Anker ZOLO Libertyの悪い口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー
Anker Zolo Liberty
Anker | Zolo Liberty
7,999円(税込)

Anker ZOLO Libertyの悪い口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

Anker ZOLO Libertyを実際に購入して、徹底的に検証しました!

モバイルバッテリーメーカーとして有名なアンカーが開発し、衝撃的な高コスパワイヤレスイヤホンとして人気の「Anker ZOLO Liberty」。使い勝手や音質の良さなど、同価格帯のワイヤレスイヤホンの中でも、抜きんでた人気を集めています。一方でネット上の口コミを見てみると、「ペアリング不良」「音飛び」「充電不良」というネガティブな意見も。


そこで今回はAnker ZOLO Libertyを実際に使用してみて、口コミの真偽を検証してみました。Anker ZOLO Libertyの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年03月26日
目次

Anker ZOLO Libertyとは?

Anker ZOLO Libertyとは?

Anker ZOLO Libertyは、1万円を切るワイヤレスイヤホンの中でも特に人気の高いワイヤレスイヤホン。モバイルバッテリーメーカーとして高い人気を誇るAnker社が、オーディオ部門を作って送り出した製品の1つが、このAnker ZOLO Libertyです。

Anker ZOLO Libertyとは?

コードから解き放たれたことによる圧倒的な利便性、さらに透き通った高音域と確かな低音域によって、圧倒的な高音質による驚きの音楽体験が堪能できます。使い心地にもこだわっており、2回目からはケースから取り出すだけでペアリング可能です。


イヤホンだけで約3.5時間再生でき、さらに充電ケースを使用すれば24時間まで使用できる再生時間の長さも魅力のひとつ。抜群のフィット感など、1万円以下という値段帯とは思えないと評判の一品です。

Anker ZOLO Libertyの悪い口コミ・評判まとめ

インターネット上の口コミを見てみると、「この価格帯の製品では音質と接続状況ともに、とても良い」「とにかくコスパがいい!」などの高評価を得ているAnker ZOLO Liberty。


しかし中には、気になるネガティブなレビューもちらほらとあるのも事実です。以下に編集部で確認した口コミの中で、言及が多かったものから順にご紹介します。

【音質に対する口コミ】ややくぐもった感じの音…。クラッシックには不向き

【音質に対する口コミ】ややくぐもった感じの音…。クラッシックには不向き

実際に口コミを調査してみて目についたのは、音質に対する悪い口コミです。


有線イヤホンと比べると音質の差が気になる人も多いワイヤレスイヤホン。だからこそ、音質にも評価が高いAnker ZOLO Libertyに期待した方も多いはず。


しかし、やはりワイヤレスイヤホンなりの音質になってしまっているのか、音質に対する厳しい声も見受けられます。

あまり音質等は気にしていない方だと思っていますが、低音がきつすぎて、音楽をメインユーズにしたい方にはおすすめできません。
全体的にくぐもった感じがしています。低温が良く出ていますが、バイオリンのような高い周波数が常にばりばりと割れた音に聞こえる。クラッシックを聴きたい人にはおすすめできない。

【音のずれに対する口コミ】遅延がひどい。動画やゲームには不向き

【音のずれに対する口コミ】遅延がひどい。動画やゲームには不向き

音質だけでなく、音のずれに対する悪い口コミも目につきました。


いわゆる音ゲーと呼ばれる音楽を演奏するゲームをする人や、YouTubeなどの動画などをよく見る人にとっては、映像と音がずれないという点はとても大切な要素です。

遅延がすごい。動画やゲームには向いていないと思います。
じっと身体を動かさずに聞いているなら問題はありません。ところが移動しているときに左右の音ずれが使用に耐えないくらいひどい。

【使い方に対する口コミ】フィット感が悪い…。充電ケースも充電できない時が多い

【使い方に対する口コミ】フィット感が悪い…。充電ケースも充電できない時が多い

イヤホンは耳にフィットしなければ快適性が下ってしまうもの。しかし、気軽に使えるものなのか不安になってしまうような使い勝手に対する悪口コミも見受けられました。


また、Anker ZOLO Libertyは専用のケースがついており、そのケースに入れて充電します。充電することで24時間再生することができますが、充電できていないと、使いたい時に電池がない!なんてことになったら困ってしまいますよね…。

耳のフィット感が少し悪く、どのイヤーチップを使ってもフィットしない。
ケースに半日以上いれて充電しましたが、しっかりと充電できていませんでした。

【ペアリングに対する口コミ】突然最大音量で音楽が流れるのでびっくりする!

【ペアリングに対する口コミ】突然最大音量で音楽が流れるのでびっくりする!

ワイヤレスイヤホンを使う以上、ペアリングは毎日行わなければいけません。使い勝手にも大きな影響を与えるものだからこそ、充電ケースから取り出すだけで接続されるという利便性に期待して購入した人も多いはず。


そんな方から聞こえてきたのは、ペアリング機能に対して落胆する声でした。

使っているスマホとペアリングしたところ、いきなり最大音量で音楽が流れてびっくりしました。何度やり直しても最初が最大音量になってしまいます。
電源を入れたときの左右のペアリングも、2~3回に1度は失敗し不便です。

Anker ZOLO Libertyを実際に使用して検証レビュー

気になる口コミがたくさんありましたが、やはり気になるのは実際の評価と使い心地ですよね。


そこで今回は、Anker ZOLO Libertyを実際に購入し、イヤホンの専門家が以下の4点を徹底的に検証しました!


検証①:音質
検証②:音ずれ
検証③:使い勝手のよさ
検証④:ペアリングのしやすさ

検証①:音質

はじめに検証するのは、悪い口コミが多く確認できた音質です。

聴いていて気になるところがなく、とてもバランスのいい音

聴いていて気になるところがなく、とてもバランスのいい音

音質を検証するため、さまざまなジャンルの音楽4曲を実際に聞いてみました。再楽曲はすべて無圧縮であるAIFF形式を使用しています。


  • 「二時間だけのバカンス」(宇多田ヒカル featuring 椎名林檎)
  • 「I.G.Y.」(ドナルド・フェイゲン)
  • 「My Foolish Heart」(ビル・エヴァンス)
  • 「Clarity」(Zedd)

低音が気持ち強めに出ている印象はありますが、ボワンと広がらない部分は、高級スピーカーであるBOSEに寄せていっている印象があります。低音が強すぎるとの口コミがありましたが、そこまで強いという感じは受けません!

検証②:音ずれ

音ゲーやYouTubeなどを見る時に気になる音のズレ。本当に音ずれがひどいのか、実際に音ゲーをプレイしてみて確認してみました。

音ゲーには致命的な音ずれが気になる…

音ゲーには致命的な音ずれが気になる…
プレイしてみたのは、大人気の音ゲー「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」、通称「デレステ」です。実際にプレイしてみましたが、やはり音のずれは気になります…。

特に高得点などを狙って、完璧にプレイしたい人には許容できないレベルの音のずれと感じました。

左右で音のずれは環境の影響も大きい

左右で音のずれは環境の影響も大きい

音楽とYouTubeの動画をそれぞれ再生し、左右での音ずれがあるかも検証


すると、音楽再生中に左右の接続が不安定になることが確認できました。これはZOLO LibertyのBluetoothの規格が、旧規格であるBluetooth4.2を採用していることが原因の1つとも考えられます。ただ、このズレは周囲の環境によっても変わる模様です。

検証③:使い勝手のよさ

毎日ストレスなく使うために必ずチェックしておきたい、使い勝手のよさも検証します。

フィット感抜群!本体側も使ってばっちりはまる

フィット感抜群!本体側も使ってばっちりはまる
耳の奥に差し込むと、ぴたっとばっちりはまる感覚がありました。試しに装着した状態でランニングしてみましたが、動いても全然取れることがありません。
フィット感抜群!本体側も使ってばっちりはまる
ZOLO Libertyには、イヤーチップと本体カバーがそれぞれ3種類用意されています。自分に合う組み合わせを選んで、フィット感を高めることができるのはうれしいですね!

充電ケースを使う時は無造作に置かないことが大切

充電ケースを使う時は無造作に置かないことが大切

ZOLO Libertyに付属の充電ケースは、イヤホンを収めるためのくぼみがあり、ケース中央寄りイヤホンを固定するためのマグネットも付いています。


実際に置いてみると、マグネットの引く力は強いものの、正しい位置に置きやすいかは全くの別問題。マグネットだけに任せてしまうと、しっかり収まっていないことも多々あります。


そのため、充電ケースに置く際は無造作に置くのではなく、しっかり接点と接触するように置きましょう。また、チャージが開始されたかどうかは、イヤホン本体のLEDが点灯しているかを確認するのもポイントです。

検証④:ペアリングのしやすさ

最後に検証するのは、ペアリングのしやすさです。

2回目からはケースから出すだけで自動的に接続!

2回目からはケースから出すだけで自動的に接続!

「PUSH AND GO」機能が付いており、2回目以降はケースから取り出すだけで自動的にペアリング可能。煩わしい手間は全くありません!


またペアリングした際に音量が最大になってしまうという口コミの真相を確かめるため、使用するプレーヤーを変えて複数回ペアリングを試行。しかし音量が最大になるといった事象は発生しませんでした!

【結論】万人受けする音質や使い勝手のよさ!5000円以下なら自信をもっておすすめできるバランスのよいワイヤレスイヤホン

【結論】万人受けする音質や使い勝手のよさ!5000円以下なら自信をもっておすすめできるバランスのよいワイヤレスイヤホン

低音が心もち強めに出る傾向はありますが、全体的には癖のないどの音楽にも合うバランスの良い音質。また装着感も抜群で、ペアリングも簡便で充電ケースを使用することで長時間再生が可能になるなど、とてもバランスに優れたワイヤレスイヤホンです。


唯一の欠点は、音のずれが発生してしまうこと。音ゲーをやりこみたい人には向いていないと、言うしかありません。しかし、音ゲーをしない人にとっては、文句なしの性能を持っています。この価格帯で、バランスの良いワイヤレスイヤホンを使いたい、という人におすすめの製品です!

Anker ZOLO Liberty+とどちらがおすすめ?

Anker ZOLO Libertyの上位機種としてZOLO Liberty+も発売されていますが、両者の違いはどこにあるのでしょうか?

Bluetooth機能で見るならZOLO Liberty+がおすすめ!

Bluetooth機能で見るならZOLO Liberty+がおすすめ!

出典:amazon.co.jp

ZOLO LibertyのBluetooth規格は4.2、ZOLO Liberty+は5.0を採用しています。つまり、ZOLO Liberty+は、ZOLO Libertyと比べると通信速度が2倍、通信範囲は4倍の差があります。


通信規格を上げているだけに、音とびやズレはZOLO Liberty+の方が起こりにくいため、動画を見たり音ゲーをプレイしたりする方には、ZOLO Liberty+の方がおすすめです!

コスパの良さはZOLO Liberty!

コスパの良さはZOLO Liberty!

Bluetooth機能ではZOLO Liberty+の方が優れていますが、コスパのよさで選ぶなら圧倒的にZOLO Libertyがおすすめです。


もちろん、ZOLO Liberty+の方が上位機種にあたるため、再生時間が伸びているなどと機能面の向上が見られますが、ZOLO Libertyの強みは何と言っても、1万円を切る価格帯の中でのパフォーマンスの充実さ。特にワイヤレスイヤホン初心者の方には、まずはこの高コスパイヤホンのZOLO Libertyがぴったりです!

人気の完全ワイヤレスイヤホン10商品を比較検証した結果、Anker ZOLO Libertyは4位!

人気の完全ワイヤレスイヤホン10商品を比較検証した結果、Anker ZOLO Libertyは4位!

以下の記事では、Anker ZOLO Libertyを含む人気の完全ワイヤレスイヤホン10商品を全て購入し、音質・低音の迫力・ペアリングの項目で徹底比較しています。検証の結果、Anker ZOLO Libertyは4位となりました!


検証の詳細や、ほかの完全ワイヤレスイヤホンが気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回はAnker ZOLO Libertyを徹底的に検証しました。

ワイヤレスイヤホンデビューをしようと考えている方には、このAnker ZOLO Libertyはとてもおすすめです。初めてでも使いやすく、しかも高性能なのにお手頃価格になっています。もちろん初めての方だけでなく、今使っているワイヤレスイヤホンに満足していない方にも一度試してみてほしい。


ぜひAnker ZOLO Libertyで、快適なワイヤレスイヤホンライフを満喫してくださいね。

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ