ビタクラフトジャパン 抗菌まな板
ビタクラフトジャパン
抗菌まな板
3,840円(税込)

ビタクラフトジャパン 抗菌まな板の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

ビタクラフトジャパン 抗菌まな板を実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

「食材を切りやすい」「今までで最も納得できるまな板」と、ユーザーから高く評価されているビタクラフトジャパン 抗菌まな板。しかし一方では、「滑って切りにくい」「包丁の傷がつく」「汚れがとれない」など、気になる口コミも目立つので、なかなか購入に踏み切れないという方もいるのではないでしょうか。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、ビタクラフトジャパン 抗菌 まな板を実際に使って、使いやすさ・傷つきにくさを比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年10月30日
目次

使いやすいと評判のビタクラフトジャパン 抗菌まな板とは?

熟練の職人によって作られた高品質なステンレス鍋やフライパンなどの調理器具を手掛ける、ビタクラフトジャパン。どのアイテムも高耐久かつ調理に使いやすいと評判です。そんなビタクラフトジャパンが手掛ける抗菌まな板は、どのような魅力があるのでしょうか。まずはその特徴から見ていきましょう。

半永久的な抗菌力でいつでも衛生的。効果は科学的に実証済み

半永久的な抗菌力でいつでも衛生的。効果は科学的に実証済み

まず大きな特徴として挙げられるのは、優れた抗菌効果を持っているところです。まな板に特殊な抗菌剤を練り込み、食中毒の原因となる大腸菌(O-157等)・サルモネラ菌・ブドウ球菌などからしっかりガード。これらの菌がまな板に付着しても、増殖を抑えてくれるため安心して使うことができます。


非抗菌加工のものと比較した滅菌率は、なんと99%以上。しかも効果は半永久的です。その効果と持続性は科学的に証明されており、長く安心して使うことができます。飲食による危険を防ぐための「食品衛生法」の基準も満たしており、食材に触れる調理器具としては非常に理想的な商品です。

切りやすいのに包丁を傷つけない材質で、使い心地抜群

切りやすいのに包丁を傷つけない材質で、使い心地抜群

ビタクラフトジャパンの抗菌まな板には、特殊エラストマーと呼ばれる材質が使われています。木製・プラスチック製・ゴム製のまな板のメリットだけを集めたような優れた材質で、快適な使い心地を実現しました。


包丁の刃当たりは、木製まな板のようにソフト。それでいてゴムのような弾力があり、包丁の刃を傷つけません。高級包丁を愛用している方や、刃こぼれを心配する方にもぴったりです。弾力性があるおかげで食材を切るときの手への負担も軽減してくれますよ。


さらに、食材のカスや臭いがこびりつきにくい・まな板に包丁傷がつきにくいというプラスチックのメリットもプラス。まな板の表面は凹凸加工で滑りにくさも抜群です。「今までにない最高の使い心地」と評価されているのにも納得できます。

お手入れだって簡単!食洗機や食器乾燥機もOK

お手入れだって簡単!食洗機や食器乾燥機もOK

お手入れがとっても簡単なところも魅力です。水を弾く力に優れているため、使い終えた後はサッと水洗いして布巾で拭き取るだけ。抜群の水切れでまな板に付着した水分もすぐに乾き、使いたいときはいつでもさらりとした状態に保てます。


130度までの耐熱性もあるので、食洗機や食器乾燥機も使用可能。煮沸・熱湯消毒にも対応可能で、汚れが気になったときの念入りなお手入れもしやすいですよ。毎日の調理に最適なまな板と言えますね。

ビタクラフトジャパン 抗菌まな板の口コミは?

抗菌性と使いやすさから「手放せない」と言う人も多いビタクラフトの抗菌まな板。しかし、ネット上の口コミを見ると気になる声も見られます。そこで、どのような口コミがあるのか調査を行いました。

口コミ①:まな板や食材が滑ってしまって切りにくい

口コミ①:まな板や食材が滑ってしまって切りにくい

調査した中で特に多かった声は、まな板や食材が滑って切りにくいというものでした。まな板自体に防滑性があるとなっているものの、実際に使ってみると滑ってしまうこともあるようです。また、食材が濡れた状態だとまな板の上で滑り、切っている最中に危険を感じたという人も…。

滑りにくいって書いてあったけど普通にめっちゃ滑る。千切りしてたらまな板ごと前に進んでいく…
使用前に洗ったのだが、水がつくとつるっと滑ってしまい、まな板をシンクに落としてしまった。
使用中、別の野菜を切る前に汚れた表面を軽く水で流したのだが、そのあと切った大根が滑って切りにくかった。水が表面に残っていると滑りやすくなるようで、少々危険に感じた。

口コミ②:傷つきにくいと謳っているものの、傷が目立つ

口コミ②:傷つきにくいと謳っているものの、傷が目立つ

包丁傷がつきにくいことを謳っている商品ですが、普通に傷がつくという声も見られました。特に、黒いタイプを購入した方は傷がくっきり見えると評価しており、きれいなまま使いたい方にとっては心配になります。包丁傷の溝が白っぽくなって目立ってしまうという声もありました。

傷がつきにくいとかいてあるけどすぐ傷がついてしまった...。
キズが付きにくいとのふれこみであったかが、これまでに使った他社製品と変わりない。

ビタクラフトジャパン 抗菌 まな板を実際に使って検証レビュー!

ビタクラフトジャパン 抗菌 まな板を実際に使って検証レビュー!

使いやすさで非常に評判の良いビタクラフトジャパンの抗菌まな板。しかし、口コミでは商品の謳っている特徴と真逆な意見も上がっているため、一体どちらが本当なのか心配ですよね。これは使ってみなければはっきりさせられません。


そこで、ビタクラフトジャパン 抗菌 まな板を実際に使って、以下の2点について検証してみたいと思います。

検証①:使いやすさ

検証②:傷つきにくさ

こちらでは、人気のまな板21商品を徹底比較し、検証を行っています。ビタクラフトジャパンの抗菌まな板はもちろん、売れ筋のまな板が多数登場していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

検証①:使いやすさ

まず検証するのは、まな板の使いやすさについて。まな板の滑りにくさ・切りやすさ・食材の滑りにくさを実際に使って試し、総合的に評価してみます。口コミで不満の声が多かった「滑って切りにくい」というのは本当でしょうか。なお、今回の検証では滑りやすい食材として長いもを使用しています。

長いもは滑って切りにくいが、安定感があって包丁の当たりも◎

長いもは滑って切りにくいが、安定感があって包丁の当たりも◎

使用感を試してみたところ、さすがに長いもは滑って切りにくさを感じました。食材に水分が付着していたり、水気を多く含んでいる場合は、口コミ通り滑って切りにくいかもしれません。洗った野菜などは、できるだけキッチンペーパーなどで水分を拭ってからカットすると良いでしょう。


まな板自体は安定感があり、キッチンの天板に密着している感じが得られます。ただし、まな板に濡れた手で触れると、水気のせいでまな板ごと滑って切りにくくなってしまうかも。乾いた布巾などで水気を拭ってから使った方が良さそうです。包丁の当たりは非常に柔らかで、刃こぼれを心配せず使えるでしょう。

検証②:傷つきにくさ

続いて検証するのは、まな板の傷つきにくさです。ビタクラフトジャパンの抗菌まな板でニンジンを3000回みじん切りし、使う前と後の傷の状態を比較してみます。傷つきにくさを謳っていますが、口コミにあった通り包丁傷はつきやすいのでしょうか。

切った分だけ傷つく…。ただし深い傷はつきにくい模様

切った分だけ傷つく…。ただし深い傷はつきにくい模様

検証後のまな板の状態を見てみると、たくさんの包丁傷がうっすら確認できました。気になるほどではありませんが、どうやら切った回数の分だけ包丁傷がついてしまうようです。口コミでは黒いまな板だから余計に目立つと評価されており、確かに黒だと他の色に比べて目立ちやすいかもしれません。


とは言え、深い傷はついていませんでした。傷がついているのはあくまで表面だけで、まな板の深部までは届いていない模様です。どうしても傷が目立つのを避けたい方は、黒以外のピンク・ベージュ・グリーンからチョイスすると良いでしょう。

【レビュー結果】人気のまな板21商品中6位!うっすら傷がつきやすいが、包丁当たりが良く切りやすい

【レビュー結果】人気のまな板21商品中6位!うっすら傷がつきやすいが、包丁当たりが良く切りやすい

使いやすさと傷つきにくさを検証してみた結果、ビタクラフトジャパンの抗菌まな板は、切りやすさに非常に優れていることが分かりました。包丁当たりが優しいため、高価な包丁を使っている方や包丁の刃こぼれが心配な方には非常におすすめできます。


まな板自体に柔軟性があるため、切った食材を鍋などに投入するときにも便利。キッチンの天板に置くとしっかり密着して安定感も抜群です。水が付着すると滑りやすいので、切る前にまな板と食材の水気を拭き取っておくようにすれば、使いやすいでしょう。


ただし、うっすらとした包丁傷がつきやすいことだけが残念。深い傷は防いでいるものの、他のまな板に比べ低めの評価となり、まな板21商品中6位になりました。


傷が目立ってしまうのが心配な方は、黒以外のカラバリから選ぶのがおすすめ。逆に黒は着色汚れが目立ちにくいので、包丁傷に目をつぶれるのであれば黒を選ぶのもアリですよ。

食洗機使用時は、平らに置いて反りを防ごう

食洗機使用時は、平らに置いて反りを防ごう

ビタクラフトジャパンの抗菌まな板は、食洗機が使えることをウリにしています。しかし、レビューの中には「食洗機を使ったらまな板が反った」という声もあるので、お手入れしにくいイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?


実は、プラスチックやエラストマー系の材質は、長時間熱を加えると変形しやすいのが難点。食洗機に入れる際、まな板を斜めに立てかけると反りが発生しやすくなるので、平らに置いた状態で食洗機を使うのがポイントです。


同じく、熱湯消毒するときも平らな状態で行うのが◎。保管中に立てかけておくときは、垂直に置くと反りにくいですよ。熱や自重で反りやすいということを覚えておけば扱いも難しくありません。今お使いのまな板に不満がある方は、ビタクラフトジャパンの抗菌まな板をぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

ビタクラフトジャパンの抗菌まな板についてご紹介しましたが、いかがでしたか?


柔軟性と弾力に優れ、包丁を傷つけにくく食材が切りやすいまな板です。木・プラスチック・ゴムのそれぞれのいいとこどりで、お手入れも簡単。さまざまなまな板を試したけれど、まだ納得できるものに出会えていないという方は、ぜひお試しください。

この商品をマイベストにしている専門家

森山 尚美
シンプルライフスタイリスト
森山 尚美さんのコメント
子育てや仕事で忙しい女性たちに「美しいシンプルライフ」を提供すべく、個人宅でのお片づけレッスンを中心に、各種セミナーを開催するなど精力的に活動を続ける。 大学卒業後、看護師として病院に勤務したのち、結婚&出産。11年間の専業主婦時代に片づけ・シンプルライフに開眼...

シンプルでモダンなキッチンを目指す方におすすめ!

まな板といえば白や木製のものが一般的ですが、ブラックカラーを選べば、キッチンのアクセントとなります。シャープで美しい黒のカッティングボードを探していたところ、この商品に出会いました。高い抗菌性、手ごろで使いやすい大きさに加えて、食器洗浄機OKなのもおすすめポイント。 まな板が黒いと食材の色もよく映えて見やすく、調理がしやすいのもうれしいところです。すっきりとシンプルで、モダンなキッチンを目指す方におすすめします。

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ