1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. ドウシシャ 電動わた雪かき氷器の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
ドウシシャ 電動わた雪かき氷器
ドウシシャ
電動わた雪かき氷器
8,880円(税込)

ドウシシャ 電動わた雪かき氷器の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

ドウシシャ 電動わた雪かき氷器を実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

かき氷機なのにヒーターが搭載され、氷を温めて削る機能が話題の「ドウシシャ 電動わた雪かき氷器」。インターネット上の口コミでも高評価が多くみられる一方、「フワフワにならない」「本体の取付け作業が面倒」などの口コミや評判もあり、購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、実際にドウシシャ 電動わた雪かき氷器を使って、口どけの良さ・使いやすさを比較検証レビューしました!最後に、使い方のコツと同タイプのDSHH-18についても紹介。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年01月29日
目次

ふわっとしたわたのような氷が評判のドウシシャ 電動わた雪かき氷器とは?

生活におけるさまざまな商品を企画・開発し、商品化するドウシシャ。以下では、そんなドウシシャから発売のヒーター機能で口どけのよい氷ができる「ドウシシャ 電動ふわ雪かき氷器」の魅力についてご紹介します。

ヒーターを搭載した珍しいかき氷機!

ヒーターを搭載した珍しいかき氷機!

ドウシシャ 電動わた雪かき氷器は、氷の表面を温めてながら削るヒーター機能を搭載した活気的なかき氷機です。従来のかき氷機とは異なり、まるでプロ顔負けのわた雪のようなふんわりとした氷が削れると評判になっています。


刃の高さを調整することで、氷の薄さを調整することも可能。自分好みのオリジナルのかき氷を楽しめますよ。

コンパクトなのに器を置きやすい形状がGOOD

コンパクトなのに器を置きやすい形状がGOOD

通常のかき氷機とは異なり、スリムな形状になっています。本体は分解することもできるので、収納スペースにも困りません。


さらに、スリムな本体でありながら器をセットするスペースが大きめに確保されているのもポイント。大きめの器でもすっぽり収まってくれるので、たっぷりかき氷を楽しみたいという人にはもってこいですね。

製氷カップとレシピ冊子が付属品としてついてくる!

製氷カップとレシピ冊子が付属品としてついてくる!

なお、付属品として製氷カップが2つセットでついてきます。ドウシシャ 電動わた雪かき氷器はこの製氷カップで作った氷しか使用できないので注意しましょう。カップが足りないという人は、ドウシシャの公式サイトで購入できるので要チェックです。


さらに、かき氷屋さんで楽しめるようなバラエティ豊かなかき氷レシピが掲載された冊子も付属。さまざまにアレンジしてかき氷を堪能できますよ。

ドウシシャ 電動わた雪かき氷器の口コミは?

ドウシシャ 電動わた雪かき氷器はその氷の薄さからふわっとしたかき氷が作れると人気のかき氷機ですが、中には購入をためらってしまうような不安な口コミも。実際にどんな口コミがあるか調査してみました。

口コミ①:ふわふわかき氷が作れない

口コミ①:ふわふわかき氷が作れない

調査して気になったのは、ふわふわのかき氷が作れないという口コミです。細かい設定にしても、粗めでジャリっとした氷になることが多いという評価が目立ちます。また、削られた時点で溶けてしまうため、氷同士がくっつくいて粒になるという声も。

なんど作ってもフワフワかきごになりません。説明書を何度も確認しながら作っていますが、調整ネジで、細かいカキ氷を作ろうとしても 殆ど削れず、やっと少し削れた氷は器に落ちる時には既に水となってしいます。ごく普通の粗めのカキ氷でしたら作れます。
フワフワなかき氷は出来るけどすぐ溶けて綿氷がくっ付き合いゴリゴリした氷粒になってしまう キンキンに部屋を冷やせばいけそうだがそんな部屋ではかき氷は食べようとは思わない気がする

口コミ②:本体のセットや刃の調整に手間がかかる

口コミ②:本体のセットや刃の調整に手間がかかる

また、本体のセットが面倒という声も目立ちました。微調整が面倒に感じたり、刃の高さ調節ネジの設定が上手くいかない方が多く、使いこなすにはコツがいるようです。

氷をセットしたあと、本体にはめる際に手こずります。その間に溶けはじめて水がたらたらたら垂れてきます。
氷を少し溶かしぎみにして削ると、天然氷のかき氷みたいになりますが、すぐ、微調整が必要なのがマイナスポイント。
氷が細かすぎて出来上がるまでに時間がかかって固まってしまったり、空転したり、いい感じの氷にするのにコツがいります。

ドウシシャ 電動わた雪かき氷器を実際に使って検証レビュー!

ドウシシャ 電動わた雪かき氷器を実際に使って検証レビュー!

インターネット上の口コミには、その使い勝手や能力に関してさまざまな意見が寄せられていますが、やはり気になるのは実際の評価ではないでしょうか。


そこで今回は、実際に購入したドウシシャ 電動わた雪かき氷器を使って、以下の2項目を検証してみます!


検証①:くちどけの良さ

検証②:使いやすさ


ドウシシャ 電動わた雪かき氷機とあわせて、売れ筋の人気かき氷機全13商品も実際に使って比較しています。他のかき氷機も含めたレビュー結果は以下の記事を参考にしてみてくださいね!

検証①:くちどけの良さ

まずはくちどけの良さを検証。くちどけの良し悪しはかき氷のおいしさの要とも言える最重要ポイントです。


専用の製氷カップにミネラルウォーターを流し固め、氷を用意。実際にかき氷を作ってみて、削った氷の見た目と実際に試食したときの食感から総合的に氷のくちどけの良さを比較し、評価します。

サラサラではないが粗くもない。平均的な口どけ度合

サラサラではないが粗くもない。平均的な口どけ度合

口どけはいたって平均的。全体的にサラサラの氷とは言えませんが、粗くはないです。またスプーンですくっても形をキープでき、しっかりとしたキレイな山が作れるのは高評価!


シロップなしの状態を口の中で噛みしめると、ギュッとなります。ヒーターで温めてから氷を削りだしていますが、特段美味しい氷とも感じない印象です。


一方、シロップをかけて食べてみると口の中でギュッとなる感覚はなくなります。歯にしみたり、頭がキーンとはなりますが、パクパク食べられるのはGOOD!

検証②:使いやすさ

次にかき氷機の使いやすさを検証。


検証①と同じ要領で実際にかき氷を作り、後片付けをするまでの使いやすさを総合的に評価します。

操作になれるまで取説必須!後片付けも面倒

操作になれるまで取説必須!後片付けも面倒

使いやすさはかなりの低評価です!ロック・アンロックや氷の入れ方すら説明書を見なければ分からないのが残念。また、氷のケースの下部に刃を調節するパーツがついているため、氷をセットするとガタついてしまうのも面倒に感じます。


さらに、とにかく本体が大きいので分解も箱に収納するのも大変です。金属製のパーツも多いので、錆びてしまわないか心配になります。

刃の調整も難解で面倒…受け皿のコントロールも必須

刃の調整も難解で面倒…受け皿のコントロールも必須

氷を削る刃の調整もかなり面倒で難しいです。思ったような細かさになかなか調整できない上に、細かい氷と荒い氷が同時にでてくることもありました。また、うまくコントロールしようと思うと小まめに調整する必要があるのがネック。


さらに、削った氷が広範囲で出てくるため、受け皿のコントロールも必要となります。1人で削るのはかなり大変でしょう。

【レビュー結果】13商品中8位という結果に!ヒーター機能の良さを実感できず操作も難解…

【レビュー結果】13商品中8位という結果に!ヒーター機能の良さを実感できず操作も難解…

ドウシシャ 電動わた雪かき氷器は、ヒーター機能によってわた雪のような食感の氷が削れるということが売りですが、口どけは平均点程度でさほど実感できず全13商品中8位という結果に。


また感覚では使い方がほぼわからず、説明書を手元においていちいち確認しなければ使えません。ヒーター機能はあるものの、氷が少し溶けるまでに待ち時間があるので、小さなお子さんがいる家庭にとっては面倒に思える可能性も。


なお、刃を含めて金属製の部分は特にメンテナンスを怠らないようにしましょう。錆びてしまうと使えなくなるので要注意です。

少し溶けた氷で作るのがコツ!ドウシシャ 電動わた雪かき氷器の使い方

少し溶けた氷で作るのがコツ!ドウシシャ 電動わた雪かき氷器の使い方

最後に使い方とコツをご紹介。まず調理中にかなりの振動があるため、水平な場所に置きましょう。また氷が散らばるので、周囲に水かかかると困るものは取り除いておきます。ここまでの準備ができたら製氷カップから氷を取り出し、氷ケースに入れましょう。


氷は使う少し前に常温に置いておき、少し溶けた状態で使用すると上手にかき氷を作ることができますよ。ロックつまみを解除にして、氷ケースを本体にセットし、左右がしっかりと奥まで入ったことを確認したら再度ロックしてください。


電源を入れて、本体前面にあるスパイクダイヤルを回し、スパイクベースを氷までしっかり降ろすのを忘れないようにしましょう。刃の高さ調整ができたらボタンを押せば、氷が自動で削られて出てきますので、あとは食べたい量の氷が削れるのを待つだけです。

コスパを考えている方にはDSHH-18がおすすめ!

ドウシシャ 電動わた雪かき氷器は、今回ご紹介したDSHH-19の他に、DSHH-18というものがあります。どちらも同じメーカーの商品で、外観も同じブラックとシルバーのおしゃれな雰囲気は変わりません。


この2つの違いは特になく、19と18という数字は発売年による型番の違いです。しかし、ネット上では1年違うだけでかなりお値段が変わってきます。コスパを考えて購入したいとお考えの方にはDSHH-18がお買い得ですよ。

まとめ

今回は、ドウシシャ 電動わた雪かき氷器を実際に購入して、使用する上で気になるポイントを徹底検証していきました。


電動のいいところはボタンひとつでかき氷を作れてしまうところです。かき氷を作るには割と力が必要ですが、電動であればそれも不要。かき氷をたくさん作って楽しみたい方には特におすすめのかき氷器です。気になる方はぜひ一度お試しくださいね!

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ