1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. 扇風機・サーキュレーター
  6. >
  7. ボルネード サーキュレーターの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
エヌエフ貿易 サーキュレーター  DCモーターモデル
エヌエフ貿易
サーキュレーター DCモーターモデル
21,440円(税込)

ボルネード サーキュレーターの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

ボルネード サーキュレーターを実際に使用して、徹底的に比較検証しました!

数多くあるサーキュレーターブランドの中でも、トップブランドに君臨するボルネード社製ということで、注目を集めている「ボルネード サーキュレーター」。その性能の高さからネット上では多くの好評な声が見られる一方、いくつか見逃せない悪い口コミも確認できるため、実際の性能がどうなのか気になるところです。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、ボルネード サーキュレーターを実際に使って、風の強さ・静かさ・使いやすさを比較検証レビューしました!手頃なサーキュレーターの購入を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月31日
目次

ボルネード サーキュレーターとは?

ボルネード サーキュレーターとは?

ボルネード サーキュレーターは、サーキュレーターの第一人者といっても過言ではないアメリカのブランド・ボルネードが開発・販売しているサーキュレーターです。

ボルネード サーキュレーターとは?

約70年前に、世界初となるサーキュレーターを開発したことで知られているボルネード。元々サーキュレーターは、航空力学を学び飛行機の研究を続けていた発明家であり、ボルネード社に多大な影響を与えたラルフK. オダーが、そのテクノロジーを応用して生み出したアイテムとなっています。

ボルネード サーキュレーターとは?

ボルネード サーキュレーターはDCモーターが搭載されたモデルとなっており、強モードではパワフルな風を、弱モードではびっくりするくらい静かな風を実現できるサーキュレーターです。


その力強さは、約35畳の広さの部屋でも、問題なく空気を循環させられる点からも明らかでしょう。

ボルネード サーキュレーターとは?

また、99段階の風量コントロールができるのもボルネード サーキュレーターならではの持ち味。微細な風量コントロールが実現し、自分の求める風量を必ず選べるようになるのが大きな魅力です。風量はタイマー調整でも可能なため、就寝時にも活躍してくれますね。

ボルネード サーキュレーターを実際に使用して検証レビュー!

ボルネード サーキュレーターを実際に使用して検証レビュー!

サーキュレーターの本家本元のアイテムということで、自然と期待も高まるボルネード サーキュレーター。ただ、ネット上をチェックしてみると絶賛ばかりの口コミというわけではないため、実際に使ってみないと分からない点はありそうです。


そこで今回は、mybest編集部で実際にボルネード サーキュレーターを使用して、以下の3項目を中心に検証してみます!


検証①:風の強さ

検証②:静かさ

検証③:使いやすさ


また、ボルネード サーキュレーターとあわせて、人気のサーキュレーター13商品を実際に使って比較しています。他商品を含めた検証結果は以下の記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

検証①:風の強さ

検証①:風の強さ

ボルネード サーキュレーターの検証は風の強さからスタートです。やはり空気循環の役割も担っているサーキュレーターであれば、風力はまっさきに気になるポイントでしょう。


そこで今回は、風が乱れずに遠くまで直進的に届くことを確認するため、スモークマシンを背後から噴出して、その風の動きを検証&風力計で風の強さ・涼しさを数値化しました!風力計の数値&撮影した画像を目視で比較して、評価していきます。

直進性は高いものの…思っていたほどの風力は望めず

直進性は高いものの…思っていたほどの風力は望めず

まずはスモークマシンを用いた風の直進性をチェックしてみたところ、直進性自体は高いのが分かりました。ただし、あまりスモークを遠くまで運べていないのが気になります。思っていたほど風力は強くないか、風の影響力が狭いようです。

直進性は高いものの…思っていたほどの風力は望めず

風力計を用いてボルネード サーキュレーターの最大風力を測ってみたところ、6.4m/sという数値でした。検証してみた結果、風力自体は非常に強いものの、影響力は短いようです。30cmあたりから、急に風が弱まる印象を受けました。

検証②:静かさ

検証②:静かさ

次なる検証は、風の静かさです。サーキュレーターである以上風力は重要ですが、風力を重視するあまり爆音となってしまうと、使う時に困る人も増えてくるでしょう。そのため、静かさは風力と並び立つくらいの大切なポイントです。


そこで今回は、サーキュレーターの風量をもっとも低いモードに設定したうえで、騒音計を使い騒音量をチェックしました!また、リモコンや本体操作音の消音機能などにも注目していきます。

環境音以下のレベルで、静かさは文句なし!

環境音以下のレベルで、静かさは文句なし!

まずは風を最弱にした状態で風音を騒音計でチェックしてみると、39.9dbという数値でした。基本的には40.0dbを下回っていると環境音以下の騒音となるため、合格点です。ただ、最弱モードにもかかわらず駆動音が聞こえてくるのは気になりました。


続いて最強モードにしたときの数値は、69.4dbという結果に。今回検証したサーキュレーターの中でもトップクラスの騒音となりました。


ただし、ボルネード サーキュレーターは99段階の風量調節が可能なため、最強モードにする人は少ないでしょう。そのため、そこまで騒音が気になることもそうないはずです。

検証③:使いやすさ

検証③:使いやすさ

検証のラストを飾るのは使いやすさです。サーキュレーターといえばまず風量や風音が気になる人が多いでしょうが、使いやすいかどうかは使用を続けるうえで無視できない要素になるでしょう。


そこで今回は、リモコンの有無・最大風量の強さ・風量の調整できる段階の多さ・首振り角度の広さ・上下角度調整の柔軟さなど、実際に使う上で気になる点をチェック。テレビ鑑賞時や就寝時など、いくつかのシーンに沿って実際に操作し、使用感を検証してみました!

風量調整はなんと99段階!とはいえ、煩わしさも否めない…

風量調整はなんと99段階!とはいえ、煩わしさも否めない…

実際にボルネード サーキュレーターを使ってみたところ、ややサイズがあるためスペースをとるものの、リモコンはしっかり付属しており、最大12時間まで1時間ごとに設定できるタイマー機能が備わっているなど、必要な機能は備えており基本的には使いにくいという印象は抱きませんでした。

風量調整はなんと99段階!とはいえ、煩わしさも否めない…

もう一つ、見逃せないのが風量調節です。ボルネード サーキュレーターには99段階の風量がありますが、流石に多すぎます…。正直5段階あれば十分であり、99段階もあると切り替えが煩わしくなるのは確実。風量切り替えをしない人には無問題ですが、やや不親切な設計に思えるのは否めません。

【レビュー結果】やや期待外れな性能が残念!サーキュレーター13商品中5位という結果に!

【レビュー結果】やや期待外れな性能が残念!サーキュレーター13商品中5位という結果に!

サーキュレーター13商品を比較検証した結果、ボルネード サーキュレーターは5位という順位になりました!悪い順位ではないものの、サーキュレーターの本家というべきブランドだったため、検証前の期待から考えるとやや残念な結果となってしまったのは確かです。


風力はあるものの距離はなく、静かさは確かなものの駆動音がやや気になるなど、高性能ではあるものの後一歩が足りない印象は否めません。極めつけは、風量調節の煩わしさ。99段階の風量調節は他のサーキュレーターにはない特徴ですが、本当に必要な機能であるかは微妙なところです。


もちろん、サーキュレーターのトップブランドであり、基本的な性能がしっかりしているのは間違いありません。総合的に見れば高い位置でバランスよく性能がまとまっているのは間違いないため、ボルネードというブランドを度外視して見るのであれば、普通におすすめできるアイテムと評価します。

ボルネードのより小型なサーキュレーターにも注目!

ボルネード サーキュレーター DCモーターモデル ボルネード サーキュレーター モダンモデル ホワイト 1枚目
出典:amazon.co.jp

ボルネードサーキュレーター モダンモデル ホワイト

360JP

8,126円 (税込)

今回検証したサーキュレーターはややサイズがあり、「購入しても置き場に困る…」という人もいるでしょう。そんな人におすすめしたいのが、同じボルネードのサーキュレーター モダンモデルです。


サーキュレーター モダンモデルは幅22.6cm・奥行24.6cm・高さ28.6cmとなっており、よりコンパクトなサイズとなっているのが特徴。それでいて14畳程度の部屋であれば、十分に空気を循環させることができるのが魅力です。冷気も暖気も循環させられるため、季節を問わず活躍してくれるでしょう。


99段階と風量調節がやや多すぎる印象のあったボルネード サーキュレーターと違い、サーキュレーター モダンモデルは「強・中・弱」の3段階とシンプルなのが印象的。特に風量調節にこだわりがないのであれば、むしろこちらがおすすめです。

まとめ

今回はボルネード サーキュレーターを実際に使用し、ネット上でさまざまな意見が見受けられた性能について徹底的に検証しました!


サーキュレーターのトップブランドが販売するアイテムということで期待も高かったのですが、トップ3のサーキュレーターと比べるとやや見劣りするのは否めません。ユーザーに不親切なポイントも少々感じられますが、それでも高機能であるのは間違いないため、興味があるようならぜひご検討くださいね。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ