北陸アルミニウム IHハイキャスト フライパン 26cm
北陸アルミニウム
IHハイキャスト フライパン 26cm
3,980円(税込)

北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cmの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cmを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

アルミニウムの専門企業が作った「北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cm」。ネット上の口コミでは、IHコンロで使用している人が多く「熱の通りが良い」「焦げ付かない」と評判です。一方、正反対の意見や「重くて扱いにくい」という声も上がっています。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cmを実際に使用して、コーティングの耐摩耗性・熱ムラの少なさ・使い勝手を比較検証レビューしました!フライパンの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年11月11日
目次
IHハイキャスト フライパン 26cm

北陸アルミニウムIHハイキャスト フライパン 26cm

3,980円 (税込)

IHコンロとの相性の良さで人気の北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cmとは?

富山県高岡市の鋳物発祥の地で、アルミニウムを専門に取り扱う企業が作成した「北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cm」。長年の技が光る丈夫さ、それでいて最新のIHキッチンにも合うデザインが人気です。まずは、その魅力を見ていきましょう。

熱伝導率が高く変形しにくいアルミキャスト(鋳造)製

熱伝導率が高く変形しにくいアルミキャスト(鋳造)製

北陸アルミニウム(ほくあ)は、キッチンツールだけでなく建材や特注家具も製造するアルミニウムの専門企業。こちらの商品も、そのノウハウを活かした合金のアルミキャストを使用しています。


アルミは熱伝導率が高い素材であるため、ムラなく均一に温まるのが嬉しいところ。一方で比較的柔らかい金属なので、変形しやすいというデメリットも持っています。


しかし、この商品はアルミ板をプレスして成型するのではなく、溶かしたアルミを型に流し込む鋳造製。自然硬化の過程で熱変形に強い結晶組織を形成するため、一般的なアルミ製品よりも変形しにくくなっています

テフロンプラチナ加工で汚れ落ち◎

テフロンプラチナ加工で汚れ落ち◎

日常会話ではフッ素樹脂加工全般を「テフロン」と呼びますが、テフロンはケマーズ社(デュポン)の商標です。こちらの商品は、そんなケマーズ社のテフロンの中でも耐久性に優れたプラチナテフロンを採用。テフロンマークも付いたパフォーマンスバツグンの一品です。


焦げ付きにくく油汚れがサッと落ちるのが特徴なので、お手入れのしやすさには期待できますよ。

Wセラミック配合の頑丈な造りと、オール熱源の便利さを体感!

Wセラミック配合の頑丈な造りと、オール熱源の便利さを体感!

内側のトップコートの下に2層の超硬質セラミック、外側にもセラミック塗装を施し底は特厚のアルミキャストという頑丈な造り。トップコートとセラミックの2層は高密度の3層構造になっているので、テフロン表面の耐久性も◎です。


なお、IHコンロと相性の良いフライパンではありますが、オール熱源にも対応しています。家庭用ガスコンロ・ラジエントヒーター・ハロゲンヒーター・エンクロヒーター・シーズヒーターでも使えますよ。

北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cmの口コミは?

ネット上の口コミは大半が高評価とはいえ、中には購入を躊躇するような批判的な意見も。その中で目立ったものを見てみましょう。なお、通販利用者からは「変形していた」という声もいくつか上がっていますが、これは商品というより配送の問題と考えられるため今回は取り上げません。

口コミ①:熱の通りが良くない

口コミ①:熱の通りが良くない

熱伝導率の高いアルミ製にも関わらず「熱の通りが良くない」「焼くのに時間がかかる」という声がいくつかありました。しかし、「すぐに食材に火が通って時短になる」「熱伝導が良い」という声も多数あり、評価が分かれています。


こちらについては、どの料理をしたときに実感したかや個人の時間感覚にもよるので、客観的に検証する必要がありそうです。

IH対応で好レビューだったから購入したのに、1番強いレベルで熱しても反応が凄く薄くて、イライラします。肉を焼くのに今までのフライパンの倍以上時間がかかりました。
今まで使っていたフライパンに比べると熱電導が非常に悪く、なかなか温まらない上になかなか焼けません。

口コミ②:重い

重さに対する指摘は、高評価の口コミも含めて少なからず上がっていました。たしかに、フライパンとしては重めの1.07kgあるため、重さに関する意見が出るのは頷けます。


この重みを「安定感がある」と評価する声もあれば、「重くて洗うのが大変」「使う人を選ぶ」という批判的な声も。中には「筋トレ器具として購入した」というユーモアあふれる高評価レビューもありましたが、それだけ体感として重いということでしょう。

重くて毎回洗うのがキツイ‥
母親のために注文しましたが,重いため使えず.若い人なら大丈夫かもしれません.物自体はしっかりした作りでとても良いと思いますけど.

北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cmを実際に使って検証レビュー!

北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cmを実際に使って検証レビュー!

ネット上の口コミでは重さを不便に思う声や、商品説明とは相反する「熱の通りが良くない」といった不満の声がありました。しかし、一般的には評価の高い商品のため、実際に使ってみなければ真偽のほどはわかりません。


そこで今回は、北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cmを実際に使って、以下の3項目を検証しました。


検証①:コーティングの耐摩耗性

検証②:熱ムラの少なさ

検証③:使い勝手


また、人気のフライパン全22商品を同様の項目で検証しました。本商品と比較してみたい方は、次のリンク先もぜひチェックしてくださいね!

検証①:コーティングの耐摩耗性

商品説明では耐久性に優れたテフロンプラチナということでしたが、耐摩耗性はどうなのでしょうか。使い方によって評価が分かれがちな項目のため、比較する人気のフライパン全22商品が同一条件になる方法で検証しました。


スチールウールをセットした500mlのペットボトルで、力を入れずに1,000回擦ることで、圧力の個人差や傷の付き方の差を限りなく排除。


その上でコーティングがどの程度摩耗してしまったか、料理に影響があるかを調べるために、油をひかずに薄焼き卵を作り新品で作ったときと比べてくっつくかどうかを確認しました。

摩耗という点では耐久性を期待できない

摩耗という点では耐久性を期待できない

卵は擦ったラインに沿って、こびりつくという結果に。擦った段階から目に見えてコーティングの光沢が薄れたこともあり、耐摩耗性という点ではあまり期待できません。


商品説明のように「耐久性」というと摩耗にも強そうに思えますが、耐熱性・耐薬品性などフッ素樹脂加工の特性のみを示すようです。


長く使うためにもフライ返しやトングなどのキッチンツールは、金属ではなくシリコン製を使うことをおすすめします。

検証②:熱ムラの少なさ

口コミでは「熱の通りが良くない」といった声がありましたが、実際のところどうなのか検証してみましょう。


食材の温度や配置で差が出ないよう空焼きの状態で1分間加熱し、サーモカメラで撮影。使用したサーモカメラの画像の色は、高温から順に、白→黄→オレンジ→赤→紫へと変化します。


フライパン全体が高温色であれば5点、高温色が7割なら中間の3点、高温色が極端に少なければ1点として点数化しました。

検証結果は5点満点!悪い口コミは商品の原因ではなさそう

検証結果は5点満点!悪い口コミは商品の原因ではなさそう

点数は5点満点。フライパンの底面は全体が白と黄の高温色で、コンロの火元を中心に温度変化はするものの、熱ムラというほどのことはありません。


これだけ全体が高熱になるフライパンであれば、口コミにあった「熱の通りが良くない」というのは疑問です。フライパン自体の問題というよりは、コンロのセンサーの不具合や食材の温度の問題と考えられます。

検証③:使い勝手

さて、最後の検証は使い勝手です。フライパンは使用頻度の高いツールであるため、極力ストレスなく扱えるかどうかが重要なポイントとなります。口コミにあった「重い」という指摘についてもこちらで確認します。


注視したポイントは、重さ・煽りやすさ・手入れのしやすさ。新品の状態のフライパンを使い、実際にチャーハンを作ることで総合的に判断しました。

重く煽りには向かない。炒めものより焼きものにおすすめ

重く煽りには向かない。炒めものより焼きものにおすすめ

使ってみて、まず最初の感想は「重い!」でした。口コミでも「筋トレ」というワードが上がっていましたが、mybestの検証でも同様に「もはや筋トレ」という感想が出ています。重さはかなり際立っており、扱いにくさは否めません。


また、重さだけでなく形も含めて煽り向きではないことがわかりました。縁の角度が垂直気味で、柄が斜め上向きにまっすぐ伸びているため握りづらいからです。フライパンを煽ったりゆすったりする炒め物より、ステーキやソテーなど焼く料理に向いています

卵が少々くっつくが、お手入れのしやすさは問題ないレベル

卵が少々くっつくが、お手入れのしやすさは問題ないレベル

耐摩耗性の検証で1,000回擦った後は卵がこびりついてしまいましたが、新品状態でチャーハンを作ったところ、米はわりとスルスル落ちて卵も少々くっつく程度でした。重さを気にしなければ、コーティングのおかげで洗いやすく泡切れも良好です。

【レビュー結果】全22商品中18位!重さと耐摩擦性が難点ではあるものの、焼く料理には十分なフライパン

【レビュー結果】全22商品中18位!重さと耐摩擦性が難点ではあるものの、焼く料理には十分なフライパン

重いこととコーティングの耐摩擦性に劣るため、炒め物やパスタなど煽りが必要でトングや菜箸をかき回す料理にはあまり向いていません。そのため、煽りや炒め物を中心とした今回の検証では、全22商品中18位という低い結果になりました。


しかし、熱ムラの検証では最高評価。炒め物には向きませんが、フライパン全体が均一に高温になるため、表面をカリッと焼きたいステーキやムニエルにはぴったりです。


テフロンコートが剥げなければ焦げ付きの心配は少なく、油汚れもするっと落ちます。生姜焼きやブリの照り焼きなど、タレの焦げ付きが気になる料理にも良いでしょう。コーティング以外は丈夫なので、作る料理を選べば長く愛用できそうです。

まとめ

今回は、北陸 アルミ フライパン IH ハイ キャスト 26cmを検証しました。


総合評価としては全22商品中18位という下位におさまることになりましたが、熱ムラの少なさは満点と秀でておりコーティングが無事な状態での汚れ落ちも良好です。チャーハンなどの炒め物には向きませんが、煽りの必要のない料理用に1つあれば重宝しますよ。

IHハイキャスト フライパン 26cm

北陸アルミニウムIHハイキャスト フライパン 26cm

3,980円 (税込)

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ