1. TOP
  2. >
  3. ベビー・キッズ
  4. >
  5. ベビーチェア
  6. >
  7. リッチェル クルッとチェアの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
リッチェル クルッとチェア
リッチェル
クルッとチェア
4,311円(税込)

リッチェル クルッとチェアの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

リッチェル クルッとチェアを実際に用意して、徹底的に検証しました!

軽くてお手入れがラクと評判の、リッチェルの「クルッとチェア」。2wayタイプで長く使えることもあり、高評価の口コミが多く見られます。しかし一方で、「マットの隙間に食べカスが入る」「床置きするとグラつく」といった気掛かりな声もあるので、いざ購入しようと思っても躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、クルッとチェアを実際に使って、使い勝手・お手入れのしやすさ・安全性を比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月31日
目次

扱いやすく長く使える仕様で人気の、リッチェル クルッとチェアとは?

ベビー用品ブランドとして有名なリッチェルは、日本を代表するプラスチック用品の総合メーカー。暮らしと心をもっと豊かにすることを目指した商品づくりがモットーです。そんなリッチェルの中でも人気のベビーローチェア、クルッとチェアの魅力をご紹介します。

高さが選べる2Way仕様

高さが選べる2Way仕様

クルッとチェアの一番の特徴は、その名の通り上下をクルッとひっくり返すだけで、高さの違うチェアに早変わりすること。座面の高さは16.5cmと12.5cmの2種類で、カラダの大きさや机の高さに合わせて使い分けられる2way仕様になっています。


股の間についている、ずり落ち防止のベビーガードも脱着が可能。前面にあるボタンを押せば簡単に付け外しができて、高い座面でも低い座面でも使用することができますよ。

凹凸の少ない形状で、お掃除しやすい

凹凸の少ない形状で、お掃除しやすい

座面や側面に凹凸が少ないため、一拭きでお掃除しやすいのもこのチェアの魅力の一つ。丸洗いはできませんが、ぬるま湯や薄めた中性洗剤での拭き取りはOKで、汚れても手軽に拭けると口コミでも評判です。


また、座面マットは取り外しすれば丸洗いが可能です。お食事にも使うベビーチェアは汚れがつきものなので、お手入れしやすいのは嬉しいですね。

ダイニングチェアの上でも使える、固定ベルト付き

ダイニングチェアの上でも使える、固定ベルト付き

クルッとチェアは床置きだけでなく、ダイニングチェアに取り付けても使用できます。ベルトをチェアの背もたれに回して金具に取り付けるだけと、固定の方法も簡単。ベルトの長さは調整可能なため、ある程度いろいろなチェアへの取り付けが可能です。


座面サイズの奥行きと幅が35cmより小さいチェアや座面に角度があるチェアなど、一部取り付けが推奨されていないチェアもある中、床置き・チェア置きの両方で使えるのは魅力的なポイントですね。

リッチェル クルッとチェアの口コミは?

軽くて扱いやすい・汎用性が高いなど、魅力がたくさん詰まったクルッとチェアですが、中には購入を迷ってしまうような気掛かりな口コミも見られます。実際にどんな口コミがあるのか、リサーチしてみました。

口コミ①:マットの隙間に食べこぼしが入りやすい

口コミ①:マットの隙間に食べこぼしが入りやすい

リサーチの結果まず気になったのは、座面マットの隙間に食べカスが入りやすいという口コミでした。食事のたびにマットを外して掃除せねばならず、その都度取り外す一手間がストレスという声も…。

マットの隙間から食べこぼしが入るので頻繁に取り外して掃除をしなければいけない。
クッションと座面の間に食べ物のクズが入り込んでしまうのがマイナスポイント。
食べこぼしが多い時期は毎回掃除しないと…汚ない。
汁物をこぼす我が家ではこの掃除が結構ストレスです。

口コミ②:チェアを床置きするとグラついて危ない

口コミ②:チェアを床置きするとグラついて危ない

続いて気掛かりだったのは、床に直置きして使うとグラつくという口コミです。軽さが特徴の1つであるクルッとチェアですが、その分赤ちゃんがグズったり動いたりすると前方に倒れそうになり、中には頭を打ちそうになったというかなり心配な口コミも見られました。

床置きの際、赤ちゃんが動くと椅子がぐらつきます。
グズった時に倒れたことがあり、怖い思いをしました。
床置きで一度使ってみたら、前に倒れて危うく子供が座卓に顔を打ちそうになった。
軽く作られているために持ち運びも楽で外食にも持っていけるのが良いところだけど、その分固定しないで使うときは大人が押さえていた方が良さそう。
床置きの状態で使っていますが、イヤイヤモードになって暴れ出すと前方に倒れそうになるので、気を付けながら使っています。

リッチェル クルッとチェアを実際に使って検証レビュー!

リッチェル クルッとチェアを実際に使って検証レビュー!

「マットの隙間に食べカスが入る」「床置きするとグラつく」という気掛かりな口コミも見られるクルッとチェア。評価する声も多いだけに、本当の使い心地はどうなのか気になりますよね。


そこで今回は、クルッとチェアを実際に使って、以下の3点について検証してみました。

検証①:使い勝手

検証②:お手入れのしやすさ

検証③:安全性

クルッとチェアも含め、人気のベビーローチェア全18商品を実際に使って、使用感を比較検証しています。他の検証結果が気になる方は、以下の記事もあわせて読んでみてくださいね!

検証①:使い勝手

まずは、使い勝手から検証しましょう。mybest編集部が赤ちゃん人形を使って日常的な動作を行い、ママと赤ちゃんの両方の視点から、使いやすい点・使いにくい点などを検証しました。検証には、1歳児の平均身長にあたる76cmの赤ちゃん人形を使用します。

一手間必要なものの、乗せ降ろししやすく姿勢もキープしやすい

一手間必要なものの、乗せ降ろししやすく姿勢もキープしやすい

ママと赤ちゃんの目線双方から評価したところ、総合評価は5点満点中3.7点となりました。まずはママ目線として乗せ降ろしのしやすさをチェック。画像のようにベビーガードを一旦外した状態であれば、座らせることも立たせることもスムーズに行えました。


ベルトは付いていませんが、ベビーガードがベルト代わりになるので安心。ガードの取りつけにくさもありません。


次に、赤ちゃん目線として座りやすさを評価。座面マットはラバーのようなグリップ感のある素材なので、おしりが滑ってずり落ちる心配はほぼありません。また、裏表を反せば身長に合った高さで使えるため、足を床につけやすくラクに姿勢をキープすることが可能です。


ただし、背中の支えがないことから腰が据わっていない赤ちゃんを座らせるのには不向き。メーカーが示している対象月齢のとおり、7ヶ月以降で一人でお座りができるようになってから使用しましょう。

検証②:お手入れのしやすさ

続いては、使い続けるためのポイントともなるお手入れのしやすさについて検証します。口コミでは「マットの隙間に食べカスが入りやすい」という声も見られましたが、実際のところはどうなのでしょうか?


今回はおかゆ・かぼちゃペースト・ケチャップをベビーチェアに塗って24時間放置。汚れが完全に乾いた状態でウェットティッシュで拭きとり、汚れのとれ具合をチェックしました。

ゴシゴシ拭けばどの汚れも落とせるが、やや色素沈着する結果に

ゴシゴシ拭けばどの汚れも落とせるが、やや色素沈着する結果に

まずは本体から検証していきます。本体に塗布した3種類の汚れはどれもスッキリと落とせて、お手入れしやすい素材であることが分かりました。かぼちゃのみ落とすのにやや力が必要でしたが、気になるほどではありません。


一方で、座面マットについてはやや苦戦。おかゆはラクに剥がれましたが、かぼちゃとケチャップはゴシゴシ擦らねばならず、さらに少し色素沈着が見られたのがマイナスポイントとなりました。これらの検証を踏まえ、お手入れのしやすさは、5点満点中2.4点という評価に。


口コミで見られた細かな食べカスについては今回の検証項目外でしたが、構造上、食べカスが座面マットの隙間に入ってしまうのは避けられない様子。ただしマットを外せばきれいにお掃除できるので、定期的にマットを外してお手入れできる方であれば許容範囲といえるでしょう。

検証③:安全性

最後に、安心して使うために外せない項目である、安全性について検証しましょう。口コミでは「床置きするとグラつく」という気掛かりな声も見られましたが、実際に使った感じはどうなのでしょうか?


日本の安全基準に沿った製品なので基本的に心配はないものの、3つのポイントを念のためにチェック。子育て経験者を含めたmybest編集部のスタッフ達が、「強度が十分でガタつかないか・怪我しそうな箇所がないか・ベルトの充実度や立ち上がり防止の工夫」を中心に検証し5点満点で評価しました。

安定感があり強度も十分だが、床置きで赤ちゃんを固定したい方には不向き

安定感があり強度も十分だが、床置きで赤ちゃんを固定したい方には不向き

検証の結果、比較的安全性が高く強度もまずまずだったことから、総合評価は3.7点に。底がほぼフラットで滑り止めも効いているため、ダイニングチェアの上でもガタつきません。強度も十分あって凹凸の少ないツルッとしたデザインなので、指挟みなどの怪我の心配もなさそうです。


床置きすると前に倒れやすいといった口コミがありましたが、ベビーガードをつけた状態で赤ちゃんが動けば、重心バランスが崩れて頭から倒れる可能性は否めません。取扱説明書に記載がある通り、暴れる場合は使わないほか、床置きする際はベビーガードで固定せず、立ち上がれる状態にしておく方が良いでしょう。


チェア自体が軽くどうしても赤ちゃんの頭に重心がいくことから、床置きメインで抜け出せないチェアを探している方には不向き。小さい間は、ダイニングチェアなどに固定して使用するのがおすすめです。

【レビュー結果】全18商品中9位!成長に合わせて多用途で使えるが、床置きの際は注意が必要

【レビュー結果】全18商品中9位!成長に合わせて多用途で使えるが、床置きの際は注意が必要

クルッとチェアは、成長に合わせて多用途で使えるものの、床置きする場合は注意が必要なベビーローチェアでした。また、汚れの色素沈着がマイナスポイントとなり、人気のベビーローチェア18商品中9位という結果に。


ベビーガードをつけたまま床置きで使うと転倒の可能性があるため、抜け出せない床置きチェアを探している方には向きません。ただし、クルッとひっくり返すことで座面の高さが変えられ、成長に合わせて長く使えるのは優秀!ブースターチェアにもなって、お出掛けにも活躍しそうですね。


さらに、ベビーガードを取り外せば乗せ降ろしが簡単、取りつけもラクにできてストレスなく使えます。放置した汚れは色素沈着してしまうため、早めの拭きとりは必須。しかし全体的にシンプルな形状で扱いやすいため、ダイニングチェアの上で気軽に使えるチェアを探している方は、検討してみる価値アリですよ。

専用テーブルをセットすれば、もっと快適に!

専用テーブルをセットすれば、もっと快適に!
出典:amazon.co.jp

離乳食やおやつなどのお食事タイムに使いたいなら、別売りの「クルッとチェア用テーブル」をあわせて使うのがおすすめです。


ダイニングチェアに取りつけて、家族一緒の目線でお食事できるクルッとチェアですが、テーブルとの距離があったり微妙に高さが合わないと、食べこぼしやグズリの原因になることも。でも専用テーブルを設置すれば、いつでも赤ちゃんの快適なポジションで一緒にお食事できますよ。


テーブル位置は2段階で調整可能で、チェアと同じく成長に合わせられるのもGood。1000円をきるプチプラなので、クルッとチェアを検討しているなら、あわせてチェックしておくのがおすすめですよ。

まとめ

今回は、リッチェルの人気商品、クルッとチェアの比較検証をレビューをしました。


床置きの際は固定できないものの、成長に合わせて多用途で使えるのが便利なベビーローチェアです。汚れたらすぐに拭くのを心掛けることで、色素沈着も防げますよ。比較的長く使うことができるので、気になる方はこの機会に試してみてくださいね!

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ