パワータンク スタンダードの悪い口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー
三菱鉛筆 パワータンク スタンダード
三菱鉛筆 | パワータンク スタンダード
140円(税込)

パワータンク スタンダードの悪い口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

パワータンク スタンダードを実際に購入して、徹底的に検証しました!

濡れた紙でも逆さまでも書けると評判のパワータンク スタンダード。スラスラ書けるなどの高評価の口コミが多い一方で、「かすれる」インクが出ないといった悪い口コミも見かけます…。


そこで今回はパワータンク スタンダードをmybest編集部で実際に購入文房具のスペシャリスト3名にもご協力を頂き、デザイン性・持ちやすさ・書き心地のよさ・発色のよさ・速乾性を徹底的に検証します!最後には替芯についても紹介しますので、これまでパワータンク スタンダードの購入を迷っていた方も必見ですよ!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年05月15日
目次
パワータンク スタンダード
出典:amazon.co.jp

三菱鉛筆パワータンク スタンダード

140円(税込)

パワータンク スタンダードとは?

パワータンク スタンダードとは?

三菱鉛筆から発売されているパワータンク スタンダードは加圧式ボールペンと呼ばれ、ノックするたびに圧縮した空気を作り出しインクを押し出す新感覚のボールペン。この仕組みにより上向きの状態でもインクが押し出されて書けるうえ、ペン先から水が浸入するのを防ぐため濡れている紙にもスラスラと書くことが可能になりました。


見た目は普通ですが、屋外や立ち仕事などの筆記に大いに活躍してくれます!ペン先は0.5mm・0.7mm・1.0mmと3種類あり、赤と青のカラーインクも選べますよ。

パワータンク スタンダードの悪い口コミ・評判まとめ

インターネット上の口コミを見てみると、「インクが途切れない」「最後まで使い切れる」と絶大な評価を得ているパワータンク スタンダード。


しかし口コミの中には、「かすれる」「インクダマができる」などネガティブなコメントもあるのが事実です。編集部で確認できた悪い口コミの中で、多かったものから順にご紹介します。

【書きやすさに対する口コミ】インクが途切れたりかすれたりする

【書きやすさに対する口コミ】インクが途切れたりかすれたりする

確認できたもので最も多かったのが、書き心地のよさに対する悪い口コミです。


パワータンク スタンダードの書きやすさに対する口コミの中には、インクがスムーズに出なかったり、ダマになったりするという残念な声も見受けられました。

最初の文字がかすれてしまう
ペン先にダマができていることがあり、いちいちティッシュでペン先を拭いてから使わないといけないのが面倒

【発色に対する口コミ】インクの色が薄く、発色がいまひとつ

【発色に対する口コミ】インクの色が薄く、発色がいまひとつ

書きやすさの次に多かったのが、インクの発色に対する辛辣なコメントでした。


発色に対する口コミを読んでいると、パワータンク スタンダードのインクの発色には期待できないのではないかと不安になってしまいます。

ジェットストリームよりインクの色がやや薄い

【持ちやすさに対する口コミ】太くてごついから持ちにくい

【持ちやすさに対する口コミ】太くてごついから持ちにくい

持ちやすさに対するネガティブな口コミも見受けられました。


パワータンク スタンダードならでは太めのグリップにより、持ちにくさを感じる場合もあるようです。

好みや手の大きさにもよるが、ちょっとごつくて持ちにくい

パワータンク スタンダードを実際に使用して検証レビュー

パワータンク スタンダードを実際に使用して検証レビュー

気になる悪い口コミが多々ありましたが、やはり気になるのは実際に使ってみた結果ですよね!

そこでパワータンク スタンダードを編集部で実際に購入し、文房具のスペシャリスト3名にもご協力いただき、以下の5点を徹底的に検証しました!


検証①:デザイン性

検証②:持ちやすさ

検証③:書き心地のよさ

検証④:発色のよさ

検証⑤:速乾性

検証①:デザイン性

パワータンク スタンダードのデザインに対する悪い口コミは見られませんでしたが、実際のところどうなのかを確認していきます!

好みが分かれるゴツめのグリップ

好みが分かれるゴツめのグリップ

パワータンク スタンダードの見た目は半透明なボディに黒色のグリップとクリップで、普通のボールペンらしい印象です。グリップに窓が設けてあるため、インク残量が一目でわかる点はよいところ。


デザイン的には可もなく不可もないですが、ボディに対しグリップがかなりごつくて少し野暮ったいのが気になります。スタイリッシュとは程遠く、好みが分かれるデザインです。

検証②:持ちやすさ

パワータンク スタンダードは実際にどんな状況でも持ちやすいのか、気になりますよね。


作業中に軍手を付けながら書くことを想定し、持ちやすいか・書きやすいかを確かめます!

グリップは思ったより硬め。重心が少し前寄りでウエイトバランスは悪くない

グリップは思ったより硬め。重心が少し前寄りでウエイトバランスは悪くない

パワータンク スタンダードを実際に手に持ってみると、硬く太いグリップのおかげかガシッと力強く握ることが可能です!


またウエイトバランスを確認すべく人差し指に乗せてみたところ、重心は中央よりややペン先寄り持ち方に関係なくコントロールしやすいです。

手袋をしたままでも楽々書ける◎

手袋をしたままでも楽々書ける◎

作業中に軍手を付けながら書くことを想定し、試しにニットの手袋をして使用。


それでも太めのボディと滑り止めが効き、スムーズに文字が書けました!いちいち手袋を外さなくても書けるので、寒い季節の外出先や作業現場でのメモ書きにも重宝しますね!

検証③:書き心地のよさ

3つ目は、書き心地のよさを検証。普通に書くだけでなく上向きで書いたり、氷点下での筆記を想定してパワータンク スタンダードを冷凍庫に一晩入れてから書いたりと、さまざまな状況で書き心地のよさがどのように変わるかを確かめてみました!

確かに書き初めが少しかすれることも…

確かに書き初めが少しかすれることも…

実際に紙に書いてみると確かに口コミの通り、書き始めはかすれてしまったのが残念です…。しかし書き進めるとインクの出は戻りました!インク自体はザラザラとしており、独特なタッチです。


その後何度も筆記を試してみたものの、それ以降はまったくかすれず本来の滑らかな状態をキープしています。またインクダマができるということもなく、頻繁にペン先を拭きとる面倒もないですよ!

ペン先が上を向いていても書ける驚異の書き味!

ペン先が上を向いていても書ける驚異の書き味!

パワータンク スタンダードは「逆さまでも書き味が変わらない」との高い評判があります。試しに壁に立てかけた状態の紙に、ペン先を上向きにして書いてみたところ、途切れることなく見事にスルスルと文字が書けました


上向きでもまるで重力を感じさせないインクの出のよさに感動。パワータンクなら、例え寝ころんだままの状態で文字を書くことも可能です!野外での作業中には特に役立つこと間違いなしですね!

氷点下でも、場所を選ばずスルスル筆記が可能◎

氷点下でも、場所を選ばずスルスル筆記が可能◎

続いて氷点下で書けるか検証すべく、パワータンク スタンダードを冷凍庫に一晩入れて放置。通常であればインクが固まって文字を書ける状態ではないはずです。


冷凍庫から取り出してすぐ、ボディに霜が付いている状態で筆記を開始。書き始めはかすれたものの、問題なく筆記できます!パワータンク スタンダードは例え冷凍庫内や寒冷地でも、場所を選ばず文字を書けることが実証されました!

検証④:発色のよさ

今度は紙に文字を書いて黒く塗りつぶし、インクの発色のよさを確認します!

インク発色は意外にも普通。黒さにこだわる方には物足りないことも

インク発色は意外にも普通。黒さにこだわる方には物足りないことも

同社の油性ボールペンであるジェットストリーム  スタンダードと比較してみたところ、発色はやや薄め


とは言えジェットストリーム スタンダードの発色が濃いだけで、パワータンク スタンダードは一般的なボールペンの黒さです。

検証⑤:速乾性

最後に悪い口コミはなかったものの、「速乾性」についても検証しました。紙に書いた文字にマーカーを重ねたり、紙を濡らしたりして滲みを確認します!

マーカーの重ね書きをしてもまったく滲まない驚異の速乾性

マーカーの重ね書きをしてもまったく滲まない驚異の速乾性

まずは文字を書いた直後にマーカーを重ねてみると、画像の通り滲みはほぼ見られず、驚異の速乾性です!もともと「速乾性がある」と評判の高いパワータンク スタンダードですが、今回の追加検証で口コミが本当であることが分かりましたね!

濡れても滲まない!さらに紙が濡れても筆記可能

濡れても滲まない!さらに紙が濡れても筆記可能

さらに文字を書いた紙を濡らしてみましたが、同様に滲みはほぼ皆無!また、濡れた状態の紙に文字を書くことも可能です。どんな紙にでも書けるタフさこそ、パワータンク スタンダードの魅力と言えますね!

【結論】作業現場や寒冷地でも筆記可能!左利き・持ち方に癖のある人にもおすすめ

【結論】作業現場や寒冷地でも筆記可能!左利き・持ち方に癖のある人にもおすすめ

パワータンク スタンダードは作業現場や寒冷地での筆記にも適したボールペンです!手袋や軍手をしたままでも書きやすく、上向きの状態・氷点下などの厳しい環境でも文字が書けますよ!さらに紙が濡れても文字が滲まないので、雨の日やキャンプ・海などアウトドアでの活用もおすすめです。


デザインの好みは分かれますが、持ち方に関係なくインクがスムーズに出るので、普通のボールペンは使いにくいと感じていた左利きの人や、持ち方に癖のある人にも使ってもらいたい逸品です!

「SNP」表記のパワータンク専用の替芯を選んで

パワータンク スタンダードの替芯は1本100円程度で購入することが可能です。0.5mm・0.7mm・1.0mmの3種類ありますが、どれも軸径と長さが変わらず、互換性があります。


インクカラーは黒の他に赤・青の3色。0.5mmの替芯のみ黒・赤2色のみのラインナップとなりますが、使い方によって選べるのが魅力です。購入の際には他の替芯と間違えないよう、「SNP」の3文字が表記された、パワータンク専用の替芯を選んで下さいね!

人気の油性ボールペン15商品を比較検証した結果、パワータンク スタンダードは6位に!

人気の油性ボールペン15商品を比較検証した結果、パワータンク スタンダードは6位に!

以下の記事では、パワータンク スタンダードを含む人気の油性ボールペン15商品を全て購入し、グリップのフィット感・ウエイトバランス・インクの発色・紙へのタッチ・デザインを徹底比較しています。


検証の結果、パワータンク スタンダードは油性ボールペン内で堂々の6位にランクイン!検証の詳細や、他の油性ボールペンが気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回は、パワータンク スタンダードを徹底的に検証しました。


パワータンク スタンダードはどんなときでも使いやすいように工夫されています。しかしインクがザラザラしているので、ヌルヌルとしたタッチが好きならビクーニャ エックス、発色がさらに真っ黒のほうがよければジェットストリーム スタンダードなどもおすすめですよ!

パワータンク スタンダード
出典:amazon.co.jp

三菱鉛筆パワータンク スタンダード

140円(税込)

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ