1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. Ochre 包丁研ぎ器の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
Ochre ナイフシャープナー
Ochre
ナイフシャープナー
350円(税込)

Ochre 包丁研ぎ器の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

Ochre 包丁研ぎ器を実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

小さくて収納場所に困らないと評判の包丁研ぎ器「Ochre 包丁研ぎ器」。人気の一方で、「切れ味が戻らない」「刃こぼれする」という悪い口コミがあるのも事実で、購入に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、Ochre 包丁研ぎ器を実際に使って、切れ味の戻りやすさ・使い勝手の2点を中心に比較検証レビューしました。後半でお手入れ方法もご紹介しているので、購入検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月31日
目次

コンパクトで狭いキッチンでも使いやすいと評判のOchre 包丁研ぎ器とは?

手のひらに乗るコンパクトなボディで、狭いキッチンでも邪魔にならないと話題のOchre 包丁研ぎ器。まずは商品の魅力を細かくご説明していきます!

2種のシャープナーで本格的なお手入れができる!

2種のシャープナーで本格的なお手入れができる!

こちらの商品は、タングステン銅製の粗研ぎ用・セラミック製の仕上げ研ぎ用の2種類のシャープナーを搭載しているのが特徴です。まずは刃の摩耗を修復してから、粗さを取って滑らかに仕上げるという2ステップで、家庭でも本格的な包丁研ぎが可能に!


包丁を一定方向にスライドさせるだけで研磨できるので、使い方が簡単と評判です。包丁の先端だけを効率的に研ぐことができる設計が採用されているため、初心者でも失敗なく使うことができますよ。日本語の説明書も付属していて安心です。

底面にすべり止め付き。使い勝手を考えぬいたコンパクトボディ

底面にすべり止め付き。使い勝手を考えぬいたコンパクトボディ

底面にすべり止めパッドが付いているので、すべりにくく安定感があるのも特徴です。高さ4.5×長さ9.5×幅5㎝と小さいボディですが、手で握りやすいようヘコミが施されています。小さくても、片手でしっかり押さえながら包丁を研ぐことができますよ。


また、マンション・アパートなど、狭くて収納の少ないキッチンでも邪魔にならないのが嬉しいポイント。収納性・安定感・握りやすさなど、ユーザーの使い勝手を考えぬいたシャープナーと言えますね。

Ochre 包丁研ぎ器の口コミは?

切れ味が蘇る!と絶賛するレビューも多いOchreのシャープナーですが、インターネット上には一部ネガティブな感想が寄せられているのも事実です。そこで今回は、具体的にどのような口コミがあるのか調査してみました。

口コミ①:切れ味が戻らない

口コミ①:切れ味が戻らない

最も目に付いたのが、切れ味が復活しないという残念な口コミです。説明書がわかりにくく、正しく使えていないのか切れ味が全く良くならないという、まさかのレビューが。包丁研ぎ器なのに、刃の切れ味が戻らなければ意味がありませんよね。

使い方が悪かったのか、切れ味がよくなったとは感じませんでした。今後使いそうにないので処分しました。
使い方の説明書が料理初心者にはわかりにくいです。研ぎ方が悪いのか全然切れ味が良くなりませんでした。
値段が手ごろで、置き場所に困りません。ただ、研ぎ方の問題なのか、研いだ後の切れ味がいまひとつな気がします。

口コミ②:刃こぼれしてしまう

口コミ②:刃こぼれしてしまう

刃こぼれしてしまったという恐ろしい口コミも…。取扱説明書に従って研いだのにも関わらず、刃が欠けてしまったというレビューの真偽は気になるところです。

取扱説明書に従って使った結果、刃こぼれしました!

Ochre 包丁研ぎ器を実際に使って検証レビュー!

Ochre 包丁研ぎ器を実際に使って検証レビュー!

インターネット上では概ね高評価を獲得しているOchreのシャープナーですが、包丁の切れ味がきちんと戻るのかなど、実際に使ってみないと判断できないポイントが知りたいですよね。


そこで今回は、Ochre 包丁研ぎ器を実際に購入して、以下の2点について検証してみました。


検証①:切れ味の戻りやすさ

検証②:使い勝手


こちらの商品を含め、売れ筋の包丁研ぎ器全26商品を実際に使って比較検証している記事は以下のリンクから。スタンダードな角砥石や、パワーのある電動など、さまざまなタイプをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

検証①:切れ味の戻りやすさ

初めに、切れ味の戻りやすさを検証します。「切れ味が良くならない」という残念なレビューが見受けられましたが、それは事実なのでしょうか。


まず、100円ショップの包丁をOchre 包丁研ぎ器で研磨。研いだ包丁で、24枚重ねにした半紙を10回カットしていきます。半紙を切る力にバラつきが出ないよう、約300gの重りを包丁に付けて検証しました。

約20枚までカットできて、切れ味は上々!

約20枚までカットできて、切れ味は上々!

粗研ぎ石で3回、仕上げ研ぎ石で6回それぞれ研いだ包丁でカットできた半紙は15~20枚!切れ味はかなり良くなりました。


切れ味が戻らないというレビュー評価もみられましたが、2種類の砥石を正しく使えばしっかり刃を研磨することができるアイテムですよ。

検証②:使い勝手

続いて、使い勝手の良さを徹底検証。「刃こぼれした」という感想もありましたが、実際の使い心地はどうなのでしょうか。


シャープナーで実際に包丁を研いでみて、以下の点を細かくチェック。安定感の有無・研ぎやすさ・後片付けのしやすさなどを総合し、使い勝手を評価していきます。

安定感ゼロ…。持ちにくいし底面のすべり止めは効果なし

安定感ゼロ…。持ちにくいし底面のすべり止めは効果なし

最も気になったのは安定感の無さ。手を添えるためのヘコミが小さすぎて握りにくく、底面のすべり止めは効果がありませんでした。そのため、包丁を研いでいるときに研ぎ器が動いてしまいます…。V字型の砥石で包丁は研ぎやすいのですが、肝心の本体が安定しないことから、とにかく使いづらいです。


また、コンパクトボディで収納場所に困ることはないものの、付属カバーがついていないため不衛生な点も気になるところ。清潔にしまっておける工夫がないのは少し残念です。

【レビュー結果】包丁研ぎ器26商品中14位に。切れ味は復活するが、安定感が無く研ぎづらい

【レビュー結果】包丁研ぎ器26商品中14位に。切れ味は復活するが、安定感が無く研ぎづらい

人気の包丁研ぎ器全26商品を比較検証したところ、Ochre 包丁研ぎ器は14位という可もなく不可もなくといった結果に。2工程の研ぎで切れ味がしっかり復活する、すばらしい研磨力は高く評価できます。しかし、持ち手が握りづらいことや、底面の滑り止めの効果がないことがネックに…。


安定感がないため、包丁をうまく研ぐことができませんでした。これらのことがマイナス評価となり、順位が伸び悩んだといえそうです。このように、使い心地はいまいちではあるものの、切れ味重視なら一度トライする価値はあります。


ただし、扱いづらさがあるため、男性など手の大きい方や不器用な方は注意しましょう。なお、対応素材の記載がないことから、ステンレスの両刃包丁を研ぐときのみ使用することをおすすめします。

水洗い後はしっかり乾燥させて!Ochre 包丁研ぎ器のお手入れ方法

水洗い後はしっかり乾燥させて!Ochre 包丁研ぎ器のお手入れ方法

Ochre 包丁研ぎ器のお手入れ方法をご紹介します。食材を切る包丁を研磨するアイテムだからこそ、衛生面には気を配りたいところですよね。


こちらの商品は丸ごと水洗いすることができるので、使用後は細かな部分までしっかり水で洗浄しましょう。その際、砥石で手を傷つけないように注意が必要です!


水で洗ったあとは、収納する前にしっかり乾燥させると清潔な状態を保てます◎水分が残っていると、カビ・雑菌などの繁殖原因にもなりかねないので注意しましょう。乾燥させたら、ほこりをかぶらない場所に収納してください。

まとめ

今回は、Ochre 包丁研ぎ器を実際に使って、切れ味の戻りやすさ・使い勝手について徹底的に検証しました。


本体が小さすぎるため、手が大きい方は扱いづらいと感じてしまう可能性がありそうです。しかしながら、研磨力はは抜群ですので、購入を検討中の方は一度試してみてはいかがでしょうか。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ