1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. エバークック フライパンの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
ドウシシャ evercook フライパン
ドウシシャ
evercook フライパン
3,449円(税込)

エバークック フライパンの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

エバークック フライパンを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

汚れがすっきり落ちると評判の「エバー クック フライパン 26cm」。ネット上の口コミも高評価が圧倒的多数で、リピーターも数多くいます。一方で「熱伝導が悪い」「焦げ付く」という商品説明や高評価の口コミとは相反する意見もあり、購入を躊躇っている方もいるのではないでしょうか。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、エバー クック フライパン 26cmを実際に使用して、コーティングの耐摩耗性・熱ムラの少なさ・使い勝手を比較検証レビューしました!フライパンの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月30日
目次

ツルツルで焦げ付かないと好評のエバークック フライパンとは?

料理本も出しているタレント、小倉優子さんがイメージキャラクターのevercook(エバークック)のフライパン。フッ素樹脂加工が優秀で、焦げ付かない・ツルツルしていると評判です。まずは、その魅力を確認しておきましょう。

目玉焼きや餃子もスルッと皿に移せるコーティング

目玉焼きや餃子もスルッと皿に移せるコーティング

フッ素樹脂コーティングの商品は数多くありますが、エバー クックほどツルツルなコーティングは珍しいもの。くっつきやすい目玉焼きや餃子もスルッと皿に移せます。


フッ素樹脂コーティングが2層になっており、芯材となるアルミニウムの上にアルマイトコーティングを施した独自のアンカー構造によって、接着剤を混ぜなくてもフッ素樹脂とアルミニウム本体が密着。熱に弱い接着剤が含まれていないため、コーティングが長持ちするのが魅力です。

耐摩耗性試験で50万回擦っても耐えた実力

耐摩耗性試験で50万回擦っても耐えた実力

金属の板でフライパン表面を擦る「JIS S 2010耐摩耗性試験」に準じた試験方法では、50万回をクリアしたという本商品。使用上の注意として金属製のキッチンツールの使用はNGとなっていますが、表面の加工や耐久性にはかなり力を入れています。


また、長く使う内にフッ素コーティングが剥がれたとしても、酸化被膜のアルマイトコーティングが施されているため、アルミニウム本体の腐食を防いでくれるのも嬉しいポイント。こびりつきにくい状態が長く続くので、調理中の利便性はもちろん、汚れを落としやすくお手入れも簡単です。

熱によるコーティングの剥がれに対して1年間の保証付き

熱によるコーティングの剥がれに対して1年間の保証付き

また、内面フッ素樹脂の剥がれに対しては1年間の保証がついているところもポイント。ただし、この保証は熱による自然な剥がれを想定したもので、傷・焦げ付き・変色・膨張は対象外。保証対象になるハードルは高めですが、全く保証のない商品と比べればメリットは大きいですよ。


この記事の最後に使用上の注意を記載しています。その注意点に沿っていれば、万が一のときも保証対象になりやすいのでチェックしてみてくださいね。

エバークック フライパンの口コミは?

割合としては高評価が8割を超える本商品ですが、中には購入を躊躇ってしまうような批判的な口コミも。販売している小売業者・配送業者の管理ミスと考えられる新品時のキズなどは除いた、商品自体に対する悪い口コミをいくつか紹介します。

口コミ①:熱伝導が悪い

口コミ①:熱伝導が悪い

熱伝導率の高いアルミニウムが芯材なので、口コミの多くは温まり方に関して特に不満はない様子でした。


しかし、一部の口コミでは「熱伝導がよくない」「強火にしたくなる」といった指摘がなされています。これが商品のデメリットによるものなのか、個人の感覚の違いによるものかは検証する必要がありそうです。

熱伝導も悪くかなり強火にしないといけない。ほんの少しでも空焚き駄目って、ありえなあい。1年保証する気なんてないんだろうな。まあ、焦げ付かないから使ってるけど、おっかなびっくりで使い、買いなおししそう。
熱伝導があんまりよくないのでIH強にしても全然強くならない。それが、チャチャっと料理したい炒め物の際に結構ストレスです。

口コミ②:焦げ付く

口コミ②:焦げ付く

焦げ付かないことがこの商品のウリですが、「初回から焦げ付いた」という声もあれば、「使用して数回で焦げ付くようになった」という口コミも。逆に「長く使用しているが焦げ付かない」という意見も少なくありません。正反対の意見が出ているため、今回の検証で明らかにしていきましょう。

本日届いて目玉焼きを焼いたらいきなり焦げ付きました。
使いはじめて2回目、ナスを焼いていたら焦げ付きました。焦げは内部に入り込んでいるのか、こすってもうまく取れません。

エバークック フライパンを実際に使って検証レビュー!

エバークック フライパンを実際に使って検証レビュー!

商品情報や高評価レビューとは異なる「熱伝導が悪い」「焦げ付く」といった声も上がった、こちらの商品。どちらが真実なのかは、実際に使ってみないことにはわかりません。


そこで今回は、エバー クック フライパン 26cmを実際に使用して、以下の3項目で検証を行いました。


検証①:コーティングの耐摩耗性

検証②:熱ムラの少なさ

検証③:使い勝手


また、以下のリンクでは本商品を含む人気の全22商品について同様の項目で検証。その総合評価をもとにランキング化しています。フライパンの購入を検討中の方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

検証①:コーティングの耐摩耗性

食材がくっつかない状態がどれだけ続くかは、コーティングの耐摩耗性の程度によるところが大きいもの。口コミでは「焦げ付く」という声も上がっていましたので、この検証で確かめてみましょう。


500mlのペットボトルにスチールウールをセットし、力を入れずにフライパンの内面を擦ることで、検証する全22商品が同一の圧力になるようにしました。擦る回数は1,000回で共通です。


その後、擦ったフライパンで油をひかずに薄焼き卵を作り、くっつくかどうかを確認します。新品の状態と比較することでコーティングの摩耗性を確かめました。くっつく程度に応じて5点満点で評価しています。

抜群の耐摩耗性で満点!卵は全くくっつかない

抜群の耐摩耗性で満点!卵は全くくっつかない

検証の結果、1,000回擦っても卵が全くくっつかないほどの耐摩耗性が確認できました。もちろん、新品の状態でもスルッと離れるため、口コミにあったような焦げ付きは商品のせいではないようです。


食材がくっついたり焦げ付いたりするのは、フライパンの素材よりも温度の問題であることが大半。卵に関しては、80度でタンパク質が変化して金属にくっつくようになり200度を超えると焦げ付きます。卵を焼くときは、80度以上200度未満になるようにしましょう。


他の食材にも調理する際の適温があるため、これを意識することが大切です。また、せっかく温めたフライパンを冷やさないよう、冷蔵庫から出した食材は常温に戻しておくのもコツ。これらを実践すれば、調理中に食材がくっついたり焦げ付いたりすることを防げますよ。

検証②:熱ムラの少なさ

続いては熱ムラの少なさの検証です。この検証ではサーモカメラを使用するため、口コミにあったような熱伝導の良し悪しも確認できます。


ガスコンロでフライパンを1分間加熱し、その内面をサーモカメラで撮影。画像の中で最も高温は白、そこから温度が下がっていくと黄からオレンジ、赤へと変化していきます。フライパン全体が高温色であれば5点とし段階的に点数化しました。

中央部が最も高温とはなるものの、全体的にほぼ均一

中央部が最も高温とはなるものの、全体的にほぼ均一

5点満点中4.3点で、高温色がほとんどという優秀な結果になりました。1分間の加熱で高温色になっている以上、口コミにあったような熱伝導の悪さはほとんどないといえます。考えられる原因としては、IHコンロのセンサーの不具合や食材を冷蔵庫から出した直後で温度が低かったなどでしょう。


とはいえ、完全に熱ムラがないわけでもありません。中央部が最も高温の白でその周辺が黄色、縁の付近だけややオレンジなため、高温で野菜のシャキシャキ感を残したい炒め物などは中央をメインに使うのがおすすめです。

検証③:使い勝手

最後は、フライパンを毎日使いたくなるかどうかを決める重大な要素「使い勝手」の検証です。新品のフライパンで実際にチャーハンを作ってみて、重さと煽りやすさを確認しました。


また、焦げ付きにくさや汚れの落としやすさなど、お手入れが簡単かどうかもチェック。その他、実際に使ってみて感じたことを含めて総合的に評価し、5点を満点で点数をつけました。

特に不満な要素なし!ただし点数は3.5

特に不満な要素なし!ただし点数は3.5

特に不満な要素はなく総合的には高評価。それでも3.5点という結果にとどまったのは、あと一歩何か特別な要素があればといったところです。同様の検証を行った全22品の中でも、4.0点の壁を突破したのは2商品だけなので充分な結果です。


柄はやや高めに感じられましたが、手にフィットする感じがあり煽りやすさは◎。火の回りも問題なく、チャーハンの卵までしっかり火が通ります。

とにかくツルツルでお手入れ楽々

とにかくツルツルでお手入れ楽々

コーティングがとにかくツルツルで、滑りの良さが抜群です。ただ、これは良くも悪くも滑ってしまうということでもあるため、料理は選ぶかもしれません。


とはいえ、全くこびりつきがなく、洗っているときの抵抗もないためお手入れは楽々。洗うとすぐにキュッキュッという音が鳴るほど綺麗になります。泡切れも良好で、洗いやすさだけなら満点。それほど重くもないため、全体的にみて扱いやすいフライパンでした。

【レビュー結果】人気のフライパン22商品中1位!抜群に優秀なコーティングと使いやすい形状が◎

【レビュー結果】人気のフライパン22商品中1位!抜群に優秀なコーティングと使いやすい形状が◎

コーティングの強さ・こびりつきにくさは、他の追随を許さぬ実力。総合評価では全22商品中1位に輝きました。口コミでは熱伝導が悪いという声もありましたが、サーモカメラによる検証ではこの欠点もみられません。価格も含めて考えると、かなりコスパの良い商品です。


浅すぎず深すぎずの縁の高さに加え、食材が滑りやすいことからタレを絡めるときなどに使う煽りのしやすさも抜群。縁が丸みを帯びているため、チャーハンなどの飛び散りやすい料理も上手に返せます。汚れまでスルッと落ちて、お手入れが簡単なのも毎日使いたくなるポイントです。


ガスコンロ・IHをはじめオール熱源対応になっているため、引っ越しなどでキッチンが変わっても使用できますよ。丁寧に使って長持ちさせましょう。

エバークック フライパンを使う上での注意点

エバークック フライパンを使う上での注意点

ランキング1位に輝いた本商品ですが、使用上の注意点がいくつかあります。まず、強火での使用はNGです。ガスコンロの場合は中火を目安に、フライパンの底面より大きくならないようにしなければなりません。IHなどの電磁調理器の場合は出力は中までです。


油の量が節約できると人気の、フライパンによる揚げ物もNG。油を使う場合は、温度が200度以上にならないよう注意が必要です。なお、今回の熱ムラの検証では空焼きしましたが、空焼きすると変形やフッ素樹脂加工の損傷の恐れがあるため、予熱は30秒以内にしましょう。


その他、金属製のヘラは傷がつきやすいため、木製やプラスチック製を推奨しています。さらに長く愛用したいのであれば、コーティングだけに頼らず薄く油をひいてから調理すると、こびりつきが抑えられて長持ちしますよ。

まとめ

今回は、エバー クック フライパン 26cmを実際に使って検証しました。


どんな商品でも賛否両論は必ず出るもの。一概に万人受けするとはいえませんが、期待して良い商品です。焦げ付きを防ぎ汚れ落ちの良いフライパンを求めているなら、この商品の購入を検討してみましょう。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す