1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. ボディケア用品
  6. >
  7. クデオ ジェルクリームの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
アイーク・ジャパン ジェルクリーム(医薬部外品)
アイーク・ジャパン
ジェルクリーム(医薬部外品)
3,300円(税込)

クデオ ジェルクリームの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

クデオ ジェルクリームを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

サラサラ快適をキャッチフレーズに掲げる「クデオ ジェルクリーム」。インターネット上の口コミでも高評価が多くみられる一方、「効果がなかった」など不安になるような口コミがあり、購入をためらっている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、クデオ ジェルクリームを実際に使って、消臭力・汗止力・持続力を比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年11月07日
目次

わき臭が気になる方に人気のクデオ ジェルクリームとは?

メンズコスメやデオドラント製品を得意とする「アイーク・ジャパン」が開発・販売を手がける、わきが対策デオドラントクリーム「クデオ ジェルクリーム」。まずは、その魅力について見ていきましょう。

わきが対策成分配合でニオイを強力カット!

わきが対策成分配合でニオイを強力カット!

「クデオ ジェルクリーム」は、楽天ランキング(デオドラント部門他)で5冠を達成。累計販売数1万本を突破する、人気のデオドラントクリームです。


汗を抑え、ニオイをブロックするクロルヒドロキシアルミニウムと、抗菌作用に優れたN-ヤシ油脂肪酸アシル-Lやアルギニンエチルなどを配合。ダブルの効果で、ニオイの発生を元からブロックします。アンモニアや酢酸などの悪臭を90%以上防ぐと謳われているので、消臭力に期待が持てますね。

6つのフリーで根本対策

6つのフリーで根本対策

香料・パラベン・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤フリーの、肌に優しい処方もポイント。塩化アルミニウムも使われていません。また、オイルフリーでのびの良いジェルタイプ。ベタつきを抑えてある上に、すぐ乾くのでストレスなく利用できます。


また、わきのニオイの根本対策を目標に、香料は不使用。香りでごまかしていないので、デオドラント製品独特の強い香りが苦手な方にもぴったりです。

クデオ ジェルクリームの口コミは?

「わき臭が減った!」「悩みがなくなった」という、ポジティブな口コミの多いクデオ ジェルクリームですが、良い評判ばかりだとそれはそれで気になりますよね。そこで今回は、気になる意見を調査してみました。

口コミ:効果が感じられない上に肌荒れも…

口コミ:効果が感じられない上に肌荒れも…

調査してみたところ、「効果がまったく感じられない」という意見もいくつか見受けられました。また、肌が荒れて痒いという声も。体質などで個人差もあるかもしれませんが、直接肌に使うものなのでやはり気になりますね。

ずっとワキガに悩んでおり、価格もよく試しに買ってみたのですが、私は重度のワキガのせいか効きませんでした。
肌が結構な敏感肌で痒くなってしまい肌荒れを起こしてしまいました。
陰部の匂い対策に購入しましたが、はっきりいって全く効果はありませんでした。
個人差はあると思いますが、おすすめしません。
塗った際もヒリヒリと熱くなり、かぶれました。

クデオ ジェルクリームを実際に使って検証レビュー!

クデオ ジェルクリームを実際に使って検証レビュー!

総じて評判の良いデオドラント製品とはいえ、実際の使用感が気になるクデオ ジェルクリーム。そこで今回は、実際に購入してみて、以下の3点について検証してみました。


検証①:消臭力

検証②:汗止力

検証③:持続力


クデオ ジェルクリームも含め、人気の制汗剤・デオドラント67選も、実際に使って比較検証しています。その他の制汗剤・デオドランの検証結果が気になる方は、以下のリンクからチェックしてみてくださいね。

検証①:消臭力

最初に、デオドラント製品にとって重要なポイントである、消臭力について検証しました。「ニオイを強力ブロック」とうたっている一方、「消臭効果がなかった」とマイナスの口コミがあるのも気になるところ。使ってみないと本当の使用感はわかりませんよね。


検証方法は、mybest編集部員が実際に使用して確認。まず、検証する製品を片方のわきにのみ塗ります。使用した本人が、塗布してから3時間経過後にニオイの具合がどの程度か「体感」でチェック。消臭力を評価しました。

消臭力は3.4点とまずまずの結果に

消臭力は3.4点とまずまずの結果に

主観に基づく評価になるので、それぞれのニオイの特徴によって異なりますが、消臭力は一定の満足を得られる結果になりました。


そのため、重度のわきがの方やニオイが強く出てしまう人には、物足りないかもしれません。しかし、軽度のわきがの人や汗臭が気になる方には、おすすめできる消臭力と言えそうです。

検証②:汗止力

続いては汗をどれだけ抑えることができるか検証しました。夏場だけでなく、一年中汗をかきやすい方は気になるポイント。汗ジミの問題だけでなく、ニオイの元となるので、できるだけ汗をかかず快適に過ごしたいですよね。


実際に製品を使用し、塗布してから3時間後のタイミングでどれだけ汗をかいているかをチェックしました。塗っていない時と比べて、汗の量が減ったものを高評価としています。

ニオイではなく「制汗」を重視する方には物足りないかも…

ニオイではなく「制汗」を重視する方には物足りないかも…

検証結果は、2.0点と若干汗が抑えられている程度。汗を抑えるという点では今ひとつの結果に。もちろん塗っていない時よりは汗の量を抑えられます。しかし、多汗症の方や汗を抑えることを重視する方には、物足りないかもしれません。

検証③:持続力

最後に消臭力・汗止力の持続力を検証しました。消臭力や汗止力に優れていても、長続きしないと塗り直しの手間がかかりますよね。また、何度も塗り直すとコストパフォーマンスにも関わってきます。


検証結果は、編集部員による持続力の体感で判定しています。朝に片わきにのみ製品を塗布し、1日普通に過ごしながら、3時間後・6時間後のタイミングで持続力をチェック。汗の量・ニオイ・さらさら感の持続具合をポイントに、長続きしているほど高評価にしています。

1回塗れば2~3時間キープ可能

1回塗れば2~3時間キープ可能

実際に試してみたところ、2~3時間程度は効果をキープできるという結果になりました。持続時間としては短めですが、朝塗ればお昼頃までは使えるので、こまめに塗り直せるなら問題なし。ただし1回の塗布で、1日中効果が持続する商品をお探しの方は注意が必要です。

【レビュー結果】人気の制汗剤・デオドラント67商品中18位!気軽につけられる無香料・無着色のデオドラントクリーム

【レビュー結果】人気の制汗剤・デオドラント67商品中18位!気軽につけられる無香料・無着色のデオドラントクリーム

クデオ ジェルクリームを使用する最大のメリットは、無香料・無着色で気軽に塗ることができる点です。香りでごまかしたりするのではなく、消臭成分でニオイを封じ込めます。汗止力にはあまり期待できず、塗っていない時と比較して少し汗の出が少なくなったと感じる程度。


持続時間は2~3時間なので長時間キープとはいきませんが、ニオイに対する即効性や消臭力はあるので、こまめに塗りなおせば問題なさそうです。また、クリームタイプで伸びやすく、乾くと塗ったところが膜のようになる、ロールオンタイプに使用感が似ています


ただし、必要以上に塗るとカピカピになって肌を傷めやすくなってしまうので、気をつけてくださいね。その点さえ注意すれば、苦手な香りに悩まされることもなく、塗っていることもわかりづらいのはメリット。夏場だけでなく季節を問わず活躍してくれますよ。

クデオ ジェルクリームの使い方のコツ

クデオ ジェルクリームの使い方のコツ

クデオ ジェルクリームを効果的に使用するために、使い方をご紹介します。消臭性能を発揮するためだけではなく、肌を守るためにも使い方をチェックしておきましょう。


使い方

  1. わきの下・足の指など、塗る前にニオイが気になるところを清潔にしておく。
  2. 米粒大の大きさを目安に、適量ニオイの気になるところに塗布する。
  3. しっかりと乾かしてから、洋服や靴下を着用する。

少量で効果を発揮し、肌に膜を張るタイプのデオドラントクリームなので、塗りすぎは厳禁。塗る前に肌を清潔にし、適量を守って使用することがポイントです!

まとめ

今回はクデオ ジェルクリームを実際に使用し、気になる点を徹底検証しました。


ニオイの原因を抑える有効成分を配合しているクデオ ジェルクリームは、無香料・無着色で、消臭力に即効性のあるデオドラントクリームを探している方におすすめ。制汗作用より、ニオイ対策を重視している方にぴったりですよ。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ