京セラ 電動ダイヤモンドシャープナー
京セラ
電動ダイヤモンドシャープナー
2,360円(税込)

電動ダイヤモンドシャープナーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

電動ダイヤモンドシャープナーを実際に用意して、徹底的に検証しました!

電動パワーとダイヤモンド砥石で、素早く研げると評判の京セラのダイヤモンドシャープナー。手軽に使えることで人気ですが、切れ味や使い勝手については不満の口コミも見られるため、購入を迷っている方もいるのではないでしょうか。


そこで今回はその真偽を確かめるべく、実際にこのシャープナーを使って切れ味の戻りやすさ・使い勝手を検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年11月30日
目次

素早く鋭く研げると評判の電動ダイヤモンドシャープナーとは?

セラミック製品で有名な京セラが開発したこのシャープナーは、手軽に使える電動式。ダイヤモンド砥石を使った画期的な商品として、ネット上でも注目を集めています。まずはその特徴をみていきましょう。

ワンタッチで使える!操作が簡単な電動式

ワンタッチで使える!操作が簡単な電動式

この商品の一番の特徴は、誰でも簡単に使えること。電動式なので力を入れる必要はなく、包丁の刃をセットしたら、スイッチを入れて引くだけのワンタッチ操作で切れ味が戻ります。


角度を合わせるのが難しく、慣れやコツが必要になることの多い包丁研ぎ器ですが、この商品には研磨角度を一定に保つガイドが付いているので、初めてでも簡単に使うことができます。


集塵ファンが内蔵されており、研ぎくずが飛び出しにくいシャッター構造になっているのもうれしいポイント。包丁の切れ味が気になったら、お料理中でも粉塵を気にすることなくサッと研げるので、キッチンにひとつあれば重宝しますよ。

様々な材質の包丁に対応。京セラのナイフなら刃こぼれも修復

様々な材質の包丁に対応。京セラのナイフなら刃こぼれも修復

砥石に工業用ダイヤモンドが使われているため、研磨力は抜群。ステンレス包丁はもちろん、鋼材包丁・チタン製包丁など様々な材質の包丁に幅広く使えるのもこの商品の魅力です。


家庭で研ぐのは難しいと考えられていたセラミックナイフも、このシャープナーを使えば簡単。さらには京セラ製のセラミックナイフなら、刃こぼれしていても0.5mmほどのカケなら仕上げ直しが可能です。諦めていた刃こぼれも修復可能なのはとてもうれしいポイントです。

電動ダイヤモンドシャープナーの口コミは?

素早く研げると評価の高いシャープナーですが、口コミを調査してみると不安になってしまうような声もみられます。具体的にどのような意見が多いのか見てみましょう。

口コミ①:切れ味はいまいち。研いでも長く持たない

口コミ①:切れ味はいまいち。研いでも長く持たない

最も目立ったのは、切れ味があまり良くならなかったという口コミです。電動式に期待していたものの思ったほど研げない、研いだ後にすぐに切れなくなってしまうなどという声もありました。

見た目が電動で、凄く砥げそうだったが、使用してみるとあまり砥げませんでした。手で砥いたほうがきれます。
電動なので便利かなと思い購入し使ってみたが、切れ味はあまり良くならなかった。刃欠けの成形に使えるかなぐらいだった。砥石の方が便利だったので、今は棚の奥へ、、、

口コミ②:うまく使いこなすのは難しい

口コミ②:うまく使いこなすのは難しい

次に多かったのは、使いにくさに対する不満の声です。力加減が難しい・途中で止まるなど、電動式への不安を感じるような口コミが見受けられました。

包丁研ぎスライド時の力加減が微妙で包丁先端は支えがなく上手く研げない
右側は止まりにくいが左側は止まってしまいます。安全装置が敏感過ぎて切れるようにはなるがいまいち使いにくい。

電動ダイヤモンドシャープナーを実際に使って検証レビュー!

電動ダイヤモンドシャープナーを実際に使って検証レビュー!

電動式ならではの使いにくさを感じさせる口コミもあり、関心はあっても購入をためらってしまうこの商品。実際のところが知りたいですよね。


そこで、このシャープナーを使って以下の2点を検証してみます。


検証①:切れ味の戻りやすさ

検証②:使い勝手


なお、以下の記事では人気の包丁研ぎ器26商品を比較検証しています。合わせて参考にして、あなたにぴったりのアイテムを見つけてくださいね。

検証①:切れ味の戻りやすさ

最初に検証するのは、包丁研ぎにとって一番大事な切れ味の戻りやすさです。


この検証では、商品の説明に沿って100円ショップの包丁を研ぎ、24枚重ねた半紙を10回切って何枚まで切れているかをチェック。たくさん切れているものほど切れ味の戻りが良いと判定し、5段階で評価を行いました。なお、比較条件を一定にするため、包丁に重りをつけて切るときの力が一定になるようにしています。

切れ味の戻りはほとんど実感できず…

切れ味の戻りはほとんど実感できず…

研ぎ終えた包丁で半紙を切った結果、24枚重ねた半紙のうち切れたのは10枚以下。切れ味に関する評価は5点満点の1点という低い結果に終わりました。口コミでも、切れ味のよさはイマイチ・切れ味が長く続かないなどの声が見られましたが、実際の検証からもそれが証明されました。


ただ、刃こぼれの修正ができるのは便利で、切れ味が悪くなった包丁をすぐに使えるように簡単に研ぐことはできると感じました。手軽に使えるので、日常使いに向いているシャープナーだと言えるでしょう。

検証②:使い勝手

使いやすいことも、包丁研ぎ器を選ぶ上で重要なポイント。


チェックリストを作り、安定感・研ぎやすさ・対応素材・お手入れのしやすさ・収納性などを1つずつ検証。それぞれ5段階で使い勝手を評価しました。

普段使いにはこれ1つでバッチリ!初心者でも使いやすい

普段使いにはこれ1つでバッチリ!初心者でも使いやすい

使い勝手の検証では、5点中4点という高得点を獲得。特に、安定感・お手入れのしやすさ・対応素材の項目で高く評価されました。ハンドルもなく、一見した感じでは手にフィットする形には見えないのですが、軽く手を添えるだけで安定感があり安心して使える商品です。


研ぎくずがたまるところがパカッと開いて、お手入れしやすい構造なのも好印象。風通しがよく、丸洗いしても乾かしやすい点もプラス評価できます。


口コミでは電動式に対する不安の声も見られましたが、実際使ってみると途中で動作が止まることもなく、初めてでも簡単に操作できました。


バッテリーの状態や正しく操作できているかが一目でわかるお知らせランプ付きなのも、使い手の視点で考えられた親切な機能だと言えるでしょう。説明書をよく読んで正しい使い方をすれば、初心者でも簡単に使えるシャープナーだと評価できます。

【レビュー結果】人気の包丁研ぎ器26商品中17位!本格的な研ぎには向かないが、日常使いには便利

【レビュー結果】人気の包丁研ぎ器26商品中17位!本格的な研ぎには向かないが、日常使いには便利

26種類の包丁研ぎ器を比較検証した結果、このシャープナーは17位に。使い勝手では高評価ながら、肝心の切れ味の戻りが実感できず、順位は真ん中より少し下という結果に終わりました。


とは言え、普段使いの包丁を手早く研げるという点では優れたシャープナーだと言えるでしょう。本格的な研ぎを求める人には物足りない商品ですが、家庭で使う分には十分な性能です。ガイドに沿って包丁をセットしたら、引くだけでサッと研げるという簡単操作なので、初心者の方にもおすすめできます。


使える包丁の材質が豊富なのも便利。京セラ製ならセラミックの包丁もOKな上、刃こぼれの修復もできるというのは大きな魅力です。特に京セラ製のナイフを使っている方は、検討してみてはいかがでしょうか?

快適に研ぐためには?使い方のポイント

快適に研ぐためには?使い方のポイント

誰でも簡単に使えるとの評判がある一方で、口コミでも、電動式ならではの使いにくさに戸惑う声が見られたこの商品。そこで最後に、使い方のコツをご紹介しましょう。


使用する時は、次の手順に従って操作してください。


  1. 本体を手でしっかり押さえて操作スイッチを押し、お知らせランプが緑色に点灯したことを確認
  2. 操作スイッチを押したまま、右側の溝のガイドに合わせて包丁の付け根をゆっくり差し込み、約10秒かけてゆっくりと引きます
  3. 左側も同様に。ガイドに合わせて左側の溝に包丁の付け根を差し込み、ゆっくりと引きましょう
  4. 右左を2~3回繰り返せば、研ぎの完了です!

ポイントはふたつ。まずは、ランプが緑色に点灯した状態で使用すること。そして、ガイドに合わせて包丁をセットしたら、付け根から先まで力を入れないようにゆっくりと引くことです。ひとつひとつの動作を丁寧にすれば快適に研ぐことができるので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

今回は、京セラの電動ダイヤモンド シャープナーの検証レビューをご紹介しました。


簡単な操作だけで、お料理中でも素早く使える電動式のシャープナー。ひとつあればいろいろな包丁に使えるので、汎用性の高い包丁研ぎ器をお探しの方はぜひ検討してみてくださいね。

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ