1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. ヘアケア・スタイリング用品
  6. >
  7. ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
クラシエホームプロダクツ ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)
クラシエホームプロダクツ
ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)
737円(税込)

ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)を実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

コスパ良好なノンシリコンと人気の、ディアボーテ オイルインシャンプー。「軋まない」「泡立ちもいい」とネット上で良い口コミが集まっている半面、「香りがきつい」などの不安な口コミも寄せられていて、購入を迷ってしまう人も多いのでは?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)を実際に使って、使い心地・低刺激性・泡立ち・滑らかさ・洗浄力を比較検証レビューしました。あわせて使い方のポイントも解説していますので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてください。

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月29日
目次
ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)

クラシエホームプロダクツディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)

737円 (税込)

コスパ抜群と評判のディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)とは?

ディアボーテ オイルインシャンプーは、シャンプーなどの日用品大手、クラシエのノンシリコンシャンプー。身近なお店にも置いてあって、家庭で気軽に使えると人気があります。まずは、この商品の特徴を詳しくチェックしていきましょう。

くせ毛のうねり・湿気による広がりが、しっとりまとまる

くせ毛のうねり・湿気による広がりが、しっとりまとまる

ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)は、繰り返し使っているうちに、なかなかいうことをきかない髪がセットしやすくなると評判のノンシリコンシャンプー。くせ毛の人や、雨の日に髪が広がってセットが決まらないと悩んでいる人におすすめです。


その人気の秘密は、独自のゆがみケアシステムによるもの。最初に、ハチミツとオイルコーティングが、髪の毛の脂質とバランスを整えてうねりを抑制。次に、オーガニックヒマワリのエキスとミツロウのワックスが、湿気からのバリアを作って髪の毛を健康的にキープします。

使用感にもこだわった肌に優しい安心の処方

使用感にもこだわった肌に優しい安心の処方

この商品は、洗い心地や香りの良さにもこだわったノンシリコンシャンプーです。洗っても髪の毛がキシキシしないと好評で、香りはフルーツをプラスしたみずみずしいクリアフローラル系。半日経ってもアンバー系の上品な香りが残ると、おしゃれな女性に人気です。


髪の毛や頭皮に負担をかけないアミノ酸系洗浄分を使った、安心のサルフェートフリー処方で、肌への負担が少なめなのも嬉しいですね。石油系シャンプーが頭皮に合わない人は、試してみる価値アリですよ。

ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)の口コミは?

ディアボーテ オイルインシャンプーは、使い勝手が良いノンシリコンシャンプーだと評判が良いものの、その反面で購入をためらうような不安な口コミも寄せられています。実際にどんな口コミが寄せられているのか、ご紹介していきましょう。

口コミ:香りがきつい!私には合わないかも…

口コミ:香りがきつい!私には合わないかも…

こちらの商品は、香りの良さにもこだわって作られているのが特徴。その一方で、「香りがきつすぎる」「香りがあわない」という口コミも意外と多く寄せられています。


香りの嗜好は個人差があるものの、ノンシリコンシャンプーは価格がちょっと高めなので、相性が合わないかもと考えると購入を迷ってしまいますよね。特にこの商品は香りが変化していくタイプ。店頭で香りを試してみただけでは判断が難しい面があります。

次の日も香りが残り、私はこの香りが苦手で残念
ボリュームとありますが、ぼふっとはならず、程良くキレイな丸みを作ってくれました。
ただ、香りが…

オレンジは花屋さんの店内のような香り。
こちらは、グリーンの匂い玉の香り強めバージョン?芳香剤とまでは言いませんが、
とにかく香り強い。キツい。

ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)を実際に使って検証レビュー!

ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)を実際に使って検証レビュー!

インターネット上の口コミでは、「コスパが良くて使いやすい」と高い評価を受けているものの、香りなどの使い勝手に影響を与える部分に、不安な口コミも寄せられています。やっぱり実際の使い勝手が気になりますよね?


そこで今回は、実際にディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)を使って、以下の5項目について検証してみました。


検証①:使い心地

検証②:低刺激性

検証③:泡立ち

検証④:滑らかさ

検証⑤:洗浄力


この商品も含めた、人気ノンシリコンシャンプー全19商品を実際に使って比較検証しています。他のノンシリコンシャンプーの検証結果が気になる方は、ぜひ下記の記事もチェックしてみてください。

検証①:使い心地

最初にシャンプー選びで重要な、使い心地を検証していきましょう。使い心地の感じ方は個人差もあるため、実際に使ってみないと本当のことはわかりませんよね。


そこで今回は複数のモニターに使ってもらい、香り・泡立ち・すすぎやすさ・指通りの良さの4つの観点で使いやすさを総合的に評価しました。


商品イメージで評価が変わるのを避けるために、シャンプーの容器を全て同じものに移し替えてから検証。香りに関しては、メーカーが説明している香りの再現性も評価に加えています。

全体バランスは良いものの、香りは好みがわかれるかも…

全体バランスは良いものの、香りは好みがわかれるかも…

この商品のモニター検証では、泡立ちやすすぎやすさ、指通りの良さはおおむね好評でした。きめの細かい泡が髪の毛を包んで、洗い心地が悪くないのは安心ですね。洗髪後は若干きしみがありますが、濡れた状態であれば気にならないレベルです。


香りに関しては、みずみずしいフルーツ感のあるフローラル系。メーカー説明の再現性は高いですね。女性好みの香りではあるものの、やっぱり香りの傾向や強さは個人的な見解が分かれるようです。モニターの評価も香りに関しては低いのが気になります。

検証②:低刺激性

次に、シャンプーの低刺激性の検証をしていきましょう。頭皮や髪の毛に刺激が少ないかどうかは、重要なチェック項目ですね。


今回は、刺激が強いほど色が白く濁る卵白の特性を利用した、「タンパク質変性試験」で検証します。薄めたシャンプーに卵白に垂らして優しく混ぜて、一定時間をおいてから、濁りの強さを目視で確認して評価しました。

卵白の濁りはほぼゼロ!頭皮にも優しい

卵白の濁りはほぼゼロ!頭皮にも優しい

この検証では、シャンプー液に卵白の濁りは全く見られないという結果が出ました。髪の毛や頭皮との馴染みが良く、刺激が少ないアミノ酸系洗浄力を使っているとのメーカーの説明に偽りはありません。


パッケージ記載の成分表示を確認しても、石油系の硫酸系界面活性剤や色素といった、刺激性の強い成分は含まれていないことがわかります。

検証③:泡立ち

続いて、シャンプー液の泡立ちを検証します。泡立ちの良さは汚れ落ちにも影響を与え、髪への負担も左右する重要なチェックポイントです。


今回は薄めたシャンプーをプラスチックカップに入れて、ハンドミキサーで撹拌。どれだけ泡立つかを目視で確認しました。泡の高さを定規で測り、目安となる高さを決めて、泡立ちの良さを相対的に評価します。

時間がかかるものの、スルッと洗える気持ち良い泡立ち

時間がかかるものの、スルッと洗える気持ち良い泡立ち

泡立ちの良さの検証結果では、高さ5.5〜5.9cm。ごく平均的な泡立ちではあるものの、きめが細かくスルッと洗い流せるほど良い固さで、普段使いにぴったりな感じです。ただし、しっかりと泡立つまでに若干時間がかかったため、丁寧に泡立てる必要があります。

検証④:滑らかさ

次は、滑らかさの検証です。髪の毛をコーティングするシリコンを使っていないぶん、ノンシリコンシャンプーは洗った後に髪の毛がきしみがちです。この商品も実際の滑らかさが気になりますよね。


今回の検証では人口毛髪を使いますが、あえてもつれやすい長めの毛束19束を用意。洗って乾かすを10回繰り返した毛束をクシで梳かし、クシにかかる圧力の平均値を算出して、滑らかさを5段階で評価しました。

指通りの数値は最低評価。コンディショナー必須

指通りの数値は最低評価。コンディショナー必須

指通りが数値で確認できる機械に通した結果、滑らかさは0.4以上。残念ながら、5点満点中1点の最低評価になりました。髪の毛の長い人にとっては、洗い上がりが厳しそうです。ただし、コンディショナーを使うことで、充分リカバリーできる使用感ではあります。

検証⑤:洗浄力

最後にシャンプー選びで1番大事な、洗浄力を検証していきましょう。洗浄力が高ければさっぱりするものの、そのぶん皮脂が過剰に洗い流されて頭皮が荒れるため、実際の洗浄力を知っておきたいですよね。


今回は、ステアリン酸やオレイン酸を混ぜて赤く着色した、人工皮脂をガラスプレートに塗って用意。薄めたシャンプー液にくぐらせて目視で確認し、人工皮脂の落ちの良さの観点で総合的に評価しました。

汚れがスルッと落ちる!マイルドでも優秀な洗いあがり

汚れがスルッと落ちる!マイルドでも優秀な洗いあがり

薄めたシャンプー液に、人工皮脂を塗り付けたガラスプレートを浸けてみたところ、大部分の汚れがスルッと落ちました。若干のこびり付きはあるものの、かなり洗浄力は高いようです。


一般的にアミノ酸系洗浄成分はマイルドな反面、汚れ落ちが悪いといわれていますが、この商品は優秀ですね。

【レビュー結果】人気のノンシリコンシャンプー19商品中4位!洗浄力&コスパとも良好

【レビュー結果】人気のノンシリコンシャンプー19商品中4位!洗浄力&コスパとも良好

ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)を検証したところ、香りは若干好みがわかれるものの、マイルドでも洗浄力や泡立ち、すすぎやすが良好と高評価。リースナブルで購入できる気軽さもあって、人気のノンシリコンシャンプー19商品中4位にランクインしています。


香りが長引くタイプなので、強い香りが苦手な人や、自分の好きなフレグランスを使いたいときには不向きかも。好みにさえあえば使い勝手が良く、低刺激でもしっかり洗えるため、洗い心地の良さやコスパ重視でノンシリコンシャンプーを使いたい人におすすめです。


頭皮や髪の毛にダメージを与えにくい成分構成なので、敏感肌や、市販のシャンプーで髪の毛が荒れてしまった人にも最適。性能と価格のバランスが良い商品なので、ノンシリコンシャンプーのお試しにもぜひどうぞ。

良く泡立てるのがポイント!ディアボーテ オイルインシャンプーの使い方の注意点

良く泡立てるのがポイント!ディアボーテ オイルインシャンプーの使い方の注意点

最後に、ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)の使い方のポイント2つをご紹介します。ある程度香りの強さもコントロールできるため、ぜひ試してみてくださいね。


ポイントの1つは、予洗いです。シャンプー前に乾いたままの状態で髪の毛を丁寧にブラッシングしたら、髪の毛をシャワーにさらして、頭皮をしっかり濡らしましょう。汚れが落ちやすくなってシャンプーの使用量が抑えられ、強い香りが付くのを防ぎます。


もう1つのポイントは、シャンプーを良く泡立ててから使うこと。直接髪に塗るのはNGです。少量を手に取って良く泡立ててから髪に塗り、泡で揉むように洗いましょう。泡立てネットを使うのも効果的ですよ。

まとめ

今回は、ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)を比較検証レビューしました。


この商品はノンシリコンシャンプーの中でもヒマワリオイルを配合した、しっとりまとまるタイプのシャンプー。くせ毛の人や、きれいなボリュームを維持したい人にぴったりです。香りが気になる場合は、10mlパウチのトライアルサイズから試してみるといいでしょう。

ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)

クラシエホームプロダクツディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア)

737円 (税込)

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す