1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. Toffy 電動かき氷器の口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー
ラドンナ Toffy 電動かき氷機
ラドンナ
Toffy 電動かき氷機
13,980円(税込)

Toffy 電動かき氷器の口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

Toffy 電動かき氷器を実際に使用して、徹底的に比較検証しました!

スタンドタイプのかき氷としてはスリムなデザインで評判のToffy 電動かき氷器。「おしゃれなデザインが良い」というよい評判もある一方で、「ガリガリした食感にしかならない」「少ししか作れない」という悪い評判や口コミも見受けられるので、購入をためらっている方も多いのではないでしょうか?


そこで今回はネット上での声の真偽を確かめるべく、Toffy 電動かき氷器を実際に使って、くちどけの良さ・使いやすさを比較検証レビューしました。後ほど同じラドンナ Toffyシリーズの手動式かき氷器についてもご紹介するので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年01月20日
目次

Toffy 電動かき氷器とは?

Toffy 電動かき氷器とは?

キッチン雑貨・インテリア雑貨の企画・開発・販売を手がけるラドンナから発売されている「Toffy 電動かき氷器」。


Toffy 電動かき氷器は、本体と氷ケースがスタンドの中にすっぽりと入れられるので、収納する時はとてもコンパクト。デザインもおしゃれなので、オンシーズンの時にキッチンに置いていても邪魔になりませんし、シーズンオフでも収納場所に困らないと評判です。

Toffy 電動かき氷器とは?

使い方もとても簡単で、氷ケースを本体にセットするだけ。氷ケースの裏にある2段階調整レバーで刃の高さを変えることで、なめらかなフワフワ氷からシャリシャリと粗めの氷までお好みに合わせて楽しめます。


本体にある取っ手が電源スイッチになっており、取っ手から手を離せば回転が停止する仕組み。上から押している間だけ氷を削れるので、出てくる氷を見ながら調整してかき氷を作る事が出来ます。

Toffy 電動かき氷器とは?

また、1つの製氷カップでちょうど一人分のかき氷が作れる製氷カップが2つ付属。もし、製氷カップ2個では足りない場合は、家庭用の製氷皿で作った角氷も使用できるのも嬉しいですね。

Toffy 電動かき氷器とは?

氷押さえがモーターとかなり接しており、水洗いすることはできません。お手入れは濡れタオルなど拭くしかできないので、使用する氷は水で作ったもののみ可。フレーバー氷では、汚れ・劣化・故障の原因になるため使用できないので、今流行りの台湾風かき氷は作れません。

ラドンナ Toffy 電動かき氷器を実際に使って検証レビュー!

ラドンナ Toffy 電動かき氷器を実際に使って検証レビュー!

インターネットでは、フワフワのかき氷が作れるという意見もあれば、シャリシャリというよりガリガリ感があると不満の声も多い「Toffy 電動かき氷器」。しかし、実際に使ってみなければ、本当のところはわかりませんよね。


そこで今回は、Toffy 電動かき氷器を実際に購入して、以下の2点を検証しました。


検証①:くちどけの良さ
検証②:使いやすさ

また、下の記事ではToffy 電動かき氷器も含め、人気のかき氷機全13商品を実際に使って比較検証しています。他のかき氷機の検証結果が気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

検証①:くちどけの良さ

検証①:くちどけの良さ

まずはかき氷の要である食感、「くちどけの良さ」を検証します。口コミでは「フワフワとジャリジャリが共存」「シャリシャリじゃなくてガリガリ」という声もありましたが、実際はどうなのでしょうか?


今回はミネラルウォーターで作った氷を使用して削った氷の「見た目」と実際に試食したときの「食感」から総合的に氷のくちどけの良さを比較し、もっともくちどけの良いものから最高評価としました。

刃を調整しても、フワフワとは程遠いくちどけ…

刃を調整しても、フワフワとは程遠いくちどけ…
Toffy 電動かき氷器は、2段階調整レバーで刃の高さを変えられ、「細(フワフワ)」と「粗(シャリシャリ)」の仕上がりを選択できます。しかし、角氷では「粗(シャリシャリ)」しか設定できないため、今回は専用の製氷カップで作った氷を使用し、「細(フワフワ)」に調整しましたが、フワフワのかき氷は作れませんでした

スプーンですくってみるとふわっとした山にはなりますが、肝心の食感はフワフワとは程遠いジャリジャリ感のある仕上がりで、2段階調節機能がある割に、仕上がりの差も出ず評価は低めという結果になりました。

検証②:使いやすさ

検証②:使いやすさ

次に、かき氷機の使いやすさを検証します。口コミでは「押さえつけるのに力がいるから疲れる」「氷がスムーズに出てこない」という声もありましたが、実際にはどうなのでしょうか?


実際にToffy 電動かき氷器を使用して氷をセットして削り、後片付けをするまでの使いやすさを確認します。

電動なのに上から押し下げなければならないので力が必要。使いにくさも手伝って低評価

電動なのに上から押し下げなければならないので力が必要。使いにくさも手伝って低評価

取扱説明書がなくても簡単に組み立てられましたし、氷上限ラインの表示もあったので順調に用意できましたが、肝心の電源スイッチが見当たりません。取扱説明書を読んで、やっと本体の取っ手を押すことで作動することがわかったほどで、誰にでも簡単に操作ができるかき氷器とはいえない結果に。


さらに、氷を削っている間は上から押さえ続けていなければならないので、時間や力が必要なのに氷の出るスピードはゆっくりで、氷が薄くなると空回りしてしまうので使い勝手もよくありません。


説明書には「5分連続運転したら本体が冷めるまでは次の氷を作らない」とあり、一度に作れる量は1人前なので、パーティーシーンなどの大人数での利用を考えられていないことも低評価になった要因の一つです。

【レビュー結果】フワフワとは程遠いくちどけ&操作性の悪さで際立って良い部分がない…全13商品中、11位と低評価

【レビュー結果】フワフワとは程遠いくちどけ&操作性の悪さで際立って良い部分がない…全13商品中、11位と低評価

人気のかき氷器13商品を全て検証した結果、Toffy 電動かき氷器は11位と良いとはいえない順位にランクイン。専用製氷カップ氷を使用して刃の調整レバーを「細(フワフワ)」にしても、ジャリジャリ感のある仕上がりになり、ふんわりしたくちどけの良さは感じられません。


専用製氷カップだけでなく、製氷皿で作った角氷でも作れるのは便利ですが、氷を削るには本体の取っ手を押さえつけていなければ作動しないので自動で全ての作業を行ってくれるわけではなく、一度に作れる量は1人前のみ。1人前分を作るごとに本体の熱が冷めるのを待たなければいけないので、大人数分つくるには時間もかかってしまいます。


しかし、キッチンに置いていてもスタンド内に全てのパーツが収納できるので、コンパクトに片付けられるのは唯一とも言っていいメリット。キッチンのインテリアの邪魔をしないおしゃれなデザインという点では好印象です。おしゃれ感のあるものやコンパクトに収まるスタンドタイプのかき氷機をお探しの方は検討の余地があるかき氷器ですよ。

アレンジ氷を楽しみたい方は牛乳氷やジュース氷も削れる「Toffy かき氷器 YUKIYUKI」がおすすめ!

ラドンナでは、今回紹介した電動かき氷器の他に、手動タイプのかき氷器も取り扱っています。電動タイプと同様、レトロなデザインがおしゃれで可愛く魅力的


無段階の調整ダイヤルで自分の好みに氷の粗さを調整できるので、シャリシャリ感のあるかき氷から綿雪のようなくちどけなめらかなかき氷が作れます。さらに、水以外で作った氷も使えるので、砂糖を混ぜた牛乳からできた氷を削って作る「台湾風かき氷」やフルーツジュースを凍らせた「フルーツジュースかき氷」も作れるのは嬉しいですね。


付属品は、製氷カップ3個とレシピブック。レシピブックには、12種類のかき氷レシピが収録されているので色々なアレンジかき氷を楽しめますよ。

まとめ

今回はToffy 電動かき氷器を実際に購入し、使用する上で気になるポイントを徹底検証してみました!


刃の調整ができるというものの、どちらに設定してもふんわりとした氷は作れず、くちどけの良さはイマイチ…。電動ではあるものの、上から押さえつけなければ作動しないので、多少の力は必要です。しかし、おしゃれなデザインで収納もコンパクトにまとまるのは嬉しいポイント。購入を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ