1. TOP
  2. >
  3. ベビー・キッズ
  4. >
  5. ベビーチェア
  6. >
  7. トリップ トラップの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
ストッケ トリップトラップ
ストッケ
トリップトラップ
30,250円(税込)

トリップ トラップの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

トリップ トラップを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

おしゃれなデザインで、豊富な色のバリエーションもあるストッケの「トリップトラップ」。安定感が抜群、高さ調節がしやすいなどの高評価を得ている一方で、「ガタついて何度も組み立て直した」「子供が落ちそうで怖い」などの口コミもあり、購入をためらっている人もいるのではないでしょうか?


そこで今回は、口コミが本当かどうか、トリップトラップを実際に使って、使い勝手・お手入れのしやすさ・安全性を比較検証レビューしました。トリップトラップの関連商品も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月30日
目次

北欧らしいデザインがおしゃれと話題のトリップ トラップとは?

1932年にノルウェーの北西部に創立し、以来子供向けの高級製品を世界中に届けてきた「ストッケ」。今回は、そんなストッケから発売されているベビー用のハイチェア「トリップトラップ」をご紹介します!

子供の成長に合わせて長く使える多機能チェア

子供の成長に合わせて長く使える多機能チェア

座版と足のせ板は高さや奥行きが調節可能。人間工学に基づいて設計されているので、子供の体に合わせて位置を調節すれば、どの年齢の子供でも座りやすくなっています。また、耐荷重も110kgとかなり丈夫。将来は、勉強机用の椅子として使うことができますよ。


もちろん大人も座れるので、ダイニングチェアや予備の椅子として使うのもOK。子供が大きくなってからも、ベビー椅子だからといって処分に困ったり、場所をとったりする心配がありません。

インテリアとしても使えるデザインとカラーバリエーション

インテリアとしても使えるデザインとカラーバリエーション

ブナ・オーク・アッシュの3種類の木材を選ぶことができるのも、この商品の魅力です。色のバリエーションも15種類とかなり豊富落ち着いた色合いが多く、部屋に合った色を選べるのも嬉しいポイントです。


またシンプルで北欧らしさのあるデザインは、独創的なおしゃれさが◎。インテリアとしても優秀なので、部屋のトータルコーディネートにこだわっている人にぴったりです。

トリップ トラップの口コミは?

洗練されたデザインで丈夫な作りの「トリップトラップ」。しかし、中には購入を悩んでしまう不安な口コミもあります。実際にどんな口コミがあるのか、調査してみました!

口コミ①:組み立てが難しい

口コミ①:組み立てが難しい

まず最も多く寄せられていた口コミが「組み立てが難しい」という声。トリップトラップは組み立て式なので、届いたら自分で組み立てる必要があります。慣れていない人は何度作ってもガタついてしまうようで、調節が難しいといった意見が見られました。

組み立てる際に順番に少しずつネジを締めるのですが、どうしてもがたつきが出てしまい何度も何度もやり直し少し大変でした。
なんとなーく組み立てたら、ガタツキが気になって調べたところ、組み立てるときにコツがいる(下から順にねじを締める)のだそう。最初は不良品か?と思ってしまった。

口コミ②:子供が落ちそうで怖い

口コミ②:子供が落ちそうで怖い

もう1つ寄せられていたのが、安全面に対する不安の声。トリップトラップ単体では子どもが落ちてしまいそうで不安という口コミや、座面がツルツルしてクッションが置きづらいという意見もありました。

上の子は小さい2歳児ですが、ベルトなしで座らせるのは怖く、違う椅子に買い換えてトリップトラップは下の子に譲ります。
食事以上の用(勉強とか)に使うのは向かない、ツルツルしててクッションは置きづらい。

トリップ トラップを実際に使って検証レビュー!

トリップ トラップを実際に使って検証レビュー!

インターネットでは使用感について「安定感がある」「子どもが落ちそうで怖い」など様々な声が寄せられているトリップトラップ。色々な意見があるので、実際はどうなのか評価が気になりますよね?


そこで今回は、編集部で実際にトリップトラップを用意し、以下の3点について検証してみました!


検証①:使い勝手

検証②:お手入れのしやすさ

検証③:安全性


以下の記事では、トリップトラップ以外にも17種類のベビー用ハイチェアを比較しています。他の商品のレビュー結果も気になるという人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

検証①:使い勝手

まずは使い勝手を検証。編集部のスタッフが、実際に人形を使って日常的な動作を行ってトリップトラップの使いやすい点や使いにくい点をチェックしました。人形は、1歳児の平均身長である76cmのものを使っています。

そこそこ使いやすいけど安全面が不安…

そこそこ使いやすいけど安全面が不安…

バーやテーブルが無いので、乗り降ろしのしやすさは◎。ただし口コミの通り座面が浅くてツルツルしているので、落下に注意が必要です。1人で座らせるのが不安な場合は、別売のベビーガードを併用するようにしましょう。


また、ネジの長さが全て同じでわかりやすく組み立ても簡単。高さ調節も板を差し替えるだけなので楽チンです。ただ組み立ての際に背もたれとガードを同時にはめる必要があり、窪みの調節に多少コツが必要。できれば2人で組み立てるようにしましょう。

検証②:お手入れのしやすさ

次に検証したのはお手入れのしやすさです。子どもの食べこぼしを想定して、おかゆ・かぼちゃペースト・ケチャップをトリップトラップに塗布しました。その後24時間放置してウエットティッシュで拭き、どれぐらい落ちるかを検証します。

ケチャップ以外はあまり落ちない…。食べこぼしはすぐ拭き取る必要あり

ケチャップ以外はあまり落ちない…。食べこぼしはすぐ拭き取る必要あり

検証では、ケチャップはそこそこ落とせたものの、かぼちゃとおかゆはこびりついて落ちないという結果に。かぼちゃは爪でこすると落とせましたが、若干の色素沈着が見られました。


おかゆに至っては爪でこすっても落とすことはできず、かなりこびりついてしまったので注意が必要です。食べ物をこぼしてしまった際は、なるべく早く拭き取るようにしましょう。

検証③:安全性

最後に検証したのは安全性。力を加えた時にガタつきがないか、子どもが怪我をしてしまいそうな部分がないかをチェックしました。

シンプルな構造と強度に安心感がある!

シンプルな構造と強度に安心感がある!

検証では、ガタつきは全くなく強度は最高評価の5点を獲得。かなりしっかりした作りなので、活発な子供にも安心して使うことができそうです。また、構造もシンプルなので指を挟んだりする心配もありません。表面の仕上げも丁寧で、子供の肌にも優しいのも嬉しいポイントです。


ただし、単体ではベルトやバーが付いていない点は要注意。小さい子供を乗せる場合は、落下防止のためのベビーガードやベルトの併用が必要なことを覚えておきましょう。

【レビュー結果】人気ベビー用ハイチェア全17商品中13位!シンプルで頑丈!小さな子供にはベビーガード併用を

【レビュー結果】人気ベビー用ハイチェア全17商品中13位!シンプルで頑丈!小さな子供にはベビーガード併用を

検証では、おしゃれでシンプルなデザイン性と強度の良さが高評価だったものの、安全性に不安が残る結果に。順位も全17商品中13位と振るいませんでした。


とはいえ、北欧らしいおしゃれなデザインは◎。インテリアにこだわりのある方にはぴったりです。強度や安定感も高く子供が暴れても倒れにくくなっていますが、単体ではガードやベルトが付いていない点に要注意。1人で座れない子供を載せるには、別売りのベビーガードやベルトが必須です。


座面がツルツルしている分、子供が怪我をしにくいのは嬉しいポイント。しかし食べ物がこびりつきやすいので、食べこぼしはできるだけ早めに拭き取る必要があります。また組み立てもコツがいるので、なるべく2人で組み立てるのが良いでしょう。

座面がツルツルしない!公式クッション

今回の検証では、座面がツルツルすることがマイナスポイントになってしまいましたが、実は公式のクッションも発売されています。画像のように座面をしっかりと覆うので、クッションが滑ってしまう心配もありません。


もちろん、クッションも様々な種類とデザインが取り揃えられているので、おしゃれさ抜群。インテリアとしての外観を損なうこともありませんよ。座面の固さや滑りやすさが気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

生後6ヶ月から使えるベビーセットもおすすめ!

こちらのベビーセットを使えば、生後6ヶ月からトリップトラップを使うことができます。子どもの腰から下をプラスチックのカバーが覆ってくれるので、ずり落ちによる事故を防ぐことができますよ。3歳までベビーセットを使い、3歳になったらトリップトラップ単体で使うのがおすすめです。

まとめ

今回は、トリップトラップの使い勝手・手入れのしやすさ・安全性について検証しました!


トリップトラップ単体での評価はイマイチでしたが、最後に紹介したような公式の商品を使えば、これらの欠点はほとんど解消することができます。ぜひオプションの商品と合わせて、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ