1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. キッチン雑貨・消耗品
  6. >
  7. CORE+ Gravity 電動ペッパーミルの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
南海通商 GRAVITY 電動ペッパーミル
南海通商
GRAVITY 電動ペッパーミル
2,160円(税込)

CORE+ Gravity 電動ペッパーミルの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

CORE+ Gravity 電動ペッパーミルを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

傾けるだけで片手でスパイスを挽ける、CORE+ Gravityの電動ペッパーミル。インターネット上の口コミでは高評価が多くみられる一方で、「蓋が閉めづらい」「電池のトラブルがある」など、不安になるような口コミや評判があり、購入に踏み切れない人もいるのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、CORE+ Gravity 電動ペッパーミルを実際に使って、使いやすさ・仕上がりを比較検証レビューしました!記事の後半では使い方もご紹介していますので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月30日
目次

45度に傾けるだけで簡単にスパイスが挽けるCORE+ Gravity 電動ペッパーミルとは?

CORE+ Gravityの電動ペッパーミルは、両手が塞がらず片手で素早く使えることと、シンプルでスタイリッシュな見た目で人気があります。まずは、その特徴を詳しくチェックしていきましょう。

両手を塞がれないから便利!片手でラクチン

両手を塞がれないから便利!片手でラクチン

お肉など手が汚れてしまう際にも片手で持って45度以上に傾けるだけで、岩塩やコショウを自動で挽いてくれる便利アイテムです。傾きを感知すると自動で作動するため、手で回したりボタンを押したりする必要がありません。


片手で調理しながら素早く簡単に挽けるため、料理の効率性がアップするでしょう。先端のつまみで粗さの調整ができる手軽さもポイントです。

スタイリッシュでおしゃれな見た目

スタイリッシュでおしゃれな見た目

キッチンに置いても生活感を出さない、ステンレスボトルのスタイリッシュなデザインが特徴です。スッキリとした見た目は、置くだけでワンランク上のキッチンを演出できるでしょう。


また胡椒やスパイスを入れる部分が透明になっていて、残量の確認がしやすいのも便利。容量が大きいため、詰め替える手間が少ないのは嬉しいですね。

CORE+ Gravity 電動ペッパーミルの口コミは?

傾けるだけで楽に使える調理グッズですが、ネット上には購入をためらってしまう不安な口コミも…。実際にどのような口コミがあるのか、いくつかピックアップしてご紹介していきます。

口コミ:蓋が閉めづらい

口コミ:蓋が閉めづらい

電池交換などの際に、蓋が閉めづらいといった不満の声がありました。料理中は傾けるだけで便利に使えるのに、蓋を閉めるなどの細かい部分に不便さがあると、あと一歩足りない印象を受けますよね…。

電池を入れて再度蓋を閉める時にすごくコツがいります。

CORE+ Gravity 電動ペッパーミルを実際に使って検証レビュー!

CORE+ Gravity 電動ペッパーミルを実際に使って検証レビュー!

インターネットの口コミにはさまざまな意見が寄せられている、Gravity 電動ペッパーミル。賛否両論あるので、口コミを見ただけではこの商品の実力はわかりませんよね。


そこで今回は、実際に商品を使って、以下の2項目を検証してみました。


検証①:使いやすさ

検証②:仕上がり


この商品の他にも、人気の電動ペッパーミルを検証しています。ランキング形式で結果を紹介している記事もありますので、商品選びの参考にしてみてくださいね!

検証①:使いやすさ

まずは、使いやすさの検証をしていきます。傾けるだけで片手で簡単に挽ける半面、「蓋が閉めづらい」などのマイナスの声もありましたが、実際はどうなのでしょうか?


以下のポイントを注目して、使いやすさを検証していきます。


≪チェックポイント≫ 

  • コショウの入れやすさ
  • サイズや重さ
  • 挽きやすさ
  • 清潔さ

電池交換がとにかくに大変。組み立てもしづらく使いにくい

電池交換がとにかくに大変。組み立てもしづらく使いにくい

残念ながら使いにくいという結果でした。特に酷評だったのが、電池交換のしづらさについてです。スパイスを挽く部分・スパイスを入れる部分・電池を入れる部分が連なっている構造のため、電池交換の際にまだスパイスがミルに残っている場合、一度スパイスを取り出す必要があります。


単4電池を6本も入れ替えなければならないのも面倒です。しかも電池箇所がしっかりとはまっていないと蓋が閉まらないので、最悪何回も分解してやり直すことに…。一度分解してしまうと組み立てるのは至難の業です。


サイズは直径6cm×高さ22.5cmで、手動のミルと比べるとやや大きい印象。重さについては、6本電池を入れてもそこまで負担は感じませんでした。

検証②:仕上がり

続いて、仕上がりについて検証していきます。


このペッパーミルは好みの粗さに合わせて刃を調整できるので、最も粗挽きにした状態と、最も細挽きにした状態を比較し、仕上がりにしっかりと差が出ているかどうかを以下の項目をポイントにチェックをしていきます。


≪チェックポイント≫
  • 粗挽きで挽いたときにどれだけ粗く挽けるか
  • 細挽きで挽いたときにどれだけ細かく挽けるか

差は歴然!粉のような細かい粒から、ゴロゴロとした粒まで調整できる

差は歴然!粉のような細かい粒から、ゴロゴロとした粒まで調整できる

優れた仕上がりの良さを発揮しました!細挽きだとパウダーのようにサラサラになり、粗挽きだとゴロゴロした大きな粒が残っています。先端にあるダイヤルで簡単に粗さを調整できるのも高評価でした。

【レビュー結果】人気電動ペッパーミル全8商品中7位!仕上がりは抜群なものの、ワーストワンの使いづらさ

【レビュー結果】人気電動ペッパーミル全8商品中7位!仕上がりは抜群なものの、ワーストワンの使いづらさ

仕上がりの評価は高かったものの、使いやすさが低評価だった、CORE+のGravity 電動ペッパーミル。スパイスを入れる部分と電池を入れる部分が一直線になっており、本数の多い電池を入れ替えるために一度調味料を取り出す必要があります。


また蓋が閉まりにくく、パーツの噛み合わせも悪いため、歯を緩めすぎると使用中にパーツが外れてしまう可能性が…。食材にコショウやパーツをバラまいてしまう可能性もあるため、使用中は注意するようにしましょう。特に火を使っているときは気をつけてくださいね。


しかし、仕上がりの良さは抜群でした。刃を調整すればパウダーからホールまで粗さを変えられるため、さまざまな料理に使用することができます。仕上がり重視という方にはおすすめです。

CORE+ Gravity 電動ペッパーミルの使い方

CORE+ Gravity 電動ペッパーミルの使い方

最後に、この電動ペッパーミルの使い方をご紹介していきます。


≪使い方≫

  1. スパイスが出る部分を上向きにする
  2. 裏蓋を半時計周りに回して開ける
  3. 取っ手の付いている電池ケースを取り外す
  4. 電池ケースに単4電池を6本セット
  5. 本体に使用したいスパイスを入れる
  6. 電池ケースを戻す(本体の回転軸と電池ケースの■部分の形を合わせる)
  7. 裏蓋を閉め、蓋と本体の凸凹を合わせる
  8. 45度以上に傾けると、自動的に作動する

セットさえしっかりできれば、あとは傾けるだけでよし。料理中に蓋が外れて料理が台無しに…なんてことにならないように、使用前に問題なくセットできているかを必ず確認するようにしましょう。

まとめ

今回はGravity 電動ペッパーミルを実際に使って、使いやすさ・仕上がりを徹底的に検証しました。


電池交換やスパイスを入れる際の使いにくさはありますが、仕上がりのよさと傾けるだけで使える便利さは魅力です。好みに合わせた挽き方を調整できるので、おいしい料理を作る手助けになればいいですね。購入を検討しているという方はぜひ参考にしてみてください。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ