1. TOP
  2. >
  3. アプリ
  4. >
  5. dマガジンの悪い口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー
NTT DOCOMO dマガジン
NTT DOCOMO
dマガジン
400円(税別)

dマガジンの悪い口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

dマガジンを実際に使用して、徹底的に検証しました!

dマガジンは大手通信会社のNTTドコモが運営している雑誌読み放題サービスです。人気雑誌500誌以上が読み放題で、なんと月額400円(税抜)。dマガジンは口コミサイトでも多くの支持を集めていますが、中には「途中までしか読めない雑誌がある」「解約完了までの手順が複雑」などの気になる口コミも見受けられます。


そこで今回はdマガジンをmybest編集部で実際に利用し、悪い口コミは本当なのかを徹底検証しました。雑誌の種類や使いやすさなど様々な観点から紹介していきますので、dマガジンに入会しようか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!

この記事に登場する専門家

高森 昌樹
全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年10月15日
目次
dマガジン

NTT DOCOMOdマガジン

400円 (税別)

dマガジンとは?

dマガジンとは?

dマガジンは、大手通信会社のNTTドコモが運営している雑誌読み放題サービスです。dアカウントさえあればドコモユーザー以外でも入会でき、月額400円(税抜)で500誌以上の雑誌を楽しむことができます。


dマガジンの特徴は「利用可能デバイスの数が多いこと」で、パソコンだけでなくスマートフォン・タブレット端末でも利用が可能です。しかも1つのdアカウントで最大5台パソコン合わせたら6台まで接続できるので、自宅と外出先のどちらでも気軽に雑誌を読めるでしょう。


初めてdマガジンを利用する方向けに初回31日間無料キャンペーンも行っています(2020年9月時点)。「お試しで雑誌読み放題サービスを使ってみたいな」と考えている方にもおすすめですよ。

dマガジンの悪い口コミ・評判まとめ

実際にdマガジンの口コミを見てみると、「思った以上に快適に読むことができる」「見逃したバックナンバーも読めるが嬉しい」など、高い評価を得ていることがわかります。


しかし、中には悪い口コミがあるのも事実です。dマガジンの検証をする前にまずは、編集部で気になった悪い口コミをご紹介します。

【使用感に対する口コミ】一部しか読めない雑誌があるので契約しようか迷う

【使用感に対する口コミ】一部しか読めない雑誌があるので契約しようか迷う

調査したところ、最も多かったのは使用感に対する悪い口コミです。


dマガジンは雑誌読み放題のサービスで知られているため、様々な雑誌を読めるだろうと期待して入会した方も多いはずでしょう。しかし、実際には「雑誌自体は読めても一部読めない記事があった」というがっかりした口コミがいくつか見受けられました。

dマガジンで読める雑誌の中には一部読めない記事もあるので、解約しようか迷っている。
読めない雑誌があるのは仕方のないことだが、どんなジャンルに特化しているかがイマイチわかりにくいのが困る。

【機能性に対する口コミ】家族共有デバイスだと閲覧履歴が見られる可能性がある

【機能性に対する口コミ】家族共有デバイスだと閲覧履歴が見られる可能性がある

次に多かったのは機能性に対する口コミです。

dマガジンの接続可能デバイス数はパソコンを含めて最大6台までということになっていましたが、それ故に「閲覧履歴まで共有されてしまうの?」という不安の声が挙がっています。また、雑誌の更新が遅い」という声も見受けられました。

家族共有のデバイスで利用する場合に、閲覧履歴を見られてしまう可能性があるのが嫌だ。
dマガジンは便利だけど、雑誌の更新が遅い。できれば雑誌の発売日に更新されてほしい。

【解約に対する口コミ】解約するまでの手順が複雑で面倒

【解約に対する口コミ】解約するまでの手順が複雑で面倒

最後に、解約に対する口コミをご紹介します。


インターネット上で簡単に契約できるdマガジンですが、解約については「解約完了までの段階が多くて面倒くさい」という声がいくつか見受けられました。

解約するまでの段階が多すぎて面倒くさい。もっと簡単に解約手続きができたらよかった。

dマガジンの口コミは本当なの?サービス会社に取材!

月額400円(税抜)で500誌以上の雑誌が読み放題!」という破格のサービスであるdマガジン。普段雑誌をたくさん読む方には非常に魅力的ですよね。しかし、少しでもネガティブな口コミがあると、不安になってしまうのも事実です。


そこで、今回はdマガジンのサービス会社である株式会社NTTドコモさんに取材し、気になる口コミについて詳しいお話を伺いました。

dマガジンの口コミは本当なの?サービス会社に取材!
<取材協力:株式会社NTTドコモ コンテンツビジネス部 書籍ビジネス担当/高森 昌樹 さん>


dマガジンをはじめとする書籍関連のマーケティング業務を主に担当している。


dマガジンをより多くの方に楽しんでもらえるよう、お客様の声を取り入れながら日々努力を重ねている。

質問①:一部読めない記事があるのはどうしてなのでしょうか?

回答:読めない記事の多くは、内容的にdマガジンとして提供しづらいものだからです。

高森 昌樹
コンテンツビジネス部 書籍ビジネス担当
高森 昌樹さんのコメント

具体的に言いますと、暴力的もしくはアダルト的な記事はdマガジンとして掲載できないものが多いです。ただ、現時点では紙の雑誌と比較してもほぼ遜色なく掲載されています。


例えば、最近はジャニーズ事務所に所属しているタレントさんが写った表紙や記事も掲載できるようになりました。
これからもお客様に寄り添って、dマガジンで読める記事を増やしていきたいです。

質問②:具体的にどんなジャンルの雑誌を多く取り扱っているのでしょうか?

回答:主要な雑誌は、ほぼ網羅しています!

高森 昌樹
コンテンツビジネス部 書籍ビジネス担当
高森 昌樹さんのコメント

主要な雑誌については、ほぼ網羅していますのでご安心ください。具体的な雑誌の種類は、公式サイトにて掲載されています。ぜひご覧ください。(dマガジン参加雑誌一覧はこちらから


最近は、レシピ本や旅行ガイドブックなどの増刊・ムック本も読めるようになりました。今後もお客様に新しい雑誌をお届けできるよう取り組みを続けていきます。

質問③:これから雑誌以外のラインナップも増えていく可能性はありますか?

回答:最近、期間限定で人気漫画の無料試し読みのキャンペーンを実施しました!

高森 昌樹
コンテンツビジネス部 書籍ビジネス担当
高森 昌樹さんのコメント

お客様に楽しんでいただけるように、新しい雑誌のラインアップ強化に日々取り組んでいます!


最近では、期間限定で人気のマンガを無料で試し読みできるキャンペーンを開催しました。引き続きこれからもお客様に楽しんでいただけるような取り組みを随時増やしていく予定です。

質問④:1つのアカウントを複数のデバイスで使用する場合、閲覧履歴も共有されるのでしょうか?

回答:閲覧履歴はデバイスごとに記録されるので共有されません。

高森 昌樹
コンテンツビジネス部 書籍ビジネス担当
高森 昌樹さんのコメント

雑誌の閲覧履歴はデバイスごとに登録されています。そのため、同じアカウントであってもデバイス間で閲覧履歴は共有されませんのでご安心ください。


例えば、もしスマートフォンとタブレット端末をお持ちで、それぞれ同じアカウントでdマガジンを利用している場合、それぞれのデバイスの閲覧履歴は別々に記録されているので共有はされません。

質問⑤:読みたい雑誌の更新が遅く感じます。最新刊が更新されるまでの期間の目安があれば教えてください。

回答:現時点では取り扱っている雑誌の80%以上が発売当日に閲覧できます。

高森 昌樹
コンテンツビジネス部 書籍ビジネス担当
高森 昌樹さんのコメント

おっしゃる通り、発売日から数日遅れて掲載される雑誌もあります。ただ、現時点で取り扱っている雑誌のうち80%以上の雑誌を発売日当日に閲覧することが可能です。


また、dマガジン内の「fromdocomo」という棚の中の「@dマガジン」という冊子に配信日が掲載されているので、お目当ての雑誌がいつ頃配信されるのかをぜひ確認してみてくださいね。

質問⑥:解約のプロセスが複雑に感じます。解約方法を具体的に教えていただけますか?

回答:解約は公式サイトにアクセスする必要があります。

高森 昌樹
コンテンツビジネス部 書籍ビジネス担当
高森 昌樹さんのコメント

解約するためには、インターネット上の公式サイトにアクセスしていただく必要があります。もしかすると、普段アプリを利用している方からすれば、少しわかりにくいかもしれません。解約したい場合は、dマガジンの公式サイトの最下部にある「dマガジン会員登録/解約」から手続きすることが可能です。


なお、現在解約に関する大きなトラブルはありませんが、日々ユーザー様の目線に立って改善すべきところはしっかり改善しなければならないと考えております。

dマガジンを実際に使って検証レビュー

dマガジンについてサービス会社への取材を行いましたが、一番気になるのは実際に使用して見た結果ですよね。そこで今回はdマガジンを実際に利用し、以下の2点を徹底検証しました!


検証①:使用感
検証②:機能性

検証①:使用感

検証①:使用感

まずは、dマガジンの使用感について確認していきます。雑誌のラインナップやサービス自体の使いやすさは気になるところですよね。

雑誌の種類も豊富で、サービスに関しても使いやすい!

雑誌の種類は公式サイトで言及されていた通り、500を超えていました。私は旅行が好きなので、旅行系の雑誌やムック本が豊富に揃っていたのが嬉しかったです。


また、雑誌内のトピックス単位で検索ができるので、読みたい記事がすぐに探せて便利でした。バックナンバーの取り扱いがあるのも嬉しいです。

検証②:機能性

次は、dマガジンの機能性について確認していきます。アプリが途中で落ちたり、操作がカクついたりしないのでしょうか?

他社の類似サービスより操作がスムーズ!複数デバイスでの使用も問題なし

他社の類似サービスより操作がスムーズ!複数デバイスでの使用も問題なし

実際、今まで利用してきた読み放題サービスの中ではかなり使いやすく、利用する上で困ることが何もありませんでした。動作速度に関しても問題なく、Wi-Fi環境がない場合は、事前にダウンロードすれば問題なくサクサク読むことができます。


また、複数デバイスで利用しても特に問題はありませんでした。ただ、同時利用が可能なのはアプリだけで、ブラウザだと複数の同時利用はできないようです。

【レビュー結果】雑誌の種類も豊富でスムーズにストレスなく操作できるので、読み放題サービスの中では非常に優秀

【レビュー結果】雑誌の種類も豊富でスムーズにストレスなく操作できるので、読み放題サービスの中では非常に優秀

dマガジンを検証する前は正直、「読み放題をうたっているけど、読める雑誌が少ないのでは?」「本当に使いやすいのだろうか」と感じていたのは事実です。しかし、実際に利用してみると、dマガジンは読み放題サービスの中ではかなり優秀だということがわかりました。


まず、取り扱っているジャンルは非常に幅広いこと。女性ファッション誌や男性ファッション誌はもちろん、旅行や料理などの趣味に関するムック本が豊富なのも特徴です。検索機能についても、雑誌単位ではなくトピック単位で検索できるので、とても便利でした。


また、同時に複数台で読んでも問題なく使用できるので、家族みんなで利用しても困ることがありません。


「とにかくたくさん雑誌を読みたい」「いつも読んでいないジャンルの雑誌に挑戦したい」方には、dマガジンは非常におすすめです。

dマガジンをよりお得に利用する方法とは?

ここまで読んでみて「dマガジンを使ってみたい!」と思った方も多いはず。そんな方のために、dマガジンをよりお得に利用する方法についてmybest編集部で調査してみました。


ぜひ、チェックしてみてください。

dマガジンをお得に利用する方法は期間限定のキャンペーン中に入会すること!

dマガジンをお得に利用するなら、期間限定のキャンペーン中に入会するのがおすすめです。2020年9月現在31日間無料でdマガジンを利用することができます。しかも31日の間であればいつでも無料で解約できるので、「試しにどんなものか使ってみたい」という方にもおすすめです。


さらにいまなら入会後条件を満たせば400円分のdポイントが進呈されます。dポイントを貯めている方には非常にお得なキャンペーンですよ。

上記のキャンペーンはいつ終了になるかわからないので、少しでもdマガジンに興味があるなら31日間のお試し期間の間だけでも申し込んでみるといいでしょう。

まとめ

今回はdマガジンについて徹底的に検証しました。その結果、雑誌のジャンルが500誌以上と豊富な上に、同時に6台までのデバイスを問題なく接続できるというとても便利なサービスだということがわかりました。


しかも月額400円税抜という低価格帯なのも嬉しいポイントです。


毎月たくさんの雑誌をわざわざ購入している方にはもちろんおすすめですが、普段雑誌をあまり読まない方もこれを機にdマガジンで楽しい雑誌ライフを送ってみてはいかがでしょうか?

dマガジン

NTT DOCOMOdマガジン

400円 (税別)

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ