1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. 日焼け止め・UVケア
  6. >
  7. クラランス UVスプレーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
クラランス スプレー ソレイユ ハイプロテクションN
クラランス
スプレー ソレイユ ハイプロテクションN
3,800

クラランス UVスプレーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

クラランス UVスプレーを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

日焼け止め効果の高さと保湿力が支持される「クラランス UVスプレー」。インターネット上の口コミでは、伸ばしやすさも好評です。一方で「スプレーとしては使えない」「べたつく」など、購入を躊躇ってしまうような口コミも。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、クラランス UVスプレーを実際に使って、使いやすさ・焼けにくさ・耐摩擦性・撥水性・落としやすさを比較検証レビューしました。購入を検討中の方は、参考にしてみてくださいね。

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年01月13日
目次
スプレー ソレイユ ハイプロテクションN

クラランススプレー ソレイユ ハイプロテクションN

3,800円

日焼け止め効果の高さで支持されるクラランス UVスプレーとは?

ANAの国際線機内販売の商品としても採用され、日焼け止め効果の高さが支持される「クラランス UVスプレー」。やや特殊なこの商品の特徴を、詳しく見ていきましょう。

スプレーなのにミルクタイプ!SPF50+・PA++++で紫外線対策も◎

スプレーなのにミルクタイプ!SPF50+・PA++++で紫外線対策も◎

スプレー形状ボトルにも関わらず、ミルクタイプのローションというのが、この商品の大きな特徴です。スプレー後に手で塗り伸ばす必要があるため、ミスト系のスプレーが欲しい人の要望には敵いません。


しかし、その手間をかけても納得できるほどの、強力な紫外線カット効果を持っています。効果の指標は最大値のSPF50+・PA++++。保湿力もあり、シミやシワなどの光によるダメージから肌を守ります。

フランスのエステサロン生まれで大人気のデパコスブランド

フランスのエステサロン生まれで大人気のデパコスブランド

この商品を製造販売しているクラランスは、1954年にフランス・パリでオープンした、エステサロンから生まれたブランド。日本では六本木に子会社があり、エステの運営・輸入販売を行っています。植物をベースとした商品が豊富です。


デパコスとしても人気があり、カウンターではカウンセリングも行ってくれます。肌に合った商品が欲しい人におすすめのブランドです。

クラランス UVスプレーの口コミは?

保湿力の高さ・日焼け止め効果の高さが好評のクラランス UVスプレーですが、中には購入をためらう口コミも。実際にどんな口コミがあるか調査しました。

口コミ①:べたつきが不快

口コミ①:べたつきが不快

乾燥肌の人からは好評ですが、この商品の保湿力の高さは、べたつきにもなり得るようです。とくに、夏の蒸し暑さと合わさると、べたつきによる不快感が増してしまう、という口コミが見られました。春秋や、乾燥しやすい部分への使用が向いているようです。

日本の高温多湿の夏には不向きかと。乾燥肌の方は別ですが、さらっとした手触りがお好みの方には決しておすすめできません。年齢的に、そろそろいいものを使おうと思いましたが、試さずに買ってしまったのは早計でした。使い切れる自信がありません。
べたつきが夏の蒸し暑さと相俟って、かなりの不快感を醸し出します。まだ残っていて早く使い切りたいのですが、べたつきを気にせず使える箇所が脚くらいしかなく、なかなかなくなりません…

口コミ②:スプレー式にする意味がよくわからない

口コミ②:スプレー式にする意味がよくわからない

スプレーという名前に惹かれて購入したところ、実際には乳液でがっかり、という声はいくつか見られました。「手で塗り広げる手間を省くためにスプレーを選択した」という人からは、霧状に広がってくれないことへ不満があるようです。


また、何度もプッシュして出さなければならないなら、チューブで良いのではという意見もありました。たしかに、全身へ使うことを考えれば1回の量を限定する必要がないため、スプレー式を採用した理由は謎です。

高SPFのスプレーはガス式のものばかりで、室内で使いづらかったので大喜びで購入しました。しかし、2~3プッシュするとポンプがかたくなって押しづらい。かためのテクスチャのため、スプレーしても霧状に広がらず、ボタッと一点に落ちる。

これじゃスプレーにした意味ないよなぁ…楽してきれいに塗りたい私にはあまりうまみのない商品でした。
これ何故かプッシュ式なのに手に取って塗るという意味不明な使用法も評価が下がる原因だと思います。何度も押すより自分で適量とりたいよね。ボディ用ならとくに意味ないのでは?と思います。

クラランス UVスプレーを実際に使って検証レビュー!

ネット上では、べたつきへの不快感や、スプレーの使いづらさについて不満の声がありました。しかし、実際に使ってみなければ、本当のところはわかりませんよね。


そこで今回は、クラランス UVスプレーを用意して、以下の5点を検証しました。


検証①:使いやすさ
検証②:焼けにくさ

検証③:耐摩擦性

検証③:撥水性
検証④:落としやすさ

本品を含めた人気の日焼け止めスプレー全17商品も、実際に使って比較検証しています。他の日焼け止めスプレーの結果も気になる方は、以下の記事をチェックしてみてください!

検証①:使いやすさ

使いやすさは、スプレーの出方と使用感の2軸で検証。なお、本来ならスプレーの広がり方・ミストの細かさ・圧などを確認しますが、本商品はミルクタイプということで、使用感に重きを置いてチェックしました。


使用感で確認したポイントは、テクスチャー・香り・ボトルの使いやすさです。なお、これらの項目は人によって感じ方が異なることを考慮し、5人による評点の平均値を算出しています。点数の目安は、「自分でも購入したい」を満点の5点とし、「無料でも使いたくない」を1点としました。

伸ばしやすいがオイル感が強い。スプレーとして使えないところが残念

伸ばしやすいがオイル感が強い。スプレーとして使えないところが残念

まず、使いやすさの総合評価ですが、残念ながら1.9点という結果に。実際は乳液タイプで手にとって塗らなければならないのに、スプレーという名称からミストを想像させてしまうため違和感が際立ちました。


ミルクタイプとして考えると塗り伸ばしやすいテクスチャーですが、かなりオイリーで全身に使いたいかというと微妙なところ。なじむと気にならない程度にはなるものの、手にとったときはヌルつきがあります。

香りは強めで好みが分かれる

香りは強めで好みが分かれる

香りについては、好評と不評に意見が分かれました。海外製品ならではの、大人な香りで、好きな人には違和感がないようです。しかし、その香りが強めであることを苦手とする意見や、ややボンドに似た匂いがするという意見も出ました。

ボトルの使いづらさが難点。1プッシュで出てくる量が少なく力も必要

ボトルの使いづらさが難点。1プッシュで出てくる量が少なく力も必要

低評価になってしまった最たる原因は、ボトルの使いづらさでした。1プッシュ分が、片腕のヒジ下から手首まで伸ばせる程度の量で、全身に使うとすれば手間がかかってしまうのは確実。プッシュ部分が硬めになっているため、なんとか押し切ると勢いよく出てしまう、というのも不評でした。


スプレーは全身に手軽に使えることがメリットであるため、商品名とのイメージの違いは避けられません。顔だけに使う乳液タイプとしての評価であれば、また意見は変わってくるでしょう。

検証②:焼けにくさ

焼けにくさは、2種類の方法を用いて検証しました。1つ目は、日焼けで色が変わるUVラベルを使用した方法です。本商品を塗ったクリアファイルを被せて屋上で日に当て、色の変化を確認します。


2つ目は、男性モデルの腹部または背中をサンプルとした方法です。本商品を塗った肌を屋上で日に当て、赤味が引いた2日後に日焼けしているかどうかをチェックしました。

焼けにくさは満点!UVラベル・肌ともに変化なし

焼けにくさは満点!UVラベル・肌ともに変化なし

SPF50+・PA++++の効力が発揮され、UVラベル・肌ともに日焼けによる変化は見られず、という結果になりました。塗り伸ばす手間さえ惜しまなければ、しっかり紫外線をカットしてくれる良品といえそうです。

検証③:耐摩擦性

汗拭いたり服が擦れることで、どれくらい取れてしまうのかを確かめるべく、耐摩擦性を検証しました。腕の内側に日焼け止めを付けてなじませた後、タオルで2~3回擦ってみて、残り具合を確認します。


こちらも5点を満点とした評価で、「ほぼ変化なし」を5点、「ゼロになってしまった」状態を1点として点数をつけています。

耐摩擦性は2点。擦った後は塗り直し必須

耐摩擦性は2点。擦った後は塗り直し必須

タオルで擦ったところ、ゼロではないにしても、ほぼ取れてしまうという結果でした。耐摩擦性はあまりないため、汗を拭ったり、服で擦れてしまったときは塗り直しましょう。


ボトルは大きくないため、キャップをしっかりはめておけば持ち運べます。紫外線カット効果は優秀なので、こまめに塗り直しせば日焼けを防止できますよ。

検証④:撥水性

夏場の使用を考えると、日焼け止めが汗に強いかどうかも欠かせないポイントです。そこで、日焼け止めを塗った腕の内側に、疑似汗を吹きかけて撥水性を検証しました。疑似汗が、肌の上で完全な粒状に弾かれていれば5点、粒にならずなじんでしまった場合を1点として、段階的に点数をつけました。


なお、汗には皮脂が含まれるため、疑似汗は水と油を混ぜたものを使用しています。

撥水性は1点で、汗には弱いという結果に

撥水性は1点で、汗には弱いという結果に

保湿力の高さ・オイリーなテクスチャーが影響したためか、疑似汗はすぐになじんでしまいました。耐摩擦性の低さも合わせると、汗をかきやすい夏場には向かない商品であることがわかります。


保湿力を活かして、秋冬の乾燥しやすい時期の紫外線対策になら使えそうです。あるいは、汗腺が少なく、服でも擦れにくい手足の甲やなど、使う部分を限定すると良いでしょう。

検証⑤:落としやすさ

この項目では、一般的なボディソープでも落とせるかを検証しました。日焼け止めをなじませた腕の内側を、泡タイプのボディーソープで2~3回撫でて水で流し、落ち具合を確認。これによって、通常のシャワーだけで十分か、クレンジングが必要かどうかがわかります。

クレンジングオイルやボディタオルの使用がおすすめ

クレンジングオイルやボディタオルの使用がおすすめ

泡タイプのボディソープで2~3回撫でただけでは、上辺は落ちてもこびりつく部分があるという結果になりました。もう少し擦れば落ちるかもしれませんが、パッと見では落ちているかがわかりづらいため、念入りに洗っておくのがおすすめです。


疑似汗に負けてしまうことから、油分には弱そうなので、クレンジングオイルを使用すると良いでしょう。また、耐摩擦性も少ないことを活用し、ボディタオルで擦ればしっかり落ちるはずです。

【レビュー結果】人気の日焼け止めスプレー17商品中16位!スプレーとして買うのはNG!秋冬向きの日焼け止めミルク

【レビュー結果】人気の日焼け止めスプレー17商品中16位!スプレーとして買うのはNG!秋冬向きの日焼け止めミルク

まず、スプレーと思って購入するとショックが大きいため、最初からミルクタイプと認識して購入しましょう。手で塗る必要があることから、背中など手が届きにくい場所への使用には不向き。手間も考えると、部分的な使用がおすすめです。


また、耐摩擦性・撥水性に劣るため、汗をかきやすい夏場はすぐに落ちてしまいます。一方で、乾燥が気になる秋冬には、保湿力の高いオイリーなテクスチャーがぴったり。手足の甲や首など、乾燥シワが気になるところに使用すると良いでしょう。


匂いは好みがわかれるところですが、好きな香りであれば化粧下地として活用するのもOK。ウォータープルーフのファンデーションを使用すれば、この商品の弱点をある程度はリカバーできるはずです。

まとめ

今回は「クラランス UVスプレー」の比較検証レビューをご紹介しました。


スプレーという名前とはいえ、ミルクタイプと考えれば、保湿力を魅力として使いどころの多そうな商品。焼けにくさは高評価なので、乾燥と日焼けが同時に気になっている人は、購入を検討してみましょう。

スプレー ソレイユ ハイプロテクションN

クラランススプレー ソレイユ ハイプロテクションN

3,800円

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ