DBK The DRY
DBK
The DRY
2,480円(税込)

The DRYの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

The DRYを実際に用意して、徹底的に検証しました!

コード付きのドライ専用アイロン、The DRY。一見するとシンプルすぎるくらいに思えるかもしれませんが、実はその使いやすさで多くの人から支持されている機能的な商品です。ただ、ネット上で調べてみると「軽すぎて使いにくい」などの口コミもあるため、購入に踏み切れないという方もいるかもしれませんね。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、商品を実際に使って仕上がり・アイロンのかけやすさ・準備・片付けのしやすさを検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年11月25日
目次

ドライ専用のシンプル機能が好評のThe DRYとは?

電熱製品メーカーの老舗として有名なドイツDBK社製のアイロン、The DRY。名前の通り、スチーム機能のないドライ専用のアイロンとして人気の商品です。どんな魅力があるのか、詳しく見てみましょう。

最高温度まで60秒!すぐに立ち上がるからサッと使える

最高温度まで60秒!すぐに立ち上がるからサッと使える

このアイロンの特徴の一つが、立ち上がりの速さ。わずか60秒ほどでかけ面が温まるので、思い立った時にすぐにアイロンがけできると人気です。アイロン台を用意したり、洗濯物の中からシャツを取り出したりしているうちにアイロンが立ち上がっているので、時間のロスがありません。


そのため、洋服のアイロンがけだけでなく、手芸に活用している人も多い商品。接着芯の貼り付けなどが必要になったときに、サッと取り出して作業できるのでとても便利ですよ。

コード付きだから高温が続く!フレキシブルコードで使いやすさも◎

コード付きだから高温が続く!フレキシブルコードで使いやすさも◎

今ではコードレスアイロンが主流になっていますが、このアイロンはコード付きのタイプです。コードレスの場合、充電スタンドから持ち上げている時間が長くなると温度が下がってしまいますが、コード付きのこのアイロンはずっと高温をキープできるので、長時間のアイロンがけがしやすいというメリットがあります。


根本が上下に動くフレキシブルコードを採用しているので、コードが邪魔になる心配もなし。快適に使えます。コードレスに慣れていると、コードが邪魔なのでは?と思う方も多いようですが、「有線でも気にならない」という人が多く、評判も上々です。

620gの軽量設計でスムーズにアイロンがけ!

620gの軽量設計でスムーズにアイロンがけ!

本体重量わずか620gと驚きの軽さなのも、この商品の特徴。フォーマルな服にしっかり折り目付けするなら1kgくらいの重めのアイロンが向いていますが、シャツやハンカチなどの日常的なアイロンがけでは、あまり重いとストレスになりますよね。その点、この商品なら体に負担が少なくスムーズにアイロンがけが可能です。


重いものは扱いづらいという女性や高齢の方からも、使いやすいという声が寄せられているのがこのアイロン。軽量だから小回りが利き、細かいところもスイスイ動かせるのもポイントです。

The DRYの口コミは?

シンプルな機能性で人気を集めている商品ですが、探してみると悪い口コミがないわけではありません。気になる口コミを、実際に見ていきましょう。

口コミ①:軽すぎてかかり具合が物足りない

口コミ①:軽すぎてかかり具合が物足りない

軽さが魅力の商品ですが、軽すぎてしっかりアイロンがけするのには物足りないなど、軽さが裏目に出ている口コミもありました。


霧吹きをしたり少し体重をかけて長めにプレスするなど、しっかりシワを伸ばすには一手間必要だという声も。カジュアルな服をサラっとアイロンがけする程度ならそれほど気にしなくても良いかもしれませんが、しっかりシワを伸ばしたいという用途が多い場合は注意が必要そうです。

予想以上に軽かった。手首には優しいがアイロンのかかり具合はちょっと物足りない感じはあります。ちゃんと霧吹きをしてゆっくりかけると大丈夫です。
他の方のレビュー通り、軽すぎてある程度の重みがないと、キレイにはかからない。
あたりが悪かったのか、温度が低めで、ウールの生地に接着芯を貼るのに、MAX温度設定で
じゅ~っと圧を加えて10秒くらいで、やっと着く感じでした。

口コミ②:軽さが原因?縦に立てると倒れて危ない

口コミ②:軽さが原因?縦に立てると倒れて危ない

これも本体の軽さが原因と思われる口コミですが、一時的に縦置きすると倒れやすいとの声も。アイロンがけの最中にちょっと立てて置いておきたいと思った時に、倒れてくるとやけどなどの心配があるので、ちょっと気になります。

たた一時的に立てると倒れやすいです。前に使ってたアイロンの台を使ってますが…
本体が軽すぎる。電気コードの反撥で立ててもすぐに転倒する。危なくて使えない。軽さも売りのようにパッケージに書いてましたが、アイロンはある程度重みがないとかえって使いづらい。

The DRYを実際に使って検証レビュー!

The DRYを実際に使って検証レビュー!

立ち上がりが早く使いやすいと人気がある一方で、軽量さが原因と思わる残念な口コミも見られたこの商品。でも、口コミだけではわからない実際の使用感が知りたいですよね。


そこで今回は、商品を実際に使って以下の3点を検証しました。


検証①:仕上がり

検証②:アイロンのかけやすさ

検証③:準備・片付けのしやすさ


他の商品も併せて検討したいという方は、以下の記事もおすすめです。人気のドライアイロンを比較検証していますので、ぜひ参考にしてくださいね。この記事でご紹介しているThe DRYも含め、人気機種全5商品を比較できますよ!

検証①:仕上がり

最初に、仕上がりについて検証しました。コード付きでずっと高温が続くことが特徴の商品なので、しっかりとシワを伸ばしてくれそうですが、実際のところはどうでしょうか?


アイロンがけ初心者がしわくちゃの綿100%シャツにアイロンがけをし、決まった手順・時間内でどれくらいシャツがきれいになるか評価しました。

ドライではカジュアルな仕上がり。パリッと仕上げるなら霧吹きを

ドライではカジュアルな仕上がり。パリッと仕上げるなら霧吹きを

気になる仕上がりの評価は、5点満点中3点。アイロンをかけたことが分かる程度にはシワが取れたものの、細かいシワは取りきれないというレベルでした。ただ、きちんと仕上げたい洋服には、霧吹きをしてからアイロンがけをすれば問題なさそうです


検証では他にもいくつかの商品を比較しましたが、スチーム機能のある商品よりもドライに特化したものの方が仕上がりが優秀な傾向にありました。このアイロンもドライ機能のみに特化したタイプですので、シワをしっかり伸ばしたい方にはおすすめです。

検証②:アイロンのかけやすさ

次は、アイロンのかけやすさについて検証しました。本体の軽さやフレキシブルコードの使い勝手がどう評価に影響するか気になるところですね。


仕上がりの検証と同じく初心者がアイロンがけをしてみて、グリップの握りやすさや本体の重さ・布滑りの良さ・小回りの利き具合などを5段階で評価しました。

持ちやすさ・小回り・布滑り◎!軽量ながら安定感があるのもGOOD

持ちやすさ・小回り・布滑り◎!軽量ながら安定感があるのもGOOD

アイロンのかけやすさの基準となる持ちやすさや布滑り・小回りなど、すべての項目で高い評価がつき、5点満点を獲得しました!布滑りについては、他にさらに優秀なアイロンも見られましたが、この商品も十分に合格点だと思います。


口コミでは軽すぎて縦置きすると倒れるという声もありましたが、検証では縦置き時のぐらつきがなく、安定感があるように感じました。コードの位置や向きが関係していることも考えられるため、フレキシブルコードの根本を調整して、縦置きしやすい位置を見つけてみると良いかもしれません。

検証③:準備・片付けのしやすさ

最後の検証項目は、準備・片付けのしやすさです。60秒で立ち上がるとアピールされている商品ですので、この項目は期待が持てそうです!


検証では、電源を入れたらすぐに温度が上がるか・電源を切ったらすぐに温度が下がるかを基準に調査しました。かけ面が最高温度に到達するまでの時間と、使用後20分でどれくらいまで温度が下がっているかを5段階で評価しています。

47秒で最高温度に!使用後も20分あれば収納可能

47秒で最高温度に!使用後も20分あれば収納可能

60秒で立ち上がると宣伝されているこの商品ですが、検証の結果、なんとそれよりも短い47秒で最高温度に到達し、今回比較検証した他の商品と比べても最速クラスの立ち上がりでした。時間のない朝、なかなかアイロンが温まらなくてイライラ…などという心配もないでしょう。


使用後の冷却についても、20分後には43度にまで下がっていました。熱めのお風呂くらいの、手で触ってもやけどをすることはない温度です。使った後20分ほど経てば収納することができるので、すぐに片付けたいという方にもおすすめです。


以上を踏まえて、この項目の評価は3.8。立ち上がり・冷却ともに、他商品と比べて遜色ない評価でしたが、特に立ち上がりの早さが際立つ結果となりました。

【レビュー結果】5商品中1位!仕上がり・使いやすさともに優秀!特に立ち上がりの速さは一級品との高評価

【レビュー結果】5商品中1位!仕上がり・使いやすさともに優秀!特に立ち上がりの速さは一級品との高評価

今回検証したDBKのアイロン、The DRYは人気のドライアイロン5商品中で見事1位となりました!どの検証項目でも評価が高く、総合力が高い商品という印象です。


特に、かけ面が温まるまでの立ち上がりスピードは、他の商品と比べても最速クラス。時間のない時でもサッと使えるアイロンが欲しいという方にぴったりです。


かけ心地に関して言えば、布滑りの良さはほんの少し他商品に劣る部分もありましたが、軽量で小回りが利き、取り回しもしやすいため、力のない女性やご高齢の方でも使いやすいでしょう。


ドライの状態でもある程度のシワは取れますが、きちんと仕上げたい服には水分を与えておくとさらにキレイに仕上がります。ドライに特化したこのアイロンなら本体に給水する必要もなく、サッと霧吹きすればOK。シンプルで使いやすいアイロンが欲しいという方には、ベストバイの商品です!

まとめ

今回の検証レビューはいかがでしたか?


The DRYは、立ち上がりの早さが目立つアイロンでした。あわただしい出勤前にサッとアイロンがけをしたいという時にとても役立つアイテムです。見た目もおしゃれなので、お気に入り家電の一つになること間違いなしですよ!

この商品をマイベストにしている専門家

猪俣 友紀
ハンドメイド作家
猪俣 友紀さんのコメント
バッグや布小物のデザイン・制作・販売を行なうハンドメイド作家。インテリア設計士でもあり、自宅は自らの手でリノベーションを行なっている。 Instagramでは、バッグを中心に自らの作品を投稿し、フォロワーは1万人を超える。また、自身のブログでは、自宅のDIYなど...

軽さが魅力!立ち上がりの早さにも大満足

DBKのドライ専用アイロン。同社のスチーム式のものと比べると、びっくりするくらい軽量です。ドライ専用のためアイロン裏に穴が空いておらず、布に強くプレスした時に穴の跡がつきません


ただスチーム式ではないため、しわを取るときには霧吹きで布地を湿らせる必要があります。アトリエでの制作では普段から霧吹きを使用するため、ドライ専用で十分ですが、家庭用にはスチーム式の方が便利な場合もあるかもしれません。


また、温度の立ち上がりがとても早いのも特徴です。パープルのラインがお洒落なデザインも気に入ってます。

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ