1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. アイロン
  6. >
  7. FADIMANハンディーアイロン&スチーマーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
FADIMAN ハンディーアイロン&スチーマー
FADIMAN
ハンディーアイロン&スチーマー
2,699

FADIMANハンディーアイロン&スチーマーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

FADIMANハンディーアイロン&スチーマーを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

お手頃価格で購入できると人気の「FADIMAN ハンディーアイロン&スチーマー」。ネット上に寄せられている口コミをチェックすると、水漏れするため使いにくいなどマイナスの評価が寄せられています。そのため購入に踏み切れない方は多いのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、FADIMANハンディーアイロン&スチーマーを実際に使って、仕上がり・アイロンのかけやすさ・準備、片付けのしやすさ・スチームの量、性能について比較検証しました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。




全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年12月03日
目次

お手頃価格で購入できると人気のFADIMANハンディーアイロン&スチーマーとは?

この商品は、FADIMANから発売されているハンディタイプのスチームアイロンです。まずは商品の特徴をご紹介します。

様々な生地の素材に対応したブラシ付き

様々な生地の素材に対応したブラシ付き

生地の素材に合わせて使い分けることができる、フランネルブラシ・柔らかい毛のブラシがついてきます。フランネルブラシは羊毛コートやスーツ向きで、静電気・細かな毛などを効果的に除去することが可能です。


一方、柔らかい毛のブラシはカーテンやカーペット向き。生地の質感が滑らかになり、同時にホコリを絡め取って清潔な状態にしてくれます。これ1台だけで、あらゆる生地のシワや汚れケアできるのは嬉しいですね。

小型だから収納場所に困らない

小型だから収納場所に困らない

このスチーマーはコンパクトサイズで収納性バツグン!部屋の角やクローゼットのちょっとした隙間にしまえるため収納場所に困りません。収納スペースが少ないお家に住んでいる方でも、片づけやすくて便利です。

FADIMAN ハンディーアイロン&スチーマーの口コミは?

2種類のブラシ付きで様々な生地に使用できるアイロン&スチーマー。ネット上に寄せられている口コミの中には、使用感に不満を感じている人もいるようです。実際にどのような口コミがあるのかチェックしてみましょう。

口コミ①:シワが取りづらい

口コミ①:シワが取りづらい

口コミをチェックしたところ、シワが取りづらいと感じた方が目立ちました。シワが取れないと繰り返しスチームをかける必要があるためストレスになりそうです。

安く購入できるのは嬉しいですが、やっぱりお値段通りの効果かな…。シワがあまり伸びません。朝急いでる時に使うとイライラしてしまうので、残念です。
全然シワは取れません。
また、外国製なので説明書の日本語がメチャクチャで分かりにくいです。

口コミ②:水漏れする

口コミ②:水漏れする

残念なことに水漏れしやすいという口コミもありました。なかには、使っていると水が漏れてきたという人も…。設計ミスなのか不良品なのかはわかりませんが、安心して使えないのはネックですね。

使っていると水がジワーと漏れてきました。不良品なのかな?こんなに水漏れすると使えません。
ハンガーにかけたまま蒸気噴霧で使用すると熱い水が手に垂れ落ちることが度々あります。「360℃、垂直」と商品説明にあるのに角度によるのか熱湯が手に落ちるなんて…あり得ない。服に噴射した水が固まって付くし、使い勝手が悪すぎます。
水漏れが酷いです。まじなんなん。

FADIMANハンディーアイロン&スチーマーを実際に使って検証レビュー!

FADIMANハンディーアイロン&スチーマーを実際に使って検証レビュー!

ネット上ではマイナスな口コミも寄せられているFADIMANの商品。しかし最も気になるのは、実際に使ってみたときの感想ですよね。


そこで今回は、FADIMAN ハンディーアイロン&スチーマーを実際に使用して、以下の4点を比較検証しました。


検証①:仕上がり

検証②:アイロンのかけやすさ

検証③:準備・片付けのしやすさ

検証④:スチームの量・性能


いくつかの商品と比較したい方は、人気の衣類スチーマー15選の比較検証レビューもおすすめです。プレス兼用スチーマーなど、さまざまなタイプの商品をご紹介しています。以下のリンクからチェックしてみて下さいね。

検証①:仕上がり

まずは、衣類スチーマーを選ぶうえで最も気になる仕上がりを検証します。


シワが取りづらいという悪い口コミがありましたが、実際のところはどうなのでしょうか。綿100%のシャツにシワを付けるため、3時間ほど圧縮袋に入れて放置しました。


そして日常的にアイロンを使う習慣がないスタッフが、FADIMANのスチーマーでアイロンがけを行います。今回はドライアイロンそのもののスペックを調べるために、あえて霧吹きは使っていません。


ドライモードだけでアイロンがけをして、仕上がりを5段階で評価しました。

細かなシワを取ることができない…

細かなシワを取ることができない…

アイロンがけをした後も、シャツには細かなシワが残ってしまいました。特にシャツの表側に付いたシワがかなり目立ち、5点満点中1.5点の低評価に…。


クッキリついた大きめのシワはややキレイになったものの、完全にしわを伸ばすことはできませんでした。仕上がりは期待しない方がよさそうです。

検証②:アイロンのかけやすさ

次はアイロンのかけやすさに注目してみましょう。


アイロンがけに不慣れなスタッフが、握りやすさ・布滑りの良さ・小回りのききやすさ・重さ・スチームの出方をチェックしました。実際にアイロンを使用し、初心者視点で厳しく採点しています。

小回りがきかずスチームの出方にかなりムラがある

小回りがきかずスチームの出方にかなりムラがある

先端が丸い形になっているため小回りがきかず、細かいシワが伸ばしにくいのが難点です。また、スチームの出方にかなりムラがあるのも気になりました。調整がうまくできずイライラしてしまいそうです。


握りやすさ・布滑りは平均的な評価ですが、購入の決め手となる特徴がない商品だといえます。

検証③:準備・片付けのしやすさ

衣類スチーマーを選ぶうえで、準備・片付けのしやすさはとても大切なポイントですよね。この検証では、立ち上がりスピード・冷却時間・吸水のしやすさに注目して評価しました。

立ち上がりスピードは平均的!給水で苦戦しそう

立ち上がりスピードは平均的!給水で苦戦しそう

立ち上がりスピードは55秒で平均的です。本体が温まるまでに時間がかかり過ぎないのは嬉しいですね。一方、使用してから20分経過したときのかけ面の温度は53.5度でした。冷却までに時間を要するスチーマーといえます。


それから給水のしやすさですが、蓋が90度しか開かないためやや入れづらく感じました。蓋の部分に付いている突起物が邪魔になり、丁寧に水を入れないとこぼれてしまいそうです。

検証④:スチームの量・性能

最後にスチームの量・性能を検証します。口コミでは水漏れするという声が多数寄せられていますが、事実なのか気になりますよね。


検証の際にチェックしたのは、連続スチーム回数・スチーム量・水漏れの有無の3項目です。5点満点で評価しています。

連続で10〜15回スチームを噴射できる

連続で10〜15回スチームを噴射できる

スチーム機能を使ってみたところ、連続で10〜15回噴射することができました。しかしスチームの量がやや少ないのが残念です。


また、スチームボタンを押さなくても水が漏れてきました。周辺が水浸しになったため、スムーズに使用するのは難しそうです。急いでアイロンを掛けたいときは使いたくないですね。

【レビュー結果】人気の衣類スチーマー15選中15位!購入するメリットがない…水漏れしやすいのが残念

【レビュー結果】人気の衣類スチーマー15選中15位!購入するメリットがない…水漏れしやすいのが残念

水漏れがひどくスムーズに使えなかったこともあり、人気の衣類スチーマー15選中15位で最下位に…。全体的に低評価が続き、最下位という残念な結果に終わっています。


大きなシワを取り切ることは難しく、キレイな仕上がりは期待できません。スチームの出方にムラがあり、ボタンを押さなくても水が漏れてきます。


スチーマーとしての役割を果たさないため、購入するメリットはなさそうです。ほぼスチームを使わず、ちょっとしたシワを伸ばすために安いアイロンを探しているなら、試してみてもよいかもしれませんね。

まとめ

今回は、FADIMANハンディーアイロン&スチーマーを比較検証レビューしました。


水漏れしやすいのは残念ですが、ちょっとしたシワを伸ばしたい時におすすめですよ。安価で販売されていますので、購入を検討中の方はぜひこの機会に手に取ってみてくださいね。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ