コンビ テテオ哺乳びん
コンビ
テテオ哺乳びん
1,188円(税込)

テテオ 哺乳びんの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

テテオ 哺乳びんを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

デザインや機能性に優れていると人気のベビー用品のコンビから発売中のテテオ 哺乳びん。新生児でも使え、多くのママから高評価を得る一方で「パーツの互換性がない」「漏れる」などの残念な口コミもあるため、購入をためらっている方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、テテオ 哺乳びんを実際に使って、適度なペースで飲めるか・お手入れのしやすさを比較検証レビューしました!最後には、使い方のコツやテテオ 授乳のお手本 LiCOとの違いについても紹介しています。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年01月20日
目次
テテオ哺乳びん

コンビテテオ哺乳びん

1,188円 (税込)

混合育児中のママに人気のテテオ 哺乳びんとは?

子育てという最重要の仕事をするママに最新の技術を提供する」というコンセプトで、ベビーカーからトイレ・食事用アイテムなど多岐に渡るベビー用品を生み出すコンビ。そんなコンビで人気の哺乳びんの魅力をご紹介ます。

軽くて割れにくいから持ち運びに◎!安全性に配慮した素材も魅力

軽くて割れにくいから持ち運びに◎!安全性に配慮した素材も魅力

テテオの哺乳びんは、軽くて割れにくいポリプロピレン製であることが特徴。外出用として持ち歩くのに最適ですよ。また、丸みを帯びたスリムタイプのボトルは、バッグの中で荷物になりにくいと高評価を得ています。


さらに女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た作用を持ち、赤ちゃんの健康にさまざまな影響を及ぼすとされる環境ホルモンのビスフェノールAを使用していないので、安全面での心配もありません。

こだわりの多孔ニップル!成長に合わせて変えられる

こだわりの多孔ニップル!成長に合わせて変えられる

ミルクが直接赤ちゃんの喉にあたるのを防ぎ、実際にママのおっぱいから飲んでいるように感じる3穴のニップルも特徴的です。混合育児中のママからは特に高評価。


飲むペースが早くなったら別売の2穴ニップルにステップアップさせるなど、赤ちゃんの成長に合わせてニップルも変えられるのも魅力です。

テテオ 哺乳びんの口コミは?

人気が高く、好意的な口コミが多いテテオの哺乳びんですが、中には購入するのをためらってしまうような口コミも。そこで、どんな口コミがあるのかをチェックしてみます。

口コミ①:スリムなボトルが欠点に!粉ミルク派のママには△

口コミ①:スリムなボトルが欠点に!粉ミルク派のママには△

口コミをチェックしてみると、「哺乳瓶の口が小ささすぎるため粉ミルクを入れる時にこぼれてしまう」という声が多く見られました。

哺乳瓶の口が小さく、缶の粉ミルクでは軽量スプーンがギリギリ入るくらいで、ササっと作りたいのにゆっくり慎重に入れないと粉散らかすし、哺乳瓶の口に水分がついているとスプーンが濡れて使いにくい。

口コミ②:細かい作りのニップルは、手入れが面倒!

口コミ②:細かい作りのニップルは、手入れが面倒!

また、この哺乳びんの特徴でもあるおっぱいに近いニップルに関しても残念な口コミが見受けられます。「細かい作りだからこそ、細部までブラシが届かず洗いにくい…」という残念な声がチラホラ。

難点を言うなら哺乳瓶の上部の洗浄ブラシが届きにくい部分にミルクの塊がついて取れにくくなります。

テテオ 哺乳びんを実際に使って検証レビュー!

テテオ 哺乳びんを実際に使って検証レビュー!

インターネット上の口コミにはさまざまな意見が寄せられていますが、やはり気になるのは実際の評価ではないでしょうか。


そこで今回は、テテオの哺乳びんを実際に使って、以下の2点を検証してみました。


検証①:適度なペースで飲めるか

検証②:お手入れのしやすさ


他にも人気の哺乳瓶全25商品を実際に使って比較検証しています。検証結果が気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

検証①:適度なペースで飲めるか

まずは、赤ちゃんにとって丁度いいペースでミルクが飲めるかどうかの検証です。200mlのミルクを入れた哺乳瓶のニップルを押してミルクを出し続け、出し終えるまで何分かかるかをチェックします。


なお、生後3ヶ月~1歳は赤ちゃんは1分あたり10mlほどのペースで飲むのが理想です。

出る量は◎!しかし横から漏れやすい…

出る量は◎!しかし横から漏れやすい…

1分当たりに出る量は6.00mlという結果に。ニップルが柔らかく弾力があるので、出る量はそこそこに多いですよ!


しかし、先端だけつまむには問題ありませんが、下部の太くなっている部分をつまむと隙間ができてしまい、横からミルクがかなり漏れでしまうのが欠点です。

検証②:お手入れのしやすさ

次は、お手入れのしやすさを検証します。専用のブラシ1本を使って哺乳瓶を洗ってみて、細部まできれいに洗えるかをチェック。ニップルの溝・細かい部分までブラシが届くのか・綺麗に洗えるか詳しく見ていきます。

スリムタイプの欠点!お手入れしやすさは△

スリムタイプの欠点!お手入れしやすさは△

持ち運びしやすいスリムタイプであるがゆえに、瓶の部分が細すぎてお手入れしづらいです。スポンジを中に入れるのも一苦労。手早くサッと洗うことはできません。

【レビュー結果】全25商品中5位!おっぱいに近いニップルは混合育児中に◎!お出かけ用におすすめ

【レビュー結果】全25商品中5位!おっぱいに近いニップルは混合育児中に◎!お出かけ用におすすめ

硬すぎず柔らかすぎず適度な弾力のあるニップルで、新生児はもちろん哺乳力がついてきた赤ちゃんにも最適な哺乳瓶。穴が3つ空いているためおっぱいに近い飲み方ができ、混合育児中のママにおすすめですよ。


しかし、空気用の穴や横からミルクがこぼれやすいのが難点です。赤ちゃんがニップルを深く咥えすぎるとこぼれてしまうので要注意!ミルクがこぼれた時用にタオルやウェットティッシュを準備しておく方がいいですよ。


また、スリムな形状で洗いづらさが目立ち、忙しいママにとってストレスになるのもネックです。とはいえカバンの中でも邪魔にならず、重さもないので持ち運びする場合にはピッタリ。普段使いとは別に、お出かけ用として1つ持っておくと便利ですよ。

中蓋の取り外しがコツ!テテオ 哺乳びんの使い方

中蓋の取り外しがコツ!テテオ 哺乳びんの使い方

続いて、使い方のコツをご紹介していきますね。テテオの哺乳びんを使って授乳する場合、15~20分かけて飲ませるのが目安です。飲むスピードが早くなってきたら、別売の2穴ニップルに付け替えるのがベストですよ。


この哺乳びんには、ニップルと哺乳瓶の間に中蓋がついています。中蓋は、持ち運び中に哺乳瓶の中身がこぼれないようにするためのものです。赤ちゃんにミルクを飲まる時は中蓋を外さないと中身が出ないので、取り外すのを忘れないことが重要


なお、哺乳瓶・ニップル・中蓋は、煮沸消毒・薬液消毒・レンジ除菌ができるので、安心安全に使うことができます。煮沸消毒の時間は、2~3分が目安です。

「リコ」との違いはニップルの形状とカラー展開にあり!

検証したテテオの哺乳びんとよく比較されがちなのが、同じくコンビから発売されているテテオ 授乳のお手本 LiCO 哺乳びん。どのような違いがあるか解説していきます!


どちらも混合育児中のママに使いやすい乳頭混乱を防ぐニップルですが、授乳のお手本 LiCO 哺乳びんの方がニップルの形状が細かく斜めになっているため、手入れしづらいです。これは、忙しいママにとっては欠点。


なお、授乳のお手本 LiCO 哺乳びんはシンプルなデザインでカラー展開が4色、テテオ 哺乳びんはカラー展開がありません。ニップルの手入れの簡単さを重視するならテテオ 哺乳びん、カラー展開で選ぶならテテオ 授乳のお手本 LiCO 哺乳びんがおすすめです!

まとめ

今回はテテオ 哺乳びんに関して、適度なペースで飲めるか・お手入れのしやすさを徹底検証しました。ママのおっぱいとそっくりな飲み方ができるニップルで、混合育児中におすすめです。


しかし、飲み方によってはミルクがこぼれやすかったり、手入れのしづらさが残念なポイント。テテオ 哺乳びんの購入を検討中の方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

テテオ哺乳びん

コンビテテオ哺乳びん

1,188円 (税込)

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ