スミカマ 霞KASUMI チタンコーティング 三徳包丁 18cm
スミカマ
霞KASUMI チタンコーティング 三徳包丁 18cm
11,000円(税込)

スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

高い機能性と切れ味、さらに優雅なデザインが魅力の「スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cm」。インターネット上では高く評価するレビューが多い一方で、「切れ味がイマイチ」「使いにくい」といった残念な口コミや評判があるため、購入を迷っている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、口コミの真偽を確かめるべく、スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmを実際に使って、切れ味・使いやすさ・錆びにくさを比較検証レビューしました。気になるお手入れ法や同ラインのカラーバリエーションも紹介していますので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年10月30日
目次

洗練されたデザインが話題の、スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmとは?

刃物の産地としても名高い岐阜県関市で、大正5年に創業した「スミカマ」。780余年の歴史ある刃物工業の伝統技法を駆使し、新素材や新技術も取り入れながら、世界50ヶ国に製品を販売してきました。そんなスミカマの人気商品、「霞 チタニウム 三徳包丁 18cm」の魅力についてご紹介します。

一丁ずつ熟練職人が仕上げたバツグンの切れ味

一丁ずつ熟練職人が仕上げたバツグンの切れ味

シャープな切れ味・機能性を実現するべく、日本を代表する刃物の産地「関」の熟練職人が、一丁一丁丹念に仕上げた逸品。肉・魚・野菜など、ほとんどの食材をバツグンの切れ味でカットできる万能型の三徳包丁です。

チタンコーティングによる耐摩耗性と、洗練されたデザインが魅力

チタンコーティングによる耐摩耗性と、洗練されたデザインが魅力

鋼の強度を増すモリブデンバナジウム鋼を採用。さらにチタンコーティングを施すことにより、金属臭の匂い移りがなく、優れた耐摩耗性をも完備しています。


2006年にドイツフランクフルトで開かれたAmbiente Messeでは、「DESIGN PLUS」を受賞。スタイリッシュなデザインで、カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmの口コミは?

スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmは、バツグンの切れ味と機能性が評判ですが、中には購入するのをためらってしまうような不安な口コミも。実際にどんな口コミがあるのか、調査してみました。

口コミ①:切れ味が良くない…

口コミ①:切れ味が良くない…

調査してみてもっとも多かったのは、切れ味が良くないという口コミ。普通の包丁と比較しても、切れ味が悪いという声がいくつか聞かれました。中には「最初はバツグンに切れたが、2回目以降は切れ味が落ちた」という声も。

価格や説明の割には、のレベルではなく普通に切れが悪いと思います。よく切れるためには何かコツが必要なのでしょうか。押したり引いたりたたいたりしてみましたが、一般の包丁以下の印象です。
到着後にトマトを切ると抜群の切れ味でしたが、次回は切れ味が落ちてました。
ダイヤモンドシャープナーで研いだら多少切れますが、最初と比べると全然切れ味が違います。
デザインはいいですがあまり切れ味が良くないですね。研ぐと色も変わっちゃいますし。

口コミ②:使いにくい…刃が軽い

口コミ②:使いにくい…刃が軽い

続いて気になったのが、使いにくいという口コミです。切れ味が悪いだけでなく、滑りが悪い、グリップの使用感などの点もイマイチという声がありました。また刃が軽すぎるなど、重さに関しても使いにくいという声が…。

イマイチ使いづらい。刃が軽すぎんだよな。切れは悪くないです。
購入直後でも切れ味が悪く、側面が滑らないので非常に使いづらい包丁と言えると思います。研いだら少しは切れるようになりましたが。
見た目以外全てがダメです。重さ・切れ味・グリップ全てが使いにくい。

スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmを実際に使用して検証レビュー!

スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmを実際に使用して検証レビュー!

インターネット上では、切れ味がイマイチといった不安な口コミも見かける「スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cm」。しかし、実際に自分で使用してみないことには、本当のところはわかりませんよね。


そこで今回は、実際に購入したスミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmを使って、以下の3項目について検証してみました。


検証①:切れ味

検証②:使いやすさ

検証③:錆びにくさ


スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmも含め、人気のステンレス三徳包丁全19商品を実際に使って、比較検証しています。他のステンレス三徳包丁の検証結果が気になる方は、ぜひ下記の記事もチェックしてみてくださいね!

検証①:切れ味

検証①:切れ味

まずは、三徳包丁にとってもっとも大切な「切れ味」に関する検証を行いました。わかりやすい素材として、トマト・皮付きの鶏肉・マグロの3種類を準備。これらを実際に切り、切り心地を5点満点で評価しました。

文句なしの切れ味!滑りが良くスムーズな切り心地

文句なしの切れ味!滑りが良くスムーズな切り心地

5点満点中4.0点と、高評価を獲得。カットしにくい鶏肉の皮はもちろん、肉の切れ味もバツグン。しっかり角が立ち、つながってしまうことも押しつぶす感じもありません。薄切りもスムーズで、実がくずれることなくスライス可能。


トマトに関しても、突っ張った皮に刃が入れば滑り良く、スーッとなめらかにカットできます。包丁自体にそれほど重さはないため、なでるだけでは切れません。

文句なしの切れ味!滑りが良くスムーズな切り心地

マグロの切れ味も文句なし。刃の抵抗感もなく、スーッと食材に包丁が入ります。キレイに角が立ち、繊維も潰れないため、美味しそうなお造りも簡単にできそう。チタンコーティングの滑りの良さが際立った結果となりました。

検証②:使いやすさ

検証②:使いやすさ

続いては、毎日のスムーズな食事作りに欠かせない、使いやすさの検証です。さまざまな食材を実際にカットし、「包丁の握りやすさ」「重さ」「サイズ感」「食材の離れやすさ」をチェック。総合的な使いやすさを5点満点で評価しています。

驚きの軽さで握りやすく、ほど良く使いやすい

驚きの軽さで握りやすく、ほど良く使いやすい

5点満点中3.5と、まずまずの高評価となりました。丸味を帯びたグリップが手にしっくりとフィットして、握りやすいのが嬉しいポイント。つやつやと美しい刃は食材の離れもよく、使用感も抜群です。


刃渡りは少し大きめですが、とっても軽いため、誰でも簡単に扱えます。大きな肉や魚もスムーズにカットできるので、料理の下準備が楽しくできそうですね。

検証③:錆びにくさ

検証③:錆びにくさ

最後の検証は、長く使い続けるために重要な「錆びにくさ」についてです。スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmを含めたそれぞれの商品に塩水を吹き付け、そのまま放置して状態をチェック


3時間後・24時間後の様子を確認し、5点満点でついた錆が少ないものを高評価としました。コーティングの有無による優劣が出ないよう、刃先部分の錆具合を基準に評価しました。

3時間・24時間どちらも錆びつきナシ

3時間・24時間どちらも錆びつきナシ

3時間後。塩分の残りは見られますが、錆の形跡はなく、キレイな状態です。

3時間・24時間どちらも錆びつきナシ

24時間後。ほとんど3時間後と変わりなく、錆つきが見られません。5点満点中4.0点と、かなりの高評価となりました。ご家庭で使い続けても錆の心配はなさそうですね。

【レビュー結果】人気のステンレス三徳包丁全19商品中、2位にランクイン!錆の心配もなくスムーズな切り心地

【レビュー結果】人気のステンレス三徳包丁全19商品中、2位にランクイン!錆の心配もなくスムーズな切り心地

今回比較したステンレス三徳包丁全19商品中、2位にランクインする嬉しい結果に。ネット動画で優れた切れ味が話題となった商品だけあって、文句なしの切れ味を証明する結果となりました。


強度の高いモリブデンバナジウム鋼を採用した刃に、チタンコーティングが施され刃の滑りがバツグン!検証では、鶏肉・魚共に繊維をくずさず、キレイにスムーズに切れることがわかりました。グリップ部分は握りやすく、フィット感もGOOD。


刃渡り18cm・全長32cmと比較的大きめのサイズながら、軽く扱いやすいのも嬉しいポイントです。錆つきの検証でも、刃の側面・刃先ともにほとんどキレイなまま。心地よい切れ味と美しくきらめく青色のチタンコーティングで、毎日のゴハン作りが楽しくなりそうな逸品です。

洗浄も研ぎも簡単!スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmのお手入れ法

洗浄も研ぎも簡単!スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmのお手入れ法

最後に、スミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cmのお手入れ法をご紹介します。チタンコーティングは、他の商品よりお手入れが難しい印象があるかもしれませんが、一般的な包丁とほとんど同じでOKです。以下にポイントをピックアップしていますので、参考にしてみてくださいね。


<お手入れのポイント>

  • 食器用洗剤で洗い、しっかり乾かしておく
  • 研ぐ場合は、中研以上の砥石(#1200~#3000)を使用
  • 砥石に慣れていない場合は、普通のシャープナーでも可


比較的柔らかい商品なので、包丁スタンドなどで曲がらないように収納するのがおすすめです。大切にお手入れしながら、長く使ってくださいね。

選べる!豊富なカラーバリエーション

スミカマ霞KASUMI チタニウム 三徳包丁 18cm

11,000円 (税込)

スミカマ 霞 チタニウムシリーズは、豊富なカラーバリエーションも人気の理由。今回ご紹介した18cmの三徳包丁には、ブルー以外にも、グレー・ゴールドがありいずれも人気です。


20㎝の剣型包丁・12cmのペティナイフなら、ミッドナイトブルー・オパールも含めた5種類から選ぶことが可能です。好みのカラーを選んでセットで揃えれば、クッキングタイムがさらに楽しくなるかもしれませんよ。

まとめ

今回は、スミカマの「霞 チタニウム 三徳包丁 18cm」を実際に使って比較検証レビューしてみました。


口コミ評価の高いスミカマ 霞 チタニウム 三徳包丁 18cm。今回の検証では、評判通りのバツグンの切れ味・使いやすさ・錆びにくさを証明する結果となりました。薄くキレイなスライスもお手のもの!下ごしらえはもちろん、お造りやサラダも美しく作れる極上の三徳包丁です。

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す