資生堂 専科 パーフェクトバブル フォーボディー 500ml
資生堂
専科 パーフェクトバブル フォーボディー 500ml
469円(税込)

専科 パーフェクトバブルの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

専科 パーフェクトバブルを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

独自技術で不快な匂いをカットしてくれる専科 パーフェクトバブル。インターネット上では高評価な口コミが多く見られる一方、「かゆみ出る」「泡立ちが悪い」など気になる評判もあり、購入に踏み切れない方はいるのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、専科 パーフェクトバブルを実際に使って、洗浄力・保湿力・肌への優しさ・泡立ちとキメ細かさを比較検証レビューしました。記事の後半では使い方のコツを解説しています。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年05月13日
目次

保湿しながら体臭を予防してくれる人気の専科 パーフェクトバブルとは?

「この肌と、明日へ」をキャッチフレーズに、ユーザーのすっぴん肌を応援する資生堂の専科。以下ではそんな同ブランドから発売されている人気商品、パーフェクトバブルの魅力についてご説明します。

専科の技術で、不快な匂いが気にならない

専科の技術で、不快な匂いが気にならない

本商品の特徴は、匂いチェンジセンサーという独自香料技術を採用していること。汗菌や皮脂から発生する不快臭を取り込み、フローラルプラスの香りに変化させます。匂いが気にならない清潔な状態を1日中キープ。


なおフローラルプラスは、ベルガモット・レモン・ローズ・ジャスミンなどの果物と花々をミックスしたみずみずしく優しい香りです。甘すぎず爽やかと口コミでも評判。

保湿効果の高い白まゆ成分・ヒアルロン酸を配合

保湿効果の高い白まゆ成分・ヒアルロン酸を配合

また保湿成分として、白まゆから丁寧に抽出した高純度の天然シルクエッセンスと2種類のヒアルロン酸を配合。汚れを除去しながら肌に負担をかけず、しっとりとうるおいを与えます。

専科 パーフェクトバブルの口コミは?

良質な保湿成分と独自の匂いケア処方を特徴とする本商品ですが、中には購入を躊躇してしまうような口コミも見受けられます。実際にどんな口コミがあるか調査して見ました。

口コミ①:洗浄力が低めで、スッキリ感がない

口コミ①:洗浄力が低めで、スッキリ感がない

この他、洗浄力に関して不評が相次いでいます。洗い上がりのスッキリ感を重視したい方には物足りないようです。

長く使用を続けてだけど背中とか汚れが落ちたスッキリ感が無い。

口コミ②:乾燥して、肌がつっぱる

口コミ②:乾燥して、肌がつっぱる

さらに、肌がつっぱってしまうという声が散見されます。保湿力が足らず、特に冬場は乾燥しやすいようです。

少し肌がつっぱり。。。もう少し保湿あったらいいかなと思いました。
冬になって乾燥気味になってきました。

口コミ③:泡立ちが悪い

口コミ③:泡立ちが悪い

次に気になったのは、泡立ちの悪さを指摘する口コミ。結果的に大量のソープを出す必要があり、コスパが悪くなってしまうようです。

非常に泡立ちが悪いため、他社製品の倍の量を使う。

専科 パーフェクトバブルを実際に使って検証レビュー!

専科 パーフェクトバブルを実際に使って検証レビュー!

インターネット上では使用感や泡立ちなどに関して様々な口コミが寄せられています。しかし、そんな評判が本当なのか気になりますよね。


そこで今回は専科のパーフェクトバブルを実際に用意して、以下の4点を検証レビューしました。


検証①:洗浄力

検証②:保湿力

検証③:肌への優しさ

検証④:泡立ち・泡のキメ細かさ


本商品とあわせて、売れ筋のボディソープ全68商品も実際に使用して比較しています。他商品を含めたレビュー結果は下のリンクからチェックしてみてくださいね!

検証①:洗浄力

はじめに洗浄力を検証します。洗い上がりがスッキリしないという悪い口コミは本当なのでしょうか?


まず、ステアリン酸・オレイン酸を混ぜて着色した人工皮脂を用意します。この人工皮脂をガラスプレートに薄く塗って、肌の汚れを擬似的に再現


次に水で薄めたボディソープ液をコップに入れ、ハンドミキサーで30秒間泡立てます。泡の中でガラスプレートを20回揺らし、人工皮脂の落ち具合を目視でチェック。洗浄力を評価していきます。

洗浄力は低く、洗い残しが気になる

洗浄力は低く、洗い残しが気になる

洗浄力は他の商品と比べてもかなり低評価。ガラスプレートの人工皮脂はほとんど残っており、「ちょっと落ちたかな?」というレベルです。口コミで指摘されていたとおりスッキリせず、洗い残しが心配になります。

検証②:保湿力

次は保湿力の検証です。悪い口コミでは冬場に使用すると肌がつっぱると指摘されていたので、結果が気になりますね。


洗浄力の検証と同様に、希釈したボディソープをハンドミキサーで泡立てます。できあがった泡で肌をなでるように3回こすったあと、流水で洗い落とし、15分後に専用の機械を使って肌水分量を計測。


洗浄前と洗浄後の肌水分量を比較し、保湿力の高さを判断します。

保湿力はかなり低い!冬場や乾燥肌の使用は注意が必要

保湿力はかなり低い!冬場や乾燥肌の使用は注意が必要

保湿力は全68商品の中でも最低クラスです。洗浄後の水分量は検証前と比べてかなり低下しており、肌がカサカサになっています。悪い口コミのとおり、肌質や使用する時期によっては注意が必要です。

検証③:肌への優しさ

続いて、肌への優しさを検証します。かゆみが出てしまうという口コミが気になるところ。


成分に詳しい元化粧品研究者が成分表をチェックします。界面活性剤の種類・刺激になる可能性が高い成分の有無・保湿や肌荒れに効く成分の有無を確認

肌に残りやすい成分構成で、刺激となる可能性アリ

肌に残りやすい成分構成で、刺激となる可能性アリ

保湿力につづいて、肌への優しさも平均より低評価に。肌へ残留しやすい成分構成のため、人によってはかゆみなど刺激を感じてしまう恐れがあります。敏感肌の方は注意しましょう。


また、洗浄剤は石けん成分がメインです。泡立ちがいい反面、乾燥しやすいというデメリットを持つので乾燥肌の方も要注意。

検証④:泡立ち・泡のキメ細かさ

最後は泡立ちの検証です。泡立ちが悪いという悪い口コミの真偽を確かめていきましょう。


検証①②と同じように、水で薄めたボディソープ液を作りハンドミキサーで泡立てます。泡立ちの高さ・泡のキメの細かさを総合評価。さらにもこもこの泡が短時間で作れるかも確認していきます。

平均以上の泡立ち!

平均以上の泡立ち!

悪い口コミに反して、泡立ちの検証は高評価!他の商品と比べてもキメ細やかで、もこもこの泡が出来上がります。

【レビュー結果】全68商品中65位!泡立ちは高評価だが、肌に残りやすい成分構成が残念

【レビュー結果】全68商品中65位!泡立ちは高評価だが、肌に残りやすい成分構成が残念

売れ筋のボディソープ68商品を全て検証したところ、専科のパーフェクトバブルは65位に。洗浄力・保湿力・肌への優しさはいずれもかなりの低評価です。


洗浄力が低いにもかかわらず、肌に残留しやすくうるおいを奪ってしまう残念な成分構成。敏感肌の方や乾燥肌の方は避けたほうがベターといえます。


ただ、唯一泡立ちだけは高評価。スポンジやタオルなどの摩擦によるダメージから肌を保護してくれます。優しく洗い上げたい方なら一考の余地ありです。

空気を含ませるように泡立てるのがコツ!専科 パーフェクトバブルの使い方

空気を含ませるように泡立てるのがコツ!専科 パーフェクトバブルの使い方

最後に、本商品の使い方とコツを解説します。まずスポンジやボディタオルをお湯で湿らせて、1~2プッシュ程度ほど出しましょう。


次に、生地をこすり合わせて泡をつくります。この時、空気を含ませるように泡立てるのがコツです。両手で円を描くように20回程こすり合わせると、泡にうまく空気を含ませることができます。


泡ができたら力を入れず優しく擦り、最後にお湯で洗い流してください。なお、敏感肌の方は長めにすすぐようにしましょう。肌に成分が残らず、かゆみなどのトラブルを避けることができますよ。

まとめ

今回は専科のパーフェクトバブルを使って、気になる4点を徹底的に検証していきました。


成分構成的に敏感肌・乾燥肌の方には不向きですが、それ以外の肌質なら特に問題ありません。物足りない洗浄力は2度洗いで対処可能です。もこもこの泡で洗い上げることができますよ。ぜひ一度試してみてくださいね。

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ