが多い一方、「あまり効果がない」「汗や水ですぐ落ちる」などの不満の声もあり、購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、コパトーン タンニング ウォーター SPF2を実際に使って、仕上がり・べたつきにくさ・撥水性を比較検証レビューしました。あわせて日焼け後のケアアイテムについてもご紹介しますので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年01月20日
目次

コパトーン タンニング ウォーター SPF2とは?

コパトーン タンニング ウォーター SPF2とは?

日焼け止めでよく知られる代表的なUVケアブランド「コパトーン」。同ブランドが販売するコパトーン タンニング ウォーターは、炎症を引き起こす紫外線のみをカットし、肌を守りながら健康的な小麦肌を目指せる日焼け用化粧水です。


好みの焼き具合に応じて、明るい小麦肌用のSPF4と濃い日焼け肌用のSPF2の2種から選べるのも魅力。ウォーターベースのテクスチャーはベタつかずさらりとしたつけ心地で、ほんのりココナッツの香りを楽しむことができます!


ひとふきで広範囲をカバーできる霧状スプレータイプは、使いやすく嬉しいポイントですね。保湿成分としてアロエ・キャロット配合しており、日焼けによる肌乾燥を防ぎながら小麦肌を目指せますよ。

コパトーン タンニング ウォーター SPF2を実際に使用して検証レビュ ー!

コパトーン タンニング ウォーター SPF2を実際に使用して検証レビュ ー!

仕上がりや使いやすさで良い口コミも多いコパトーン タンニング ウォーター SPF2ですが、一方で、「効果があまりない」「汗や水ですぐ落ちる」といった不満の口コミも見受けられ、実際はどうなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、コパトーン タンニング ウォーター SPF2を実際に購入して、以下の3点について検証してみました。


検証①:仕上がり

検証②:べたつきにくさ

検証③:撥水性


コパトーン タンニング ウォーター を含め、売れ筋の人気サンオイル全14商品を使って、実際に比較検証しています。他のサンオイル商品の検証結果が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

検証①:仕上がり

検証①:仕上がり

まずは最重要ポイントである仕上がりを検証します。


男性社員に、実際に日焼けサロンで肌を焼いてきてもらいました!まず、それぞれの塗った箇所を明確にするため、あらかじめサージカルテープを貼って枠をつくります。そして、日焼けマシンへ入る前にコパトーン タンニング ウォーター SPF2を塗布してもらい、肌の状態が落ち着いてから仕上がりをチェックしました。

SPF4より少し薄めの茶!SPF4との違い分からず…

SPF4より少し薄めの茶!SPF4との違い分からず…

濃い日焼け肌用のSPF2なので、SPF4より茶色になるかと思いきや、逆に少し薄いという結果に!検証では、SPF2とSPF4で仕上がりの違いはあまりありませんでした。肌質やコンディションによって多少違いはあるかもしれませんが、残念ながら小麦肌とは程遠い仕上がりになってしまいました。


肌質がもともと健康色の方やこんがり焼きたい方だと、効果が分かりにくく物足りなさを感じるでしょう。初心者の方や肌が明るい方が少しずつ小麦肌に近づいていくには、おすすめですよ。

検証②:べたつきにくさ

検証②:べたつきにくさ

次に、べたつきにくさを比較します。海辺での使用シーンも多いので、その際に砂が付着してしまうのは避けたいものです。手の甲にサンオイルを塗り、上からサンゴ砂をかけました。手を軽く振り払ってから残った砂の量を見て、べたつきにくさを検証してみます。

乾かせばベタつかない!SPF4より少し砂残りが多い

乾かせばベタつかない!SPF4より少し砂残りが多い

乾けばベタつかないという結果に。塗った直後は結構ベタつきがあるので、なじませるのが重要です。ほぼSPF2タイプと同様の結果でしたが、砂の付き具合はSPF4より若干多めでベタつきを感じました。


馴染ませる手間は必要なものの、高い速乾性で使いやすく、乾いた後はサラっとした使用感を確認できました。一点、揮発性が高いので急激な肌の乾燥が懸念されますが、ひどい乾燥肌でなければ問題なく快適に過ごすことが出来ますよ!

検証③:撥水性

検証③:撥水性

最後は撥水性の検証です。アウトドアやビーチなど汗をよくかくシーンで使うことが多いサンオイルですが、塗った後に汗や水ですぐ流れてしまっては全く意味がありません。


コパトーン タンニング ウォーター SPF2をなじませた手の甲に、馬油とぬるま湯を混ぜて皮脂に見立てた疑似汗を吹きかけ、どれくらいはじくかを検証しました。

撥水性は及第点程度!PF4と同じく、若干はじくが粒にはならず…

撥水性は及第点程度!PF4と同じく、若干はじくが粒にはならず…

撥水性は、こちらもSPF4と同様で、若干はじいてはいるものの粒にはならないといったイマイチの結果に…。安心感が得られるほどの撥水性はないものの、及第点はクリアしているといったところです。


全くはじかない訳ではありませんが、レジャーやスポーツを全力で楽しむシーンで使用するには若干不安が残ります。こまめに塗布しなおせば、一定の効果を維持することが可能ですよ!

【レビュー結果】売れ筋の人気サンオイル全14商品中7位!小麦肌は目指せないけど、日焼けし始めの方にはおすすめ

【レビュー結果】売れ筋の人気サンオイル全14商品中7位!小麦肌は目指せないけど、日焼けし始めの方にはおすすめ

コパトーン タンニング ウォーター SPF2は、売れ筋の人気サンオイル全14商品中7位というイマイチの結果に。さらりとした快適なつけ心地や、最低限の撥水性があるところはSPF4と変わりません。ただ、仕上がりはSPF4よりもわずかに薄い茶色になるという予想外の結果となりました。


SPF2とSPF4で仕上がりにあまり差がないため、特に初心者の方へは、肌への紫外線ダメージを軽減できるSPF4の方がおすすめです。肌質やコンディションによって差があるのかもしれませんね。


いずれにせよ、仕上がりはうっすらと茶色になる程度。小麦肌とは程遠く、口コミの「あまり効果がない」といった不満の声を否定するのが難しい結果となってしまいました。SPF4と同様、日焼けが久しぶりの方や初心者の方が少しずつ焼いていくにはおすすめですよ!

日焼け後のケアにおすすめ!コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル

日焼け後の肌は、乾燥していてとてもデリケート。日焼け後は肌を清潔に保ち、素早く保湿を行いましょう。アフターサンケアには、コパトーン アフターサン オイルフリー ジェルがおすすめです!


オイルフリーでベトつかず快適なつけ心地に、メントールのスーッとした使用感で日焼け後のほてりを気持ちよくしずめてくれます。アロエベラ液汁配合で、デリケートになっている肌にも保湿効果が期待できるのが嬉しいですね!身体はもちろん顔にも使用でき、無香料なのも使いやすいポイントです。



まとめ

今回は、コパトーン タンニング ウォーター SPF2を比較検証レビューしました。


小麦肌とは言い難い結果となりましたが、塗りやすさやサラっとしたつけ心地は使いやすく便利な日焼け止め用化粧水です。まだ焼きはじめの方が、無理なく徐々に焼いていくにはうってつけ!コパトーンには、オイルベースのものや乳液タイプのものもあるので、あわせてチェックしてみてくださいね。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す