1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 猫用品
  6. >
  7. アカナ ワイルドプレイリーキャットの悪い口コミや評判を実際に試して検証レビュー
アカナファミリージャパン アカナ ワイルドプレイリーキャット 340g
アカナファミリージャパン
アカナ ワイルドプレイリーキャット 340g
727円(税込)

アカナ ワイルドプレイリーキャットの悪い口コミや評判を実際に試して検証レビュー

アカナ ワイルドプレイリーキャットを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

カナダ産の鶏肉や卵を使用し、肉たんぱく質の配合にこだわった「アカナ ワイルドプレイリーキャット」。新鮮な材料で信頼性が高いと評判ですが、「食いつきが悪い」「高級すぎて買いにくい」などの口コミもあるため、与えてみるべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、口コミの真偽を確かめるべくアカナ ワイルドプレイリーキャットを実際に用意して、原材料の信頼度とこだわり・食いつき・価格の手頃さを比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月30日
目次

新鮮な材料で与えやすいと人気のアカナ ワイルドプレイリーキャットとは?

カナダでドッグフードやキャットフードを製造するメーカー、アカナ。日本でも人気の高いメーカーのひとつです。まずは、そんなアカナから販売されている猫用ドライフード「ワイルドプレイリーキャット」の魅力ポイントをご紹介します。

新鮮なお肉と魚を使い、添加物にも配慮

新鮮なお肉と魚を使い、添加物にも配慮

ワイルドプレイリーキャットの最大の魅力は、原材料にこだわっている点です。お肉の材料には、放し飼いでのびのびと育てられたニワトリと七面鳥を使用。さらに、自然の巣に産み落とされた卵と、天然の魚を組み合わせて猫の好きな味を実現しています。


また炭水化物を多く使用せず、お肉からタンパク質を補うかたちにしているのも魅力です。添加物を少量に抑えているので、自然にちかい原材料のドライフードを与えたい方にもおすすめですよ。

強い香りで猫の食欲をくすぐる

強い香りで猫の食欲をくすぐる

「猫の好き嫌いが激しく、新しいフードに食いついてくれない…」という経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。食いつきには、味の好みのほかにフード自体の香りも関係します。


その点、ワイルドプレイリーキャットはお肉の強い香りがするため、食欲を刺激しやすくなるのもうれしいポイント。食欲が落ちやすい時期でも、においにそそられてしっかり食べてくれるでしょう。

アカナ ワイルドプレイリーキャットの口コミは?

原材料へのこだわりと強い香りが魅力的なワイルドプレイリーキャット。しかし、実際に愛猫に与えた飼い主からは、悪い口コミも見られます。そこで、どのような声があがっているのかチェックしてみました。

口コミ①:食いつきが悪い

口コミ①:食いつきが悪い

ワイルドプレイリーキャットの悪い口コミでとくに多かったのは、「フードの食いつきがよくない」という声。初回はうれしそうに食べていても、数回目には飽きてしまうという口コミも見られました。

うちの猫たちはあまり好みではなかったようです
最初の一回はハグハグと食べたのですが、二回目からは砂をかけられてしまいました。
複数飼いなのですが、好き嫌い激しい子は食べてくれませんでした。他の子も食いつきはイマイチ…。

口コミ②:価格が高いので継続が厳しい…

口コミ②:価格が高いので継続が厳しい…

毎日消費するドライフードは、コスパを重視したいところ。しかし、ワイルドプレイリーキャットは高価なため継続的に購入しにくいという口コミもありました。多頭飼いの場合は、安価なフードに比べてよりいっそうお財布に厳しそうです。

価格が継続していくには厳しいかなぁと感じました。

アカナ ワイルドプレイリーキャットを実際に試して検証レビュー!

アカナ ワイルドプレイリーキャットを実際に試して検証レビュー!

新鮮な材料にこだわり、強い香りで食欲をそそるこの商品。しかし、口コミでは「食いつきが悪い」「価格が高い」という声も…。どの程度好き嫌いが分かれるのか、継続して購入できるか、詳しく知っておきたいですよね。


そこで今回は、アカナ ワイルドプレイリーキャットを実際に用意して、以下の3点を検証してみました。


検証①:原材料の信頼度とこだわり

検証②:食いつき

検証③:価格の手頃さ


以下の記事では、ワイルドプレイリーキャットを含む人気の猫用ドライフード30商品の比較検証レビューをご紹介しています。検証結果をもとにランキングでまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

検証①:原材料の信頼度とこだわり

まずは、商品パッケージに記載されている原材料をチェックし、信頼性の高さや、メーカー独自のこだわりを検証します。新鮮な材料にこだわるアカナですが、詳しい部分まで把握しておきたいですよね。


加点の対象となるのは、原材料の含有量が記載されているか、産地が明確であるかなど。「遺伝子組み換え食材不使用」などの表記も加点対象とします。反対に、原材料に不安を覚えるような記載内容であれば減点対象に。「等」「家禽」などの不明瞭な記載は、信頼性に欠けると判断します。


また同時に、アカナの公式サイトもチェック。独自のこだわりや配慮が感じられるような記載があれば、これらも加点対象としました。

信頼性の高さはトップクラス!製造工程も徹底したこだわりぶり

信頼性の高さはトップクラス!製造工程も徹底したこだわりぶり

商品パッケージと公式サイトをチェックした結果、原材料への信頼性は5点満点中4.8点という高得点に。新鮮鶏肉(9%)・鶏肉ミール(8%)・タラ油(2%)など、代表的な原材料の含有量をパーセンテージで記載されている点が好印象でした。


遺伝子組み換え原材料も不使用で、材料の産地はカナダと明確に表記。「お肉の半分を無冷凍の新鮮な状態で使用している」という記載もあり、安心感を与えてくれます。また、人間用の食材として認定された鶏肉を中心に構成していることも高評価。非常に詳細まで項目が分かれており、減点対象となる表記はありませんでした。


アカナ独自のこだわりは、グレインフリーや肉タンパク質を重視した成分構成です。さらに、製造はすべて自社のキッチンで行うという徹底ぶり。猫の健康にじゅうぶん配慮された成分と製造工程といえるでしょう。

検証②:食いつき

2つ目は、猫の食いつきに関する検証です。口コミでは「食べてくれない」という声もあったため、実際に与えた結果も把握しておきたいですよね。


今回は、保護猫カフェの猫たち3匹に協力してもらい検証を実施しました。ワイルドプレイリーキャットを1匹ずつ同じ量与えて観察。差し出したときの反応から食べるスピード、完食したかどうかなどを基準に評価しました。


ただし、好き嫌いも影響するため、実際ににおいをかいだときの香りの強さも評価ポイントに追加。香りが強いほど食欲を刺激できるとし、あまりに弱ければ減点対象とします。

比較的良好な食いつき。香りはお肉の生臭さが高評価

比較的良好な食いつき。香りはお肉の生臭さが高評価

ワイルドプレイリーキャットを3匹に与えたところ、2匹は一気に完食。残り1匹は少しスピードが遅かったものの、美味しそうに完食してくれました。「ものすごくいい」というほどではありませんが、食いつきは比較的良好なドライフードといえます。


香りの強さは、5点満点中4点。お肉の香りが強く、猫が好きそうな生臭いにおいが感じられました。人間にとっては好ましいものではありませんが、お肉好きの猫であればよろこんで食いついてくれるでしょう。


口コミの通り口に合わない可能性もありますが、「今までのフードは飽きた」という猫の食欲を刺激できそうです。

検証③:価格の手頃さ

最後は、気軽に買い続けられるかどうかの検証です。「高価なので継続しにくい」という口コミもありましたが、おやつと違って消費が激しいため、可能であれば安さも重視したいですよね。


フードの量は体重によって区分されていることが多いので、今回は4kgの猫に与えることを想定。商品のパッケージに記載されている適正量を反映して検証します。1日あたりのコストを計算し、手頃さを評価しました。なお検証時の販売価格で計算しているため、現在とは異なる場合があります。

1日あたり500円以上のコスト。安さを重視するなら不満かも…

1日あたり500円以上のコスト。安さを重視するなら不満かも…

体重4kgの猫に与えたとき、1日のコストは521.4円。猫用ドライフードとしてはかなり高価な部類で、最低評価となってしまいました。口コミの通り、安い商品を求めている方には厳しい金額かもしれません。


豪華な原材料で構成されているからこその価格ともいえますが、飼い主にとっては悩みの種となりそうです。反対に「価格は高くても原材料にこだわりたい」という方にはおすすめの商品ですよ。

【レビュー結果】人気の猫用ドライフード30商品中3位!高級だが安心して与えやすいこだわりのフード

【レビュー結果】人気の猫用ドライフード30商品中3位!高級だが安心して与えやすいこだわりのフード

アカナのワイルドプレイリーキャットは、コストは高くなるものの、原材料への信頼性が高く食いつきも期待できる猫用ドライフードでした。人気の猫用ドライフードを30商品集めた比較検証の結果は3位。コストの高さが原因でトップには及びませんでした。


特筆すべきは、やはり原材料へのこだわりでしょう。猫の健康を考えた、穀物を使わない構成や添加物を極力控える成分に配慮が感じられました。猫の嗅覚をくすぐるようなお肉の香りも好印象です。


デメリットとなるのは価格の高さ。1日500円以上の計算になるため、安さを重視したい方にはおすすめできません。とくに、2匹以上の猫を飼育している方にとってはかなりの出費になるでしょう。しかし、半分以上をお肉で構成していたり、タンパク質が豊富に含まれていたりと、原材料へのこだわりを考えると相応の金額ともいえます。


買ってみたいけどコストが心配という方は、ほかのドライフードと混ぜて与えてみるのもひとつの方法です。健康にアプローチするだけでなく、同じ味に飽きるリスクも減らすことができますよ。「価格よりも安全性を重視したい」「香りの強いドライフードを探している」という方におすすめの商品です!

多頭飼いならまとめ買いで節約できる!

多頭飼いならまとめ買いで節約できる!

食いつきも信頼性も良好なワイルドプレイリーキャットですが、価格の高さで迷っている方も多いのではないでしょうか。今回の検証で使用したのは340gの商品ですが、ほかに1.8kg、5.4kgの容量も販売されています。


そのため、多頭飼いで頻繁に買っている方は、1.8kgまたは5.4kgでまとめ買いしておくのもおすすめです。5.4kgなら340gの商品より約30%もコストを抑えることができますよ(公式サイトの価格基準)。長時間放置するのは好ましくないため、1ヶ月程度で使いきれる量を目安に検討してみるとよいでしょう。

まとめ

今回は、アカナ ワイルドプレイリーキャットの悪い口コミと、実際に猫に与えた検証結果をご紹介しました。高級ドライフードに値する商品ですが、新鮮な原材料を使用している点は非常に魅力的です。信頼性の高いドライフードをお探しの方や、食いつきの悪さにお悩みの方はぜひ与えてみてくださいね!

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ