1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. アイロン
  6. >
  7. 日立 コードレススチームアイロン CSI307の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
パナソニック コードレススチームアイロン
パナソニック
コードレススチームアイロン
19,490円(税込)

日立 コードレススチームアイロン CSI307の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

日立 コードレススチームアイロン CSI307を実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

液晶ディスプレイに設定温度・かけ面温度目安が表示されるなどの分かりやすさも人気な、「日立 コードレススチームアイロン CSI307」。ネット上ではデザインなどを評価する声が見られるのに対して、性能について気になる口コミもあり、実際の質などが気になるところです。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、日立 コードレススチームアイロン CSI307を実際に使って、仕上がり・アイロンのかけやすさ・準備・片付けのしやすさを比較検証レビューしました!購入をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月30日
目次

使用感の良さが評判の日立 コードレススチームアイロン CSI307とは?

日立 コードレススチームアイロン CSI307は、日本はもちろん世界でも指折りの総合電機メーカー、日立のスチームアイロンです。


日立と言うと冷蔵庫やエアコン、洗濯機などの大型家電のイメージがありますが、スチームアイロン等の小型家電についても、さまざまなタイプを開発しています。

温度チェック可能な液晶ディスプレイが便利

温度チェック可能な液晶ディスプレイが便利

このスチームアイロンの特徴としてまず挙げたいのが、液晶ディスプレイで温度チェックができるという点。かけ面の温度が6段階のバーで表示されるため、今どれくらいの熱さなのかが一目で分かるのは非常に便利ですね。

パワースチームで頑固なシワもすぐに解決

パワースチームで頑固なシワもすぐに解決

本体に設置されているショットボタンを押すことで、パワースチーム状態となるのもこのスチームアイロンの特徴。強力なスチームで、頑固なシワや厚手素材にも対応できるのは嬉しいポイントです。


ハンガーにかけたままの状態でアイロンをかけられるだけでなく、タンク内の水を霧状のスプレーにして、衣類に直接当てることも可能。綿や麻素材などを仕上げる場合にも重宝します。

調整可能なスタンドは、縦置き・横置き自由自在!

調整可能なスタンドは、縦置き・横置き自由自在!

こちらは3段階に調整可能なスタンドで、最適な角度でアイロンがけを行えるのもポイントです。加えて、縦置き・横置きのどちらにも対応可能なのも見逃せないところ。小型家電とはいえ、それなりに場所はとりますから、こうした点にも配慮されているのは嬉しいですね。

日立 コードレススチームアイロン CSI307の口コミは?

随所に高い性能を備えたスチームアイロンですが、中には気になる声も見られました。ここでは、実際にどんな口コミがあるか調査しています。

口コミ:スチームの出が弱い

調査してみて多く見られた口コミが、スチームの出が弱いというもの。スチーム機能を売りにしている商品ですから、ここが弱いのは問題ですね。早速見ていきましょう。

口コミ:スチームの出が弱い
お手頃なのはいいのですが、スチームの弱さが気になります。スチームの強弱を選べると良かったです。
スチームの出が弱く、なかなか出ないため、ストレスがたまります。

日立 コードレススチームアイロン CSI307を実際に使用して検証レビュー!

日立 コードレススチームアイロン CSI307を実際に使用して検証レビュー!

日本を代表する電機メーカーの商品である一方で、不満の声もちらほら見られた日立 コードレススチームアイロン CSI307。ただし、実際に使ってみなければ本当のところは分かりませんよね。


そこで今回は、実際に日立 コードレススチームアイロン CSI307を使用して、以下の3項目を中心に検証してみます!


検証①:仕上がり

検証②:アイロンのかけやすさ

検証③:準備・片付けのしやすさ


こちらと合わせて、以下では人気のスチームアイロン26商品も実際に使って比較しています。以下の記事も、ぜひ併せてご覧くださいね。

検証①:仕上がり

検証は、もっとも気になる部分でもある仕上がりに関する点からスタートです。


今回は、圧縮袋に入れて3時間放置した、しわくちゃの綿100%シャツを使ってチェックを実施。日常的にアイロンがけをしない編集部員がスチームアイロンを使い、5分の制限時間内でどのくらいシワが伸びるかを確認していきました。

あまりシワは消えず不満の残る結果に

あまりシワは消えず不満の残る結果に

実際にスチームを当てた後で衣類をチェックしてみると、かなりの部分にシワが残ってしまっている結果に


大きなシワはある程度消えましたが、それでもかなり残っています。細かいシワも残っているので、ほんの気休め程度にしかなりません。

検証②:アイロンのかけやすさ

次に検証するのは、アイロンのかけやすさに関するポイントについて。


実際にアイロンがけを行い、握りやすさ・布滑りの良さ・小回りのききやすさ・満水時の重さ・スチームの出方の5項目をチェック。アイロン初心者目線で厳しく評価していきました。

スチームの出方以外は及第点以上

スチームの出方以外は及第点以上

実際に使ってみると、とても使い勝手の良い商品だと分かります。グリップが握りやすく、よく滑るため、かけ心地がいいのは大きなメリット。小回りはそこまで効きませんが、重心が後ろにあるため、安定感も◎。


唯一残念だったのが、スチームの出方。口コミにもあったように、あまり出ている感じはせず不満を覚えました。一回でシワを伸ばしきれない、少なめのスチーム量のため、アイロンがけには時間がかかってしっまいそうです。

検証③:準備・片付けのしやすさ

検証も最後となり、準備・片付けのしやすさを確認していきます。


今回の検証でチェックするのは、準備のしやすさと片付けのしやすさに関わる、立ち上がりスピード・給水のしやすさ・冷却時間の3つです。

立ち上がりも冷却も時間がかかるのが残念

立ち上がりも冷却も時間がかかるのが残念

日立 コードレススチームアイロン CSI307の立ち上がりスピードは1分10秒。他の商品と比べてもやや時間がかかります。また冷却の時間も長く、20分後のかけ面の温度は58.9℃と熱を保ち続けていました。また、クリアブラックのボトルで満水になったかが分かりにくい点はデメリット。不満の多い結果となりました。


ただし、準備完了・電源のつけっぱなしを音で教えてくれる機能には親切さを感じました。冷却時間は長めなものの、液晶で温度チェックができるため、欠点を上手くカバーしていると言えるでしょう。

【レビュー結果】人気のスチームアイロン26商品中21位!親切な設計が光るものの、肝心の仕上がり面に不満あり

【レビュー結果】人気のスチームアイロン26商品中21位!親切な設計が光るものの、肝心の仕上がり面に不満あり

衣類スチーマー26商品を比較検証した結果、日立のCSI307は21位という順位になりました。


ただ、シャツにはシワが多く残ったまま、立ち上がりや冷却にも時間がかかったように、仕上がりや準備・片付けのしやすさの上でマイナスとなる点が多かったため、この順位も致し方ないかもしれません。


一方で、握りやすいグリップでよく滑り、安定感があるのは、間違いなく評価に値する点です。また、準備が終わた時や点けっぱなしにしてしまった時、音で教えてくれる親切な機能を備えていたのも好印象。


もう少しアイロンとしての性能が高ければ…、思わずにはいられない商品でした。

コードレススチームアイロン CSI307の使い方は?

コードレススチームアイロン CSI307の使い方は?

今回の商品に限らず、スチームアイロンは正しい使い方をしなければ性能をしっかり発揮できない恐れがあります。そのため、まずは使用方法について把握しておくことが大切です。


日立 コードレススチームアイロン CSI307をスチームモードで使う際、まず注水から始めることになりますが、その際、ドライ・スチーム切り替えレバーはドライにしておくようにしましょう。給水したらスイッチを入れ、適温を知らせる「ピー」という音が鳴ったら使用開始です。


なお、スチームが少ない時は、ショットボタンを数回押してみるのがコツです。使用が終わったらドライモードに切り替え、タンクの水をすべて捨ててから収納してくださいね。

まとめ

今回は日立 コードレススチームアイロン CSI307を実際に使用して、ネット上でさまざまな評価が寄せられていた性能について徹底的に検証しました!


仕上がりや準備・冷却にかかる時間等の気になる点はありましたが、使い勝手のいい商品なのは間違いありません。かけ心地を何より重視する方には向いているので、この点を重視するなら、ぜひ購入を検討してみてくださいね。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ