1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. DAISO 包丁の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
DAISO 穴あき包丁
DAISO
穴あき包丁
110円(税込)

DAISO 包丁の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

DAISO 包丁を実際に用意して、徹底的に検証しました!

100均ショップのダイソーから発売されている「DAISO 穴あき包丁」。100均グッズなのに使い勝手が良いと評判ですが、中には「切れ味が悪い」「錆びてしまった」という口コミもあり、購入を迷っている方もいるのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、DAISO 穴あき包丁を実際に使って、切れ味・使いやすさ・錆びにくさを比較検証レビューしました。これから包丁を購入する方は、ぜひ参考にしてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月31日
目次
穴あき包丁

DAISO穴あき包丁

110円 (税込)

高コスパで切り離れしやすいと話題のDAISO 包丁とは?

ダイソーでは、刺身包丁から小型ナイフまでさまざまな種類の包丁が販売されています。DAISO 穴あき包丁もその中のひとつで、どんな食材にも使えて調理しやすいと評判に。早速、どんな商品なのかをご紹介しましょう。

穴のおかげで切り離れしやすい!形はマルチな三徳型

穴のおかげで切り離れしやすい!形はマルチな三徳型

DAISO 穴あき包丁は、名前の通り穴があいているのが大きな特徴です。穴があることで包丁と食材の間に空気が入り、切ったものが包丁にくっつかないようになっています。特に、野菜・果物・ハムなどの輪切りに効果を発揮しますよ。


形はどんな食材にも対応できる三徳型で、刃渡りは約16cm。一般家庭の料理ならこれ1本で間に合うほどで、普段使いに持っておくと便利です。

ステンレス製で錆びにくく、お手入れも簡単!

ステンレス製で錆びにくく、お手入れも簡単!

DAISO 穴あき包丁は、錆びにくく耐久性があるステンレス製。水切りかごに入れておいても錆びだらけになってしまうことはないので、お手入れに時間をかけられない人には助かりますね。


また、柄の部分はプラスチック製で、こちらも傷みにくい素材。キャンプやバーベキューのようなアウトドアシーンでも活躍してくれそうです。

DAISO 包丁の口コミは?

100均アイテムとはいえ、機能的で耐久性もあると評判のDAISO 穴あき包丁。しかし、中にはがっかりするような口コミも…。ネット上には実際にどんな声が挙がっているのか、リサーチしてみました。

口コミ①:切れ味が悪い!使う前に研ぎ直し必須

口コミ①:切れ味が悪い!使う前に研ぎ直し必須

多くみられたのは、「切れ味が悪い」という口コミでした。使っているうちに切れ味が悪くなるのもありますが、もともとの研ぎが甘いと感じるのだとか。「切れ味が良い」と評価するユーザーでも、自分で研ぎ直すことを前提としているケースが多くありましたよ。

ダイソーのこの包丁すっごい軽くていいな。研ぎは甘いから研ぎ直し必須だけど。
ダイソーの包丁って研げば軽くてめちゃくちゃ切れるからオススメ

口コミ②:使っているうちに錆びてしまった…

口コミ②:使っているうちに錆びてしまった…

「錆びてしまった」という口コミも目立ちました。中には、刃先ではなく刃の付け根部分が錆びて、ポッキリ折れてしまったという残念な声も…。また、「安物の刃物の欠点は錆びやすいこと」とコメントする方も。実際はどうなのでしょうか。

100均の包丁を買った人はさびないように水気はしっかり取ったほうがいいよ。
使用しているうちに柄の部分の境目が錆びてしまい、包丁が真っ二つに折れてしまった。

DAISO 包丁を実際に使って検証レビュー!

DAISO 包丁を実際に使って検証レビュー!

「研ぎ直ししないと切れ味が悪い」「錆びてしまった」といった残念な口コミもみられるDAISO 穴あき包丁。その口コミが本当かどうか、購入前にはしっかり確かめておきたいですよね。


そこで今回は、DAISO 穴あき包丁を実際に使って、以下の3点について検証しました。


検証①:切れ味

検証②:使いやすさ

検証③:錆びにくさ


DAISO 穴あき包丁を含めた、売れ筋の三徳包丁19商品も比較検証しています。他の包丁の検証結果が気になる方は、下のリンク記事もチェックしてみてくださいね。

検証①:切れ味

まずは、切れ味から検証していきます。ネット上で多かった「研ぎ直ししないと切れ味が悪い」という口コミが本当なのか、気になりますね。


この検証では、トマト・皮つき鶏肉・マグロの3種類の食材を切り、切れ味や切り心地をチェックしました。

穴のところで抵抗を感じる。断面も綺麗にならない

穴のところで抵抗を感じる。断面も綺麗にならない

どの食材も軽く撫でるだけでは刃が入っていかず、切れ味は悪いと言わざるを得ません。口コミにあったように、購入したらまず研ぎ直しをする必要があるようですね…。


トマトは皮で抵抗を感じ、無理に切ろうとすると少しつぶれてしまいます。皮つき鶏肉は、皮はやや手ごたえはあったものの滑らずに切れました。しかし、肉の厚みには負けてしまい、力を入れて切っても下の部分がまだつながっているといった感じ…。


また、切れ味が悪いだけでなく断面も綺麗な仕上がりになりません。穴のところで引っ掛かってしまい、それが断面に線が入ったり削れたりする原因になっているようです。特にマグロは断面の汚さが目立ち、角の立ったおいしいお刺身に仕上げることはできませんでした。

検証②:使いやすさ

続いて、DAISO 穴あき包丁の使いやすさを検証します。


検証①で3種類の食材を切った時の、包丁の握りやすさ・食材の離れやすさ・重さをチェックし、使いやすさを総合的に評価しました。

穴があっても切れ離れ効果なし。軽さは良いが握り心地は△

穴があっても切れ離れ効果なし。軽さは良いが握り心地は△

切り離れしやすくするための穴が、この商品の大きな特徴。しかし実際に切ってみると、穴がある場所にも食材が張り付いてしまう結果に!この穴は食材の断面を傷つけるだけでなく、洗う時にもスポンジが引っ掛かるので、ない方が使いやすいのでは?と感じました。


また、柄の握り心地は今ひとつな印象。柄の上下の張り出している部分が手に当たるため、手の大きい男性が持つと痛さを感じてしまうかもしれません。その一方で、持った感じはとても軽かったので、手の小さな女性や子供には扱いやすい包丁と言えます。

検証③:錆びにくさ

最後は、DAISO 穴あき包丁の錆びにくさを検証します。「錆びてしまった」という口コミは本当なのでしょうか?


この検証では、包丁の刃にスプレーで塩水を吹きつけ、3時間後と24時間後にどれくらい錆びたかチェックしました。

全体に大きな錆びが…こまめな手入れが必要

全体に大きな錆びが…こまめな手入れが必要

3時間経過すると点々と錆びが現れ始め、24時間後には全体に大きな錆びができてしまいました。食材が直接当たる刃先や穴の周りにも錆びが多く、このまま使ったら食材に錆びが付着するのは避けられませんね…。


錆びにくいステンレス製とはいえ、やはり使った後はきれいに洗って水気を拭き取っておくのが安心。特にアウトドア用にする場合は、水分をしっかり拭き取って十分乾かしてから保管するのがおすすめですよ。


また、刃と柄の継ぎ目の部分も洗いにくい形状になっています。洗剤をつけたスポンジで丁寧にこすって汚れを落とし、清潔さをキープしましょう。

【レビュー結果】人気のステンレス三徳包丁全19商品中最下位。穴の機能は発揮できず、切れ味も悪い

【レビュー結果】人気のステンレス三徳包丁全19商品中最下位。穴の機能は発揮できず、切れ味も悪い

DAISO 穴あき包丁は、切れ味の悪さや錆びやすさに加えて、特徴である穴の機能も発揮できないことがわかりました。そのため今回の比較検証では、全19品中最下位という残念な結果に…。


口コミにもあったように、切れ味を良くするためには研ぎ直すのがおすすめ。また、使った後は全体をきれいに洗って早めに水分を拭き取ることで、錆びを防いで清潔に保てますよ。ただし、刃の根元部分には口金がついていないので、隙間もしっかり洗う必要があります。


とはいえ、軽量で手の小さな女性や子供が扱いやすい点はメリット。子供の包丁デビュー用としてなら、使用頻度も高くなく、こまめにお手入れすればこの包丁の利点を活かすことができそうです。

まとめ

今回は、DAISO 穴あき包丁の切れ味・使いやすさ・錆びにくさを検証しました。


100均アイテムとはいえ、こまめにお手入れすれば十分長持ちさせることができそうです。普段使いはもちろん、子供の練習用やアウトドア用として購入を検討してみてはいかがでしょうか?

穴あき包丁

DAISO穴あき包丁

110円 (税込)

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ